ウェイトリフティング

ウエイトリフティングシューズのオススメ人気ランキング!その効果と正しい使い方について

 

力強さをアピールするには最適な競技であるウエイトリフティング
もちろん大切なのは筋力ですが、本来の力を存分に発揮するには、用具もおろそかにすることはできません。

今回紹介するのは「ウエイトリフティングシューズ」です。
ウエイトリフティングシューズはどのような観点で選べばいいのかまとめましたので、参考にしてみてください。

ウエイトリフティングシューズとは

ウエイトリフティングシューズは、ウエイトリフティングの競技で利用するために設計されているシューズです。
かかと部分が高くなっているのが大きな特徴です。
また、一般的なスポーツシューズと比べても滑りにくさを重視しています。
ジムでの重量とのしゃがむ運動

ウエイトリフティングシューズを利用するメリット

力を発揮しやすい

ウエイトリフティングシューズを利用する一番の目的は、力を最大限発揮できるように設計されている点でしょう。
陸上、サッカー、バレーなどそれぞれのスポーツにおいて専用シューズがあるのと同様です。

スポーツシューズの中には、地面と接したときの衝撃を吸収する素材を使用しているものが多く見られます。
しかし、ウエイトリフティングではそれは不要な機能です。
なぜなら、地面にしっかり力を伝えることで、重たいバーベルを持ち上げるエネルギーに利用していく必要があるからです。
ウエイトリフティングシューズが硬めの素材で作られているのには、そのような理由があります。

かかとの高さがウエイトリフティングに最適

かかと部分が高くなっているのは、ひとつはこうすることで足首の可動域を広げ、主にしゃがむ動作を取りやすくするためです。
もうひとつは、踏ん張りが効きやすくするためです。

ウエイトリフティングは決して上半身の力だけで行うものではなく、しっかり踏ん張ってバーベルを支えることが重要になります。
ですから、しゃがんだり踏ん張ったりといった動作も、その成功を左右する大切な要素なのです。

関節への負担軽減

しゃがんだり踏ん張ったりといった動作をがサポートしてくれますから、腰や足首などの関節にかかる負担は軽減されます。
かなりの負荷を瞬間的にかけるスポーツですから、体の節々に掛かる負担は相当なものです。
ウエイトリフティングに本格的に取り組むのであれば、自分の体を守る意味でもウエイトリフティングシューズを着用したほうがよいでしょう。

ウエイトリフティングシューズのデメリット

ウエイトリフティングシューズならではの特徴は、ほかの競技で利用する上ではかえって邪魔になります。

ウエイトリフティングシューズでは地面に力をしっかり伝えるために、衝撃を吸収しにくく設計されています。
ウエイトリフティングにおいては必要なことですが、ほかの競技においては疲労が蓄積し、やがて怪我につながる原因にもなります。

また、かかとの高さは足を動かす機会の多い競技では不便になります。
前後左右の動きでバランスを崩しやすいですから、これも怪我の原因となりかねません。

基本的には、ウエイトリフティングシューズは他の競技には利用できないと考えたほうが良いでしょう。

ウエイトリフティングシューズの選び方

かかとの高さ

かかとの高さは一律ではありません。
基本的には、かかとが高いほうがしゃがんだり踏ん張ったりといった動作をサポートする効果が高くなります。
ただし、人によってバランスのとり方は異なりますから、必ずしも高ければいいというものではありません。

可能であれば、いくつかの高さを試してから購入したいですね。

グリップの強さ

グリップとはつまり滑りにくさです。
重たいバーベルを持ち上げるわけですから、滑りやすいシューズでは非常に危険です。
もちろん、力を伝える意味でも滑りにくいシューズのほうがよいでしょう。

おすすめウエイトリフティングシューズランキング

最後に、私がおすすめするウエイトリフティングシューズをランキング形式で発表します。
とはいえ、シューズには好みがありますから、必ず自分の目で、足で確かめてから購入するようにしましょう。

3位:イノヴェイト inov-8 ファーストリフト 325

ほかのウエイトリフティングシューズと比較し、お手頃な価格で購入できるのがこちらのシューズ。
もちろん、かかとの高さや滑り止め、硬さなどの特徴は備えており、入門用に購入するにはちょうどいいシューズではないでしょうか。

2位:アディダス Men`s Powerlift 3

かかとの高さを3.2cmとしたアディダスのシューズです。
しっかりとしたサポート性能を備えながら、快適な履き心地を追求したシューズです。

1位:アシックス ウエイトリフティングシューズ 727 レッド/ホワイト

日本のメーカーということもあってか、日本人の足に合う幅広の作りが特徴的。
かかとの高さは4cmとかなり高いのですが、ソールが薄いためフィット感はあります。
日本人向けという点を考慮し1位としました。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP