足首のサポーター

【足首サポーター】おすすめランキングTOP10!スポーツ別・ブランド別にプロがご紹介!

 

サッカーや野球などのスポーツはもちろん、日常生活の何気ない動作でも捻挫することはあります。「たかが捻挫…」と甘く見ていると、思っている以上に重症で長引くことも。足回りのトラブルは適切な対処が求められます。

そんな足回りのトラブルに欠かせないのが「足首サポーター」です。足首サポーターを活用することで足首をしっかり固定し、捻挫などを速く回復させられます。ただ、いざ選ぶとなると種類の多さに「どれを選べば…」と迷うもの。

そこで、今回は数ある足首サポーターの中からおすすめ10選をランキング形式でご紹介しましょう。また、各足首サポーターごとにおすすめな使い方(スポーツ)についてもまとめていますので、ぜひ合わせてチェックしてみて下さい。

足首サポーターの目的による選び方

女子バスケット選手足首サポーターを着ける目的は人によって異なります。それに伴って選び方も変わってきます。目的ごとの選ぶポイントをチェックしましょう。

怪我をしたあとの固定・圧迫に

捻挫などの怪我をしたあとは冷却・固定・圧迫・安静が大切です。特に固定と圧迫をするためにサポーターを使用するという人は多いです。固定と圧迫が目的の場合、ベルト付きのサポーターやストラップを巻き付けて使用するタイプが良いでしょう。

また、プレートなどが入っているものはより固定する性能が高いです。

足首の動きをサポートする

足首の動きをサポートしたい場合、伸縮性のあるタイプがおすすめです。テーピングのようにベルト状に編まれた伸縮性の高い繊維を使って足首の動きを支えます。また左右に力が加わった時に足首の横ブレを防げるようになっているサポーターもあります。

ケガ予防につけることは出来る?

足首のサポーターを日頃からケガ予防に着けるという事も可能です。本来であれば両足とも着けた方がバランスは良いのですが、怪我を予防したい方の足だけ着けるということでも大丈夫です。

足首サポーターの種類と選び方をチェック!

サッカー アンダーシャツ足首サポーターには種類が多いため、どのようなものを選べばよいのか悩むことが多いです。自分の足の状態や目的に合わせてサポーターの種類を決めましょう

通常の足首サポーター

通常の足首サポーターは靴下のように履いて使います。足の甲まで覆うことが出来、かかとの部分が空いています。通気性の良いもの、保温効果のあるもの、遠赤外線による温熱効果のあるものなどがあります。

また特に伸縮性の高いものは足首の関節の動きをサポートしてくれるため便利です。

サポーター+バンドで安定性アップ

通常のサポーターに加えて足首に巻きつけるバンドが付属しているタイプもあります。よりサポート力と安定性が高いのが特徴で、出来るだけ固定したいという場合にも使います。

バンドを巻きつけるタイプの足首サポーター

太めの包帯のような形状で足首にバンドを巻きつけるストラップタイプのサポーターや、巻くと普通のサポーターの様な形状になるラップタイプのサポーターもあります。

ストラップタイプのものは巻きつける強さによって圧迫・固定のレベルを変えることが出来るため便利です。ラップタイプは着脱しやすく、サポーターのみのものよりも着けたときの安定感が高いです。

アキレス腱を支える足首サポーター

サポーターの中には、足首ではなくアキレス腱の保護・サポートをする足首サポーターもあります。

足首サポーターの選び方のポイントチェック!

女性の足足首サポーターを選ぶときに知っておきたいポイントをチェックしておきましょう。

医療用かスポーツ用か

足首サポーターには医療用とスポーツ用があります。医療用は日常生活での動きをサポートするものや、固定・圧迫を主な目的とするものがあります。医療用のサポーターをしても運動することは可能ですが、激しい運動時の関節の保護は想定されていません。

運動中に足首を保護・サポートしたいという場合にはスポーツ用を選ぶと良いでしょう。スポーツでの怪我の治療で日常生活でもスポーツ用のサポーターを使用するというのは問題ありません。

治療中の固定用か治療後のリハビリ用か

足首の怪我の治療中に出来るだけ動かないように固定したいという場合には、内部にプレートやスタビライザーの入ったものを購入しましょう。固定が主眼なので足首の動き自体は制限されますが、足への負担は軽くなります。

治療後のリハビリ用の場合、運動をするのであればある程度固定力のあるもので足首のサポートをすると良いでしょう。この場合、厚めのパッドの上にストラップを巻くタイプのものがおすすめです。パッドの厚みと固さによって固定力が異なります。

治療後のリハビリや怪我の再発防止の場合は靴下のように履くタイプかラップタイプで問題ありません。

靴下の中に履くか上から履くか

足首サポーターは靴下の中に履くタイプと、靴下の上に装着するタイプがあります。どちらでも好きなものを選んで大丈夫ですが、購入時に確認しておくと安心です。

厚みのあるサポーターを買う場合、靴紐を緩めてサポーターを着けても足が入る様に調整できるかどうか確認しておきましょう。

通気性をチェックしよう

足首サポーターが頑丈であればあるほど通気性は悪くなりますが、中には通気性の良いメッシュ素材などを使用したものもあります。通気性のよい素材は薄手のものが多いため、通気性を取るか固定力を取るかという選択になります。

価格

サポーターは1,000円未満で購入できるものから、7〜8,000円程度するものまで様々です。ある程度の予算を決めておき、その中で購入するというのがおすすめです。

ただしとにかく機能性を求めたいという人はやや高めになってしまうのを覚悟で買いましょう。

足首サポーターのおすすめランキングTOP10を紹介!

マッサージ

足首サポーターと一括りにしていますが、メーカーや種類によって特徴があります。足首の状況やスポーツの種類などで必要となる足首サポーターも様々です。では、足首サポーターのおすすめランキングを見ていきましょう。

10位:絶対安静なら「バウアーファインド マレオ TRAIN」

バウアーファインド マレオ TRAIN チタン 右=4 W265
BAUER FEIND
販売価格 ¥10,368(2017年12月6日19時55分時点の価格)

10位は”バウアーファインド マレオ TRAIN”です。足首を両側に付いているパッドがしっかりサポートしてくれます。激しい運動には不向きですが、絶対安静にしたいならおすすめです。また、”ニット編み”が採用されているので、蒸れやすい足首サポーターでも清潔に使えます。

9位:ランニングには「ZAMST ボディーメイト 足首」

9位は”ZAMST ボディーメイト 足首”です。縫い目を極限まで減らしているのが特徴的です。薄い生地を採用しているので靴下・靴を履いてもあまり違和感がありません。また、肌触りにもこだわって設計されており、1日中着用していても気にならない足首サポーターです。

8位:サッカーには「ZAMST A1ショート」

ZAMST(ザムスト) A1ショート 足首サポーター 右足用 370302 ブラック Mサイズ
ZAMST(ザムスト)
販売価格 ¥3,488(2017年12月6日19時56分時点の価格)

8位は”ZAMST A1ショート”です。踵から足首ギリギリまでしかサポートしない、従来よりも短めの足首サポーターです。その為、足首サポーターを着けていながらも動きを制限しにくく、サッカーのような動き回るスポーツ向きと言えます。また、着けているうちに足に馴染む設計です。

7位:野球には「ZAMST A2-DX」

7位は”ZAMST A2-DX”です。足のサイドにプレートが着く設計で、足首のぐらつきをがっちりとサポートしてくれます。それでいて骨格を妨げない設計なので、野球のように瞬発的に力を発揮するスポーツにおすすめです。また、足底に”滑り止め加工”が施されているのもポイントです。

6位:陸上競技には「ファイテンサポーター 足首用ミドルタイプ」

ファイテン(phiten) サポーター 足首用 ミドルタイプ Lサイズ
ファイテン(phiten)
販売価格 ¥2,500(2017年12月6日19時57分時点の価格)

6位は”ファイテンサポーター 足首用ミドルタイプ”です。薄い生地で靴下のような軽い履きごごちの足首サポーターです。日常動作にも良いですが、それ以上に長時間の動きが必要となる陸上競技に向いています。ちなみに、”保温効果”もあるので秋冬と寒い時期にピッタリです。

5位:バスケには「bonbone ドラゴンフライDX 」

bonbone 足首サポーター ドラゴンフライDX 右 S
ダイヤ工業
販売価格 ¥5,399(2017年12月6日19時57分時点の価格)

5位は”bonbone ドラゴンフライDX”です。今回紹介する中で最も”固定力の高い”足首サポーターです。足首をがっちりサポートし、ほとんど動かないよう固定してくれるので接触の多いバスケ向けでしょう。その上、硬いわりに肌触りが良いので、長時間の着用にも耐えられます。

4位:軽いトレーニングには「ZAMST FA-1」

4位は”ZAMST FA-1”です。とにかく”軽さ”にこだわって設計されており足首への負担はほとんどありません。また、”フィット感の高い素材”を使用し、”立体裁縫”を採用しているので着けている感じあまりないです。ただ、固定力は低いので軽いトレーニングなどに良いでしょう。

3位:激しいトレーニングには「パテックス機能性サポーターハイグレードモデル 足首用」

パテックス機能性サポーターハイグレードモデル 足首用 黒 (男性用 Lサイズ)
第一三共ヘルスケア
販売価格 ¥1,741(2017年12月6日19時58分時点の価格)

3位は”パテックス機能性サポーターハイグレードモデル 足首用”です。整骨院などでテーピングを巻く際に利用される”人体工学”を応用しているので、ただ履くだけでも足首をがっちり固定してくれます。その上、”吸汗速乾”にも優れているのでジムなどで激しめのトレーニングをするのにおすすめです。

2位:日常生活には「バンテリンサポーター 足くび用」

バンテリンサポーター 足くび用 ブラック 大きめサイズ 足長 26~28cm
興和新薬
販売価格 ¥980(2017年12月6日19時58分時点の価格)

2位は”バンテリンサポーター 足くび用”です。興和株式会社の推奨する”生活テーピング理論”を応用しており、特に日常生活をサポートした設計となっています。また、足首サポーターに慣れてない方でも簡単に履ける構造です。ほどほどな締め付け感で疲れにくいので日常生活用に向いています。

1位:しっかり固定して動いても安心「ミューラー(Mueller)  ザワンアンクルブレイス」

ミューラー(Mueller) ザワンアンクルブレイス
ミューラー(Mueller)
販売価格 ¥4,104(2018年8月30日14時50分時点の価格)

しっかり固定して足首のひねりを防止してくれるサポーターです。内側のレースアップサポーターに加えて8本のストラップで足をしっかり固定し、バスケやハンドボールなどの激しいフットワークやバレーボールのようなジャンプの多い競技でもしっかりと足をサポートします。内側のレースアップ部にあるタンが衝撃を吸収し、足の裏の滑り止め加工で思い切り動いても心配ありません。

足首サポーターで安全にスポーツを!

フィットネス ランナーの女性

いかがでしたでしょうか?今回は、足首の捻挫などに使いたい”足首サポーター”のおすすめ10選をご紹介しました。どちからと言うとスポーツ向けなイメージの足首サポーターですが、日常生活向きなものもあります。

また、足首サポーターは種類によってサッカーや野球、バスケなどスポーツごとに向いているものが異なります。”何の為に必要とするのか?”と利用目的を考えながら選ぶと、ぴったりな足首サポーターを見つけられるでしょう。

ちなみに、紹介した足首サポーターはどれも”Amazon”で購入できます。ぜひ、チェックしてみて下さい。

【関連記事】腰のテーピングを自分でやる方法を紹介!腰痛・ヘルニアへの効果は?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 格闘技を練習する男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP