筋トレする女性

筋肉をつけてダイエットに!有酸素運動より効果的な筋トレで脂肪を減らそう!

 

老若男女問わず、ダイエットをしたいと考える方はたくさんいます。
さまざまなダイエット法が生み出されては消えていくこの世の中で、本当に効果的なダイエット方法とは何なのでしょうか。

それは、筋肉をつけること。
食事制限よりも、有酸素運動よりも筋トレがダイエットに効果的である理由を、詳しく解説します。

ダイエットで筋肉をつけてはダメ?

体重を落とすのに効果的なのは

ダイエットは一般的に、体重を落とすことを指します。
体重は測定しやすく、結果が数値となってはっきり表れますから、ダイエットを続けるモチベーションになるのも理解できます。

体重を手っ取り早く落とすのに有効なダイエット方法は、食事制限をして一切運動をしないこと。
食事制限といってもさまざまなバリエーションがありますが、カロリーであったり特定の栄養素の摂取量を減らしたりして、脂肪を減らすことを目的とします。

筋肉をつけられると困る?

そして、あまりアピールされないポイントとして、筋肉をつけないという裏テーマがあります。
一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、筋肉は脂肪より重たいという性質があります。
ですから、短期間で体重を減らしたいのであれば、脂肪も筋肉も落とすのが最速なのです。

食事制限系のダイエットでは、「運動をせず食事制限だけで体重が減った」なんてアピールすることがあります。
運動をしなくてもいいというのは、表向きには言わないものの、「運動して筋肉をつけられては困る」と言っているようなものなのです。
タンパク質
それでは、食事制限ダイエットで筋肉を落とし、体重を減らすのは有効な方法なのでしょうか。
これに関しては、はっきり間違いであると申し上げておきます。
それには大きく3つの理由を挙げることができます。

筋肉を減らすと代謝が落ちる

筋肉は代謝の大きい部位です。
代謝とは、摂取した栄養分を別の形に変える働きのことで、この働きによって人間はエネルギーを消費します。
代謝が活発であればあるほど、エネルギーの消費量が多くなり、食品から摂取したカロリーも消化されます。

同じだけの量を食べても、筋肉が多い人のほうがよりたくさん消化し、体内に残りにくいということなのですね。
筋肉を減らしてしまうと、代謝量も落ちます。
体重を維持するには、食事制限を維持し続ける必要があります。
食事制限ダイエットでリバウンドしやすいというのは、筋肉を落としていることにその一因があります。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP