腹筋がはっきり割れた男性

【画像】武田真治の筋肉と筋トレ方法!あの身体を作る方法を徹底解明!

 

武田真治と言えば俳優・タレント・サックス奏者と才能豊かなことで知られています。そして、そんな武田真治のもう一つの顔がネットやSNS上で幾度となく話題となった「トレーニングマニア」ということです。

確かに、彼のインスタグラムを覗いてみるとシャツから伸びる逞しい上腕三頭筋にはちきれそうな大胸筋が目に入ります。最近では、実写版カールおじさんが投稿され「素晴らしい」「こんな体になりたい!」と絶賛の嵐でした。

ただ、昔の彼はどちらかと言えば「病弱」だったそうです。そこで、今回は武田真治がいかにして現在の筋肉を手にれたのか?気になる武田流の筋トレ法・食事法について徹底解剖しましょう。ぜひ参考にしてみて下さい。

武田真治の筋肉はここが凄い!

冒頭で紹介した通り、俳優・タレント・サックス奏者である武田真治は筋肉の眩しいトレーニングマニアでもあります。では、まずは彼の筋肉で凄い!とされるポイントをご紹介しましょう。

大胸筋が満遍なく発達している

まず注目したいのが、満遍なく発達している大胸筋です。一般的に大胸筋を鍛えると胸の外側が肥大するだけで内側はほとんど発達しません。これは、大胸筋に対して一方向からしか刺激を与えていない証拠と言えます。

その点、武田真治の大胸筋は外側から内側に掛けて丘のように綺麗に膨らんでいます。おそらく、ベンチプレスや腕立て伏せなど複数の筋トレを組み合わせているのでしょう。トレーニングマニアならではのこだわりが感じられます。

腹直筋・腹斜筋の形がくっきり

次に注目したいのが、腹直筋(シックスパック)と腹斜筋(脇腹あたり)の形がくっきりとしている点です。基本的に筋トレだけをしていては彼のような美しい筋肉の浮き方はしません。皮下脂肪に筋肉が隠れてしまう為です。

では、どうすれば彼のようなくっきりと形の分かる筋肉を作れるのか?それは筋トレにより筋肉を発達させつつ、ダイエットで体脂肪を減らすことです。ちなみに、体脂肪率が15%以下になると筋肉が浮き出やすいと言われています。

武田真治の驚異の数値

武田真治は身長165cmで体重56kgと意外と小柄な印象を受けます。にも関わらず、普段のドラマ・バラエティ番組などで見かける彼からは逞しく大きな印象を受けるのですから、筋肉の厚みがそうさせるのでしょう。

ちなみに、武田真治の体脂肪率は8%〜6%と言われています。一般男性の体脂肪率は20%〜25%、アスリートで15%〜10%、ボディビルダーで10%以下とされるので彼は「ボディビルダー並み」ということです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ バーベル
  2. 女性 ヨガ
  3. トレーニング器具

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP