ボディビルダーの男性

ベストボディジャパンの様子を写真で紹介!女性や優勝者が気になる!【賞金】

 

筋肉好きの皆様、「ベストボディジャパン」と呼ばれる大会をご存知でしょうか?正直、「聞いたことはあるけど、詳しくは知らない…」という方がほとんどなのでは?反対に、「私は出場したことあるよ」という方もいるかもしれません。

実は、ベストボディジャパンの敷居は意外と低く、にも関わらず世間にあまり知られていないのが現状です。では、話題のベストボディジャパンとはどのような大会なのでしょうか?また、どのような方々が出場しているのでしょうか?

今回は、筋肉好きなら1度は出場してみたい「ベストボディジャパン」について詳しく調査したいと思います。その上で、ベストボディジャパンの審査基準や過去の優勝者・受賞者たちについてご紹介します。ぜひチェックしてみて下さい。

ベストボディジャパンってどんな大会?

https://youtu.be/LERMfZndUIc

冒頭で紹介した「ベストボディジャパン」とはどのような大会なのでしょうか?ベスト(最も)なボディ(肉体)なのですから、単純に肉体美を競い合う大会というのはイメージがつきます。では、詳しい大会内容を見ていきましょう。

肉体美を競い合う大会

ベストボディジャパンとは、その名の通り「ベストボディ(肉体美)」を競い合う大会です。2012年11月に初開催と歴史の浅い大会ではあるものの、2017年現在は1年を通して全国10箇所以上で開催されるほどの規模です。

ボディビル大会と何が違うの?」と思うのでは?ベストボディジャパンで競い合われるのは”日本人に向けた健康的でかっこいい肉体”です。つまり、ゴリマッチョ(ムキムキ)ではなく「細マッチョ(引き締まった)」が競われるのです。

参加資格はあるの?

腹筋のすごい男性

ベストボディジャパンには基本的に参加資格はありません。「自分の肉体に自信がある!」という方であれば誰でも応募できます。まずは書類選考から始まり、予選大会で各クラスごとに5人が選考され本戦大会に出場します。

ミスターベストボディジャパンのクラスを以下にまとめました。

  • フレッシャーズクラス…18〜29歳
  • ミドルクラス…30〜39歳
  • マスターズクラス…40〜49歳
  • ゴールドクラス…50歳以上

ミスベストボディジャパンのクラスを以下にまとめました。

  • ガールズクラス…18〜29歳
  • レディースクラス…30〜39歳
  • ウーマンズクラス…40〜49歳
  • クイーンズクラス…50歳以上

ベストボディジャパンには高校生以下は出場できません。

主な大会内容

以下に、予選会の様子(動画)を入れています。

https://youtu.be/RkE7OF6GUJw

予選ではまず10組前後で規定のポーズを行い審査されます。その後、以下のフリー演技に移ります。

  1. ウォーキング(中央に向けて)
  2. フリーポーズ(2回)
  3. ウォーキング(初期位置まで)

決勝でも予選と同様に規定のポーズで審査されます。その後、以下のフリーの演技に移ります。

  1. ウォーキング(中央に向けて)
  2. フリーポーズ(2回)
  3. ウォーキング(左端に向けて)
  4. フリーポーズ(2回)
  5. ウォーキング(右端に向けて)
  6. フリーポーズ(2回)
  7. ウォーキング(初期位置まで)

ボディビル大会と大きく異なるのは「ウォーキング」があるということ。肉体だけでなく洗練された動きも求められます。

ベストボディジャパンの審査基準

筋トレをする男性

実は、ベストボディジャパンには基本となる「ベストボディジャパン」の他に「ベストフィジークジャパン」や「ベストモデルジャパン」などの別部門が。ただ、ここではベストボディジャパンの「審査基準」を例に見ていきたいと思います。

ベストボディジャパンの審査基準を以下にまとめました。

  • 健康美…健康的な体つきかどうか
  • バランス…引き締まった肉体にバランスがあるか
  • ポージング…肉体のかっこよさを表現できているか
  • ウォーキング…スムーズな動きで正しい姿勢を維持できているか
  • 知性…ステージ上にありながらも知性と品格のある態度であるか

上記から分かる通り、ベストボディジャパンで求められるのは肉体美に加えて「知性と品性」です。ただ筋肉を肥大させれば良いのではなく、日本人としての奥ゆかしさも兼ね備えて初めて「ベストボディ」として優勝を飾れます。

ベストボディジャパンの規定ポーズ

ボディビルポーズ

先述した通り、ベストボディジャパンには予選と本戦で「規定ポーズ」をする審査があります。いわゆるボディビル大会にあるようなポーズです。では、ベストボディジャパンで採用されている規定ポーズを部門に分けてご紹介しましょう。

ミスター・ミス部門

https://youtu.be/LZm55FfZ0sY

ミスター・ミス部門の規定ポーズを以下にまとめました。

  • フロントポーズ…片手をに当て、正面を向くポーズ
  • サイドポーズ(右前)…右手を前に出すように半身になるポーズ
  • バックポーズ…観客に対して背を向けるポーズ
  • サイドポーズ(左前)…左手を前に出すように半身になるポーズ

上記を見て分かる通り、ベストボディジャパンではボディビル大会ほど筋肉を隆起させません。あくまで自然な形での肉体美を表現しています。また、フリーポーズでは意外に面白ポーズをする参加者がいるのもポイントです。

フィジーク・ビキニ部門

https://youtu.be/AtwwDqMq6dk

フィジーク・ビキニ部門の規定ポーズを以下にまとめました。

  • フロントポーズ…片手を腰に当て、正面を向くポーズ
  • サイドポーズ(右前)…右手を前に出すように半身になるポーズ
  • バックポーズ…観客に対して背を向けるポーズ
  • サイドポーズ(左前)…左手を前に出すように半身になるポーズ

上記を見て分かる通り、基本的にはミスター・ミス部門の規定ポーズと変わりません。ただ、フィジーク・ビキニ部門ではボディビルのように筋肉を隆起させる動きが入ります。より筋肉を強調させた方が得点に繋がるのだそうです。

ベストボディジャパン2017の受賞者たち

腹筋のすごい男性

ベストボディジャパンが日本独自の美を追求した筋肉(肉体)の大会であることはご理解いただけたと思います。では、ベストボディジャパン2017年の受賞者たちを見ていきましょう。各部門やクラスごとにまとめてみました。

フィジーク部門

ウェイトトレーニングフィジーク部門の優勝者は「pat選手」です。より洗練された筋肉が求められるフィジーク部門なだけあり、本戦にはポテンシャルの高い外国人選手が多く出場していました。pat選手も外国人選手して肉体美の持ち主です。

ちなみに、2位も外国人の「Steve Jean選手」でした。腰回りは極限にまで引き締められ、胸から肩にかけては扇のように広がりと同じ人間とは思えない仕上がりです。ボディビルで求められる肉体との違いが良く分かります。

フレッシャーズクラス

頭に手を回す男性18歳から29歳までのフレッシャーズクラスの優勝者は「林幸希選手」でした。若々しさのほとばしる肉体美、特に上腕筋の仕上がりには目を見張るものがあります。腕周りが太もも以上あるというのは通常では考えられません。

ちなみに、30歳から39歳までのミドルクラスの優勝者は「岡本寛之選手」です。ザ・ベストボディジャパンと呼べるような「細マッチョ」で引き締められた体型です。シックスパックはもちろん腹斜筋の一つひとつが浮き上がっています。

マスターズクラス

ベンチプレスする男性

40歳〜49歳までが対象のマスターズクラスの優勝者は「吉田和彦選手」です。40代という体に衰えが見え始める年代にも関わらず、一切の老いを感じさせない素晴らしい肉体美です。正直、20代と言われても信じられます。

上記のように、ベストボディジャパンにはいくつかの部門やクラスが分かれていますが、優勝者・受賞者たちを見ると「同じ土俵でも戦えるのでは?」と思えるほど鍛え上げられています。むしろ年齢が上がるほど洗練されるようです。

ベストボディジャパンに出場した女性たち

腹筋が鍛えられた女性

ベストボディジャパンと聞くと「男性の大会?」というイメージがあるかもしれません。しかし、実際には数多くの女性が出場し肉体美を披露しています。では、ベストボディジャパンに出場した女性選手たちをご紹介しましょう。

香川沙耶

2015年のベストボディジャパンにおいてグランプリにまでなったのが「香川沙耶選手」です。すらっと長い足に適度に引き締められた腹筋周りと、非常に女性らしい肉体美の持ち主です。

ちなみに、香川沙耶選手は職業モデルで「JELLY」や「Oggi」などの雑誌でも活躍しています。ベストボディジャパンで受賞するほど肉体(健康)に気を使っているのにも納得です。

綱本有紗

2015年のベストボディジャパン(京都大会)において4位に輝いたのが「綱本有紗選手」です。アジアンビューティーを思わせるすらっと体型に、適度に鍛え上げられた腕回りが目を引きます。

彼女のインスタグラムを見るとサラダ中心の食生活に筋肉に嬉しいステーキが多く投稿されています。しっかり食べてしっかり運動する、ベストボディジャパンの入賞者はどこまでも健康的です。

奈保

ベストボディジャパンで入賞歴もある「奈保選手」です。本職が「栄養士」ということもあり、彼女のインスタグラムにはスムージーやフルーツ類、野菜類を多く使用した健康的な食事が投稿されています。

上記から分かる通り、ベストボディジャパンに出場する女性たちは健康的な食生活を中心に肉体美を維持しています。ダイエットや運動不足解消を目指すなら、彼女たちの食生活を参考にしてみると良いかもしれません。

ベストボディジャパンで目標とする肉体を要チェック!

細マッチョな男性

今回は、筋肉好きなら1度は出場してみたい「ベストボディジャパン」についてまとめてみました。「自分の肉体に自信がある!」という方であれば、基本的に誰でも参加できるので挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただ、ベストボディジャパンで求められるのは「健康的で品のある肉体」です。肉体づくりはもちろん、私生活から日本人の本質である清く正しくを意識していないと大会で上位に食い込むというのは難しいと言えます。

ぜひ、興味のある方はベストボディジャパンに挑戦し、自身の心身の美しさとを披露してみて下さい。

【関連記事】ボディビルのポーズまとめ!背中が使った筋肉強調ポーズを練習しよう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP