膝サポーターをつけた男性

【膝サポーター】おすすめランキングTOP10!登山やスポーツなど用途に合わせた選び方も紹介

 

年齢とともにどうしても傷みやすくなるのが「膝」です。ただ、だからと運動をおろそかにしていては健康的な毎日は送れません。膝の痛みと上手に付き合いながら、登山やランニングなど年齢に負けない運動も取り入れたいところ。

そこでおすすめしたいのが「膝サポーター」です。膝サポーターであれば膝をしっかり固定し、痛みの原因である関節と神経の接触を極力抑えてくれます。登山やランニング(スポーツ)などある程度は問題なく行えるでしょう。

今回は、膝サポーターのおすすめランキングTOP10を作成してみました。また、登山やスポーツなど用途に合わせた膝サポーターの選び方についてもまとめています。ぜひ、膝に不安を抱えている方はチェックしてみて下さい。

膝サポーターの選び方【登山編】

登山家たち

年齢を重ねるごとになぜか挑戦したくなるのが「登山」ではないでしょうか?ただ、登山は膝に大きな負担のかかる運動です。では、膝サポーターの選び方として「登山編」からご紹介します。

しっかり固定してくれるもの

登山では登り・下りと膝に全体重がかかるので相当な負担です。その上、他のスポーツとは異なり、登山は比較的に難易度が低いとされる富士登山(須走ルート)でさえ登りで6時間弱、下りで2時間半と時間がかかります。

また、山によっては道が険しく途中リタイアができないことも。その為、登山用として膝サポーターを選ぶなら「しっかり固定してくれるもの」かつ「ズレにくいもの」である必要があります。ちょっと硬めのタイプを選ぶのが良いでしょう。

速乾性のあるもの

ウォーターバック

先述した通り、登山は片道数時間かけて行います。真夏はもちろん、秋口でさえ山道を歩き続ければ相当な汗をかきます。冬山で最も注意するよう指導されるのは汗の気化熱による体温低下で、時には命に関わることも。

膝サポーターを選ぶなら「速乾性のあるもの」がポイントです。スネから太ももまで覆ってしまうタイプもありますが、汗が乾きにくいのでおすすめできません。あくまで膝回りだけをサポートし、できるだけ面積の少ないものが良いです。

保温性のあるもの

基本的には、登山用としては固定力と速乾性で選べば間違いありません。ただ、余裕があるなら「保温性のあるもの」にも注目してみましょう。というのも、山というのは真夏でさえ頂上付近は氷点下ということがよくあります。

体は関節部分ほど脂肪分が薄く、体温が逃げやすいとされます。つまり、膝部分(関節)もまた外気に晒していると体温低下の原因になる訳です。それほど注意する必要はないものの、少しでも体は温めるのが正解です。

膝サポーターの選び方【スポーツ編】

膝にサポーターをつけた女性

スポーツと一括りにしても、ランニングのような軽いものからサッカーのような激しいものまで様々あります。当然、スポーツによって適した膝サポーターは違うもの。では、スポーツに合わせた膝サポーターの選び方を見ていきましょう。

膝の状態を知る

肉離れ

スポーツによって膝への負担のかかり方は異なるはずです。当然、膝の傷み具合も異なるでしょう。例えば、お皿がグラグラする感じなのか、お皿の上下左右のどこかだけ痛いのか、膝の内側から痛みが出ているのかなどです。

まず、スポーツ向けに膝サポーターを探しているなら「膝の状態を知る」ことから始めて下さい。膝の状態を知らずにプレーを続けていると、思わぬ怪我や事故につながる危険があります。病院で診察を受けるのも1つの手です。

タイプごとの特徴から

膝サポーターと一括りにしていますが、主に3つのタイプがあります。

  • くるっと巻くタイプ…固定力を微調整できるものの、履き心地が悪くなりやすい
  • 履くタイプ…靴下のようにすっと履けて心地は良いものの、固定力は低めなものが多い
  • 巻く&履くタイプ…がっちりと固定してくれるもので、膝を一切動かしたくないときに使われる

基本的にはくるっと巻くタイプか履くタイプのどちらかを選べば問題ありません。ちなみに、サッカーやバスケのように動き回るなら履くタイプ、野球のようにある程度止まってるのならくるっと巻くタイプがおすすめです。

膝サポーターのおすすめランキング10!

マラソン風景

登山とスポーツでの膝サポーターの選び方についてはご理解いただけたと思います。では、選び方を踏まえた上で、膝サポーターのおすすめ10選をランキング形式でご紹介しましょう。

10位:のびのびゆったりフットケア ひざ フリーサイズ

10位は「のびのびゆったりフットケア ひざ フリーサイズ」です。膝サポーターの中でも薄く、下着を着ているような感覚で着心地を優先したものです。また、しっかりと伸び縮みするので適度なホールド感と、ズレにくさも兼ね備えています。「遠赤外線効果」で膝回りをじんわり温めてくれるのもポイントです。

9位:ザムスト(ZAMST) ひざ サポーター EK-3 登山

9位は「ザムスト(ZAMST) ひざ サポーター EK-3 登山」です。くるっと巻くタイプなのでサポート力が高く、仮に衣服の上から装着しても十分に力を発揮してくれます。また、「シルク抽出成分」を生地に使用しているので肌触りが良く、長時間の着用でも問題ありません。

8位:勉強堂 加圧式ひざサポーター 左右各1枚入り

8位は「勉強堂 加圧式ひざサポーター 左右各1枚入り」です。履くタイプの膝サポーターなので靴下を履く感覚で誰でも簡単に装着できます。その上、価格帯が1,500円前後ながらも左右2枚組とリーズナブルなのも嬉しいところです。初めて膝サポーターを使用するという方にはちょうど良いでしょう。

7位:ZAMST(ザムスト)ZK-7 膝用サポーター

7位は「ZAMST(ザムスト)ZK-7 膝用サポーター」です。サポート関係のスポーツ用品を多く取り扱っている「ザムスト(ZAMST)」の膝サポーターなだけに品質は折り紙付きです。また、「パワーダブルラッセル」と呼ばれる製法を使用することで固定力と通気性も兼ね備えています。

6位:チュアンヌ ジェヌプロ 膝サポーター

6位は「チュアンヌ ジェヌプロ 膝サポーター」です。自転車大国であるフランス発祥のスポーツメーカー「チュアンヌ」が手がけている膝サポーターです。膝のお皿を囲うように「Y字型のシリコンリング」が挿入され固定力は抜群に、側面には「3Dユニット」が施されているのでサポート力も高いと言えます。長時間の運動には最適です。

5位:バンテリンサポーター 保温ひざ用 ブラック 大きめサイズ

5位は「バンテリンサポーター 保温ひざ用 ブラック 大きめサイズ」です。日本の医療品メーカー「興和株式会社」が設計・製造しているので品質に安心感があります。

また、テーピング理論を応用して設計されている膝サポーターなので、ただ膝を固定するのではなく動きまでをサポートしてくれます。吸湿発熱素材「セルフヒートファイバー」を採用しているのもポイントでしょう。

4位:MIZUNO サポーター ブレスサーモ 膝用サポーター

4位は「MIZUNO サポーター ブレスサーモ 膝用サポーター」です。世界的スポーツ用品メーカー「ミズノ(MIZUNO)」の手がける膝サポーターで、人体の水分から発熱する「ブレスサーモ」を採用しています。

一般的には長時間使用すると蒸れて不快になりますが、この膝サポーターであればより快適に着続けられます。また、メーカー品でありながら左右2枚組みが1,500円前後とリーズナブルに手に入るのも嬉しいところです。

3位:AIRLIFT 膝用サポーター 膝サポーター

3位は「AIRLIFT 膝用サポーター 膝サポーター」です。従来のくるっと巻くタイプは2点調節が一般的ですが、こちらの膝サポーターは膝上・膝裏・膝下の「3点調節」なのでより膝の状態に合わせたフィット感を得られます。

また、肌に触れる部分には柔らかく刺激の少ない素材を採用しているので肌触りも問題ありません。ちなみに、水で洗っても問題のない素材と、膝サポーターの大きな悩みである「清潔感」も十分に保ってくれます。

2位:バンテリンサポーター-ブラック-ふつうサイズ-ひざ頭周囲

2位は「バンテリンサポーター-ブラック-ふつうサイズ-ひざ頭周囲」です。興和株式会社が膝専用に設計した膝サポーターで、膝をしっかりと支えられるようサポート力の異なる複数の素材(生地)を採用しています。

また、運動中に膝のお皿が上下左右とブレないよう、「U字型テーピング構造」「スリットニット構造」「アンカー構造」などバンテリンサポーターならではのサポート構造が採用されています。ぐらつく膝回りには最適でしょう。

1位:膝サポーター《かるがる膝ベルト 両足用の2個セット》ギフト「あす楽」対応

堂々の1位に選ばれたのは「膝サポーター《かるがる膝ベルト 両足用の2個セット》ギフト「あす楽」対応」です。膝の専門医である「戸田佳孝」先生が医療品メーカーと共同で開発を進めたとして注目の膝サポーターです。

誰でも簡単・正確に装着できる設計にこだわっているようで、細かな固定力の調節もできます。また、「樹脂ボーン」と呼ばれる耐久性と弾力性の両面を兼ね備えた特殊素材を採用し、サポート力を高めているのもポイントです。

膝サポーターで足への不安が減らせる!

ダッシュをする男性

いかがでしたでしょうか?今回は、登山やスポーツなど年齢に負けずに挑戦し続けたい方に向けて「膝サポーター」のおすすめ10選をランキング形式でご紹介しました。膝サポーターであれば足回りの不安を解消してくれます。

ただし!膝サポーターはあくまで「サポーター」です。補助的な役割があるだけで、決して膝の痛みの原因を取り除いてくれる訳ではありません。むしろ、膝サポーターを装着して無理に運動を続けると悪化する危険もあります。

もし膝に不安を抱えているなら、まずは病院で適切な診察・治療を受けましょう。その上で、運動に問題がないようならサポートとして膝サポーターを活用して下さい。ちなみに、紹介した商品は全て「Amazon」で購入できます。

【関連記事】足用サポーターのおすすめランキング!ふくらはぎ・膝など部位別をプロが紹介【巻き方あり】

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP