バランスをとる練習

ヨガボールの値段別おすすめベスト5!サイズ別トレーニングと効果を教えます!

 

ヨガボールを使用したエクササイズの効果とは?

バランスボールの上でセラバンド
筋肉は大きく2つの種類に分けることができます。体の外側に位置するアウターマッスルと、体の内側にあるインナーマッスルです。

アウターマッスルは、大胸筋や大腿四頭筋のような大きな筋肉のことをいいます。インナーマッスルは外側から目視することができない小さな筋肉ですが、関節を正しく保持して動かすためには欠かすことができない筋肉です。

一般的に認識されている筋トレは、主にアウターマッスルを鍛える種目をさすことが多いです。ただし、体の内側を支えているインナーマッスルも鍛えないと、体の中心部にある体幹の筋肉が弱くなってしまい、体を正常な状態に保つことができません

ヨガボールを使用して運動を行なえば、インナーマッスルを強化することができ、体のゆがみやコリを解消することができます。不安定なヨガボールで姿勢をキープするには、細かくバランスを取らなければならないからです。

ヨガボールのサイズ種類と選び方

Amazonベーシック バランスボール 55cm ハンドポンプ付
ヨガボールの大きさは、直径20cmくらいのものから120cmくらいの大きさのものまであります。バランスエクササイズや体幹トレーニングなどで一般的によく使用されているヨガボールの大きさは、45cm・55cm、65cm・75cm程度のものです。

これらの大きさを参考にするのであれば、身長が150cmより低い場合は45cmのヨガボール・
150cmから165cmくらいの身長であれば55cmのヨガボール・165cmから185cmくらいの身長ならば65cm以上のボールサイズを選択することをおすすめいたします。

ヨガボールを選ぶ際にもう1つお考えいただきたいのが、ボールの弾力性です。軟らかい素材でふわふわとソフトな種類、比較的に硬い素材で弾力性のある種類、スポーツのトレーニング専用に作られた種類に分かれています

また、座りやすい形に作られた脚付きのものや、さまざまな姿勢づくりを可能にするひょうたん型の形もあります。

ヨガボールに注入されている空気量は、運動の難かしさに影響します。注入されている空気量が少なければ、ボールがへこんでいるのでバランスが取りやすいです。

運動初心者の方や体力にあまり自信のない方などは最初少なめに空気を入れ、運動が継続できるようになれば少しずつ空気を増やす方法がいいでしょう。

大きなヨガボールを使用した代表的なエクササイズ

大きなサイズのヨガボールで腹筋運動を行なう

https://youtu.be/_Pwt6xbI_bs

背中や腰・お尻の形を意識しながらヨガボールにリラックスして座ります。息を少しずつ吐きながら腹直筋を徐々に収縮していき、お腹を覗き込むようにしながら股関節を前に押し出します。

ある程度前に重心が移動したら体勢を元の形に戻します。同様の動作を30回ほど繰り返すようにしましょう。

小さめのヨガボールで下半身を鍛える

https://youtu.be/yrN6-G9srmc

仰向けの状態で小さめのボールを膝の間に挟み込み、ボールごとその膝を立てます。自然な呼吸を意識しながら、ボールを膝でしっかりと抑えてお尻を床から徐々に上げていきます。お尻を上げる高さの目安は、股関節が真っ直ぐな状態になるくらいです。

お尻と太ももの裏を十分に意識することができたら、元の状態にゆっくり戻していきます。同様の動作を30回ほど繰り返すようにしましょう。

ヨガボールは使いやすいものを選ぼう!おすすめベスト5!

第5位、ALINCO(アルインコ) バランスボール

ALINCO(アルインコ) バランスボール 55cm エアーポンプ付 WB124D オレンジ
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥1,300
(2017年11月10日15時27分時点の価格)

ヨガボールを使用した筋トレの方法が理解できるマニュアル付の商品です。直径も65cmと比較的大きいので、大きな動作が可能となり全身強化を行なうことができます。専用ポンプを使えば、空気を抜いた状態で保管することができます。

第4位、SHIELDS(シールズ) ジムボール

SHIELDS(シールズ) ジムボール65 アンチバーストタイプ ハンドポンプ付 SBAL-65(MGY)
SHIELDS(シールズ)
販売価格 ¥1,473
(2017年11月10日15時28分時点の価格)

SHIELDSのヨガボールは、破れにくい素材を使用しているところが特長です。破裂してしまう心配がそれほどありません。また万が一破裂してしまったときも、やさしく空気が抜けていく仕組みなので、怪我の心配も少ないといえるでしょう

第3位、EGS(イージーエス) バランスボール

EGS(イージーエス) バランスボール アンチバースト仕様 ポンプ付き ブルー 65cm EG-3062
EGS(イージーエス)
販売価格 ¥2,580
(2017年11月10日15時29分時点の価格)

セットのポンプが足で踏みながら膨らませるタイプなので、手間取ることなく膨らませることができます。ボールの素材も破れにくいタイプです。

ボールの表面にブランドのロゴが入っていないので、どのポイントが地面に接していても、常に安定した使用感を味合うことができます

第2位、東急スポーツオアシス 体幹ヨガボール

東急スポーツオアシスは、フィットネスクラブに通うお客様の声を商品づくりに活かしています。使いやすさと安全性に重点をおいているヨガボールです

つくり自体もかなり頑丈な状態になっているので、どのような人でも安心して乗ることができます。専用のドーナツ型クッションも付属されており、幅広い運動の種類をこなすことができます。

第1位、鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ノーバースト ヨガボール

通常使用されているヨガボールより、少し大きな75cmの大きさがあるヨガボールです。重さも約1.2kgと、重めの素材でつくられています。

大きさが65cmのヨガボールではトレーニングのバリエーションとして少々大きさが足りないと感じる方や、身長が高い方におすすめのヨガボールです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP