筋肉のすごい男性

マイクロジムを成功させたい!ジムの起ち上げ方から集客方法・必要資金を紹介!

 

「ジムを経営したい」という皆様、ジムの立ち上げに必要な開業資金や集客方法について悩んではいませんか?十分な資金がなく、集客方法が確立できていないなら”マイクロジム”から挑戦してみると良いかもしれません。

マイクロジムとは個人経営の小規模なジムのことで、開業資金が少ない上に大手ジムとは異なる土俵で戦えるのが魅力です。マイクロジムは自分の出来る範囲で準備し、出来る範囲で運営していけるジムなのです。

そこで、今回は”マイクロジムを成功させる方法”ということで、開業資金と集客方法についていくつかポイントをご紹介しましょう。また、マイクロジムを成功させているオーナーの特徴についても触れているのでチェックして下さい。

成功するオーナーの特徴

フィットネス

まず、実際にマイクロジムを経営しているオーナーの中から”成功している方の特徴”をご紹介しましょう。成功するオーナーと自分自身を比較しながらチェックして下さい。

出来ないことを理解している

成功するオーナーは”出来ないことを理解している”のが特徴です。マイクロジムはオーナーを大黒柱に、少数のスタッフによって運営されています。当然、オーナーにはマイクロジムの経営から指導まで多くの負担が掛かります。

人間には得意・不得意があるように、オーナーにも”出来ないこと”があって当然です。出来ないことを無理にやろうとするのではなく、スタッフや外注業者などに振り分けられるオーナーは成功しやすいと言えます。

全てオープンにしている

内に秘めるパワー

成功するオーナーは”全てをオープンにしている”ことも特徴です。マイクロジムのオーナーというのは「自分がやらないと!」と抱え込みやすく、スタッフに対して秘密主義になりがちです。1から10まで包み隠さずオープンにしましょう。

例えば、マイクロジムの経営状況から売り上げ、オーナー自身のプライベートなスケジュールまで。マイクロジムは個人経営だからこそスタッフとの”信頼関係”が欠かせません。オーナー側からスタッフに歩み寄ることが大切です。

マイクロジムの開業資金

ステップアップ

「マイクロジムを経営したい!」と強く思っても”開業資金”がなければ話になりません。では、マイクロジムを開業するのにおよそいくらの開業資金が必要なのでしょうか?

資金相場は300万円ほど

マイクロジムの開業資金の相場は”300万円”ほどとされています。内訳は物件取得費(敷金・礼金・前家賃)が100万円ほど、器具購入費(パワーラックやウェイトなど10種類ほど)が100万〜120万円ほどです。

また、内装費(マンションの1室程度)が20万〜30万円ほどです。そこに広告宣伝費(HPやチラシなど)が50万円前後掛かるのでおよそ300万円となります。マイクロジムの開業は300万円もあれば十分に可能です。

開業後の資金も考えよう!

ただし!先述したマイクロジムの資金相場は”開業資金”です。家賃・光熱費・生活費・給料(スタッフへ)・広告宣伝費(追加)など”運転資金”は含まれていません。300万円だけで開業するのは無謀と言えます。

大切なことは、”開業資金+運転資金”と切り離して考えておくことです。マイクロジムの経営が2〜3カ月で軌道に乗ることもあれば1年以上も赤字かもしれません。少なくとも”半年以上の運転資金”を用意しておきましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP