グローブとバット

野球グローブおすすめ人気ランキング15選!選び方も合わせて紹介!

 

小・中学生から野球を始める子が多いと思います。また、お子さんと一緒に野球を始める方も多いのでは?最近では、社会人になってからの趣味として、いわゆる”草野球”に挑戦してみる方も増えているようです。

野球を始める上で、まず最初に準備したいのが”野球グローブ”です。ただ、初めてのグローブ選びとなると「どれを選べば…」と迷ってしまうもの。野球用品店に行くとポジションごとに数十種類ものグローブがあります。

そこで、今回は初めて野球グローブを選ぶ方の為に、ぴったりな1つに出会えるポイントをご紹介しましょう。また、数ある野球グローブの中から「これは!」と思えるおすすめを15選、ランキング形式にまとめてみました。

野球グローブの種類と特徴

野球グローブと一括りにしていますが、実はポジションごとに種類があり特徴があります。というのも、野球ではポジションごとに求められる役割が異なる為です。では、まずは野球グローブの種類と特徴について見ていきましょう。

ピッチャー用

ピッチャー

野球の花形と言えるのが”ピッチャー”です。当然、ピッチャーにも専用のグローブがあります。ピッチャー用グローブの1番の特徴は、野手用には当たり前の”隙間”がほとんどなく、ボールの握りが周りから見えないということです。

また、ピッチャー用グローブは野手用に比べて少し重めに設計されています。ピッチャーに求められるのは”制球力”と”球の切れ”です。その為、ピッチャー用は投球が安定しやすく、球が走りやすいよう重めに設計される訳です。

キャッチャー用

キャッチャー

チームの要と言えるのが”キャッチャー”です。得点にもっとも絡むポジションなだけに、キャッチャーにも専用のグローブがあります。キャッチャー用グローブの1番の特徴は、”丸い形状”でピッチャーの的として狙いやすいことです。

また、キャッチャー用グローブは野手用に比べてぶ厚めに設計されています。というのも、キャッチャーは常にスピードに乗った球を補給する必要がある為です。キャッチャー用はボールをこぼしにくく、かつ指先までしっかり守ってくれます。

ファースト用

絶対に後ろにそらせないのが”ファースト”です。ファーストはランナーが最初に到達する場所、セカンドベースに向かう場所なだけに得点に大きく関係します。ファースト用グローブの1番の特徴は、大きく掴み取りやすいということ。

また、内野手として他の選手と機敏に連携できるよう軽めに、取り回しやすいよう設計されています。キャッチャーとは異なり、ファーストは基本的にグローブだけでボールを止める必要があるのでより特殊な形状をしているのです。

セカンド用

連携プレーにもっとも関わるのが”セカンド”です。セカンドはセカンドベースからファーストベースまで、時にはファーストの代わりとしての役割も求められます。セカンド用グローブの1番の特徴は、横に少し広めということです。

また、他の野手用とは異なり、ポケット(ボールの入る場所)が浅めに設計されています。常に機敏に、状況に応じて様々な役割に対応する為です。ちなみに、子ども用のグローブとしてもっとも使いやすい形状でもあります。

サード用

試合中にもっとも強い打球が来るのが”サード”です。というのも、野球選手のほとんどは右打者で、どうしてもサードよりに打球が集中します。サード用グローブの1番の特徴は、ポケットが深めに設計されていることです。

また、内野手にしては皮が厚めに設計されているのも特徴と言えます。まずはしっかりボールを止め、または前に落とすことが優先される為です。外野手用グローブと形状が似ていて、兼用しやすいのもサード用ならではです。

ショート用

ショート

内野手としてもっとも広い範囲をカバーしているのが”ショート”です。その為、ショートにはサードのような強い打球、セカンドのような連携が求められます。ショート用グローブの1番の特徴は、サード用とセカンド用を合わせたもの。

サード用のように強い打球に対応できるぶ厚めに、ショート用のようにポケットは浅めに設計されています。いわゆる”オールラウンダー(どこでもOK)”なグローブなので、野球でのポジションが決まっていないのならおすすめです。

外野手用

決してボールをこぼせないのが”外野手”です。外野手がフライをこぼす、ゴロを後ろにそらしていると大きな失点に繋がります。外野手用グローブの1番の特徴は、フライを掴みやすいよう縦方向に長く設計されていることです。

また、遠投にも耐えられるようピッチャー用のように少し重めにも設計されています。ちなみに、外野手用には”網状”と”壁形”があり、壁形が採用されいているグローブはピッチャー用として兼用できるので人気です。

野球グローブの選び方

野手用グローブ

野球グローブの種類と特徴についてはご理解いただけたと思います。では、ぴったりな野球グローブを選ぶポイントについてご紹介しましょう。野球グローブを選ぶ上での基本ばかりなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ポジションを考える

まず、野球グローブを選ぶのなら”ポジション”を考えましょう。先述したように、野球グローブにはピッチャー用/キャッチャー用/ファースト用/セカンド用/サード用/ショート用/外野手用があり、それぞれ特徴があります。

当然、ピッチャーがセカンド用を使っても十分な性能を発揮できません。また、キャッチャーやファーストのようにグローブの形状に規定が設けられているものも。「どこを守りたいのか」を考えた上で選ぶことが大切です。

手のサイズに合わせる

メジャー

次に、”手のサイズ”を測ることも野球グローブを選ぶ上で重要です。野球グローブはプレーする上で実際の手のような存在と言えます。もし野球グローブのサイズが手に合っていないと、実際の手のようには動かせない訳です。

例えば、小学生用だとS/M/L/LLの大きく4段階に分かれています。ちなみに、使用しているグローブのポケット部分がポコっと浮いている方は、グローブのサイズが大きすぎる証拠なので小さめのものに変えた方が良いです。

実際にはめてみる

最後に、野球グローブを選ぶのなら”実際にはめてみる”こともおすすめします。結局は実際にはめてみて「このグローブを使ってみたい!」と思えるグローブがもっとも良いからです。同じタイプでも着け心地は微妙に違います。

ちなみに、野球グローブには大きく”本革”と”合成革”の2種類があります。本革の方が固く手に馴染みやすく、合成革は柔らかく使いやすいのが特徴です。本革の方がお高めなので予算も合わせ選ぶことをおすすめします。

オーダーグローブのメリット・デメリット

禁止事項

野球グローブには大きく”既製品”と”オーダーメイド”の2種類があります。基本的にプロ選手はオーダメイド、プロを目指している学生もオーダーメイドを使っています。では、オーダーグローブのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 メリット

オーダーグローブのメリットを以下にまとめてみました。

  • カラフルなグローブを作れる
  • グローブに刺繍(名前)を入れられる
  • 微妙な調節ができる

オーダーグローブの1番の特徴は自分にあわせて微調節できるということです。例えば、ポケットを少し深くしたり、網目を少し荒くしたりなど。本職のグローブ職人であればポジションや手の具合から最適な状態に調節してくれます。

また、革の色合いや刺繍を入れられるのもオーダーグローブならではです。アマの世界で一般的な既製品だと、どうしても周りと被ってしまうことがあります。その点、オーダーグローブであれば世界に1つだけのグローブです。

デメリット

オーダーグローブのデメリットも以下にまとめてみました。

  • 微妙な調節ができる
  • 完成までに時間がかかる
  • 既製品よりお高い

オーダーグローブはグローブ職人が1つずつ丁寧に手がけるだけに、どうしても既製品よりお高くなります。中には、1つ100,000円近くするものも。ある程度抑えたデザインにしても、50,000円以上は考えておいた方が良いです。

また、オーダーグローブは完成まで時間がかかる上に、規制品ではないので現物は見られません。実際に完成するまで、本当に手に馴染むか分からない訳です。プロならまだしも、アマの段階で手を出すのはリスクがあります。

野球グローブのおすすめランキング15選

基本的に野球グローブは実際にはめてみて選ぶのが良いと言えます。ただ、実際に選ぶとなると種類が多く「どれを選べば…」という方も多いはず。そこで、最後に野球グローブのおすすめ15選をランキング形式にしてみました。

15位:ゼット グランドヒーロー BJGB72730

ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 オールラウンド グラブ(グローブ) グランドヒーロー (右投げ用) BJGB72730 ブラック
ゼット(Zett)
販売価格 ¥9,263(2018年3月12日23時33分時点の価格)

15位は”ゼット グランドヒーロー BJGB72730”です。野球グローブの中でも、特に”捕球のしやすさ”に注もして設計されています。また、一般的な野球グローブよりも少し薄めに設計されているので、より素手のような感覚で捕球できます。ただ、オールラウンダーな野球グローブなので、長く愛用するには少し不向きです。

14位:ミズノUSA 硬式用キャッチャーミット 33.5インチ SUPREMEシリーズ

ミズノUSA 硬式用キャッチャーミット 33.5インチ SUPREMEシリーズ
MIZUZO(ミズノ)
販売価格 ¥7,400(2018年3月12日23時33分時点の価格)

14位は”ミズノUSA 硬式用キャッチャーミット 33.5インチ SUPREMEシリーズ”です。名前にある通り、”キャッチャー用”の野球グローブで、材料として”良質な革”が採用されていて使うほどに手に馴染みます。特に、ミズノ独自の最先端技術も導入された野球グローブなので、本格的にキャッチャーを目指したい方におすすめです。

13位:ミズノ(ミズノ) 少年軟式用グラブ グローバルエリート

MIZUNO(ミズノ)少年 軟式用 グラブ グローバルエリートRG ファースト ミット 1AJFY16400 09ブラック LH
MIZUNO
販売価格 ¥14,910(2018年3月12日23時34分時点の価格)

13位は”ミズノ(ミズノ) 少年軟式用グラブ グローバルエリート”です。14位と同様に、ミズノの提供する野球グローブなだけあり品質・素材・性能のどれも最高クラスと言えます。また、ファースト用グローブとして最近のトレンドを取り入れ、少し小さめに設計されているのもポイントです。より取り回しやすいファースト用グローブになっています。

12位:カイザー KW-307

カイザー(kaiser) 野球 グローブ バスケット 10.5インチ KW-307 ピッチャー向け 練習用 小学生 高学年 軟式用
カワセ(KAWASE)
販売価格 ¥1,680(2018年3月12日23時35分時点の価格)

12位は”カイザー KW-307”です。合成革なので購入時点から柔らかく、”衝撃吸収材”が入っているので小学生でもボールを掴みやすい設計です。また、一般的な野球グローブに比べて価格帯も1,500円前後と安価なのも助かります。子どもが初めて野球に触れる、初めてキャッチボールに挑戦するのに最適な野球グローブでしょう。

11位:asics(アシックス) 軟式 少年野球用 グローブ 大谷 翔平 モデル

asics(アシックス) 軟式 少年野球用 グローブ 大谷 翔平 モデル オールラウンド (右投げ用) プロフェッショナルスタイル BGJ7PR サイズ大 ブラック 指カバー付き 2017年モデル
asics(アシックス)
販売価格 ¥19,440(2018年3月12日23時44分時点の価格)

11位は”asics(アシックス) 軟式 少年野球用 グローブ 大谷 翔平 モデル”です。大谷 翔平選手をモデルにした野球グローブで、少し丸く小さめな設計がされています。その上、通常よりも軽めに設計されているので、子どもでも取り回しやすいです。プロ選手から野球に興味を持つ子も多いので、要チェックな野球グローブです。

10位:カイザー KW-310

カイザー(kaiser) 親子 グローブ セット KW-310 ボール付
カワセ(KAWASE)
販売価格 ¥2,878(2018年3月12日23時36分時点の価格)

10位は”カイザー KW-310”です。大人用と子ども用の野球グローブが1つになったセットで、価格帯も3,000円前後とリーズナブルになっています。その上、子ども用はオールラウンダーに設計されているので、子どもが初めて手にする野球用グローブとしても使えます。薄めに設計されているので、素手の感覚を覚えるのにもピッタリです。

9位:ミズノ mizuno 限定 軟式 グローブ グラブ セレクトナイン AXI 内野手用 1AJGR18703

ミズノ mizuno 限定 軟式 グローブ グラブ セレクトナイン AXI 内野手用 1AJGR18703 スプレンディッドオレンジ(52) 右投
ミズノ
販売価格 ¥11,996(2018年3月12日23時36分時点の価格)

9位は”ミズノ mizuno 限定 軟式 グローブ グラブ セレクトナイン AXI 内野手用 1AJGR18703”です。本革を使用したハイグレードな野球グローブになります。その為、価格帯は10,000円以上とお高めですが、性能に見合った設定です。また、他の本革と比べて”軽量感”があるので、大きさの割に取り回しやすい野球グローブです。

8位:玉澤 TG-WH30

玉澤 タマザワ 少年軟式グローブ グラブ 両投げ用 TG-WH30 イエロー
Posted at 2018.3.12
玉澤
販売価格 ¥15,980(2018年3月12日23時36分時点の価格)

8位は”玉澤 TG-WH30”です。野球グローブとしてはもっとも珍しい、”両手利き(左右)”に対応しています。実は、野球の世界ではポジションごとに重宝される利き手があります。事実、プロの中にもポジションに合わせて利き手を変える選手も。より本格的なオールラウンダーを目指したい方におすすめしたい野球グローブです。

7位:ミズノ トレーニング グローブ プロ 硬式 野球 (軟式 使用可) 内野手

ミズノ トレーニング グローブ プロ 硬式 野球 (軟式 使用可) 内野手 練習用 グラブ USA限定モデル 9インチ [並行輸入品]
MIZUNO(ミズノ)
販売価格 ¥10,000(2018年3月12日23時39分時点の価格)

7位は”ミズノ 1AJGY05040 47”です。本革を使っているにも関わらず、購入時点からある程度の柔らかさがある使いやすい野球グローブです。また、”網状”と”壁形”を合わせた形状をしており、キャチャー以外の全てに対応したオールラウンダーと言えます。価格帯も7,000円前後なので、初めての野球グローブとして良いでしょう。

6位:アンダーアーマー UAベースボールユース

アンダーアーマー UA ベースボール ユース 軟式 グラブ (右投げオールラウンド用) 少年用 1301007 001 ONE SIZE
アンダーアーマー
販売価格 ¥16,200(2018年3月12日23時39分時点の価格)

6位は”アンダーアーマー UAベースボールユース”です。野球に限らず様々なスポーツ用品を手がける”アンダーアーマー”が提供しているだけあり、品質としては最高級の野球グローブと言えます。また、アンダーアーマーのロゴが大きく印字されているのもデザイン性が高く、子どもだけでなく大人までと幅広い世代に人気です。

5位:ローリングス ローリングスゲーマー GJ4G115 ブラック

Rawlings(ローリングス)ジュニア ローリングスゲーマー [オールラウンド用] GJ6FG106 ブラック [サイズSS] [10 1/2inch] LH(Right hand throw)※右投用
Posted at 2018.3.12
ローリングス(Rawlings)
販売価格 ¥5,346(2018年3月12日23時40分時点の価格)

5位は”ローリングス ローリングスゲーマー GJ4G115 ブラック”です。ローリングスは、元ニューヨーク・ヤンキースのスター選手”ジータ”も愛用していたメーカーで知られます。当然、プロに認められただけあり、着け心地やポケットの深さなど、細部に至るまで研究し設計されています。本格的にプレーヤーを目指す方におすすめです。

4位:ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ ネオステイタス

ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ(グローブ) ネオステイタス (右投げ用) BRGB31730 ブラック
ゼット(Zett)
販売価格 ¥15,552(2018年3月12日23時40分時点の価格)

4位は”ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ ネオステイタス”です。重量580gほどと決して軽くないものの、着け心地は軽く感じてしまう不思議な野球グローブです。その為、内野手用はもちろん、ピッチャー用としても十分に使えます。また、ポケットが深めなのでボールをしっかり捕球したい方にもピッタリです。

3位:サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球

サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球 ソフトボール グローブ 一般用 左利き用 グラブ オールラウンド用 PGS-3055
サクライ貿易(SAKURAI)
販売価格 ¥3,995(2018年3月12日23時40分時点の価格)

3位は”サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球”です。あまり野球グローブとして馴染みのないメーカーですが、”親指革命”と呼ばれる新機能を搭載したものを提供しています。親指革命により親指でよりボールをしっかり掴めるように、初めてボールに触る子どもでも使いやすい野球グローブです。

2位:ゼット ネオステイタス BJGB70610

ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 オールラウンド グラブ(グローブ) ネオステイタス (右投げ用) BJGB70610 ブラック S
ゼット(Zett)
販売価格 ¥13,780(2018年3月12日23時41分時点の価格)

2位は”ゼット ネオステイタス BJGB70610”です。天然の本革が使用された本格派の野球グローブで、日本のプロ野球界にも愛用者が多くいます。また、従来の本革に比べて軽量なので子どもでも使いやすい設計です。価格帯は15,000円前後とお高めですが、丈夫で長く愛用できるのでおすすめと言えます。

1位:ミズノ ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル

ミズノ(MIZUNO) ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル 1AJGY13517 62H レッド S
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥10,206(2018年3月12日23時41分時点の価格)

堂々の第1位は”ミズノ ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル”です。2018年、古巣であるシアトル・マリナーズに帰ってきた”イチロー選手”をモデルにした野球グローブです。イチローモデルなだけあり軽量で取り回しが良く、細部にこだわりが詰まっています。また、価格帯も9,000円前後とリーズナブルなのもポイントです。

野球グローブ選びで習熟度が変わる!

グローブとボール

いかがでしたか?今回は、初めて野球グローブを選ぶ方の為に、野球グローブ選びのポイントについてまとめてみました。野球グローブを選ぶポイントは大きく3つあります。

  • ポジションを考える
  • 手のサイズに合わせる
  • 実際にはめてみる

まずは「どこを守りたいのか」「どんなプレーヤーになりたいのか」を考え、実際に合わせてみるのがいいでしょう。近くに野球用品店があるのなら、店員さんに聞いてみるのもおすすめです。

一見すると野球グローブはどれも同じに見えるかもしれません。しかし、野球グローブが手に合っているか、プレーに合っているかで習熟度が変わります。野球グローブはもっともこだわりたいところです。

ちなみに、紹介した野球グローブはどれも「Amazon」で購入できます。初心者から使いやすいおすすめの野球グローブばかりなので、ぜひ興味のある方はチェックしてみて下さい。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サプリメント
  5. サーフィンする男性
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. スケートボード
  10. ボルダリング 女性
  11. 鍛えた身体
  12. ヨガ
  13. スケートボードを抱えてたつ人
  14. バレーボールのサーブ
  15. サプリメント
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー
  21. アイスホッケー スティックとパック
  22. 雨の日のゴルフ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP