プッシュアップ

プッシュアップバー人気ランキングベスト10!高さと角度はどれが良いのか?効果倍増させる筋トレ方法も紹介!

 

腕立て伏せと言えば、腕周りの筋肥大を目指す上で欠かせない筋トレの1つです。ただ、実際に腕立て伏せをしても「思うように腕周りが太くならない」「もう少し腕立て伏せの負荷を高めたい」などの悩みのある方が多くいます。

そんな皆様には”プッシュアップバー”の活用がおすすめです。プッシュアップバーを使用し従来の腕立て伏せをするだけ、今まで以上に腕周りへの負荷を高められます。また、プッシュアップバーは場所を取らないのもポイントです。

しかし、いざ選ぶとなると種類が多く「どれが良いの?」と迷うことでしょう。そこで、今回は数あるプッシュアップバーの中でも人気の10商品をランキング形式でご紹介します。正しい使い方にも触れますので、ぜひチェックして下さい。

プッシュアップバーの正しい使い方

adidas(アディダス) トレーニング 腕立て プッシュアップバー 2個セット ADAC-12231

プッシュアップバーは非常にシンプルな形状ながらも、正しい使い方を知らないと十分な効果を発揮しません。ポイントは”正しい高さ”と”正しい角度”を意識することです。

正しい高さ

プッシュアップバーにより腕立て伏せの効果が高まる1番の理由は、”高さが出ることで腕周りの可動域が広がる”ことにあります。ただ、あまりにも高すぎると肩周りに負荷が強すぎて怪我や故障の原因に、適度な高さが重要です。正しい高さは”10cm〜15cm”の間、まだ初心者の方は10cm程度の低めを選んだ方が良いでしょう。

正しい角度

プッシュアップバーはバー部分をしっかり掴む事により”手首への負荷を軽減”する役目もあります。ただ、プッシュアップバーの角度によっては手首への負荷が高まる事になります。適切な角度は手のひらが”八の字”です。上体を下ろした際に、グリップと二の腕が一直線になる角度をイメージすると分かりやすいかもしれません。

おすすめの筋トレ方法

https://youtu.be/rjxy_ybwdfo

プッシュアップバーはただ使用するだけでも負荷を十分に高められます。ただ、せっかくならさらに高めたいのでは?であれば、より腕を広げた状態で腕立て伏せを行う”ワイドスタンスプッシュアップ”がおすすめです。

通常より腕の幅を”1.5〜2倍の広さ”に取るだけ、あとはいつも通りに腕立て伏せをするだけと簡単です。1日10回3セットも行えば、腕周りはもちろん肩から胸に掛けても十分な負荷を掛けられます。

プッシュアップバーの人気ランキング10

【CROTHO(クロート)】プッシュアップバー プッシュアップスタンド 腕立てスタンド 腕立て伏せ トレーニング  プロボクサー監修(PRO-model) (オレンジ/シルバー)

プッシュアップバーは従来の腕立て伏せの効果を高めつつ、手首への負荷を軽減してくれる筋トレ器具です。ただ、いざ選ぶとなると種類が多く迷うもの。では、ここからはプッシュアップバーの中でも人気10商品をご紹介しましょう。

10位:トータルフィットネス

SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー STT020
SINTEX(シンテックス)
販売価格 ¥1,296(2017年11月8日0時3分時点の価格)

プッシュアップバーと言えば、でまず名前が挙がるのが”トータルフィットネス”です。事実、Amazonでのランキングも常に上位にあり人気の高さが伺えます。特別な機能はないものの、価格帯は1,500円前後と安いので手に取りやすいプッシュアップバーです。

9位:ACTIVE WINNER

グリップ感の高さに好評なプッシュアップバーが”ACTIVE WINNER”です。他のプッシュアップバーに比べて、グリップ部分が2倍の厚みがあるのでしっかりと掴めます。また、スポンジが各所に使用されているので床(フローリング)が傷つく心配も軽減してくれます。

8位:PERFECT PUSHUP ELITE

プッシュアップバーの中でも異色として注目されたのが”PERFECT PUSHUP ELITE”です。設置した状態でも”360度回転”できる構造をしており、様々な角度でトレーニングを楽しめます。また、設置面に”ラバー素材”を使用しているのでずれる心配もありません。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ジョギング ウォーキング
  2. プール

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP