老眼

ルテインサプリとは?老眼に効果あり!成分、摂取方法も徹底解説!

 

年齢とともに物の見え方が変わってきたと感じる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
その症状は、もしかしたら老眼かもしれません。

そんな老眼に効くと言われているのが、「ルテイン」という成分です。
一体どんな成分で、何に含まれているのか。
サプリメントとしての摂取方法などをまとめましたので、ご覧ください。

ルテインとは

カロテノイドの一種

ルテインは、カロテノイドの一種です。
カロテノイドとは、黄色や赤、橙などの天然色素です。
ニンジンの成分として有名な「カロテン」や、トマトの成分として有名な「リコピン」なども、カロテノイドの一種です。

動物の中には、カロテノイドを豊富に含むエサを摂取することで、自らの体の色を変えているものもいます。
例えば、フラミンゴや鮭を挙げることができます。

カロテノイドは色素ではありますが、それだけではなく、さまざまな健康効果が注目されています。

ルテインを含む食品

ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれています。
身近な食材では、ほうれん草やケール、ブロッコリーなどに多く含まれます。
グリーンスムージー

目に多く存在するルテイン

ルテインは、人体においては目の各部位や大腸、皮膚などに存在しています。
目の中でも黄斑部や水晶体などに多く存在するルテインは、外部からの刺激にさらされやすい目を守る働きが注目されています。

目は傷つきやすい

人間にとって目は外部の様子を確認するための大切な器官です。
その代わりに、まぶたを開いている限り、常に光の刺激にさらされている部分でもあります。

最近では、紫外線は特に目から侵入しやすいと警鐘を鳴らす研究者が増えており、紫外線対策としてのサングラスが一般的になってきています。
それだけではありません。

テレビの見過ぎ、パソコンの使いすぎも目には良くないとずっと言われてきましたが、近年さらに大きな問題になっているのがスマートフォンの普及です。
目との距離が近いことに加え、使用時間が非常に長い人も増えていますので、このような生活習慣が目にダメージを与えていると言われています。
疲れ目

刺激から目を守るルテイン

ルテインを含むカロテノイドは、その抗酸化作用が注目されています。
抗酸化作用とは、細胞から発生する活性酸素によって体の働きが鈍るのを防ぐ作用です。

例えば、紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンを含む老廃物は体外に排出され、日焼けやシミとして残りにくくなります。
しかし、抗酸化力が衰えると、メラニンがシミとなって浮き出てきます。

それだけではありません。
体の働きが鈍ることは、より重大な疾病にも繋がります。
近年、抗酸化物質が注目を集めているのはそのためです。

老眼の進行を遅らせる

ルテインの場合は目に多く存在しますから、光の刺激によって発生する活性酸素の働きを抑制する効果があります。
ルテインはもともと体内に存在していますが、加齢や紫外線の刺激、喫煙などによってどんどん失われていきます。

それによって発生する症状のひとつが老眼です。
ルテインを適切に補給することで、老眼の進行を遅らせる効果が期待されます。
日光

眼病予防全般に効果

ルテインの効果が発揮されるのは、老眼だけではありません。
白内障であったり、黄斑変性症であったり、さまざまな眼病に対する効果が注目されています。

白内障は、水晶体のタンパク質が白く濁ることでものが見えづらくなってしまう病気のことです。
白内障の症状自体は、80歳をすぎるとほぼすべての人が発症すると言われています。
原因は活性酸素であり、ルテインを摂取することで活性酸素を退治し、白内障の進行を遅らせる効果が期待されます。

黄斑変性症とは、目の組織の一つである「黄斑」が加齢などの原因で変性し、視力が低下してしまう病気のことです。
ルテインを摂取することで黄斑変性症の症状が改善されたとの報告もありますので、予防のために摂取しておくことは有効になりそうです。

ルテインの摂取方法

ルテインを摂取するには、ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜を食べるのが一つの方法です。
ただし、十分な効果があるとされる1日10gを摂取するには、ほうれん草では4束にもなり、現実的ではありません。
もっとも、少ない量であってもまったく意味がないというわけではありませんが。

そこで注目したいのが、サプリメントの摂取です。
例えば、「ディアナチュラルテイン」では、一粒で12gのルテインを摂取することができます。
一月分の価格もそれほど高価ではありませんので、目を酷使している自覚のある方は、気に留めておくと良いでしょう。

ディアナチュラルテイン
Posted with Amakuri at 2017.10.7
アサヒグループ食品

紫外線やスマホの光など、さまざまな刺激から目を守ってくれるルテイン。
現代人は目を酷使しがちですから、今後さらに注目が集まることになりそうです。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP