水泳を楽しむ女性

【ジム】プールがある東京都内のジムまとめ!知っておきたい持ち物やマナーも紹介!

 

ジムで汗を流していると、なぜか入りたくなるのが「プール」です。ただ、プールは一般的な25mでも設備として大きく、ほとんどのジムには併設されていません。特に、東京都内にあるジムともなればプールがあるのはほんの一部です。

また、ジムとプールでは必要となる持ち物やマナーにも違いがあります。仮にジム内にプールが併設されていたとして、きちんと準備をしてからでないと周りに迷惑をかける可能性が。ジムもプールもマナーを守ってが大切な訳です。

そこで、今回は東京都内を中心にプールの併設されているジムを5施設ほどご紹介しましょう。その上で、プールを利用するのに欠かせない持ち物や知っておきたいマナーについてまとめています。ぜひ、チェックしてみて下さい。

プールのあるおすすめジム5選

水泳をしている女性

東京都内と言えば、ビルが乱立しており小規模なジムしかないイメージです。しかし、実はジムによってはプールの併設している施設もあります。では、まずは東京都内にあるプールを併設しているジムを5施設ほどご紹介しましょう。

コナミスポーツクラブ

https://youtu.be/l9xVsgWCdjE

関東・甲信越エリアを中心に北海道から沖縄に至るまで日本全国に施設を展開する大型スポーツジムです。中には、都内とは思えないほどの設備を誇る店舗もあり、例えば「大谷地」の店舗は駐車場600台と大規模です。

ジムはもちろん、25mプールに水中ウォーキングコース、気泡プールなど設備が充実しています。また、利用時間は平日(金曜休館日)9:00〜22:45です。仕事帰りにプールで気持ちよく汗を流したい方におすすめです。

ジェクサーフィットネスクラブ

https://youtu.be/jK2-QwJB130

東京都内でも浦和駅や新宿駅など、駅近に施設があり利便性が良いことで人気なスポーツジムです。特に、池袋店は池袋駅から徒歩1分の位置にあり、施設内からは東京のお洒落な街並みが一望できると女性に人気です。

また、東京らしく施設内外もお洒落で清潔感のあるデザインで気持ちよく通えます。ジムには豊富なウェイト機材、プールには18mが2コースとジャグジースペースもあります。女性専用フロアもあるので女性の方におすすめです。

ディップネス

池袋や新宿、渋谷など都内の中心部はもちろん、武蔵藤沢や蘇我など合わせて東京都だけで50店舗ほど展開しているスポーツジムです。中でも、プールは都内でも1,2を争うほど大型で様々なプログラムが行われています。

その上、”リフレッシュ”に対しても力を入れているようで、リラックス空間としてのお風呂やサウナ設備なども完備されています。プールで体を動かしサウナでリフレッシュと、体だけでなく心まで健康になりたい方におすすめと言えます。

渋谷スポーツセンター

港区が運営している区民向けのスポーツセンター(ジム)です。「みなとパーク芝浦」と他のスポーツジムに比べると通いやすさは低いものの、港区民(または在勤・座学者)であれば1回500円とリーズナブルに利用できます。

また、営業時間(第1月曜休館日)は8:30〜22:30までと区営にしては遅くまでやっているのもポイントです。ちなみに、区民限定で毎月第1,3日曜日に無料開放されています。港区民の方には嬉しい施設でしょう。

東京体育館

https://youtu.be/6HOh-DgdB48

東京都ならではのおしゃれさはないものの、ジムの機器の種類や数、プールの規模で言えば都内最大級のスポーツジムです。特に、プール設備は50mプール(8レーン)に25mプール(6レーン)と本格仕様と言えます。

その上、都度利用プラン(大人)でも1回600円、月額登録プラン(ジム・プールのみ)なら7,000円/月額と格安で利用できます。また、別途料金は掛かりますが、女性向けに「エステルーム」「マッサージルーム」もあります。

ジムのプールに欠かせない持ち物

水泳を楽しむ男性

東京都内には深夜帯まで開いているところからワンコインで利用できるところまで、幅広い層が満足できる施設が揃っています。では、実際に各ジムのプールを利用する上で欠かせない持ち物を6つほどご紹介しましょう。

水着

プールなので必ず必要となるのが「水着」です。ただし、水着と言ってもトレーニング用(競泳水着またはフィットネス水着)がおすすめです。反対に、サーフパンツやビキニなどは水中での激しい運動に適していません。ジムによっては「水着はこのタイプで」と指定しているところもあるので、あらかじめ調べておくのが安心です。

スイミングキャップ

水着と同様に、プールで必須と言えるのが「スイミングキャップ」です。スイミングキャップは髪の毛が広がったり、抜け落ちたりするのを防止する働きがあります。正直、他人の髪の毛が浮いているプールには入りたくないのでは?最近では1,000円ほどとリーズナブルなものから競泳用まで幅広くあり、気に入ったものを用意しておきましょう。

ゴーグル

必須ではないものの、本格的に泳ぐなら用意しておきたいのが「ゴーグル」です。一見すると無くても良さげなゴーグルですが、不特定多数が利用するプール内において目の粘膜からの感染症を防ぐ役割があります。ただ、長時間付けていると痛くなりやすいものなので、ちょっと高めでもクッション性の良いものを選ぶのが良いです。

タオル

プールを利用するなら「タオル」も用意しておきましょう。当然、水泳をすれば全身はずぶ濡れに、しっかりと拭いておかないと体調を崩す原因です。また、体を拭かずに更衣室内に入るのはマナー違反なので注意しましょう。ちなみに、バスタオルの他に吸水性の高い「スイムタオル」を用意しておくと便利なのでおすすめです。

バッグ

ジムだけでなくプールもというなら「大きめのバッグ」があると便利です。ジムだけなら家からウェアを着込み、タオルと小銭さえあればほとんど荷物が無くても問題ありません。ただ、プールまでとなると水着からキャップにゴーグルと荷物が多くなりがちです。最近では「スイマーズバッグ」と呼ばれる水泳専用のバッグもあるのでチェックしてみて下さい。

ドリンク

プールで本格的に動くなら「ドリンク」も欠かせません。というのも、一見すると水分の必要でないプール内でも、1時間も泳いで入れば大量の汗をかいています。水泳中に脱水症状、嘘のようですが意外とよくある話なのです。水分と同時に塩分やミネラルも補給した方が良いので、できればスポーツ飲料を用意しておきましょう。

ジムのプールであると便利な持ち物

プールの持ち物

ジムのプールに関して、基本的には先述した持ち物があれば十分です。ただ、より快適にプールを楽しみたいならもう少し持ち物を考えた方が良いでしょう。では、ジムのプールにあると便利な持ち物を5つほどご紹介します。

小銭入れ

プールであると便利なのは「小銭入れ」です。基本的にドリンクを用意しておけば小銭は必要ありません。ただ、トレーニングにのめり込んでいると水分が足りなくなることもあります。また、ジムによってはお風呂やシャワーが別料金のところも。小銭入れに小銭と会員証など、ちょっとしたものを入れておけばいざという時にも安心して利用できます。

ビニール袋

意外とあると便利なのが「ビニール袋」です。というのも、プールはもちろんジムでトレーニングしていると大量の汗をかいてウェアがぐっしょりと濡れてしまいます。正直、濡れたままのウェアなどをそのままバッグに入れたくはないでしょう。コンビニのビニール袋程度のもので良いので、2〜3枚あると汚れものやゴミを入れておけるので非常に便利です。

シャンプー類

「シャンプー類」というのも、プールを利用するなら用意しておくことをおすすめします。一般的なジムのプールにはお風呂やシャワー室がありシャンプー類も完備されています。ただ、施設内のシャンプー類は質や匂いが良くないことが多く、髪が傷んでしまうかもしれません。せっかくですからお気に入りのメーカーのシャンプー類を用意しておきましょう。

アクセサリーポーチ

女性の方限定ですが、「アクセサリーポーチ」もあると良いかもしれません。水泳中というのはアクセサリー類の使用は厳禁です。特に、金属類は自身だけでなく他人を傷つける危険があります。ただ、小さなアクセサリー類は更衣室内で紛失するリスクが高いものです。大切なアクセサリー類はポーチにしまい管理した方が安心という訳です。

耳栓

水が耳に入るのを避けたいなら「耳栓」を用意しておくことをおすすめします。実は、多くのジムやプールでは水中での耳栓の使用を許可しています。中耳炎などで耳に水が入ると危険な方もいるためです。ちなみに、耳栓には「一般用」と「スイミング用」の大きく2種類があります。プール内では水に強いスイミング用を用意しておきましょう。

ジムのプールで知っておきたいマナー

禁止事項

ジムのプールに持っていくものはご理解いただけたと思います。きちんと準備さえしておけば、ジムでのプールは快適かつ楽しく過ごせるはずです。では、最後にジムのプールを利用する上で知っておきたいマナーをご紹介しましょう。

レーンごとの泳ぎ方で

多くのジムではプールの利用に対して「専用レーン」を設けています。例えば、第一レーンは歩行のみ、第二レーンはクロールのみなどです。また、初級者や上級者、一方通行や往復可能などで分けているところもあります。当然、専用レーンを自由に泳ぐのは禁止です。ジムごとのルールに従って泳ぐようにしましょう。

追い越し走行はしない

水泳と言っても、人によって熟練度には差があります。特に速度には差が出やすく、前の方が遅いと渋滞のように詰まってしまうことも珍しくありません。ただ、基本的にジムのプールでは「追い越し禁止」がマナーです。プール内での無理な追い越しは接触による事故に繋がります。危険なので前とは十分に距離を取ることが大切です。

お化粧は落としてから

化粧をする女性

不特定多数の方々が集まるからと、プール内は原則として「化粧は禁止」です。というのも、ジムのプール内は常に清潔な状態を保つ必要があります。色のついた化粧品や付けまつ毛、整髪料などが水に落ちるのはマナーとして注意が必要です。ほとんどのジムにはパウダールームがあるので、トレーニングが終わってからお化粧はできます。

バタフライは控える

バタフライをする男性

専用レーンでなければ、基本的に泳法は自由です。ただ、できれば「バタフライは控える」ようにしましょう。クロールや平泳ぎとは異なり、バタフライは体を大きく広げるので接触事故に繋がりやすいのです。また、水しぶきが周りに迷惑をかけることもあります。もしバタフライに挑戦したいなら周りに十分に注意して行うようにして下さい。

プール付きジムも含め、本当におすすめジムをご紹介!

ジムでダンベルトレーニングをする外国人男性

プールだけでは物足りなくなってしまった方におすすめのジムがあるのでランキング5選として紹介させて頂きます。

全国展開しているジムが多いので、ランキングに記載されているジムも検討してみてはいかがでしょうか?

総合ランキング

1位:ティップネス


30年以上の歴史を誇るフィットネスクラブです。全国展開しており、どの店舗もアクセスの良さが特徴です。

ジム設備の充実度に関しては全国でも有数で、子供向けの「ティップネス・キッズ」やジムマシン中心で24時間営業が特徴の「FASTGYM24」など、様々なブランド展開をしています。

パーソナルトレーニングプランもあるため、みっちりマンツーマン指導を受けたい人にもむいています。

ティップネス


おすすめ情報

  • ヨガ・スイミング・ダンス・ジムトレーニングを始めとして種目が非常に多い
  • 会員プランが多いため、自分のライフスタイルに合わせたプランを契約できる
  • アクセスが良く通いやすい

口コミ

  • 学校の体育とかめちゃくちゃ嫌いな私でも「初心者コース」楽しかった!
  • 仕事終わりでジム活。ティップネスでエアロにステップも。いい汗かけたぁ~
  • サウナだけ入りに行くこともあるくらい雰囲気がいい

詳細情報

店舗数
全国153店舗(ティップネス:58店舗・FASTGYM24:95店舗)
営業時間
午前9時半から午後11時半(土曜は午後10時まで・日祝日は午後8時まで)
登録料 3,000円
費用
パーソナルトレーニング(メリハリBody Personal):35,640円(全16回・2ヶ月間)
  ティップネス


 

2位:24/7ワークアウト


つらい食事制限に耐えられず、ダイエット中でもついつい食べてしまうという人に最適なパーソナルトレーニングジムです。

「3食食べて痩せるジム」として非常に高い評価を受けています。 ジム独自のダイエットメソッドを持っており、一人ひとりに合わせた形でカスタマイズしていきます。

厳しい研修をくぐり抜けた高い指導力を持ったトレーナーによるマンツーマンレッスンには定評があります。

24/7ワークアウト


おすすめ情報

  • 一生続けられるダイエットメソッドを個別にカスタマイズして提供
  • アクセスの良い立地で通いやすい
  • 「3食食べるダイエット」が特徴

口コミ

  • めっちゃトレーナーが詳しくて楽しかった!!
  • 24/7ワークアウトは2回目だけど、体重が7.5kg落ちた。
  • 運動の癖もついたし、本当にいいきっかけになりました。感謝!

詳細情報

店舗数 全国53店舗
営業時間
午前7時から深夜12時
入会金 38,000円
費用
2ヶ月コース:月額98,000円(1回75分・週2回・全16回)
  24/7ワークアウト


 

3位:カーブス

カーブス素材07


利用者の平均年齢60代。女性専用の体操教室で、体に負担なく運動が出来ると年配者に愛されているジムです。

「1回30分!カーブス独自の運動プログラム」は、運動が苦手という人でも気軽に行える効果抜群の内容です。

自分を追い込むのではなく運動は苦手だけど生活の中に自然と運動を取り入れたい方におすすめです。

カーブス


おすすめ情報

  • 「1回30分の運動プログラム」で無理なく健康な体に!
  • 予約やキャンセルが不要
  • 着替えも必要なく手軽にレッスン可能
  • 女性専用ジム&スタッフも女性だけ

口コミ

  • カーブスで体を動かして、少しリフレッシュ。家にいるより出掛けて体を動かしたほうがいいね。
  • カーブスの運動で腰がしっかりしてきた
  • 運動初心者だけど、30分でストレッチも有酸素運動も筋力運動もできるから、今の私に最適!

詳細情報

店舗数 全国1,900店舗
営業時間
平日 10:00-19:00(13:00-15:00はクローズ) 土曜 10:00-13:00 日曜日・祝日 お休み
入会金 15,000円
費用 月額6,900円
  カーブス


 

4位:RIZAP

芸能人や著名人も多く利用しているジムとして有名なRIZAPは、とにかく確実に結果を出したいという人に強くおすすめできるパーソナルトレーニングジムです。

それぞれの分野の専門家が担当してくれるため、健康面や栄養面でも不安無く肉体改造が可能です。

日本で初めて「リバウンド保険」が適用され、2ヶ月以内に規定の体重を超えてしまった場合には同内容のコースを無料で受けることが出来ます。

RIZAP


おすすめ情報

  • トレーナーだけでなく、栄養士と医師によるサポート体制で健康面も万全
  • リバウンド保険および内容に不満がある場合の30日間全額返金保証
  • 設備使用料・ドリンク・アメニティなどの追加料金無し
  • 「結果にコミットする」に偽りなし

口コミ

  • 開始前は実年齢を上回る体内年齢が、-7歳で実年齢より下がりました!
  • 体重は変わっていないけど、体脂肪が10%くらい落ちました。
  • トレーナーさんの「筋肉使ってるね~」とかいろんな声をかけてくれ、楽しくトレーニングが出来ました!

詳細情報

店舗数
国内外132店舗(全都道府県に出店済み)
営業時間
午前7時から午後11時
入会金 50,000円
費用
シェイプアッププログラム: 298,000円(1回50分・週2回・全16回)
  RIZAP


 

5位:Reborn Myself


女性専用で多くの女性から高い支持を得ているパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーはもちろん全スタッフが女性ですので、スポーツジムにありがちな男性の視線が気になるという悩みもなく集中したトレーニングを行えます。

遺伝子検査を行った上、一人ひとりに最適なメニューを243パターンものプランから選び出します

無理な食事制限をすること無く、食事量を調節することで美容にも健康にも最適な食事を提案し、サポートしてくれます。

Reborn Myself


おすすめ情報

  • コースが終了しても続けられる食事内容を提案
  • ダイエット・部分痩せ・メンテナンスなどコースも充実
  • メールや電話で24時間サポート

口コミ

  • トレーニングはきつかったけど、トレーナーが丁寧に教えて励ましてくれたのでやりきることができました!
  • 女性専用パーソナルジムならではのノウハウが素敵でした
  • 思わずカメラを構えてしまうほど綺麗な化粧室がお気に入り☆

詳細情報

店舗数 全国47店舗
営業時間
午前10時から午後10時(土日祝日は午前9時から)※店舗により異なる
入会金 20,000円
費用
ダイエットコース(ブライダル・産後ケア含む):220,000円(1回50分・週2回・全16回)
  Reborn Myself


 

6位:es three


プロのトレーナーがカウンセリングからトレーニングまで一貫して担当してくれるのが特徴のパーソナルトレーニングジムです。

2ヶ月間の食事管理とトレーニングを行う中で、ストレスを最大限減らすようなフォローをしてくれるため、無理なくダイエットや肉体改造に成功できます。

30日間で成果がデータとして現れなかった場合は全額返金してくれるので安心して通えます。

es three


おすすめ情報

  • トレーナーによる直接カウンセリング&トレーニング
  • ウェア預けとクリーニングは無料・シューズ等はレンタル可なので手ぶらでトレーニング
  • 成果が出なかった場合は全額返金保証(30日間)

口コミ

  • 10キロ痩せました!コスパもいい!
  • いい感じに2か月で絞れて筋肉もついた
  • トレーニング後にいただけるプロテインがおいしくて好き!

詳細情報

店舗数
全国15店舗(首都圏・札幌・名古屋・福岡)
営業時間
午前8時〜午後11時
入会金 39,000円
費用
ショートプログラム:194,000円(1回75分・週2回・全16回)
  es three


女性おすすめランキング

女性におすすめのパーソナルトレーニングジムランキングを紹介します!

1位:Reborn Myself

全スタッフが女性ですので、女性特有のストレスや悩みに対してもトレーナーに相談できます。

Reborn Myself


 

2位:24/7ワークアウト

女性にとって食事制限はつらいものですが、7/24ワークアウトは3食しっかりと食べて痩せられるところが人気です。

24/7ワークアウト


 

3位:カーブス

カーブス素材07

こちらも女性専用が魅力です。運動が苦手という人にも続けやすいのが特徴です。

カーブス


4位:ティップネス

全国展開しているフィットネスでプログラムの量が多いのが特徴です。ダンスやバレエなどしなやかさを鍛えるトレーニングを多数取り扱っています。

ティップネス


5位:RIZAP

とにかく結果を出したい女性におすすめです!またドリンクやアメニティが追加料金なしで使えるのもうれしいですね。

RIZAP


6位:es three

手ぶらでのトレーニングが可能なので、思い立った時にすぐに利用できるのがポイントです。

es three


おすすめジムの料金比較:1位~6位

上記で紹介したジムの料金(入会金+2か月分の費用)を金額で比較してみましょう。

順位 ジム名 入会金+2か月分の費用
1位 カーブス 28,800円
2位 ティップネス 38,640円
3位 es three 233,000円
4位 24/7ワークアウト 234,000円
5位 Reborn Myself 240,000円
6位 RIZAP 348,000円


上位は、パーソナルトレーニングというよりも日常に運動を取り入れてずっと通い続けていくタイプのジムなので、入会金+2か月分でも費用が抑えられています。

下位はパーソナルトレーニングが中心で行われているジムが多く、短期間で結果がしっかりとついてくるジムです。

こちらは結果を出せる自信を持っているので、成果が見られない時の返金制度を設けている場合もあります。

 

ジムのプールはマナーを守って気持ちよく利用しよう!

水泳をする男性

いかがでしたでしょうか?今回は、ジムでプールをしたい方に、東京都内にあるプール設備のあるジムについてご紹介しました。流行りの施設から市民向けに至るまで、東京都内には意外と多くのプール設備のジムがあるものです。

ただ、ジムだけとは異なり、プールも使うなら持ち物やマナーなど注意したいことがいくつかあります。細かなことですが知っておかないとプールを快適に使えないばかりか、周りの方に迷惑をかけてしまうこともあるので注意が必要です。

ぜひ、プール設備のあるジムはマナーを守ってみんなで気持ち良く利用しましょう

【関連記事】【水着の選び方】スポーツジムでオススメのスイムウェアを徹底解説!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP