ジム

体脂肪率を落とすには?効果的な運動と食事で脂肪を消費してエネルギーに変化!

 

体脂肪率がどのくらいだと肥満になる?

体脂肪率
体重の中で、体脂肪が占めている割合のことを体脂肪率といいます。体脂肪率を表す単位は通常パーセンテージ(%)です。

一般的に、健康であり肥満ではないとされている体脂肪率の目安は、男性で10〜19%、女性で20〜29%とされています。男女ともに体脂肪率がそれ以上の数値になると、体脂肪率の概念の中では肥満です。

体脂肪率の測定には、体組成計という機器を使用します。体脂肪率の数値は、体の中にある水分の量などによっても変わりやすいので、食事のあと2時間以上経過してから測定することがおすすめです。

また、体脂肪率は計測する時間帯によっても変化してくるので、毎日だいたい同じ時間帯に測定するとチェックしやすくなるでしょう。

体脂肪が増える最大の要因は食事の乱れ

食事に悩む女性
体脂肪は、体の表面や内部に脂肪が増えてしまうことで体の中に占める数値が上昇してきます。その体脂肪が増える最大の要因が食事の内容です。

最も考えられる食事の乱れが、食べ過ぎ。1日の中で消化する消費カロリー量を、体内に取り入れる摂取カロリー量が上回れば、その過剰分が脂肪としてたまっていきます。

カロリーの量は食事の量だけでなく、食材の種類など内容によっても変化します。例えば米やパン・麺類などの炭水化物ばかりを食べてしまうと体脂肪が増えやすくなります。甘いお菓子などを間食として食べ過ぎたときも、体脂肪は増えやすくなるでしょう。

また、肥満の方には共通して早食いの傾向が見られます。よく噛まず飲み込むように食事をすれば、短時間で大量の食事を摂ることになってしまい、健康維持に必要な栄養素もうまく体内に取り込めません。

体脂肪率の上昇を防ぎ、少しでもカロリー消費を減らそうと考えるのであれば、食事の量が過剰にならないように注意するとともに、食材の偏りをなくし、よく噛んでゆっくり食事を楽しむようにしましょう。

体脂肪を減らすには、有酸素運動と筋力トレーニングが効果的

体脂肪を早く減らしたいなら有酸素運動が最適!

ランニング
食事管理は、体脂肪が増えないようにするための最低条件といえます。すでに体脂肪がついてしまっているなら、それを減らすための行動がさらに必要です。

早く体脂肪を減らしたいなら有酸素運動が効果的。ウォーキングやランニング・水泳・ダンスなど、比較的長い時間の中で連続して行なう運動です

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP