ローラーリストボール

ローラーリストボール2019年版おすすめ人気ランキングベスト5!使い方間違ってない?効果的な使い方をご紹介!

 

皆さんは、握力や手首をどのように鍛えていらっしゃるのでしょうか。
球技系のスポーツをやられている方であれば、様々な手段で鍛えているのかもしれませんが、一般的なトレーニングではそれほど重要視される部分ではないのかもしれませんね。

今回は、握力であったり手首であったりを効果的に鍛えることができる「ローラーリストボール」というトレーニング器具を紹介します。
この器具の使い方や、おすすめ商品をまとめましたので、参考にしてみてください。

ローラーリストボールとは

回転を利用して鍛える

ローラーリストボールは、野球ボール大の大きさのボールです。
パワーボールと呼ばれることもありますが、こちらはRPM SPORTS社の登録商標です。
RPM SPORTS社商品でないのにパワーボールを名乗っている商品には、注意したほうがよいでしょう。

ボールは二重構造になっており、ボールの内側にさらにボールがあります。
内部のボールをローターと呼び、ローターの内部には金属の軸が通っています。
この金属の軸を中心にローターが回転することで遠心力が発生し、ローラーリストボールを握っているだけで回転を感じることができます。

RPM Sports NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic オートスタート機能 【日本正規品・1年保証付き】

ローターを回す方法

ローターを回すには、2通りの方法があります。
ひとつはひもを利用する方法。
ひもを巻き付け、勢い良く引っ張ることでローターに回転を与えます。

もうひとつがオートスタートです。
こちらのタイプでは、指で軽く回転をかけてやるだけで、あとは自然に回転が続く構造になっています。

かつてはひもを引っ張るタイプが主流でしたが、最近ではオートタイプのものも増えています。
ひもの管理に自信がない方は、オートタイプを購入するのがよいでしょう。

ローラーリストボールの回し方

止まっている状態からローラーを回す方法はお話しましたが、「あとはそのまま握っているだけ」というわけにはいきません。
もちろんそれでもいいのですが、少しでも長く回転を維持するには、ちょっとしたコツが必要となります。
と言っても、そんなに難しいものではありません。
ローターの回転に合わせて手首を動かすだけです。

こちらの動画はひもで回転を与えるタイプです。

https://www.youtube.com/watch?v=L2T_VySDMwQ

こちらはオートスタートタイプです。

https://www.youtube.com/watch?v=gr_Hi9056TQ

少し前にハンドスピナーが流行しましたが、あれのボール版だと思っていただくと、イメージしやすいかもしれません。
この動きに意外な中毒性があり、ハマってしまう方も多いようです。
ただし、ローラーリストボールはトレーニング器具ですから、指や手、手首に負担がかかります。
長時間の利用は控えましょう。

パワーリストボールで鍛える筋肉

パワーリストボールでは、握力、手首、前腕筋肉を鍛えることができます。
そのうち、握力について解説します。

握力とは

握力の働きは、大きく4つに分けることができます。

  1. クラッシュ
  2. ピンチ
  3. ホールド
  4. オープン

「クラッシュ」は、ものを持ったり握りつぶしたりする力のことです。
「ピンチ」は、ものをつまむ力のことです。
「ホールド」は、握ったものをそのままキープし続ける力のことです。
「オープン」は、親指とその他の手がくっつかない状態でものを握る力のことです。

一般的な握力計で測るのは「クラッシュ」の力です。
握力は日常生活の様々な場面で役に立ちます。
重い荷物を持ったり、買い物袋をぶら下げたり。
握力が強いと、周りの人からは頼もしく見えるのではないでしょうか。

おすすめローラーリストボール5選

最後に、おすすめのローラーリストボールを紹介します。
パワーボールも含めた紹介となります。

5位:鉄人倶楽部 トレーニング ローラー リスト ボール

執筆時点で750円と、とにかく安さが魅力のこちら。
ローラーリストボールがどんなものか試してみるにはいいのではないでしょうか。
当然ですが、高価格帯のものよりは性能が落ちますので、長く使うことは想定しないほうがよいでしょう。

鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ローラー リスト ボール IMC-59
カワセ(KAWASE)
販売価格 ¥750(執筆時点の価格)

4位:ACELETE リストボール オートスタート 2017年版

低価格帯の商品ながら、回転が滑らかで静か。
オートスタート機能も搭載されており、この価格帯では評価の高いローラーリストボールです。
4位と評価しましたが、純正パワーボールであることにこだわりがないのであれば、十分におすすめできる商品です。

ACELETE リストボール オートスタート 2017年版
ACELETE
販売価格 ¥2,000(執筆時点の価格)

3位:RPM Sports パワーボール Pico for Kids

手が小さい子供、女性用のモデルです。
他の商品より60%から70%小さく握りやすいのが特徴です。
LED発光あり、ひもで回すタイプです。
純正パワーボールですがカウンター機能がないため、この順位としています。

RPM Sports パワーボール Pico for Kids
RPM Sports
販売価格 ¥2,480(執筆時点の価格)

2位:RPM Sports パワーボール 250Hz Supernova

パワーボールでは低価格モデルに当たります。
デジタルカウンターがついており、100秒間の通算回転数など4つのモードでトレーニングの状況を測定可能です。
ひもで回転をかけるタイプです。

RPM Sports パワーボール 250Hz Supernova Pro
RPM Sports
販売価格 ¥2,480(執筆時点の価格)

1位:RPM Sports NSD パワーボール 280Hz Autostart Fusion Pro

オートスタート、デジタルカウンター、LEDのフル機能を搭載したパワーボールです。
価格が許容範囲ならこれがベストでしょう。

RPM Sports NSD パワーボール 280Hz Autostart Fusion Pro
RPM Sports
販売価格 ¥5,980(執筆時点の価格)
       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP