ダンベルとトレーニンググローブ

「筋トレグローブ」プロが教えるおすすめ5選!効果と正しい使い方をご紹介!

 

トレーニングではさまざまな器具を扱います。
それによって筋肉を鍛えられるわけなのですが、同時に酷使される部分もあります。
それが手。

今回紹介するのは、筋トレ時に手を保護する「筋トレグローブ」(トレーニンググローブ)です。
筋トレグローブのメリットについて具体的に解説するとともに、おすすめ商品をまとめましたので、参考にしてみてください。

筋トレグローブとは

筋トレグローブは、その名の通り筋トレ時に手にはめるもののことです。
ダンベルバーベル、あるいはケーブルマシンなど、手を使うトレーニングにおいて着用します。
一見すると手袋のようですが、特に高価格帯のものにおいてはさまざまな機能が追加されており、あなたのトレーニングをサポートしてくれます。

筋トレグローブを使用する意味

筋トレグローブは、決してファッション性を重視するために着用しているのではありません。
もちろんそういう側面がないわけではありませんが、それは二の次です。

安全性を高める

トレーニング器具は重量があったり抵抗があったりして、それによって筋肉を鍛えます。
しかし、それらは一歩間違うとあなたにとって危険なものへと変貌します。
ダンベルやバーベルをうっかり落としてしまうこともあるでしょう。

筋トレグローブは滑り止め機能がありますので、そういったトラブルが発生する可能性は低くなります。
また、汗によって手が滑ることもあるでしょうから、それも筋トレグローブで防ぐことができます。

手を保護する

素手でトレーニング器具に触れていると、摩擦により皮がむけたり、マメができたりしやすくなります。
そうなると日常生活にも支障がありますし、なによりトレーニングを続けるのが難しくなります。
筋トレグローブを着用していれば、手がしっかり保護されていますので、そういった心配はありません。

トレーニング効率が上がる

滑り止めや手を保護する機能は、安全性だけを重視したものではありません。
例えば手が滑ってしまうと、手やトレーニング器具をふく時間が必要となり、そこでトレーニングが中断してしまいます。
筋トレグローブをしていれば、狙った回数をしっかりやりきることができますので、トレーニングの効率も高くなるでしょう。

筋トレグローブを選ぶポイント

フィット感

一番はフィット感です。
小さすぎるものはもちろんのこと、サイズが大きくても手の感覚が十分に伝わらなくなります。
後ほどおすすめ商品を紹介しますが、それらはあくまで一例ですから、自分の手に合うことを重視してください。

手のひら・手首の保護

手のひらの滑り止めは当然ですが、ある程度厚めの素材が入ることで、手のひらへの負荷を軽減することができます。

また、手首をしっかり固定する構造になっているかも確認しておきましょう。

おすすめ筋トレグローブ5選

最後に、おすすめの筋トレグローブを紹介します。
今回は低価格帯の商品から選出しました。
サイズ、カラーバリエーションはリンク先で確認してください。

5位:GW SPORTS ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ

手のひら側に弾力のある素材を使用。
滑り止めにはハニカム構造を採用しています。

4位:Trydea トレーニンググローブ

手のひらにはゲル素材を利用。
人間工学に基づいて配置し、グリップとフィット感を高めているとのこと。
指部分にフックがあり脱ぎやすい点は高評価。

Trydea トレーニンググローブ 筋トレ ウェイトリフティング ジム フィットネス リストラップ 付き(ブルー, Large)
Trydea
販売価格 ¥1,680(執筆時点)

3位:ACELETE ウェイトリフティング ジムグローブ

手のひら側には5mmの弾力材を使用。
滑り止めはハニカム構造を採用しています。
指部分にフックがあり脱ぎやすい点は高評価。
手首部分をがっちりガードするタイプですので、重たいバーベルを上げる方におすすめ。

2位:GW SPORTS トレーニンググローブ

手のひらには高弾性素材を採用。
滑り止めにはハニカム構造を採用しています。
指部分にフックがあり脱ぎやすいタイプ。
親指部分がタオル地で、汗を吸収してくれる点はポイント高し。

1位:GOLD’S GYM レザーグローブ

おなじみゴールドジムの筋トレグローブです。
レザー製で使えば使うほどフィット感が増す点で高評価。
レザーは耐久性、グリップ力の点でも優秀です。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サプリメント
  5. サーフィンする男性
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. ヨガ
  13. スケートボードを抱えてたつ人
  14. バレーボールのサーブ
  15. サプリメント
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー
  21. アイスホッケー スティックとパック
  22. 雨の日のゴルフ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP