ジムで鍛える女性たち

スポーツジムでの服装は?筋トレ時のおすすめウェアを紹介!

 

これからスポーツジムに通う皆様!「どんな服装でいけば良いの?」と不安ではないですか?せっかくやる気に満ちてジムに通うのに、周りと浮いた服装ではちょっと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。”形”は大切です。

もちろん、”動きやすい服装”であれば十分にジムで鍛えられます。ただ、最近はおしゃれで機能的なスポーツウェアも数多く提供されています。SNSをチェックするとおしゃれなスポーツウェアを着こなす方がたばかりです。

そこで、今回はスポーツジムで”浮かない服装”についてご紹介したいと思います。その上で、スポーツウェアとしておすすめのブランドを3社ほどまとめました。「どれが良いの?」と迷っているのなら、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポーツジムで浮かない服装とは?

ローイングマシンを使う男性

冒頭で紹介した通り、最近のジムにはおしゃれなスポーツウェアを着こなした方が多くいます。近所を歩く感覚で服装を選ぶと周りから”浮いて”しまうかも。では、スポーツジムで浮かない服装となどのようなものでしょうか?

トップス

トップスは”半袖”または”タンクトップ”を選ぶと良いでしょう。ちょっとピタッとするくらいのサイズ感がスポーツするのに丁度良いと言えます。ゆとりのあるトップスだと激しい動きを邪魔するばかりか、器具に引っかかって危険です。

また、特に上半身は汗をかくのでトップスには”吸汗性”と”速乾性”のあるものがおすすめです。ただ、トップスだけだと汗で寒くなるでパーカーのような”羽織るもの”を1枚用意しておくと温度調節がしやすいと言えます。

ボトムス

ジムでトレーニング中の男性

ボトムスもトップスと同様に”短パン”のような短いものがおすすめです。「少し短いかな」と感じるくらいのサイズ感が激しい動きをするのに安心です。特に、下半身筋トレでは短パンの方が筋肉を意識しやすいでしょう。

ちなみに、短パンに抵抗がある方は”アンダーウェア”と組み合わせるのも1つの手です。アンダーウェアならピタッとしている上に、くるぶし丈まであるので下半身をカバーしてくれます。中には、加圧機能の付いたものもあります。

シューズ

ジムでの服装で1番と言って良いほど重要なのが”シューズ”です。私たちは足の裏を踏ん張ることで強い力を発揮できます。シューズをないがしろにしていると、ジムでの激しい動きに耐えられず足回りの故障や怪我に繋がります。

シューズはフィットネスシューズと呼ばれるものから選びましょう。フィットネスシューズは運動を前提に設計されている為、クッション性の高さと通気性を兼ね備えています。長時間の運動にも足回りが疲れにくく力を発揮できます。

おすすめのウェアブランド3選

ジムで鍛える女性

どんなスポーツウェアを選べば良いかご理解いただけたと思います。先述したポイントを押さえた上で、皆様の好みにあった”おしゃれ”なスポーツウェアを選ぶのが良いでしょう。では、おすすめのウェアブランドを見ていきます。

ナイキ

ナイキ(NIKE) DRI-FIT パークVI S/S ジャージ 743362 677 チームレッド M

ウェアブランドとして外せないのが”ナイキ”です。アメリカ発祥のウェアブランドのナイキは、ファッション性の高いおしゃれなスニーカーからスポーツウェアまでを取り扱っています。スポーツ選手の中にも数多くの愛用者がいます。

中でも、ナイキのトップスは外気温を遮る”グラフィック”を採用しているので、暑い環境下でもサラッと涼しく着こなせます。水を弾く”Hydra Voidテクノロジー”を採用したボトムスと合わせれば真夏の服装として完璧です。

アディダス

(アディダス)adidas トレーニングウェア adidas24/7 ウォームアップ ファンクショナルジャケット BV989 [メンズ] AZ4774 ホワイト J/M

ウェアブランドとして売り上げ世界一位も獲得しているのが”アディダス”です。同じウェアブランド”プーマ”と兄弟関係にあるだけに、スポーツウェアとしての技術力も世界トップレベルと言えます。オリンピックでも採用されたほどです。

特に、アディダスは”体熱伝導性”と”熱拡散性”を重視した素材を採用しており、トップスなどは汗をかいてもサラッとしています。また、パーカーのような一見すると「蒸れそう」という上着も高い通気性なのでジムの服装に最適です。

アシックス

(アシックス)asics トレーニングウエア 半袖Tシャツ XA6171 [メンズ] XA6171 50 ネイビー O

日本発祥の世界的ウェアブランドと言えば”アシックス(旧・鬼塚商会)”です。「Mens Sana in Corpore Sano(健全なる精神は健全なる肉体にこそ宿る)」という理念の下、マラソン関係のスポーツウェアに強いブランドです。

アシックスはメッシュ素材を積極的に採用し”通気性”と”肌触り”を両立させたトップスやボトムスの数々が特徴です。また、デザインも落ち着いた色合いのものが多く、20代30代だけでなく年配の方でも気軽に選べると言えます。

お気に入りのウェアを着てジムでトレーニング!おすすめジム5選

ジムでダンベルトレーニングをする外国人男性

お気に入りのウェアを見つけたのだから、いいジムで汗を流してほしいです。

そこでおすすめのジムがあるのでランキング5選として紹介させて頂きます。

全国展開しているジムが多いので、ランキングに記載されているジムも検討してみてはいかがでしょうか?

総合ランキング

1位:ティップネス


30年以上の歴史を誇るフィットネスクラブです。全国展開しており、どの店舗もアクセスの良さが特徴です。

ジム設備の充実度に関しては全国でも有数で、子供向けの「ティップネス・キッズ」やジムマシン中心で24時間営業が特徴の「FASTGYM24」など、様々なブランド展開をしています。

パーソナルトレーニングプランもあるため、みっちりマンツーマン指導を受けたい人にもむいています。

ティップネス


おすすめ情報

  • ヨガ・スイミング・ダンス・ジムトレーニングを始めとして種目が非常に多い
  • 会員プランが多いため、自分のライフスタイルに合わせたプランを契約できる
  • アクセスが良く通いやすい

口コミ

  • 学校の体育とかめちゃくちゃ嫌いな私でも「初心者コース」楽しかった!
  • 仕事終わりでジム活。ティップネスでエアロにステップも。いい汗かけたぁ~
  • サウナだけ入りに行くこともあるくらい雰囲気がいい

詳細情報

店舗数
全国153店舗(ティップネス:58店舗・FASTGYM24:95店舗)
営業時間
午前9時半から午後11時半(土曜は午後10時まで・日祝日は午後8時まで)
登録料 3,000円
費用
パーソナルトレーニング(メリハリBody Personal):35,640円(全16回・2ヶ月間)
  ティップネス


 

2位:24/7ワークアウト


つらい食事制限に耐えられず、ダイエット中でもついつい食べてしまうという人に最適なパーソナルトレーニングジムです。

「3食食べて痩せるジム」として非常に高い評価を受けています。 ジム独自のダイエットメソッドを持っており、一人ひとりに合わせた形でカスタマイズしていきます。

厳しい研修をくぐり抜けた高い指導力を持ったトレーナーによるマンツーマンレッスンには定評があります。

24/7ワークアウト


おすすめ情報

  • 一生続けられるダイエットメソッドを個別にカスタマイズして提供
  • アクセスの良い立地で通いやすい
  • 「3食食べるダイエット」が特徴

口コミ

  • めっちゃトレーナーが詳しくて楽しかった!!
  • 24/7ワークアウトは2回目だけど、体重が7.5kg落ちた。
  • 運動の癖もついたし、本当にいいきっかけになりました。感謝!

詳細情報

店舗数 全国53店舗
営業時間
午前7時から深夜12時
入会金 38,000円
費用
2ヶ月コース:月額98,000円(1回75分・週2回・全16回)
  24/7ワークアウト


 

3位:カーブス

カーブス素材07


利用者の平均年齢60代。女性専用の体操教室で、体に負担なく運動が出来ると年配者に愛されているジムです。

「1回30分!カーブス独自の運動プログラム」は、運動が苦手という人でも気軽に行える効果抜群の内容です。

自分を追い込むのではなく運動は苦手だけど生活の中に自然と運動を取り入れたい方におすすめです。

カーブス


おすすめ情報

  • 「1回30分の運動プログラム」で無理なく健康な体に!
  • 予約やキャンセルが不要
  • 着替えも必要なく手軽にレッスン可能
  • 女性専用ジム&スタッフも女性だけ

口コミ

  • カーブスで体を動かして、少しリフレッシュ。家にいるより出掛けて体を動かしたほうがいいね。
  • カーブスの運動で腰がしっかりしてきた
  • 運動初心者だけど、30分でストレッチも有酸素運動も筋力運動もできるから、今の私に最適!

詳細情報

店舗数 全国1,900店舗
営業時間
平日 10:00-19:00(13:00-15:00はクローズ) 土曜 10:00-13:00 日曜日・祝日 お休み
入会金 15,000円
費用 月額6,900円
  カーブス


 

4位:RIZAP

芸能人や著名人も多く利用しているジムとして有名なRIZAPは、とにかく確実に結果を出したいという人に強くおすすめできるパーソナルトレーニングジムです。

それぞれの分野の専門家が担当してくれるため、健康面や栄養面でも不安無く肉体改造が可能です。

日本で初めて「リバウンド保険」が適用され、2ヶ月以内に規定の体重を超えてしまった場合には同内容のコースを無料で受けることが出来ます。

RIZAP


おすすめ情報

  • トレーナーだけでなく、栄養士と医師によるサポート体制で健康面も万全
  • リバウンド保険および内容に不満がある場合の30日間全額返金保証
  • 設備使用料・ドリンク・アメニティなどの追加料金無し
  • 「結果にコミットする」に偽りなし

口コミ

  • 開始前は実年齢を上回る体内年齢が、-7歳で実年齢より下がりました!
  • 体重は変わっていないけど、体脂肪が10%くらい落ちました。
  • トレーナーさんの「筋肉使ってるね~」とかいろんな声をかけてくれ、楽しくトレーニングが出来ました!

詳細情報

店舗数
国内外132店舗(全都道府県に出店済み)
営業時間
午前7時から午後11時
入会金 50,000円
費用
シェイプアッププログラム: 298,000円(1回50分・週2回・全16回)
  RIZAP


 

5位:Reborn Myself


女性専用で多くの女性から高い支持を得ているパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーはもちろん全スタッフが女性ですので、スポーツジムにありがちな男性の視線が気になるという悩みもなく集中したトレーニングを行えます。

遺伝子検査を行った上、一人ひとりに最適なメニューを243パターンものプランから選び出します

無理な食事制限をすること無く、食事量を調節することで美容にも健康にも最適な食事を提案し、サポートしてくれます。

Reborn Myself


おすすめ情報

  • コースが終了しても続けられる食事内容を提案
  • ダイエット・部分痩せ・メンテナンスなどコースも充実
  • メールや電話で24時間サポート

口コミ

  • トレーニングはきつかったけど、トレーナーが丁寧に教えて励ましてくれたのでやりきることができました!
  • 女性専用パーソナルジムならではのノウハウが素敵でした
  • 思わずカメラを構えてしまうほど綺麗な化粧室がお気に入り☆

詳細情報

店舗数 全国47店舗
営業時間
午前10時から午後10時(土日祝日は午前9時から)※店舗により異なる
入会金 20,000円
費用
ダイエットコース(ブライダル・産後ケア含む):220,000円(1回50分・週2回・全16回)
  Reborn Myself


 

6位:es three


プロのトレーナーがカウンセリングからトレーニングまで一貫して担当してくれるのが特徴のパーソナルトレーニングジムです。

2ヶ月間の食事管理とトレーニングを行う中で、ストレスを最大限減らすようなフォローをしてくれるため、無理なくダイエットや肉体改造に成功できます。

30日間で成果がデータとして現れなかった場合は全額返金してくれるので安心して通えます。

es three


おすすめ情報

  • トレーナーによる直接カウンセリング&トレーニング
  • ウェア預けとクリーニングは無料・シューズ等はレンタル可なので手ぶらでトレーニング
  • 成果が出なかった場合は全額返金保証(30日間)

口コミ

  • 10キロ痩せました!コスパもいい!
  • いい感じに2か月で絞れて筋肉もついた
  • トレーニング後にいただけるプロテインがおいしくて好き!

詳細情報

店舗数
全国15店舗(首都圏・札幌・名古屋・福岡)
営業時間
午前8時〜午後11時
入会金 39,000円
費用
ショートプログラム:194,000円(1回75分・週2回・全16回)
  es three


女性おすすめランキング

女性におすすめのパーソナルトレーニングジムランキングを紹介します!

1位:Reborn Myself

全スタッフが女性ですので、女性特有のストレスや悩みに対してもトレーナーに相談できます。

Reborn Myself


 

2位:24/7ワークアウト

女性にとって食事制限はつらいものですが、7/24ワークアウトは3食しっかりと食べて痩せられるところが人気です。

24/7ワークアウト


 

3位:カーブス

カーブス素材07

こちらも女性専用が魅力です。運動が苦手という人にも続けやすいのが特徴です。

カーブス


4位:ティップネス

全国展開しているフィットネスでプログラムの量が多いのが特徴です。ダンスやバレエなどしなやかさを鍛えるトレーニングを多数取り扱っています。

ティップネス


5位:RIZAP

とにかく結果を出したい女性におすすめです!またドリンクやアメニティが追加料金なしで使えるのもうれしいですね。

RIZAP


6位:es three

手ぶらでのトレーニングが可能なので、思い立った時にすぐに利用できるのがポイントです。

es three


おすすめジムの料金比較:1位~6位

上記で紹介したジムの料金(入会金+2か月分の費用)を金額で比較してみましょう。

順位 ジム名 入会金+2か月分の費用
1位 カーブス 28,800円
2位 ティップネス 38,640円
3位 es three 233,000円
4位 24/7ワークアウト 234,000円
5位 Reborn Myself 240,000円
6位 RIZAP 348,000円


上位は、パーソナルトレーニングというよりも日常に運動を取り入れてずっと通い続けていくタイプのジムなので、入会金+2か月分でも費用が抑えられています。

下位はパーソナルトレーニングが中心で行われているジムが多く、短期間で結果がしっかりとついてくるジムです。

こちらは結果を出せる自信を持っているので、成果が見られない時の返金制度を設けている場合もあります。

 

機能性のあるウェアをおしゃれに着こなそう!

サスペンショントレーニング

いかがでしたでしょうか?今回はスポーツジムで”浮かない服装”ということでお話を進めてきました。せっかくジムに通うなら、SNSに載せたくなるようなおしゃれかつ機能性に優れたスポーツウェアを着こなしたいものです。

スポーツウェア選びのポイントは、”ピタッ”としつつも”通気性”や”速乾性”のあるものです。今回紹介した”ナイキ”や”アディダス””アシックス”のような世界的ブランドのものであれば基本的にどれを選んでも良いでしょう。

あとは皆様の感性・趣味です。カラフルな色合いを組み合わせて、ジムで主張する服装を目指すのも良いと思います。反対に、落ち着いた色合いでシックに決めるのも。ぜひ、機能性のあるウェアをおしゃれに着こなして下さい。

【関連記事】有村架純の腹筋が美しい!細いのに縦に割れてる腹筋のトレーニング方法が知りたい!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ホイッスルとコンパスとマップ
  12. ランニングする男性
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ランナーの足
  18. ゴルフスイング
  19. ストレッチする女性
  20. 海岸でストレッチする女性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP