強い筋肉女性

腕の筋肉痛の治し方!痛みの原因は疲労や乳酸によるもの?回復に効果的なマッサージを紹介!

 

腕の筋肉痛が発生するメカニズム

上腕筋の発達した男性
筋肉痛は、運動や筋トレなどを行なった際に筋肉を作る筋繊維や結合のための組織が傷つき、その部分に炎症が起こることで発生する痛みです。また、運動や筋トレなどを行なった際に生み出される乳酸という物質が貯まることに原因があるともいわれています

乳酸による筋肉痛とはつまり、筋肉の中に酸性物質がとどまることで筋肉が硬くなってしまうことです。乳酸が貯まると筋肉の伸縮性が失われ、筋肉が張ったような感覚になります。

このとき、あまりにも運動強度が高いと酸化作用が間に合わず、乳酸が疲労のもととなる物質として体の中に貯まってしまう仕組みとなります。

腕の筋肉痛を和らげる効率的な方法

腕の筋肉を全体的にほぐす

肩こりに悩む女性
筋肉が酸化することで硬化の状態となり、筋肉が引っ張られるような感覚があるのであれば、固まってしまっている筋肉をほぐし、血の流れがスムーズになっていくようにしていかなければいけません

血の流れがスムーズになっていくことで酸素が体内に行き渡りやすくなれば、同じように栄養もスムーズに行き渡るようになります。また、リンパ液など体にとって重要な体液も行き渡りやすくなるでしょう。

流れがスムーズになり体内が潤ってくると、疲労のもととなる物質などは体には要らないもの、つまり老廃物として除去・排出されます。

筋肉をほぐし、体内の流れを良くするための有効な手段の1つがマッサージです。ぬるめのお湯につかりながら心身ともにリラックスし、手で優しくさする程度のマッサージをおすすめします。

指で強く押すようなマッサージは、逆に患部の状態を悪化させてしまいかねません。指の力はできるだけ抜いた状態で、患部の周りに触れる程度の感覚でマッサージは行なうようにしましょう。

温冷浴を行なう

専門家
筋肉痛を和らげる方法の1つに、温冷浴という方法があります。名称の通り、温浴と冷浴を交互に繰り返すやり方です。

まず42℃程度の湯船に3分ほどつかりながら体を温めます。時間になったら湯船から出て、今度は冷たいシャワーを1分ほど浴びます。突然心臓の近くを冷たい水で刺激してしまうことはとても危険なので、最初は手や足など心臓から遠いところから浴びるようにしなければいけません。

その後も、熱い湯船に入る行為と冷水シャワーを浴びる行為を交互に3回程度繰り返します。繰り返す際は、最後は冷水で終わると効果的です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事
  5. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP