自転車用ヘルメットおすすめ人気ランキング20選!見た目がおしゃれなものから高性能なものまで!

 

何年も前から熱が冷めることがない自転車ブーム。ロードバイクで通勤する人もいれば、休日に遠方までサイクリングに行く人も少なくありません。

さらに最近では、散歩感覚で自転車に乗る「ポタリング」も人気を集めています。

そんな楽しいことづくめの自転車だからこそ、安全にもしっかり配慮したいもの。

そこで今回は、デザインも機能性も優れていると評判の自転車用ヘルメットをピックアップ。おすすめをランキング形式で紹介します。

そもそも自転車用ヘルメットの着用は義務なの?

トライアスロンの自転車レース

13歳未満の子供の場合、全国で自転車用ヘルメットの着用が法律で義務づけられています。

一方で大人の場合は、走行する場所によって条例でヘルメット着用が義務づけられることがあります。

東京都の場合、2017年2月から施行された「改正自転車安全利用条例」の「自転車利用者等の責務」で自転車用ヘルメットの着用が義務づけられました。

埼玉県は「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例第9条の2」で高齢者が自転車に乗るときはヘルメット着用を勧めることが義務づけられています。

このように自転車ヘルメットの着用義務が全国に広がっている理由は、自転車事故の5割以上が頭部の負傷よるものだということにあります。

ヘルメットを着用するかどうかは、自分の命を守ることに大きくかかわるのです。

自転車用ヘルメットの選び方 4つのポイント

閃き

自分に合った自転車用ヘルメットを選ぶには、どういった点に気をつければいいのでしょうか?ここでは4つのポイントを解説します。

ジャパンフィット・アジアンフィットである

アジア人と欧米人では頭の形が少し違うことをご存知でしょうか?

アジア人の頭は丸みを帯びて横にも幅があるのに対し、欧米人の頭は縦長で横幅が狭いです。

そのため、欧米人向けのヘルメットだと、形が合わない可能性があります。

できるだけジャパンフィット、アジアンフィットと書かれている商品を選ぶようにしましょう。

頭のサイズに合っている

ヘルメットのサイズが合っていなければ、頭をきちんと守れません。サイズが合っているかどうかは、以下の点をチェックすると分かりやすいですよ。

  • 頭を振ってもヘルメットがぐらつかない
  • 小さすぎて窮屈と感じない
  • 頭頂部が完全にカバーできている

自分に合ったサイズを見るけるためには、試着してから買うのが理想的です。

軽量で長時間かぶっても不快感がない

トライアスロン自転車

いくらサイズが合っていて機能性が優れていても、不快感があっては長時間着用することはできません。

帽子をかぶっているときのように、ヘルメットをかぶっていても頭に違和感がないものを選びましょう。

特に軽量タイプは違和感が少ないので、長時間の着用におすすめです。

目立つカラーリングである

色でヘルメット選びに迷ったら、できるだけ目立つカラーリングのものを選ぶようにしましょう。

暗い道を走っていても車からも見えやすくなるので、事故の防止につながります。

日本人の頭におすすめ!自転車用ヘルメットのメーカー

ポイント

自転車用ヘルメットを販売するメーカーは、国内外を問わずたくさんあります。

その中でも日本人の頭に合うヘルメットを多く販売しているメーカーを3つ紹介します。

OGK KABUTO(オージーケー カブト)

オージーケー カブトは、日本の自転車用ヘルメットを作るメーカーです。当然ながら形はジャパンフィット。

自転車初心者から上級者まで愛されるメーカーなので、迷ったらまずはこのメーカーの商品を選ぶというのもひとつの手です。

KARMOR(カーマー)

カーマーは韓国にあるメーカーです。韓国のメーカーということもあり、こちらはアジア人の頭にフィットするヘルメットを設計しているのが特徴。

ヘルメットを開発する際に集めた頭のサンプルのうち、約半数は日本人のものだったので、日本人の頭にもしっかりフィットすることが期待できます。

GIRO(ジロ)

ジロはアメリカにあるメーカーです。ファッション性に優れており、多くの自転車ファンに支持されています。

最近では日本人の頭にもフィットするモデルも作っているので、欧米ブランドの中では特におすすめです。

自転車用ヘルメットおすすめ人気ランキング20選!

ジムのインストラクター

では、いよいよ自転車ヘルメットのおすすめランキングを発表します。

デザインや機能性から自分好みのものを見つけましょう。まずは20位から発表します。

20位:DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) DH005ヘルメット

高いクッション性で走行中の衝撃から頭部を守る

20位は、日本の自転車関連商材総合ブランドである「ドッペルギャンガー」によるヘルメットです。

日本ブランドなので、もちろんジャパンフィット。フィット感を高めるインモールド形成のほか、58~62cmまで幅広くサイズ調整できるアジャスター付き。

クッション性がインナーパット内装で、走行中の衝撃を和らげます。重量は252gです。

19位:OGK KABUTO(オージーケーカブト)MOSTRO-R ヘルメット

オージーケーカブトが軽量にこだわったモデル

19位はおすすめメーカーのひとつ、オージーケーカブトによる「MOSTRO-R」シリーズです。

オージーケーカブトの中でも軽量化にこだわった商品で、重量はS~Mサイズが205g、Lサイズは215gとなります。

防寒性を高める独自の「Winterインナーパッド」つきなので、寒い日の走行にもおすすめです。また、JCF(自転車競技連盟)公認モデルとなります。

18位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FM-8

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FM-8 パールホワイト サイズ:M/L
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
定価 ¥9,180(2018年3月21日16時11分時点の価格)

シーンを選ばない定番モデル

18位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「FM-8」です。

エアー導入をサポートするインナーパットがセットされているので通気性抜群。

フロントバイザーは取り外しができるので、通勤からちょっとしたポタリングまであらゆるシーンに着用できます。

サイクルスポーツの安全を推奨する「JCF推奨ヘルメット」です。重量は280gとなります。

17位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REGAS-2

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REGAS-2 マットブラックレッド M/L (頭囲 57cm~60cm未満)
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
定価 ¥14,580(2018年3月21日16時21分時点の価格)
売上げランキング: 86369

女性にもおすすめの細身・軽量設定

17位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「REGAS-2」です。通気性を良くするインナーパットは5mmと7mmの2種類を用意

細身で流線型のシルエットなので、自転車用ヘルメットの使用者がよく口にする「頭の形がきのこみたいになる」といった問題が起こりません。

また、ヘルメットのずれを防ぐ「クロニウムロック8」つきで、フィット感に優れています。重量は225gです。

16位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメットKOOFU BC-GLOSBE

カジュアルなデザインが人気

16位は、オージーケーカブトのブランドのひとつ「KOOFU」によるヘルメットです。

やや丸みを帯びたカジュアルなデザインで、通勤やポタリングにぴったり。カラーバリエーションが全8種類と豊富なのも人気の理由です。

サイズがSとMから選べます。

15位:FEYCH クールスタイル自転車用 ヘルメット

コストパフォーマンスに優れたヘルメット

15位は、コスパに優れているこちらの自転車ヘルメットです。流線型のスタイリッシュなシルエットとインパクトあるカラーリングが人気。

ヘルメットには空気孔があり、熱をこもらせないようにすることでムレを防ぎます。重量は240gです。

14位:O-cle(オークル)軽量ジャパンフィット自転車ヘルメット

サイズバリエーション豊富なヘルメット

14位は、オークルの自転車用ヘルメットです。

サイズがS~M(54~58cm)とL~XL(58~62cm) とバリエーション豊富なので、自分に合ったサイズを見つけやすいのが特徴。

内装のスポンジやバイザーは取り外し可能。ヨーロッパの自転車安全基準であるCEマークに準拠しています。重量は230gです。

13位:Bern(バーン) WATTS 自転車用ヘルメット JAPANFIT

bern(バーン) WATTS(ワッツ)モデル Matte Blackカラー XXLサイズ(60.5cm-62cm)
bern(バーン)
定価 ¥10,584(2018年3月21日16時13分時点の価格)

アメリカンテイストのデザインをジャパンフィットで

13位は、アメリカのメーカーであるバーンのヘルメットシリーズ「WATTS」です。「HARD HAT」という独自の構造でフィット感を高めています。

また、ヘルメット内部をドライに保つためのインナーも装備。季節を問わず快適に使用できます。

海外メーカーらしいファッショナブルなデザインのヘルメットをジャパンフィットで作り上げている点も、人気の理由です。重量は494gとなります。

12位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) LEFF

虫の侵入防止にもこだわりハードなシーンでも活躍

12位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「LEFF」です。

フィット感を高める独自の「Anti-Insectネット」は、虫の侵入防止にも効果的。

そのため、街中を走るときだけでなく、山道のようなハードなシーンにもおすすめです。

JCF推奨ヘルメットで、サイズと重量はM~L(270g)とXL~XXL(320g)から選べます。

11位:KARMOR(カーマー) ASMA2ヘルメット

3段階の高さ調整でフィット感を高める

11位は、カーマーのサイクリングヘルメットシリーズ「ASMA2」です。

流線型のスマートなフォルムが特徴的で、ヘルメットをかぶっても頭がきのこのような形になる心配がありません。

さらにフィット感を高めるために「リアホールドシステム」を採用。これで3段階の高さ調整ができます。JCF推奨ヘルメットです。

10位:OYISIYI 自転車 ヘルメット

広範囲調整が可能で老若男女問わず人気

10位は、紹介するヘルメットの中でも特にリーズナブルなこちらの自転車用ヘルメットです。

低価格ではあるものの安全性にもしっかり配慮されており、素材には衝撃吸収に優れたEPS発泡材を採用。

また、内部のフィッティングパーツを着脱すれば、広範囲にわたってサイズ感を調整することができます。

そのため、年齢や性別を問わず多くの人に使いやすいヘルメットです。

9位:GSH-JP 自転車ヘルメット

触り心地抜群な素材で使用感を高めたヘルメット

9位は、GSH-JPによる自転車ヘルメットです。素材に触り心地が良いEPSフォームとPC(ポリカーボネート)を採用しているので、使用感に優れています。

また、22個の通気孔があるので通気性も抜群です。内部には衝撃から頭を守る衝撃吸収ライナーを内装。重量は230gです。

8位:ALPINA(アルピナ) TOUR12

ALPINA(アルピナ) [TOUR12] ツアー12 58~62cm CE/EN1078適合 ホワイト/グレー
Alpina Sports
定価 ¥6,264(2018年3月21日16時16分時点の価格)

ドイツブランドのスタイリッシュな一品

8位は、ドイツにあるヘルメットメーカー・アルピナによる自転車用ヘルメットです。

流線型のシルエットなので、かぶっても頭の形がきのこみたいになりません。

また、サイズが58~62cmと幅広く調整可能なので、多くの人に合わせやすい商品となっています。重量は290gです。

7位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA M/L (頭囲 57cm~60cm)
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
定価 ¥9,396(2018年3月21日16時16分時点の価格)

機能性とカジュアルデザインを両立

7位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「REZZA」です。

上下3段階の調整ができる「XF-6アジャスター」のほか、フィット感を高めて虫の侵入を防ぐ「Anti-Insectネット」も採用。

さらにフロントバイザーの取り外し可能と機能性に優れた本格派ですが、カジュアルなデザインなので、通勤などにも手軽に使えます。

JCF推奨ヘルメット」です。

6位:VICTGOAL 自転車用ヘルメット

ゴーグル付き自転車用ヘルメット

6位は、強い磁気ゴーグルがついているVICTGOALの自転車用ヘルメットです。

強力な紫外線の下で走行しても目に負担がかからないので、ハードなシーンにもおすすめです。

さらに通気性を高めるため、空気力学に基づいた28つの通気孔つき。また、外部からの衝撃を和らげるソフトパットも内装されています。

本格的なサイクリングをしたい人には特におすすめのヘルメットです。

5位:GIRO(ジロ) Aspect Helmet

人気メーカー・ジロの日本人向き商品

5位は、ジロの「Aspect」シリーズです。

海外メーカーで欧米人向きのヘルメットを数多く手がけるジロですが、こちらのシリーズは日本人の頭にもフィットすると人気を集めています。

設計には通気性と安全性を両立させた「Roc Loc Airフィットシステム」を採用。カジュアルなデザインなので、あらゆるシーンに向いています。

4位:GVR G-307V サイクルヘルメット

JCF公認のシールド付きヘルメット

4位は、JFC公認のレースにも使用できる本格的な自転車用ヘルメットです。

目を保護するためのクリアシールド付き。マグネットで取り外し可能なので、手軽に使用できます。

内装パッドには抗菌技術に優れたアメリカのMicroban社のものを使用。ハードなシーンに使ってもにおいやムレが気になりません。

サイズ調整は水平・垂直両面からできます。

3位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット ヘルメット AERO-R1

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット AERO-R1 パールホワイトレッド-3 L/XL (頭囲 59cm~61cm)
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
定価 ¥20,520(2018年3月21日16時19分時点の価格)

エア導入と3年消臭で長く快適に使う

3位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「AERO-R1」です。

エア導入を高め、通気性を良くした「NIP ノーマルインナーパッド」を採用。

さらに独自の消臭方法を採用した「MOFF」という素材を使用しているので、3年間消臭効果が持続します。

サイズと重量はS~M(205g)とL~XL(235g)から選べるほか、今後はXS~Sサイズも追加予定です。レースにも使えるJCF公認モデルとなります。

2位:C001自転車容量マウンテンバイクヘルメット

軽量素材を使ったリーズナブルなヘルメット

2位は軽量素材を使った自転車用ヘルメットとして人気の、「Pbca C001自転車容量マウンテンバイクヘルメット」です。

使用感を高めるまめ、取り外し可能なバイザーと汗を吸収するパットを装備。帽子をかぶっているときのように、違和感なく長時間着用できます。

1位:OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FIGO

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FIGO パールホワイト M/L (頭囲 57cm~60cm未満)
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
定価 ¥7,344(2018年3月21日16時6分時点の価格)

初心者にも人気のオージーケーカブトシリーズ

栄えある1位は、オージーケーカブトのサイクリングヘルメットシリーズ「FIGO」です。

FIGOは機能性をシンプルにした分リーズナブルなので、初心者には特に人気。初めてのヘルメット選びで迷ったらこれを選ぶのがおすすめです。

フィット感を高める「Anti-Insectネット」とヘルメットのずれを防ぐ「クロニウムロック8」つき。

重量は260gで、レースにも使えるJCF公認ヘルメットです。

ヘルメットで自転車ライフをより楽しく安全に

閃き

以上、自転車用ヘルメットの人気ランキングでした。デザインと機能性にこだわってヘルメットを選べば、自転車ライフがより楽しく安全になります。

使用感が気になる場合は、お店に行って実際に手に取ってみるのがおすすめです。

また、有名なメーカー以外にも良質なヘルメットを販売しているところはたくさんあるので、ぜひ口コミもチェックしてみましょう。

さっそくあなたに合ったヘルメットを探してみてくださいね。

       

関連記事

  1. パワー ラックおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方で効果最大化!おすすめブランドは?

  2. ランジをするボディビルダー

    スクワットの効果がすごい!正しい方法で短期間で効果を上げる!

  3. 上腕三頭筋の最強トレーニングで丸太のような太い腕を実現!

  4. 野球の試合

    ピーキングとは?試合前のトレーニング練習が大事!?筋トレ方法解説

  5. 筋トレをする人々

    筋トレグッズ紹介!自宅でできるおすすめトレーニング器具とその効果とは?

  6. 中華料理、蒸し地鶏、ねぎソースかけ

    【筋トレ】コンビニで買える高タンパク低カロリー食材ランキング!

  7. バランスボールで腕立て伏せ

    バランスボールを使った筋力トレーニングについて

  8. ダンベルでポーズをとるボディビルダー

    自宅で出来る腹斜筋のトレーニング方法とは?

  9. 腹筋の鍛えられた男性

    パワーブロックダンベルおすすめ人気ランキング10選!使い方も合わせてご紹介!

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. close up picture of woman trained abs
  3. スピードスケートをする男性
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. 火災熱い組合せの野球
  8. 赤い腹筋ローラー
  9. 床に斜め crunches スポーティな男
  10. 卓球選手
  11. 筋肉質な足
  12. 女性のヒップ
  13. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  14. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  15. アンクルウエイト
  16. 腹筋の綺麗な男性
  17. バドミントンプレイヤー
  18. むきむきな男性
  19. ジムでベンチプレス運動時男
  20. 腹筋の鍛えられた女性
  21. 卓球選手
  22. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  23. バスケの試合
  24. 足首を気遣うランナーの写真
  25. 軽いダンベル

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. 卓球ユニフォームおすすめ人気ランキング20選!【バタフライ、レディースなど】
  2. テーピングおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!巻き方と種類、効果についてご説…
  3. ハンドグリップおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!その効果と使い方をご紹介!…
  4. 最新ハイテク万歩計おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!万歩計の全てを教えます…
  5. ウォーターダンベルおすすめ人気ランキング15選!メリットと効果も合わせてご紹介!…
  6. 腹筋をする女性 シットアップベンチおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方もご紹介!
  7. ナイトブラおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!育乳や美胸効果アリの絶対に買う…
  8. レジスタンスバンドおすすめ人気ランキング15選!正しい使い方で効果を最大化!
  9. 【サイクリング】サングラスおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!正しい選び方で…
  10. ケトルベルおすすめ人気ランキング20選!トレーニング方法から選び方まで徹底紹介!…

カテゴリー

PAGE TOP