親子でトランポリン

トランポリンにダイエット効果が!?ジャンプ運動で筋肉もつく!

 

ダイエット器具、あるいはトレーニング器具にはさまざまなものがあります。
新しい商品も次から次へと開発されていますが、ときには基本的なトレーニングに立ち返ってみるのもいいものです。

今回紹介するのはトランポリンです。
もしかしたら、「トランポリンって子供の遊びでしょ?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。
トランポリンは今やオリンピック種目であり、数々の一流アスリートもトレーニングに取り入れる立派なスポーツなのです。

トランポリンをすることでどんな効果が期待されるのか、オススメの商品も含めてまとめましたのでご覧ください。

実はすごい!トランポリンの脂肪燃焼効果

先ほども書きましたが、トランポリンは子供の遊びだというイメージが残っている人は多いことでしょう。
かくいう私も少し前までそう考えていたのですが、こんな研究結果を見てからは、イメージがガラリと変わりました。

ジョギングより脂肪燃焼効率が高い!

アメリカ航空宇宙局、つまりNASAの研究によると、150ポンド(約68kg)の人がトランポリンで中強度の運動を30分すると、約210キロカロリーを消費します。
ジョギングであれば、4マイル(時速約6.5km)で同じ時間走るのと、同等のカロリーの燃焼効率が得られたのです。

さらに、トランポリンとジョギングではほぼ同等の心拍数と酸素消費のデータになったにも関わらず、トランポリンはより心臓への負担が少ないことが明らかになっています。

このデータの意味するところは、トランポリンは軽めの負荷で高い脂肪燃焼効果を発揮してくれるということなのです。
ジョギングといえばダイエットに効率が良いとされる有酸素運動の代表格ですが、それを上回る効率というのは驚きですね。
トランポリンでハイジャンプ

膝への負担の軽減にも

ジョギングに取り組む場合、どうしても避けられないのが、膝への負担です。
土のグラウンドを走ることができればまだましですが、実施はアスファルトで舗装された道路や歩道を走る場合がほとんどではないでしょうか。

アスファルトは固く反発がありますから、走りやすいという側面はあります。
ただし、その分だけ膝に負担がかかっている現実があります。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP