腹筋のすごい男性

山本耕史がムキムキ筋肉を披露!マッチョボディをつくる筋トレ方法とは?

 

2016年1月の大河ドラマ「真田丸」にて石田三成を演じた「山本耕史」、その際に披露した筋肉が話題となっています。ファンからは「筋肉ムキムキ」「筋肉がやばい。惚れた」などの声が寄せられていました。

実は、山本耕史は俳優の仲間からも指摘されるほどの筋トレマニアだそうで、真田丸で共演した「堺雅人」からは「やりすぎだよお前」と少し引かれるほどだったそうです。それほど役作りに熱心ということなのでしょう。

では、同じ俳優から指摘されるほどの山本耕史が行っている筋トレ法・食事法とはどのようなものなのかご紹介したいと思います。また、同じ筋トレマニアであり妻でもある堀北真希についても少し触れていきます。

山本耕史の筋肉を徹底解剖!

https://twitter.com/daisuke5513/status/879868700131643392

正直、山本耕史の出演する普段の舞台・映画・ドラマからはムキムキ筋肉のイメージがありません。本当に世間で話題となるほどの筋肉があるのでしょうか?

山本耕史のプロフィール

山本耕史は1976年10月生まれの40歳、芸能界に入ったのは0歳の頃だそうで芸歴40年の大ベテランです。その後、1987年(当時10歳)には舞台「レ・ミゼラブル」にて舞台俳優としてデビューを果たします。

その経歴は華々しく2004年には「ギャラクシー賞」、2005年には「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」、2015年には「読売演劇大賞」など数多くの受賞歴があります。まさに日本を代表する生粋の俳優という訳です。

体のバランスが理想的

https://twitter.com/gintoki1010MO/status/895601847024574464

そんな山本耕史は身長179cmで体重65kg、よってBMI20.2といわゆる「美容体型」と呼ばれる理想的なバランスを保っています。もちろん、筋肉もしっかり付いた体型で体脂肪率は10%前後だそうです。

一般的に体脂肪率が15%以下になると筋肉が綺麗に浮き上がってくると言われています。つまり、山本耕史のような魅せる筋肉を付けるには筋トレと同時にダイエット(食事)にも気をつける必要があります。

筋肉の付き方がプロレベル

上記の動画は山本耕史がサントリーのCM「澄みわたる梅酒」に出演した時のものです。筋肉を見ると分かりますが大胸筋はもちろん腹直筋や腹斜筋、上腕三頭筋などが綺麗に肥大した「ボディビルダー体型」をしています。

「梅酒とムキムキ」と一見すると訳のわからない動画であるものの山本耕史のギャップに目が離せません。この動画を見たファンからは「ムキムキ」「面白かった」「カッコよかった」など数多くの驚き?の声が寄せられたようです。

山本耕史の筋トレ法と食事法

シットアップベンチを使う男性

冒頭で紹介した通り、山本耕史の筋肉や筋トレ法は同じ俳優である「堺雅人」から軽く引かれるほどです。では、俳優仲間から引かれるほどの山本耕史の筋トレ法・食事法となどのようなものなのでしょうか?

腕立て伏せは床より低く

山本耕史の筋トレはとにかく「ストイック」の一言です。例えば、腕立て伏せであれば辞書・雑誌などを利用して手の位置を地面より高くし、両手よりも低くなるまで上体を深く沈めるのが山本流です。

これを撮影の現場でも行っていたそうですから堺雅人から引かれるのも納得できます。ただ、山本耕史は舞台・ドラマ・映画と大忙し、ジムに行けない彼だからこそ編み出した効率的な筋トレ法なのでしょう。

トレーニングは妻と一緒に

2015年8月、女優の堀北真希と結婚したことでも話題となりました。実は、山本耕史と妻(堀北真希)の共通の趣味が「筋トレ」だそうで、自宅などでは一緒にトレーニングに励んでいるようです。

筋トレというのは辛く・孤独なもので、1人で続けていくのは難しく挫折する方も珍しくありません。その点、山本耕史のように妻と一緒にというのは心強いと言えます。「続かない」という方は誰かと一緒に励むのも1つの手です。

炭水化物はほぼ食べない

おにぎり

筋トレ自体もストイックな山本耕史は食事へのこだわりも強いようです。基本的に食事で炭水化物は一切取らないそうで、打ち上げで共演者と食事に出かけても米・芋・小麦などは一口ほどしか食べません。

代わりに筋肉の素となるたんぱく質が豊富な赤身肉・鶏むね・鶏ささみなどを普段から積極的に食べています。ただし、山本耕史の行う「炭水化物抜きダイエット」は体に良くない面もあるので実践するには配慮が必要です。

堀北真希も健康マニア

先述した通り、山本耕史は妻で女優である「堀北真希」と一緒に筋トレ・ダイエットに励んでいます。というのも、堀北真希自身も結婚する前からかなりの「健康マニア」だったそうです。

筋トレはほぼ毎日

堀北真希が芸能界に入ったのは中学2年生の頃、バスケット部に所属しておりその帰りにスカウトされます。当時はバスケット一筋のスポーツ少女だったとのことで副将を務め、すでに筋肉質な体をしていたそうです。

その後、芸能界で女優としてやっていく為に体作りに注目し、撮影の合間に腕立て伏せ・ダンベルカールなどに励んでいたとのことです。確かに、これなら筋トレマニアの山本耕史とも意気投合したのも納得できます。

外食は年に2〜3回

その上、堀北真希は年に2〜3回ほどしか外食しないほどの料理上手とのことです。正直、この食文化が発展した現代の日本は東京において年に2〜3回しか外食しないという人がどれほどいるでしょうか?

当然、堀北真希は栄養管理の知識も豊富で、山本耕史から「筋肉を分かってる」と評価されるほどです。結婚会見の時は「なぜこの組み合わせ?」と思った方も多いと思いますが、改めて見るとベストカップルと言えます。

山本耕史の筋肉は妻の支えがあってこそ

山本耕史は俳優仲間である堺雅人から軽く引かれるほどの筋トレマニアということでした。確かに、山本耕史が大河ドラマ「真田丸」やCM「澄みわたる梅酒」などで見せた筋肉は俳優の域を超えています。

そんな山本耕史の筋肉を支えているのは、妻で女優である「堀北真希」の存在が大きいのは間違いありません。仕事・筋トレ・食事と全ての面で山本耕史が自由にできているのは妻のサポートがあってのことでしょう。

正直なところ、山本耕史の筋トレ法・食事法は簡単には真似できません。その代わり、役作りにストイックな山本耕史と献身的な妻である堀北真希の夫婦関係には見習うべき点が多いように思います。

【関連記事】杉浦太陽が筋肉タレントに!?ジム通いで得たムキムキ肉体がスゴイ!筋トレ方法は?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 山間部を飛ぶパラグライダー
  2. 手書きの相撲画

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP