ラグビーの選手

【スポーツ選手】筋肉最強ランキングベスト10!スポーツマン最強の筋肉を持つ奴は誰だ!?

 

引き締まったアスリートの筋肉は見た目も良くパワーもある!

ボクシングする男性
アスリートの筋肉は、ほとんどの場合大きく肥大しているだけでなく、細く引き締まった形をしています。

パワー系の競技で体重の重さや力の安定感を求められる場合はかなり太く筋肉を肥大させている場合もありますが、それ以外はスピードや瞬発力・バランス感覚などのために筋肉の力が発揮されているからです。

そのようにして鍛えられているアスリートの筋肉は、まるで研ぎ澄まされた彫刻のような形をしています。これは一般の方にとっても、目指すべき理想的な筋肉といえるのかもしれません。

素晴らしい筋肉のアスリートベスト10発表!まずは10位から4位まで!

第10位、松井稼頭央(野球)

https://twitter.com/shinzii1411/status/931529548541321216
野球の松井稼頭央選手は走攻守・三拍子の揃ったマルチプレーヤーです。特にバッティングセンスは並外れたものがあり、バネのような体から繰り出されるスイングスピードは、球界一だといっても過言ではありません。

そのスピードは、強靭な足腰の強さや鍛え込まれた上半身から生まれています。大腿四頭筋や大臀筋・腕の筋肉など、筋力トレーニングの成果が見て取れます。

第9位、魔裟斗(キックボクシング)


キックボクシングを得意とし、K-1で階級別の世界チャンピオンに輝いた経歴を持つ魔裟斗選手。日本人離れしたその肉体から繰り出されるパンチやキックは、スピードにプラスして重量感さえあります。

発達した上半身の筋肉は特に素晴らしく、分厚い広背筋は格闘技選手の特長的な部分だといえます。ボディ攻撃に耐えることができる鍛え込まれた腹筋も、厳しい筋力トレーニングのたまものです

第8位、中田英寿(サッカー)


中田英寿選手はサッカー選手の中でも特に筋肉が発達している選手として有名です。海外の強いサッカー選手がフィジカル面を強化しているのと同じで、中田選手も筋力アップにトレーニングの重点を置いていました

中田選手は一見体が細く見えますが、実は大胸筋や僧帽筋・大腿四頭筋などはかなり肥大化されています。極限まで鍛えることで無駄な脂肪がなくなっていることが、体のラインが細く見える一つの理由だといえます。

第7位、村田諒太(ボクシング)


ロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、プロの世界チャンピオンにまで上り詰めた努力のボクサー村田諒太選手。相手をノックアウトするパンチの破壊力・スピードは、鍛え込まれた強靭な肉体から生みだされています。

特に上腕二頭筋・上腕三頭筋・三角筋など、腕や肩周りの筋肉が発達しており、パンチのスピードや重さの源泉となっているといえます。

第6位、荻野公介(水泳)


競泳競技・個人メドレー種目を得意とする世界トップレベルのスイマー、荻野公介選手。水泳選手特有といえる広い背中は、広背筋や脊柱起立筋が特に発達しているのがよくわかります

プールにおける水圧の中で、気の遠くなるほど厳しいスイムの練習を積み重ねてきたからこそ手に入る肉体だといえます。

第5位、五郎丸歩(ラグビー)


国内トップクラスのラグビー選手は大きく屈強な筋肉を持つ選手が多い中、五郎丸選手は比較的スリムな体つきをした選手だといえるでしょう。しかし、その体から発揮されるパワーやスピードは世界レベルのパフォーマンスにつながっています。

これは特に五郎丸選手の筋肉の質が高いことを物語っています。スポーツのトップクラスの選手は、それほど太い筋肉でなくても瞬間的に強く素早い動作を繰り出すことができます

第4位、内村航平(体操)


世界選手権やオリンピックを含め、何度も世界チャンピオンに輝いている体操競技の内村航平選手は、特に上半身の筋肉が充実しており、競技中態勢を崩すことがほとんどありません

内村選手の筋肉は、バーベルやダンベルを使用して肥大させたり強化するよりも、体操の練習そのものの中で自重を利用しながら鍛える場合が多いのではないかと思います。

いよいよベスト3の発表!日本の誇りともいえるトップアスリート達の筋肉

第3位、野村忠宏(柔道)

https://twitter.com/K_fukumotty/status/851733455108886528
柔道でオリンピック3連覇を果たした野村忠宏選手。そのパフォーマンスは日本柔道の真髄といえます。日頃の厳しい稽古で鍛えられた体は、絶妙のパワー・スピード・バランスを生み出します。

柔道選手は引手争いや技をかけるための動作特性から、特に背中の筋肉がよく発達していることが多いです。ロープを上半身の力だけでよじ登ったり、懸垂を何百回とこなしたりすることで鍛えています。

第2位、室伏広治(ハンマー投げ)

https://twitter.com/UbkTq/status/922026266760323074
ハンマー投げは、特に海外選手の体格の良さが目立つ競技です。そんな中で室伏選手は、海外選手のパワーに負けないような技術を手に入れるようトレーニングを重ねてきました。

特にウエイトリフティングの練習は効果的で、瞬間的な力を発揮するための体の使い方を集中的に練習することができます。

第1位 千代の富士(相撲)


昭和の大横綱・千代の富士。千代の富士は、力士の中だと小さいほうに入る体格だといえます。その体格差を跳ね返すために取り組んだのが、筋力トレーニングです。

全身鋼のような肉体にすることができ、千代の富士より体重が何十キロも重たい力士に対しても積極的に攻めの姿勢を貫くことができているようです。

アスリートの筋肉発達とタンパク質摂取との関係

バルクスポーツ ビッグホエイRTD 1パック(300g)×1ケース(30パック)ストロベリーヨーグルト
株式会社ボディプラスインターナショナル
販売価格 ¥6,001(2017年11月18日22時2分時点の価格)

筋肉を成長させるためには、筋力トレーニングによる筋肉への刺激と、栄養摂取や休養をとることによる筋肉の回復が必要です。

その中でも特にタンパク質摂取は、効率よく筋肥大を起こすためにも最も大切な段階だといえます。

タンパク質はできるだけ食事から摂るようにしたいところですが、仕事などの理由からどうしてもタイミングを合わせるのが難しいのであれば、プロテインを利用するのがベストです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP