ムキムキの男性

【イケメン映画俳優】市原隼人の筋肉が凄い!衝撃の肉体美画像まとめ

 

芸能界で1.2を争う熱い俳優「市原隼人」、その生き様は全てにおいて全力そのものです。そんな市原隼人は当然のごとく筋肉に対しても熱いようで、SNS上では度々その鍛え上げられた肉体を披露しています。

「市原隼人は筋肉マスター」「筋肉がセクシー」「まじかっこいい!」などその度にファンを沸かせるほどです。確かに、イケメン俳優である上にムキムキが合わさるのですから人気が沸騰するのも納得できます。

そこで、今回は市原隼人の筋肉のここが凄い!というのを徹底的にご紹介したいと思います。また、市原隼人ならではの少し?変わった一面についても触れていきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

市原隼人は筋肉まで熱い!

芸能界で1.2を争うほど熱い俳優「市原隼人」、では彼はどのような人物なのでしょうか?調べるほどに熱い実態が浮き上がります。

市原隼人のプロフィール

市原隼人は1987年2月生まれの30歳、愛称「イッチー」として親しまれる日本を代表する俳優です。そんな彼の芸能界入りは小学5年生の頃、渋谷でスカウトされ「スパ王(日清食品)」のCMに出演しています。

その後、2001年に映画「リリィ・シュシュのすべて」で俳優としてデビューすると、2008年のドラマ「ROOLIES」では最優秀助演男優賞を受賞するほどの演技力を発揮します。まさに映画・ドラマと引っ張りだこな俳優です。

役作りが熱すぎて怖い?

市原隼人は芸能界でも役作りが熱すぎる俳優として知られています。例えば、2013年にはドラマ「カラマーゾフの兄弟」に出演、狂気的な役を演じる為に「あめ1個」で1日を過ごしていたそうです。

いくら役作りの為とはいえ自分を極限まで追い込む市原隼人、その姿にタモリさんもドン引きしていました。これほどまで役作りを徹底しているからこそ、市原隼人の出演する作品にはリアリティがあるのでしょう。

筋肉に対する思いも熱い

役作りの為に生活習慣をすべて変えてしまう市原隼人、その熱い思いは筋肉にも注がれています。市原隼人が筋肉に目覚めたのは、2010年の映画「ボックス」でボクサー役を演じる為に始めた肉体改造です。

一般的な俳優であればジムで筋トレをするくらいでしょうが、市原隼人の場合はプロのボクサーと同じメニューをこなすのですから熱さが異なります。そして役が終わってからも鍛え続けるのですからさすが市原隼人です。

市原隼人の熱い筋肉を語る

腹筋の綺麗な男性

市原隼人が俳優にも筋肉にも熱い事はご理解いただけたと思います。では、実際に市原隼人の筋肉について熱く語っていきましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事
  5. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP