ランニングをする女性

ランニングにおすすめの最強イヤホン人気ランキング20選【プロが音質や機能を分析】

 

無音の中、黙々とランニングするというもの良いでしょう。フルマラソンの大会では基本的に音楽は流れていないので、本格的にトレーニングするなら邪魔かもしれません。ただ、できれば好きな音楽を聞きながら軽快に走りたいのでは?

そんな時に欠かせないのが”イヤホン”です。しかし、イヤホンと一括りにしていますが、大きく分類して”コード付きタイプ””Bluetoothタイプ””プレイヤー内蔵タイプ”の3つあります。何となくで選ぶと、こんな筈では…と後悔することに。

そこで、今回は数あるイヤホンの中からランニング向きなものを選ぶポイントについて詳しくご紹介したいと思います。その上で、ランニングにおすすめなイヤホンをランキング形式で20選にまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

イヤホンの種類

ランニングする女性

冒頭で紹介した通り、イヤホンには大きく分けて3つの種類が”コード付きタイプ・Bluetoothタイプ・プレイヤー内蔵タイプ”があります。では、各イヤホンの特徴について簡単に見ていきましょう。

コード付きタイプ

パナソニック カナル型イヤホン ホワイト RP-HJE150-W

コード付きタイプとはその名の通り、プレイヤー(iPodなど)とコードで直接繋がっているイヤホンのことです。イヤホンの中でも最も歴史のあるタイプなので馴染み深いと言えます。価格帯としても他のタイプよりお手軽でもあります。

また、プレイヤーと直接繋がっていることから、音源データが途中で破損(ロス)することはほとんどありません。つまり、他のタイプに比べると音質が良いのです。ただ、コードがあるだけにランニング中は邪魔になりやすいと言えます。

Bluetoothタイプ

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Bluetooth イヤホン 高音質 [メーカー1年保証] 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP66防塵防水 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン (ブラック)

Bluetoothタイプとは”Bluetooth”と呼ばれる無線システムを利用し、プレーヤーとイヤホンとを無線で繋いでいるイヤホンのことです。無線で繋いでいるのでコードはなく、ランニング中でも邪魔になることはまずないでしょう。

その上、音楽プレーヤーだけでなくスマホ(携帯)などと繋げるもの特徴です。ランニング中に音楽を楽しむだけでなく、仕事やプライベートで”ハンズフリー通話”にも利用できます。日常のあらゆる場面で活躍してくれます。

プレイヤー内蔵タイプ

Hellodigi MP3プレイヤー イヤホン型 骨伝導最新技術 IPX8防水 8GB HiFi 高音質 ランニング 水泳 スポーツMP3 つけやすい 操作簡単 聴力保護

プレイヤー内蔵タイプとは、イヤホンの内部にプレイヤーも内蔵されているタイプのことです。プレイヤーが内蔵されていることで他の端末(iPodなど)を持ち運ぶ必要がなく、より自然な形でランニングを楽しめるタイプと言えます。

ただ、イヤホンの中にプレイヤー機能も含まれているのでどうしても電池の消費量が多く、長時間の利用には向いていません。また、小さなイヤホンだと操作性にも限界があり、ランニング中の細かな選曲や調整は難しいでしょう。

イヤホン選びでの必須条件

ソニー SONY イヤホン MDR-EX155 : カナル型 ブラック MDR-EX155 B

ランニングで使用するイヤホンは、大まかにタイプで選べば問題ないと言えます。ただ、よりランニング向きなイヤホンを選びたいなら条件を絞る必要が。では、イヤホンを選ぶ上で”必須条件”を呼べるものを3つご紹介しましょう。

防水・防滴性能

ランニングしている女性

ランニングで使用するなら”防水・防滴性能”は必須条件の1つです。防水・防滴性能とは機器に対して水分に強くする加工を施した仕様のことです。”IPX4”や”IPX8”など基準があり、数字が大きいほど性能は高くなります。

ランニング中は大量の汗をかきます。一般的なイヤホンでは汗の染み込みが故障の原因に、短期で買い換える必要があります。また、本格的に大会を目指すなら雨でのトレーニングも必要なので防水・防滴性能は必須です。

フィット感

”フィット感”というものランニングでの使用を考えるなら必須条件です。最近では人体工学をもとに、より耳にフィットするよう設計されているイヤホンも登場しています。中でも、”カナル型”と呼ばれるタイプのイヤホンが人気です。

ランニング中はどうしても上下に激しく振動します。従来のイヤホンだとポロッと耳から外れることもあります。ただ、完全に耳を塞いでしまうと、交通量の多い道路では危険です。ランニングする環境に合わせて選ぶと良いでしょう。

安定性

フィット感と同様に”安定性”というのもランニングでの使用では必須条件です。安定性とは”音質が安定しているか?”ということです。例えば、Bluetoothタイプの中には振動に合わせてブツブツ途切れてしまうものがあります。

ランニング中に音質が乱れると集中できません。ただ、安定性だけでコードタイプを選んでしまうと、コードが邪魔でより集中できないことも考えられます。イヤホンのタイプ、性能や機能とのバランスを考えて選ぶ必要がある訳です。

ランニングにおすすめの最強イヤホン人気ランキング20選

Senzer S10 カナル型 イヤホン 超小軽量6g筐体 高音質 ステレオイヤフォン 寝ホン 遮音 リモコン マイク付き iPhone Samsung スマートフォンに対応(シルバー)

ランニングでのイヤホンを選ぶポイントについてはご理解いただけたかと思います。ただ、実際に選ぶとなると数が多くて迷ってしまうものです。そこで、ランニングにおすすめのイヤホンを人気順に20選ほどまとめてみました。

20位:TaoTronics Bluetoothイヤホン ワイヤレス TT-BH07

20位は”TaoTronics Bluetoothイヤホン ワイヤレス TT-BH07”です。Bluetoothタイプのイヤホンでありながら、価格帯は3,000円前後とコスパの高さが伺えます。また、価格帯の安さに比べて音質の良さ、安定性の高さもあります。気軽にランニングを楽しみたい方にはちょうど良いでしょう。

19位:Orinsong Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン

19位は”Orinsong Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン”です。後頭部から耳にかけてしっかりとフィットする形状をしているイヤホンです。また、”S/M/L”の3つのサイズが提供されているので、頭の大きさに合わせて選べます。ただ、音質が少し低めなのが気になるところです。音質にこだわりがないならおすすめと言えます。

18位:audio-technica Sound Phone イヤホン ワイヤレス ATH-BT07

18位は”audio-technica Sound Phone イヤホン ワイヤレス ATH-BT07”です。部品の多いBluetoothタイプでありながら、高い”防水性能”を施されています。また、完全に耳周りを塞がないので交通量の多い道路でも安心してランニングを楽しめます。ただ、フィット感を求めるなら少し物りないイヤホンです。

17位:JBL REFLECT MINI BT Bluetoothイヤホン

17位はJBLの”REFLECT MINI BT Bluetoothイヤホン”です。Bluetoothタイプであるのはもちろん、小型な設計なのでランニング中でもほとんど邪魔になりません。その上、Bluetoothタイプには珍しく8時間の長寿命バッテリーが搭載されています。”リフレクター”が付いているのも夜間には嬉しいポイントです。

16位:COULAX ワイヤレスイヤホン bluetooth V4.1 ステレオ ノイズキャンセリン

16位は”COULAX ワイヤレスイヤホン bluetooth V4.1 ステレオ ノイズキャンセリング”です。価格帯が2,000円と手に取りやすいながらも、”カナル型”のイヤホンを採用しています。その上、スタイリッシュな流線型をしているのでデザインにこだわりたい方におすすめです。ただ、防水性能は低めなので本格的なランニングには向きません。

15位:PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット ステレオイヤホンタイプ

15位は”PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット ステレオイヤホンタイプ”です。IP54と呼ばれる”防水規格”に準拠しているので防水性能は高く、雨の日にも安心してランニングできます。その上、ボディには”反射加工”が施されているので夜間のランニングにも最適です。

14位:Skullcandy ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン A2IKW-J509

14位は”Skullcandy ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン A2IKW-J509”です。Bluetoothタイプとコードタイプが合わさったような独特な形状のイヤホンです。その為、従来のイヤホンとは異なり、音質の良さと安定性に期待できます。ただ、防水機能がないので本格的なランニングには向きません。

13位:OneOdio Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式

13位はOneOdioの”Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式”です。ヘッド部分に”カナル型”が採用されているのでフィット感が高く、かつ”ワイヤーフック”なのでスッキリと装着できます。また、イヤーチップが数種類も同封されているので自分の耳に合わせて変えられます。ただ、再生時間が短めなのが気になるところです。

12位:yurbuds VENTURE PRO 防水機能(IPX5)対応スポーツイヤホン

12位は”yurbuds VENTURE PRO 防水機能(IPX5)対応スポーツイヤホン”です。スポーツやアウトドアを想定して設計されており、”防水機能”や”フィット感”については高い性能があります。にも関わらず、価格帯が1,500円前後とリーズナブルなのもポイントです。ただ、コードタイプでランニングでは邪魔かもしれません。

11位:Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応

11位は”Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応”です。今回紹介する中でも最長の”最大12時間再生”と、イヤホンの中では驚異の再生時間を誇ります。また、人間工学にもとづいた設計でランニング中でもずれにくいと言えます。”デュアルドライバ音響”を採用しているので音質にこだわる方にも最適です。

10位:QCY QY8 Bluetoothイヤホン BT ver 4.1 APT-X CSR 8645 CVC6.0

10位は”QCY QY8 Bluetoothイヤホン BT ver 4.1 APT-X CSR 8645 CVC6.0”です。Bluetoothタイプでありながら価格帯は3,000円前後、かつ”防水機能”が付いているのでランニングのエントリーモデルとしては最適です。また、スタイリッシュなデザインなので普段用としても問題なく使えます。

9位:フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース

9位はフォステクスカンパニーの”KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース”です。その名の通り、プロサッカー選手の”本田圭佑”がプロデゥースしたことで話題のイヤホンです。実際のトレーニングで使用することを想定して設計されているそうで、本田圭佑のこだわりが詰まったイヤホンと言えます。

8位:Sol Republic SHADOW ワイヤレス Bluetooth イヤホン

8位は”Sol Republic SHADOW ワイヤレス Bluetooth イヤホン”です。”ネックバンド”を採用しているので長時間の使用でも疲れにくいのが特徴です。また、操作性についてもユーザビリティを考慮して設計されており、ランニング向けのイヤホンとしてはバランスの良いタイプと言えます。

7位:JBL UA Sport ワイヤレスイヤホン インイヤー型

7位は”JBL UA Sport ワイヤレスイヤホン インイヤー型”です。スポーツブランドとオーディオブランドがタッグを組んで設計したイヤホンなだけあり、ランニングよりも激し目な運動をしても快適に音楽を楽しめます。また、ヘッド部分が小型設計なので、幅広い耳の形の方でも問題なくフィットしてくれます。

6位:PHILIPS カナル型イヤホン SHE9700

6位はPHILIPSの”カナル型イヤホン SHE9700”です。コードタイプではあるものの、”カナル型”のイヤホンを採用しているので耳へのフィット感は高いと言えます。また、価格帯も1,500円前後と手に取りやすいでしょう。コードタイプでも気にしない…、とにかく安いのが良い…という方には最適なイヤホンです。

5位:JVC Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン HA-ETR80BT

5位は”JVC Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン HA-ETR80BT”です。シリコン素材の”イヤーサポート”によりフィット感が高く、かつ”低遮音イヤーピース”が同封されているので適度に外部の音を拾えます。”防滴性”にも一定の性能が期待できるので、まさにランニング向けのイヤホンです。

4位:Sol Republic RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth ワイヤレスイヤホン

4位は”Sol Republic RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth ワイヤレスイヤホン”です。”FreeFlexテクノロジー”と呼ばれる独自技術が採用されており、Bluetoothタイプには珍しくイヤーフックなしでもずれることなく装着できます。また、音質・耐朽性ともに高い品質が確保されているので幅広く使い所のあるイヤホンです。

3位:APPLE AirPods MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple Computer
定価 ¥18,144(2018年1月31日0時5分時点の価格)

3位はApple社の”AirPods MMEF2J/A”です。価格帯は20,000円前後と高額ながら、Apple社が提供しているイヤホンは音質の良さに定評があります。また、ユーザビリティを第一に考えられた設計が取られており、中でもケースがそのまま充電器として機能するのは非常に使い勝手が良いです。

2位:Bose SoundSport Pulse wireless headphones

Bose SoundSport Pulse wireless headphones
BOSE
定価 ¥23,760(2018年1月31日0時6分時点の価格)

2位は世界的音響メーカーBoseの”SoundSport Pulse wireless headphones”です。Boseが手がけているだけあり音質については最高クラスと言えます。その上、”心拍数計測機能”が搭載されているのでランニング中の細かなデータ管理も可能です。”安心”かつ”快適”にランニングを楽しみたい方にはおすすめです。

1位:Q12 SoundPEATS Bluetooth イヤホン

堂々の1位に輝いたのは”Q12 SoundPEATS Bluetooth イヤホン”です。価格帯が3,000円ほどとBluetoothタイプとしてはリーズナブルな上に、”カナル型”のイヤホンが採用されているのでフィット感も抜群です。

また、”マグネット”が内蔵されているので、コンパクトにまとめられるなど細かなユーザビリティへの配慮がされています。ランニング用として選ぶのに迷っているのであれば、とりあえずこのイヤホンを選んでおけば大丈夫でしょう。

お気に入りのイヤホンでランニングをより便利に楽しくしよう!

軽快に走り女性

いかがでしたでしょうか?今回は、日々のランニングをより快適にしてくれるイヤホンの選び方についてまとめてみました。まずは基本のタイプを、次に防水性やフィット感など細かなポイントを抑えればベストなイヤホンが見つかります。

当然、実際に装着してみないと分からない部分もあります。ただ、実際に全てのイヤホンを装着するなんて不可能です。そんな時は、気になるイヤホンの口コミをチェックし、装着した方々の意見を参考にするのも1つの手です。

ちなみに、紹介したイヤホンは全て”Amazon”でも購入できます。興味のある方はチェックしてみて下さい。

【関連記事】ランニングシューズ最強おすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ホイッスルとコンパスとマップ
  12. ランニングする男性
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ゴルフスイング
  18. ランナーの足
  19. 海岸でストレッチする女性
  20. ストレッチする女性
  21. ランニングする男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP