ハンドグリップ

ハンドグリップの効果と選び方をプロが徹底解説!前腕と握力強化!【50kg、60kg、70kg】

 

上腕二頭筋や大胸筋など、目立つ筋肉を鍛えるトレーニングは人気があります。
ただし、握力や前腕を鍛えるトレーニングは、トレーニングメニューの中でも意外とおろそかにされがちです。

今回紹介するのは、握力や前腕を鍛えるのに最適なハンドグリップです。

握力や前腕

握力を鍛える意味

握力には4つの要素があります。

  1. クラッシュ
  2. ピンチ
  3. ホールド
  4. オープン

「クラッシュ」はものを握る力のことで、握力計で測定するのはこの力になります。
クラッシュの力が強いと、テレビなどでよく見かけるような、リンゴを握りつぶすことも可能になります。

「ピンチ」は、ものをつまむ力のことです。
指先でものをつかんだり、そのままキープする力です。

「ホールド」は、握ったものをそのままキープする力です。
握力における持久力と表現できるでしょうか。
重たいものを手で持ち続ける行為は、例えばショッピングで役に立ちますね。

「オープン」は、親指と他の指をくっつかない状態でものを握る動作です。
日常生活では、ビンの蓋を開けたり、ノブを回したりする行為がこれに当たります。

このように、握力は日常生活で役に立つ場面も多く、見た目には目立ちませんが頼もしさを出すためにもぜひ鍛えておきたい筋肉です。
握力を測定する男性

前腕

前腕は、肘から手首までの部分です。
こちらもすぐ上の上腕と比べると地味な印象ですが、肘や手首の動き、あるいは握力も左右する大切な働きをします。
筋肉量の多い上腕二頭筋ばかりを鍛えても、前腕を十分に鍛えていないとその力を発揮することはできません。

鍛えるにはハンドグリップ!

握力や前腕を鍛えるトレーニングはいくつかありますが、自宅でも手軽に扱えるトレーニング器具がハンドグリップです。
硬い鉄のバネを、2つのグリップを握って圧縮することで鍛える器具です。

使い方は極めて簡単です。
片手でハンドグリップを握り、2つのグリップがくっつくまで握ります。
これを5回から10回程度繰り返して1セットとしましょう。

ハンドグリップは、商品によって負荷が異なります。
バネが硬ければ硬いほど、握るための力が必要となりますので、より鍛えることができます。

ハンドグリップの選び方

負荷

ハンドグリップトレーニングを左右するのはやはり、負荷の大きさでしょう。
つい負荷の大きなものを選びたくなりますが、自分の握力より大きなものを選んでも、満足にトレーニングをすることはできません。

最大でも、自分の握力と同程度の負荷が可能なハンドグリップを選びましょう。
先ほど握力の4要素のお話をしましたが、どの力を鍛えたいかによっても適切な負荷は異なります。

クラッシュであればほぼ握力と同程度の負荷が適切です。
ホールドであれば、6割程度の負荷により回数を増やしてトレーニングをしましょう。

なお、負荷の調整が可能なタイプもあります。
握力を様々な側面から鍛えたい場合は、そういったタイプを購入するのがよいでしょう。
左右で握力が異なることも多いですから、その際に便利ですね。

グリップの形状

グリップのサイズが手に合わないと、しっかり握ることができません。
また、グリップの素材も重要です。
握っているうちに手が痛くなりますので、そのあたりも考慮する必要があるでしょう。
もっとも、手の痛みに関しては、手袋やトレーニンググローブなどで軽減可能です。

おすすめハンドグリップ3選

ここからは、おすすめのハンドグリップを紹介します。

3位:ALINCO ハンドグリップ

グリップ部分はやや硬めのゴムです。
負荷は10kgから40kgまであるタイプで、安価ながら安定した品質を誇ります。
この価格であれば、目的に合わせて複数購入するのもありでしょう。

ALINCO(アルインコ) ハンドグリップ 40kg WB005
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥579(執筆時点)

2位:Ironmind Captains of Crush ハンドグリッパー

負荷は27kgから166kgまで11段階までの種類が存在します。
実力に応じて適切なものを選べるのが魅力です。

商品説明によると、166kgは世界でも5人しか達成できていないとのこと。
まさに握力自慢のためのハンドグリップといえます。
一般的なハンドグリップでは満足できない方におすすめです。

Ironmind(アイアンマインド) Captains of Crush(キャプテンズ・オブ・クラッシュ) ハンドグリッパー (ポイントファイブ)
Ironmind(アイアンマインド)
販売価格 ¥2,580(執筆時点)

1位:IVANKO(イヴァンコ) スーパーグリッパー

トレーニング器具で実績のあるイヴァンコ社のハンドグリップです。
2本のスプリングの位置、握る位置を組み合わせることで、約20kgから約100kgまで調整することができます。
調整できるタイプのハンドグリップは、一般に精度や耐久性に難点があります。
こちらは高価ではありますが、それに見合う品質の商品です。

IVANKO(イヴァンコ) スーパーグリッパー SP-28
IVANKO(イヴァンコ)
販売価格 ¥6,264(執筆時点)
       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 背泳をする男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP