チューブトレーニングをする男女

筋トレチューブおすすめベスト9!効果がスゴイと話題の筋トレチューブを使ったゴムチューブ筋トレも紹介!

 

みなさんは、自宅でトレーニングをする際にどんな器具を取り入れていますか?
器具を使わない自重トレーニングが中心という方も多いでしょうが、バリエーションを増やす意味でもチューブを取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、手軽なトレーニング器具である筋トレチューブ(トレーニングチューブ)を紹介します。
利用するメリットや利用方法、おすすめ商品などをまとめましたので、参考にしてみてください。

筋トレチューブとは

筋トレチューブはゴム状の長いひもで、チューブを引っ張ったときに生じる、元も戻ろうとする力が負荷となり、筋肉が鍛えられるトレーニング器具です。

その手軽さもあり、リハビリ目的や高齢者など体力に自信がない方から、スポーツ選手まで幅広く利用されています。

筋トレチューブのメリット

安価で利用することができる

トレーニング器具というと、どれもそれなりの値段がするイメージがあると思います。
しかし、筋トレチューブは2000円まで出せばトレーニング用として十分な品質を備えた商品を購入することができます。

持ち運びが容易

筋トレチューブは細いひもですから、束ねれば非常にコンパクトなサイズにして収納することができます。
例えば職場の休み時間であったり、外泊先のホテルであったり、いつでもチューブを使ったトレーニングをできるというわけです。

ダンベルではなかなかこうはいきませんよね。

強度の調整ができる

筋トレチューブは、さまざまな強度のものがあります。
トレーニングレベルに合わせて選択することで、誰にでも利用しやすい器具となっています。
強度の違うチューブがセットになっているものもありますから、どれを選んでいいか分からない場合は、そういった商品を選ぶのもありでしょう。

また、同じチューブであっても短めに持つか長めに持つかによってでも強度は変わります。
チューブでトレーニングする男女

チューブを使ったトレーニングの例

上腕二頭筋を鍛える

  1. 足を肩幅程度に開く
  2. 片手にチューブを持つ
  3. 適当な長さのところでチューブを踏んで長さを固定する
  4. 脇をしめて肘を固定したまま、肘を曲げてチューブを引っ張る
  5. ゆっくり戻す

ダンベルカールの動きを、チューブを使って再現するトレーニングです。
チューブの抵抗がダンベルの重みの代わりになり、上腕二頭筋が鍛えられます。
重たいダンベルを持ち運ぶことなく、できるのがメリットです。

こちらの動画は両手ですが、もちろん片手でも構いません。

https://www.youtube.com/watch?v=RNodGH_vQo8

下半身を鍛える

  1. チューブを両手で持ち、両足でチューブを踏む
  2. 足を肩幅程度に開き、チューブを伸ばして真っ直ぐ立つ
  3. 手は肩付近に置き、そのままスクワットをする
  4. チューブを持つ位置によって強度を調整する

チューブを利用したスクワットです。
膝を伸ばすときにも負荷がかかるのがポイントです。

https://www.youtube.com/watch?v=tyULwSmQTp4

腕を鍛えるトレーニング

腕を鍛えるトレーニングとしてはチューブタイプのチューブを使用した”アームカール”をおすすめします。

  1. チューブの中央部分を両足でしっかり踏む
  2. チューブの両端を持ち、肘を90度に曲げる
  3. 通常のアームカールと同様に、腕を肩の位置まで持ち上げる

このトレーニングのポイントは、2の段階で適度な負荷が前腕に掛かるようゴムチューブの長さを調節することです。

お腹を鍛えるトレーニング

腹筋のすごい男性

お腹を鍛えるトレーニングとしてはチューブタイプのゴムチューブを使用した”クランチ”が良いでしょう。

  1. 仰向けになり、ゴムチューブの中央部分を両足裏に掛ける
  2. ゴムチューブの両端を持ち、地面に対してふくらはぎが平行になるまで持ち上げる
  3. ゴムチューブを引き寄せるように、上体を持ち上げる

このトレーニングのポイントは、ゴムチューブを補助がわりにすることにあります。通常の腹筋が苦手な方向けです。

脚を鍛えるトレーニング

脚を鍛えるトレーニングとしてはチューブタイプのゴムチューブを使用した”レッグリフト”があります。

  1. 片脚首にゴムチューブの端を括り付ける
  2. 反対の脚でゴムチューブをしっかりと踏む
  3. ゴムチューブを括り付けた側の脚を持ち上げる

このトレーニングのポイントは、両脚を下ろした状態でゴムチューブが伸びていることです。

おすすめ人気筋トレチューブランキングベスト9選

最後に、おすすめしたい筋トレチューブを9つ紹介します。
ランキングを付けてはいますが、あくまで一個人の意見です。
人によって使い心地は異なりますから、レビュー等を参考にして自分に合うものを探しましょう。

9位:フィノア シェイプリング

9位にランクインした筋トレチューブは”フィノア シェイプリング”です。

金額も安くフィットネスジムなどでよく見かける”平べったいタイプ”の筋トレチューブで、主に下半身の強化に使用されます。女性のヒップアップや高齢者のリハビリ用としてもおすすめです。また、薄い形状をしているので折りたたむとコンパクトに、持ち運びにも便利な筋トレチューブだと言えます。

8位:ALINCO マルチチューブ

多くのトレーニング器具を発売している会社の商品です。
使い方は比較的限られる点からこの順位にしましたが、気が向いたときに引っ張ることができるので、ストレス解消にいいのではないでしょうか。
強度別の商品が販売されています。

ALINCOマルチチューブSOF
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥782(執筆時点)

7位:サクライ プロマーク トレーニングチューブ

7位にランクインしたゴムチューブは”サクライ プロマーク トレーニングチューブ”です。

一般的なゴムチューブの”チューブタイプ”をしています。お年だもお手頃で5段階の負荷が用意されており、自身の筋力に合わせて選べるのが特徴です。また、重ねたり捻ったりすることで負荷を調節できるなど、数ある中でも”最も自由度の高い”ゴムチューブになります。

6位:Orange Roll トレーニング チューブ

6位にランクインした筋トレチューブは”Orange Roll トレーニング チューブ”です。

基本的にチューブタイプと同じですが、両端に”グリップ”が付いているのが特徴と言えます。これまで、筋トレチューブは長時間使用すると手のひらが痛くなるのが悩みでした。

その点、この筋トレチューブであればグリップにより長時間使っても痛くなりにくいという訳です。

5位:D&M セラバンドCLX

5位にランクインしたゴムチューブは”D&M セラバンドCLX”です。一見するとただの平べったいタイプですが、9つの輪っかが連なった形状をしている進化系のゴムチューブになります。

その為、従来のゴムチューブと同様の使い方はもちろん、輪っか部分に手や足を引っ掛けることで様々なトレーニングに応用でき、お得感のあるゴムチューブです。

4位:Desirable トレーニングチューブ

両端にあらかじめハンドルがついているタイプのチューブです。ハンドルがつけることにより、ひも状チューブの持ちづらさを解消しています。
ハンドルが固定になっているのをどう捉えるかですが、取り外し式ではなくす心配があるという方には、この形状がいいかもしれません。

トレーニングチューブ【Desirable】
Desirable
販売価格 ¥930(執筆時点)

3位:FREETOO フィットネスチューブ

2mほどの長さがあるチューブです。
ハンドルはありませんが、リング状のため手や足などに引っ掛けやすくなっています。余分なものがついていない分、さまざまなトレーニングに応用可能です。強度別に商品が販売されています。

FREETOO フィットネスチューブ
FREETOO
販売価格 ¥999(執筆時点)

2位:Oummit トレーニングチューブ

強度の違う5本のチューブと、ドアアンカー、ハンドルなどがひとつになったオトクなセットです。
このセットを買えばあらゆるトレーニングが行なえますので、とりあえず置いておきたいものと言えます。

同種の商品はたくさんありますが、価格の安いこちらを取り上げます。

Oummit トレーニングチューブ
Oummit
販売価格 ¥1,380(執筆時点)

1位:Odoland トレーニングチューブセット

2位で紹介した商品のセット内容に加え、さらにレジスタンスバンドが追加されています。
高性能、高品質なのは当たり前ですが更に高機能でもある商品といえます

トレーニングチューブと(11 pcs)伸縮自在のセラバンドループ(4 pcs)のセットになりますので、ハッキリ言ってこのセットを買うだけで全てのゴムチューブ、ゴムバンドのトレーニングが可能です。

その分価格的には高くなっているものの、ラテックス製でチューブ自体の耐久性が向上しているのも高評価のポイントです。

今口コミで徐々に人気の最新トレーニング器具

今口コミで人気が広がっているフィットネス器具がBODYBOSS2.0です。

チューブ系、エキスパンダー系のトレーニング器具の中でも、そのトレーニング出来るバリエーションは群を抜いて多く、ちょっとしたホームジムのような充実した機能性を持ちます。

まさにこれ一台で全部出来るという万能性がBODYBOSSの魅力です。

しかも値段もホームジム系のフィットネス器具として比較して破格の安さを誇り、徐々に口コミで人気が広がっている最新トレーニング器具です。

【国内正規品】BODYBOSS 2.0 ポータブルフィットネスジム ボディボス … (BODYBOSS 2.0, BODYBOSS 2.0)
BODYBOSS2.0
販売価格 ¥34,000(2018年8月23日14時2分時点の価格)

実際に編集部で体験した記事が以下にありますので、興味がある方はこちらをご覧ください。

関連記事:【体験レポート】BODYBOSS 2.0を試してみました!持ち運べるポータブルフィットネスジム

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP