トレーニング機器

ボウフレックスダンベルおすすめ人気ランキング15選!ボウフレックスダンベルを徹底比較!

 

筋力トレーニングをする際、トレーニングメニューや鍛えたい部位によって、負荷を変える必要があります。

そんなときに便利なのが「ボウフレックス」というダンベルです。

簡単に重さを調節することが出来るダンベルで、アメリカでは爆発的な人気を誇っています。

近年、日本でも人気の高いボウフレックスのダンベルの特徴や、ボウフレックスのような可変ダンベルのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

ボウフレックスダンベルの特徴

筋肉のすごい男性

「ボウフレックス(Bowflex)」のダンベルとは、ダイヤルを回転させるだけで自分の好きな重量に調整できる可変式ダンベルアジャスタブルダンベル)です。

ボウフレックスが一つあれば最小2kgから好きな重さに調節してトレーニングを行うことが出来ます。

プレートを差し替える手間が不要

ダンベルをもつ男

トレーニングメニューによって重さを変える必要がある場合、ダンベルのプレートを差し替えなければいけません。

スクリューシャフトからプレートを外し、また取り付け・・・とやっていると、面倒なだけでなく、トレーニングの効率も下がります。

ボウフレックスであればプレートを差し替える手間は不要です。

両端のダイヤルを回すだけ

ボウフレックスで重量を変えるのはとても簡単です。

スタンドに置いた状態で両端のダイヤルを希望の重さに合わせ、ダンベルを持ち上げればOK

不要なプレートがスタンドに残り、必要な重量のプレートだけがセットされた状態になります。

所要時間は5秒程度

トレーニング中の集中力が切れたり、インターバルが長くなりすぎたりということはありません。

2種類の重さから選べる

24kgと41kgの2種類の重さから選ぶことが出来ます。

24kgは2〜24kgまでの15段階、41kgは4〜41kgまでの17段階に調節できます。

通常のトレーニングであれば24kgで十分だという人が多いですが、もっと負荷をかけたい人は41kgを購入します。

オールインワンなので場所を取らない

収納時はスタンドに置いておくだけ。

通常のダンベルはプレートの数だけ場所をとりますが、ボウフレックスはスタンドに置くだけのコンパクト設計なので、場所を取りません。

ボウフレックスは価格は高いが納得の高品質

ボウフレックスは1個組で35,000円から50,000円程度。

ダンベル1つとしては高めの価格設定だと思う人もいるでしょう。

ですが安全性、握りやすさ、デザイン製、耐久性などを考えると、納得の高品質です。

ダンベルは破損やプレートの外れといった故障が大怪我につながりますから、品質の高いものを使用する方が安心です。

ボウフレックス純正品以外にも「ボウフレックスタイプ」が売られている

 

ボウフレックス純正品以外にも、「ボウフレックスタイプ」のダイヤル式可変ダンベルが販売されています。

ボウフレックスと同等の高品質のものや安全性能の高いもの、握りやすさを追求しているものなどがありますので、ボウフレックスと比較して購入を検討してみるのも良いでしょう。

またボウフレックスと違い、2個組で販売されている場合もあります。ボウフレックスよりも大幅にお得に購入できます。

ボウフレックスタイプの可変ダンベルを購入するときに注意すること

加圧シャツを着た男性ボウフレックスタイプの可変ダンベルを購入するときには、「精度」と「安全性(耐久性)」に注意しましょう。

安すぎるものの中には表示されている重量よりも1〜2kg程度軽い物があります。

より効果的なトレーニングをするためには、重量が正確なダンベルを使うべきですので、精度の低い商品には気をつけましょう。

また、持ったときにプレートが過度にぐらついたり、ダイヤルがゆるかったりという安全性の低いものにも注意が必要です。

安全性や耐久性は事故防止につながりますので、特に注意して起きたいポイントです。

ネットのレビューを確認しよう

口コミを聞く女性

ネット通販サイトなどには購入者のレビューが載っています。

実際に使用している人の生の声ですから、使用感や耐久性、重量の精度などの購入時に参考にしたいポイントを知る貴重な情報源です。

良いレビューだけでなく、悪いレビューも参考にしながら検討しましょう。

ボウフレックスダンベルランキング・15位〜11位

それではボウフレックスタイプのダイヤル式可変ダンベルのおすすめ商品を見ていきましょう。

特にレビューの高いものを厳選しました。

15位:スピー堂 可変式ダンベル 2個セット

スピー堂 可変式ダンベル トレイ付
スピー堂
販売価格 ¥39,000(2018年3月18日16時22分時点の価格)

24kgと40kgの2つがラインナップされている可変式ダンベル。

24kgは最小2.5kgからの15段階、40kgは最小5kgからの17段階に重量を調整することができます。

14位: GOLD AXE アジャスタブルダンベル 24kg 2個セット

GOLD AXE アジャスタブルダンベル 24kg 2個セット
DW
販売価格 ¥25,000(2018年3月18日16時23分時点の価格)

旧バージョンの製品からバージョンアップし、「GOLD AXE」ブランドとして生まれ変わったアジャスタブルダンベルです。

紫色にブランドロゴが映え、ホコリを避けるカバーが付属します。

アイアンプレートの表面にはゴムコーティングがされており、床においても音がしたり傷がついたりということを防げます。

13位:FITNESS PEOPLE ワンタッチ可変式ダンベル 24kg 2個組

FITNESS PEOPLE ワンタッチ可変式ダンベル 24kg 2個組
FITNESS PEOPLE(フィットネスピープル)
販売価格 ¥19,800(2018年3月18日16時23分時点の価格)

2.5kgから24kgまで15段階に調節が可能な可変式ダンベル。

購入しやすい価格、黒メインに赤い差し色の入ったデザインが人気のモデルです。

24kgモデルのほか、41kgモデルも購入できます。

12位:京濤 ワンタッチ可変式ダンベル

京濤 ワンタッチ可変式ダンベル
京濤
販売価格 ¥17,800(2018年3月18日16時24分時点の価格)

ワンタッチで最小5kgから最大40kgまで、17段階の重さ調節が可能です。

異なる部位のトレーニングのときにでもすぐに重さを変えることが出来るため、効率よくトレーニングすることが可能です。

11位:Lysin 可変式ダンベル BELLTORA20 2個セット

Lysin 可変式ダンベル BELLTORA20 2個セット
Lysin(ライシン)
販売価格 ¥19,800(2018年3月18日16時24分時点の価格)

握って回して持ち上げれば好きな重さになっているという可変式ダンベルです。

片手で重さを変えられるという手軽さが特徴です。樹脂でコーティングされているため、落としても床が傷つきにくくなっています。

ボウフレックスダンベルランキング・10位〜4位

ついにトップ10です。数あるボウフレックスダンベルの中でも特に評価の高い商品です。

10位:FIXIT 高速可変式ダンベル FAST SWITCH 20kg

FIXIT 高速可変式ダンベル FAST SWITCH 20kg
FIX IT
販売価格 ¥27,400(2018年3月18日16時25分時点の価格)

グリップを回すだけで瞬時に6段階の重さ調節をすることが出来ます。

グリップも握りやすい35mm幅になっているため、落とす心配も無く安心です。

スウェーデンのNUO社によるデザインなので、スマートなビジュアルが魅力です。

9位:GOLDAXE 可変式ダンベル 2個セット

GOLDAXE 可変式ダンベル
DW
販売価格 ¥24,600(2018年3月18日16時26分時点の価格)

スタイリッシュなスクエア型の可変式ダンベルです。

デザイン性が高いため、部屋のインテリアとしてもうまくなじんでくれます。

重量は片側23kgで、シルバーのカラーリングは見た目だけでなくサビや汚れに強いコーティングが施してあります。

また可変式ダンベルとしては珍しく12kgと6kgの軽量タイプもラインナップされています。

8位:MRG アジャスタブルダンベル セット

MRG アジャスタブルダンベル セット
MRG(エムアールジー)
販売価格 ¥26,880(2018年3月18日16時26分時点の価格)

わずか5秒で好みの重さに調節することが出来るダイヤル式のアジャスタブルダンベル。

2.5〜24kgまでの15段階に調節することが出来ます。便利な2個セットです。

表記がkgなので、ポンドからの換算が不要だというところも高ポイントです。

カラーリングもレッドとイエローの2種類があるので、好きな色を選ぶことが出来ます。365日の長期間保証付き

7位:WILD FIT アジャスタブルダンベル 40kg 2個セット

WILD FIT アジャスタブルダンベル 40kg 2個セット
ワイルドフィット
販売価格 ¥48,000(2018年3月18日16時27分時点の価格)

ダイアル式で重量を15段階に調整できるというのは他のメーカーの商品と同じですが、中に調節用の補強板が入っているため、より高い精度で重量を調節でき、さらに安全に使用することが出来ます。

こちらは40kgの2個セットですが、24kgのセットも販売されていますので、好きな重さを選ぶことが出来ます。

6位:ITPROTECH ダイヤル式可変ダンベル 24kg

ITPROTECH ダイヤル式可変ダンベル 24kg
ITPROTECH
販売価格 ¥16,800(2018年3月18日16時27分時点の価格)

ダイヤル式で、2.5kg〜22.5kgまでの好きな重さに簡単に調節することが出来ます。

グリップ部分は汗で滑りにくい加工がしてあり、プレート部分も汗によってサビにくいように加工してあります。

別売りのダンベルスタンドを使えばすっきりと収納できます。なおこの商品は2個セットではなく単品での販売です。

5位:Hilax 可変式ダンベル 24kg2個セット

Hilax 可変式ダンベル 24kg2個セット
Hilax
販売価格 ¥25,500(2018年3月18日16時28分時点の価格)

重さをダイヤルで15段階に調節出来る可変式ダンベル。

片側24kgもあるため、通常のトレーニングであれば重さがりなくて困るということはないでしょう。

ボウフレックス製に比べると価格が抑えめで購入しやすいというポイントも良いです。

4位:FLEXBELL 可変式ダンベル 2個セット

FLEXBELL 可変式ダンベル 2個セット
FlexBell
販売価格 ¥59,800(2018年3月18日16時30分時点の価格)

両端にダイヤルがあるタイプではなく、持ち手をつかんで回すことで希望の重量に変えられるタイプの可変式ダンベル。

デザインに定評のあるスウェーデンのメーカーが製造しているので、部屋に置いておいてもインテリアになじみます。

片側20kgと32kgの2種類があり、別売りの専用スタンドを使うとさらにスタイリッシュになります。

ボウフレックスダンベルランキング・トップ3!

ボウフレックスダンベルの中でも特に人気の高い3点です。

本家・ボウフレックスももちろん入っていますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

3位:Bowflex アジャスタブルダンベル 24kg

Bowflex アジャスタブルダンベル 24kg
Bowflex(ボウフレックス)
販売価格 ¥34,990(2018年3月18日16時29分時点の価格)

本家本元の「ボウフレックス」の製品が3位にランクイン。

ボウフレックスに似た安価な製品は多いですが、やはりボウフレックス純正品にこだわりたい人は多いものです。

片側2kgから24kgまで15段階調節が可能。コンパクトなので置き場所にも困りません。

アメリカで圧倒的な支持を受けているというのは伊達ではありません。

2位:ダイヤル式 アジャスタブルダンベル 24kg×2個セット

ダイヤル式 アジャスタブルダンベル 24kg×2個セット
不明
販売価格 ¥39,699(2018年3月18日16時29分時点の価格)

ダイヤル式で重量を5kgから24kgまで15段階に調整できるアジャスタブルダンベルです。

わずか5秒で重量の切り替えが可能なので、トレーニングのメニューをスムーズにこなすことが出来ます。

プレートは樹脂でコーティングされているので、下においたときにも傷がつきにくいです。

1位:NIHOLI 40kg可変ダンベル 2個セット

NIHOLI 40kg可変ダンベル 2個セット
大和実業株式会社
販売価格 ¥35,800(2018年3月18日16時29分時点の価格)

ダイヤル式のワンタッチで重量を変えられるダンベル2個セット。

片側が最大40kgまで調節出来るため、本格的なトレーニングにも使用できます。

価格もボウフレックスよりも安く、それでいて耐久性や使用感も良いという一品です。

片側24kg×2個セットというモデルも販売されています。

まとめ

強い筋肉女性

ワンタッチで重さを変えることが出来るボウフレックスダンベルは非常に便利です。

一つあるだけでさまざまな部位のトレーニングに使用でき、コンパクトなので収納場所に困ることもありません。

ランキングを参考に、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ホイッスルとコンパスとマップ
  12. ランニングする男性
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ゴルフスイング
  18. ランナーの足
  19. 海岸でストレッチする女性
  20. ストレッチする女性
  21. ランニングする男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP