筋トレをする男性

ダルビッシュの筋肉が進化したと話題に!その筋肉理論とは?

 

日本出身の世界的野球選手と言えば、イチロー選手の他に”ダルビッシュ有”も挙げられます。2017年現在、ダルビッシュは31歳と筋肉・経験ともに最も成熟した時期に、ロサンゼルス・ドジャースの選手としての活躍に注目です。

そんなダルビッシュも2015年には”右肘内側側副靭帯の損傷”により手術し、1年ほどのリハビリ生活を経験しています。にも関わらず、手術以前よりもさらに筋肉を進化させて復帰するなど、彼なりの”筋肉理論”がありそうです。

そこで、今回はダルビッシュならではの”筋肉理論”について語りたいと思います。実は、野球界にはダルビッシュを目標に掲げる若手選手も多く、ヤンキースの”田中将大”を筆頭にダルビッシュの筋肉理論は広まりつつあります。

ダルビッシュの”筋肉理論”とは?

冒頭で紹介した通り、ロサンゼルス・ドジャースの投手”ダルビッシュ有”には独自の”筋肉理論”があるそうです。では、ダルビッシュの筋肉理論が一般的なトレーニングの考え方とどう異なるのかを見ていきましょう。

「筋肉は強みになる」と信じて

https://youtu.be/oVqiddJEPXA

ダルビッシュはインタビュー時に「周り(の選手)で真剣に筋トレをしている人がいなかった」「(自分が)正しく行えば強みになるのでは?」と考えたことを語っています。これこそダルビッシュならではの”筋肉理論”の原点なのです。

事実、彼が2005年に日本ハムファイターズに入団した当初は、195cmと長身ながらも体重は70kgほどと野球選手にしては細身でした。しかし、2017年現在では体重100kgほど、相当に筋肉を付けたことが分かります。

イチロー選手との考え方の違い

ダルビッシュの筋肉理論を語る上で欠かせないのが、同じくメジャーリーガーの”イチロー選手”です。ダルビッシュのものとは真逆で、イチロー選手の筋肉理論は”筋肉はバランスが大事”、「日本人は外国人とは違う」とのことです。

確かに、日本人選手と外国人選手(メジャーリーガー)を見比べると骨格から違うことが分かります。ダルビッシュの筋肉理論とイチローの筋肉理論、どちらが正しいかについては今後の野球界で実証されることでしょう。

ダルビッシュ理論の支持者が急増中!

ダルビッシュの筋肉理論は日本人選手を中心に支持者が急増していることでも知られます。例えば、ニューヨーク・ヤンキースの投手”田中将大”や日本ハムファイターズの二刀流(投手・野手)”大谷翔平”などの若手です。

ちなみに、全盛期の王・掛布など日本野球界のレジェントたちは筋トレをほとんどしなかったそうです。”筋トレの風潮”が始まったのが清原などが活躍した時代とのことで、日本野球界にも欧米化が進んでいるのかもしれません。

ダルビッシュの筋肉理論をより詳しく!

ダルビッシュの筋肉理論は日本野球界では異色とされていますが、彼はもちろん田中や大谷などが実践していることで効果があることは十分に実証されています。では、ダルビッシュの筋肉理論をより詳しく見ていきましょう。

全てを”理論的に”考えて

ダルビッシュの筋肉理論の基本は”全てを理論的に”というところからです。例えば、筋トレメニュー1つ取っても「なぜその方法なのか?」「なぜその回数なのか?」と、彼の筋トレメニューには一つひとつに常に明確な理由があります。

例えば、ダルビッシュは野球界に根付いている”野球=走り込み”という風潮に異を唱えています。というのも、野球において”速筋(瞬発力)”が重要にも関わらず、走り込みで”遅筋(持久力)”を鍛えるのは非効率なのです。

理論的に組み立てられた食生活

バランスの摂れた食事

ダルビッシュは栄養学・身体生理学などにも造詣が深いそうです。その為、筋トレはもちろんのこと日々の食生活に関しても”理論的に組み立てられた”ものを実践しています。自身で食事の管理をする選手は珍しいと言えます。

例えば、ダルビッシュはインタビュー中でも自身の筋肉理論に従い「ちょっと失礼します」と席を外し、栄養摂取の為にサプリを摂るほどです。常に貪欲に知識を吸収し、実践し続けるからこそ彼はステップアップできているのでしょう。

「人々の夢を背負っている」と覚悟して

なぜダルビッシュはここまで野球選手として貪欲になれるのか?彼曰く「僕は人々の気持ちを背負ってプロとして活動しているのです」とのことです。世の中にはプロになりたくてもなれない人、夢を諦めた人が溢れかえっています。

そんな中、一握りの幸運を掴んだ1人として、ダルビッシュは人々の”プロ野球選手”としての夢を背負う覚悟がある訳です。日本国内はもちろんのこと、世界を見渡しても彼ほど”プロ”として覚悟のある選手は見たことがありません。

ダルビッシュは野球選手としての覚悟がある

いかがでしたでしょうか?今回は、野球選手として覚悟のある”ダルビッシュ有”の筋肉理論についてまとめてみました。彼の筋肉理論は”全て理論的に”が基本となり、1つのメニューを取っても「なぜ?」が追求されています。

野球選手ともなると、コーチやトレーナーから「こうした方が良い」と教えられた今の”当たり前”を忠実に実践する方がほとんどです。そんな中、「自分はこうだ!」と自分で考え実践したからこそダルビッシュは進化できたのでしょう。

ぜひ、ダルビッシュの筋肉理論を参考にし、より理論的で効率的な肉体改造に挑戦してみて下さい。

【関連記事】【野球選手】最強筋肉ランキングベスト10!野球選手最強の筋肉を持つのは一体誰だ!?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ランニングする男性
  12. ホイッスルとコンパスとマップ
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ゴルフスイング
  18. ランナーの足
  19. 海岸でストレッチする女性
  20. ストレッチする女性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP