フィットネスジムの女性

バランスボールおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方で効果最大化!

 

バランスボールの基本的な使い方を知ろう!

フィット ボール腹部バランス クランチ フィットネス ジムでスイスの球の人

バランスボールは家庭でも手軽に使えるフィットネス器具として有名ですが、その効果を十分に活かせていない人がいることも確かです。

そこで、今回はバランスボールの基本的な使い方を紹介し、そのあと人気のバランスボールを紹介していきます。

座る

バランスボールの基本的な使い方は「座る」ということです。

「座るだけ?」と拍子抜けしてしまった人もいるかもしれませんが、実は慣れるまでは難しい運動です。

ボールは転がってしまうため、前後・左右にぶれないようにまっすぐ座ってキープするのはなかなか難しいため、それだけでもかなりの筋肉を使います。

最初は座ることもできない、という人もいますので頑張って座ってみてください。

仕事中や家でのパソコン作業中に椅子の代わりにバランスボールを使うというのも良い方法です。

足を上げて座る

普通に座れるようになったという人は、次の段階に進みましょう。

座った状態で足を上げ、お尻と上半身だけでバランスを取れるようになれば、バランスボールの基本の使い方はマスターしたことになります。

転がす

仰向けに寝転んだ状態で、足の裏でバランスボールを転がすと下半身のエクササイズになります。

また、背中と壁でボールを挟んでスクワットを行ってボールを上下に転がすのも下半身のエクササイズになります。

体幹トレーニングに使える

バランスボールに座った状態で前後・左右にボールを転がしたり、回転させるように動かすとインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

うつ伏せになってボールにのり、両手両足を浮かせたり、右手と左足(または逆)を上げたりすると腹筋・背筋やインナーマッスルの強化になります。

バランスボールに手をついて腕立て伏せを行うというのも効果倍増です。

バランスボールの効果を知ろう

ウエストをチェックする女性

バランスボールには様々な効果があります。

ただのボールと侮るなかれ!バランスボールの効果を知り、健康維持に役立てましょう。

バランス感覚を養う

「バランスボール」という名の通り、バランスボールに乗ることでバランス感覚を養います。

スポーツをするときにはもちろん、日常生活においてもバランス感覚をつけておくことは大切です。

体幹を鍛えインナーマッスル強化

バランスボールに乗ってバランスをとっているときは、普段使わないような筋肉を使います。

バランスボールに乗るだけで翌日筋肉痛になった、という人もいるくらいです。

地面につけている足の筋肉はもちろん、腰回りや背筋、腹筋なども使います。

体の内側の筋肉である「インナーマッスル」も使うことができ、体幹を鍛えることができます。

ダイエット効果を高める

バランスボールそのものにはダイエット効果はありません。

脂肪燃焼を促すには合計20分以上の有酸素運動が必要ですから、バランスボールでそこまでの運動量はないからです。

ですがバランスボールに乗ることでインナーマッスルや普段使わない筋肉をつけることで、基礎代謝量がアップします。

基礎代謝とは日常生活を送るだけで燃焼されるエネルギーのことで、筋肉量が多いほど基礎代謝量もアップします。

基礎代謝量が増えるということは、エネルギーが燃焼されやすい、つまり「痩せやすい体になる」ということになります。

ダイエット時にも脂肪が燃焼されやすく、ダイエット効果が高くなります。

姿勢が良くなる

バランスボールに乗っているときに姿勢が悪いと、上手くバランスを取ることが出来ません。

そのため、バランスボールに乗ることで姿勢が良くなります

良い姿勢を保とうとする筋肉が鍛えられるため、乗っていないときでも良い姿勢を保つのにつながります。

血行改善&内臓の働きを促進

筋肉量が増えると血行が改善されます。

そのため、むくみの解消・冷え性の改善につながります。

血行が良くなり、姿勢も正しくなると内臓の働きも促進されます。

様々なエクササイズに使える!

バランスボールは乗り方にもさまざまな方法がありますし、バランスボールを使用したエクササイズはいろいろな方法があります。

特定の筋肉に焦点を当てたエクササイズも出来ますので、トレーニング器具としては非常に万能です。

体に合ったバランスボールの選び方

白いボール

バランスボールには55cm・65cm・75cmのものがあります。

身長によって大きさを選ぶと良いでしょう。

一般的には以下のような基準で選びますが、使いやすさによって変えても良いでしょう。

  • 55cm:身長160cm未満
  • 65cm:身長160cmから175cm
  • 75cm:身長170cm以上

バランスボールおすすめランキング・20位〜11位

バランスボールエクササイズをする若者たち20位:Relefree フィットネスボール ストレッチバンドつき

Relefree フィットネスボール
Relefree
販売価格 ¥1,877(2018年3月22日14時55分時点の価格)

バランスボールだけでなく、ストレッチバンドがついていますので、多彩な運動やストレッチを行うことが出来ます。

65cmと75cmの2サイズ展開です。

19位:DANNO バランスボール

ダンノ バランスボール
ダンノ(DANNO)
販売価格 ¥964(2018年3月22日14時54分時点の価格)

ボールの下部に突起がついているため、転がりにくくなっています。

座ったときにもしっかり安定するのが特徴です。

55cm、65cm、75cmの中から自分の身長に合わせて選ぶことができます。

18位:Trideer バランスボール

Trideer バランスボールセット
Trideer
販売価格 ¥2,780(2018年3月22日14時53分時点の価格)

バランスボール&ストッパーリングと、バランスボール&ストッパーリング&フィットネスチューブのどちらかのセットから選ぶことが出来ます。

しっかりした作りのバランスボールです。

17位:Coolwoo バランスボール

Coolwoo バランスボール
Coolwoo
販売価格 ¥1,350(2018年3月22日14時53分時点の価格)

ポンプ付属、耐荷重300kg、アンチバースト仕様などのほか、環境にも人体にもやさしい「無害」「無毒」の素材を使っているため、お子さんが舐めてしまっても大丈夫です。

16位:東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった バランスボール

フィットネスクラブが作ったバランスボールです。

エクササイズのやり方が映像でわかるDVDやボールホルダーも付属しています。

もちろん破裂しにくいアンチバースト機能も備わっています。

15位:Yoga Design Lab バランスボール

Yoga Design Lab バランスボール
Yoga Design Lab
販売価格 ¥2,700(2018年3月22日14時52分時点の価格)

凹凸のある下半分と、凹凸のない上半分が特徴的なデザインのバランスボールです。

上下はもちろんひっくり返して使うことも出来ます。上に座ったときの安定感も高評価。

滑りにくく運動時にも安心して使えます。

14位:Routesun バランスボール

Routesun バランスボール
Willtop
販売価格 ¥1,655(2018年3月22日14時51分時点の価格)

車に踏まれてもパンクしない耐荷重性を持っているバランスボールです。

カラーリングも豊富で、グレー、ピンク、ブルー、パープルの4色から好きなものを選べます。

13位:WECAMTURE バランスボール

WECAMTURE バランスボール
Wecamture
販売価格 ¥1,990(2018年3月22日14時48分時点の価格)

高い耐荷重性、アンチバースト機能や滑り止めなど、基本的な部分をしっかり兼ね備えたバランスボールです。

座ったときの安定性や生地の厚さなども評判が高いです。

12位:Patech バランスボール トレーニングチューブ付

Patech バランスボール
Patech
販売価格 ¥2,000(2018年3月22日14時47分時点の価格)

プロ仕様のバランスボールにトレーニングチューブがつきました。

ボールが転がらないように固定できるボールホルダーも付属しているため、ボールにのったままチューブで腕などのトレーニングができます。

11位:WinLine バランスボール

WinLine バランスボール
WinLine
販売価格 ¥1,099(2018年3月22日14時48分時点の価格)

通常の2倍の厚さのゴムを使用しているため破裂しにくく、アンチバースト仕様なので破損したときにも徐々に空気が抜けていきます。

ゴム臭もほとんどしないと評判のバランスボールです。

バランスボールおすすめランキング・10位〜4位

バランスボールエクササイズ

10位:Fay TOP バランスボール

Fay TOP バランスボール
FayTOP
販売価格 ¥2,499(2018年3月22日14時45分時点の価格)

300kgの耐荷重性と滑り止め加工、アンチバースト加工がしてあるため、不安なくエクササイズができる商品です。

エクササイズ方法のわかるポスターやポンプも付属しているため、届いたらすぐに効果的なエクササイズをすることができます。

9位:maisum バランスボール

maisum バランスボール
maisum
販売価格 ¥1,380(2018年3月22日14時45分時点の価格)

バランスボールを始めとしたフィットネスグッズは黒・グレー・青・赤・ピンクなど、ワンパターンな色使いでした。

このバランスボールは柔らかいパステルピンクのカラーリング

かわいい色合いが人気の商品です。アンチバーストや滑り止め加工もしてある本格派です。

8位:CPOKOH バランスボール

CPOKOH バランスボール
CPOKOH
販売価格 ¥1,530(2018年3月22日14時44分時点の価格)

55〜75cmまでの3サイズから選んで購入することができるバランスボールです。

最高級レベルのPVC素材を使い、アンチバースト、滑り止め、有害物質不使用なので信頼性も抜群です。

7位:Keynis バランスボール

Keynis バランスボール
Keynis
販売価格 ¥1,299(2018年3月22日14時44分時点の価格)

わずか1kgという軽量さですが、250kgもの荷重に耐えることが出来ます。

滑りにくいため運動時も安全です。フットポンプももちろん付属しています。

6位:POVUMGA バランスボール

POVUMGA バランスボール
POVUMGA
販売価格 ¥2,199(2018年3月22日14時43分時点の価格)

55cm・65cm・75cmの3種類から選ぶことができるバランスボールです。

ポンプが付属しており、女性の手でもわずか8分で使えるようになります。

破裂を防ぐアンチバースト機能はもちろんのこと、耐荷重は業界トップクラスの400kg!毎日使っても安心です。

5位:ZOHUMI バランスボール 55cm

ZOHUMI バランスボール 55cm
ZOHUMI
販売価格 ¥1,799(2018年3月22日14時43分時点の価格)

直径55cmのバランスボールと25cmのピラティスボールがセットになっています。

厚さ2mmのPCV素材とアンチバースト機能、150kgの耐荷重性で安全性も確保されています。

工場出荷前に破損の有無をしっかりチェックされているので信頼性も高いです。

4位:WIKOOL バランスボール

WIKOOL バランスボール 65cm
WIKOOL
販売価格 ¥1,699(2018年3月22日14時42分時点の価格)

驚きの300kgという耐荷重性とアンチバースト機能とポンプが付属しているため、安全にかつ簡単に使用できます。

サイズも55cm・65cm・75cmから選ぶことができるため、身長・体重問わずエクササイズを楽しめます。

バランスボールおすすめランキング・ベスト3

ヨガマットとバランスボール

3位: moonwind バランスボール 65cm

moonwind バランスボール 65cm
moonwind
販売価格 ¥1,280(2018年3月22日14時42分時点の価格)

すべり止め効果のある「水波紋」のデザイン、2mmの暑さの素材、破裂を防ぐアンチバースト機能を備えたバランスボール。

安全性はピカイチです。

耐荷重性も280kgと、大抵のことでは破損しないため、安心して使用できます。

2位:Blessed family バランスボール 65cm

Blessed family バランスボール
XUANMAO YUJIADIAN
販売価格 ¥1,280(2018年3月22日14時41分時点の価格)

160〜170cmの人に最適な直径65cmサイズ。

フットポンプが付属しているため、ポンプを買う必要はありません。

簡単に全身のエクササイズができ、価格もお手頃なのが魅力です。

耐荷重も安心の250kg。

1位:バランスワン フィットネスチェア(ワブリー)(GREEN)

バランスワン フィットネスチェア(ワブリー)(GREEN)
Balance1
販売価格 ¥12,960(2018年12月17日18時6分時点の価格)

バランスボールではないのですが、バランスボールと同様のトレーニングを行うことができるバランスワンのフィットネスチェア(ワブリー)が第1位となりました。

サイズも大きく、安定性が乏しい球体のバランスボールと比較して、フィットネスチェアだと安定しているので倒れる心配が無く、トレーニングをしない時は椅子としても使用可能です。

1位商品のバランスワン フィットネスチェア(ワブリー)を編集部で使用してみました

フィットネスチェア

本記事で第1位になってバランスワンのフィットネスチェア(ワブリー)を編集部で使用してみました。

【体験レポ】バランスワンの新商品・フィットネスチェア(ワブリー)を使ってみた!使用方法や効果的なトレーニング方法も解説!

ドーム型になっている面を下に向けてバランスボールと同じように体幹トレーニングができます。底を逆にしたり横に倒して使用することで、ストレッチやヨガにも使用することが可能です。

バランスボールの購入する前に一度検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

バランスボールは価格もそれほど高くないため、かんたんに導入出来使い方も簡単です。

それでいて使用法のバリエーションも多いので、トレーニング用だけでなく日常生活に自然に組み込むことができます。

自分の身長に合わせたサイズ付属品や安全性などをチェックして選びましょう。

どのバランスボールが良いか、なかなか選べないという場合には、ぜひこのランキングを参考にしてみてください。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. スケートボード
  10. ボルダリング 女性
  11. 鍛えた身体
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 落ち込むスケートボーダー
  19. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP