体重計

体組成計のおすすめ比較ランキング!!筋肉量と体脂肪を徹底管理!タニタとオムロンはどっちが良い?!

 

毎日、お風呂上がりに体重計に乗っている方も多いのでは?であれば、せっかくですから筋肉や脂肪などの”体組成”についても測ってみませんか?体組成を測ることで日々の健康はもちろん筋肉量の維持にも役立ちます。

そんな体組成を測れるのが”体組成計”と呼ばれる計測機器です。今回は、体組成計の中でも特に人気のメーカー”タニタ”と”オムロン”の機種についてランキング形式で比較します。ぜひ、体組成計の参考にして下さい。

体組成計って何?

体重計

そもそも「体組成計って何?」という方も多いと思います。そこで、まずは体組成計がどのような計測機器なのかご紹介しましょう。

体組成計とは

体組成計とは、”体組成”を計測する為の計測機器です。体組成とは筋肉や脂肪などの身体の素となる組織のことで、体組成から筋肉量や体脂肪率などが分かります。つまり、体組成計で体組成を測ることにより筋肉量を増やしたい方には指標に、ダイエットしたい方には日々の記録に使える訳です。

体組成計の種類

体組成計では主に”両手両足測定タイプ”と”両足測定タイプ”が提供されています。両手両足測定タイプは体組成計に両足を乗せ、ハンドルを持ち上げるタイプです。より細かくより正確に測定できるのが特徴です。

反対に、両足測定タイプは体組成計に両足を乗せるだけのタイプです。ただ乗るだけと、両手両足測定タイプに比べて簡単と言えます。しかし、体内の水分量に影響されるので正確性に欠けるのが欠点でもあります。

詳しくデータを取るなら”タニタ”

タニタ 体組成計 BC-705N-WH(ホワイト) 乗るピタ機能で簡単測定

体組成計では主に”タニタ”と”オムロン”の2大メーカーが人気です。では、まずは”タニタ”の体組成計の中でも、おすすめ機種3選をランニング形式で見ていきましょう。

3位:体組成計 BC753WH

タニタ 体組成計 BC-753-WH(ホワイト) 乗るピタ機能で簡単測定
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥2,930(2017年11月15日0時30分時点の価格)

タニタの中でもお手軽価格で手にはいるのが”体組成計 BC753WH”です。価格帯が2,500円前後とお手軽ながらも、体脂肪測定・BIM・内臓脂肪レベルなど幅広い測定機能があります。その上、文字盤が大きく見やすいのもポイントです。

2位:体組成計 パールホワイト BC-314-WH

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-314-WH
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥4,880(2017年11月15日0時31分時点の価格)

より幅広い測定機能が必要なら”体組成計 パールホワイト BC-314-WH ”でしょう。体脂肪測定・BIM・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・筋肉量・骨密度など多くの測定機能が搭載されています。また、”体重急激増減お知らせ機能”があるのも嬉しい点です。

1位:体組成計 BC-751-WH(ホワイト)

タニタの体組成計を語る上で欠かせないのが” 体組成計 BC-751-WH(ホワイト)”です。というのも、タニタ独自の乗るだけで本人データを照合してくれる”乗るピタ機能”が搭載されています。もちろん、体脂肪測定・BIM・内臓脂肪レベルなど測定機能も充実です。

価格帯で選ぶなら”オムロン”

オムロン 体重体組成計 OMRON connect対応 HBF-256T-W

タニタの体組成計は”機能面の充実”が目立っていると言えます。では、反対に”オムロン”の体組成計はどのような特徴があるのでしょうか?では、次にオムロンの体組成計の中でも、おすすめ機種3選を見ていきましょう。

3位:体重体組成計 HBF-255T

オムロン 体重体組成計 OMRON connect対応 HBF-256T-BK
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥10,581(2017年11月15日0時31分時点の価格)

機能性に比べてお手頃価格なのが”体重体組成計 HBF-255T”です。体脂肪測定・BIM・内臓脂肪レベル・基礎代謝・対年齢・部位別皮下脂肪率・部位別骨格率など、他の体組成計に比べて圧倒的に測定機能が充実しています。にも関わらず、価格帯は9,000円ほどとお手頃価格です。

2位:体重体組成計 HBF-701

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン HBF-701
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥8,775(2017年11月15日0時32分時点の価格)

コンパクトな体組成計を探すなら”体重体組成計 HBF-701”で決まりでしょう。全体的にコンパクトな設計なのはもちろん、薄型なので脱衣所や自室などどこに設置しても邪魔になりません。その上、体脂肪測定・BIM ・内臓脂肪レベルなど基本機能の他に、”骨格筋測定”のような特殊な測定機能もあります。

1位:体重・体組成計 カラダスキャン ブラウン HBF-214-BW

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ブラウン HBF-214-BW
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥3,480(2017年11月15日0時32分時点の価格)

オムロンの体組成計として話題となっているのが”体重・体組成計 カラダスキャン ブラウン HBF-214-BW”です。”約4秒”と素早く測定できる上に、スマホアプリ”OMRON connect”を活用することでスマホにデータを保存できます。現在の測定結果はもちろん、過去からの変化をグラフで確認できる優れものです。

体組成計で日々の健康を徹底管理しよう!

体重計

いかがでしたでしょうか?今回は、筋肉量や体脂肪率を数値化し徹底的に管理できる”体組成計”についてまとめてみました。体組成計であれば、体脂肪測定・BMI・内臓脂肪レベルのような基本機能はもちろんのこと。

体組成計によっては、対年齢・部位別皮下脂肪率・部位別皮下脂肪率同年齢比較・部位別骨格率など特殊な測定機能も使用できます。日々の健康管理はもちろん、トレーニングの成果を把握するのにも便利です。

体組成計を購入するなら”タニタ”か”オムロン”、2大メーカーのものがおすすめです。一般的に機能性を重視するなら”タニタ”、少しでもお手軽な価格帯を気にするなら”オムロン”の体組成計を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、紹介した体組成計はどれも”Amazon”で販売されています。興味のある方はぜひチェックして下さい。

【関連記事】体脂肪率13%はマッチョ?筋トレで理想の筋肉を!インナーマッスルを鍛えて腹筋を割る方法とは?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP