ランニングマシンおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方で効果が全然違います!

 

ランニングマシンの正しい使い方をチェック!

スポーツジム

ランニングマシンは雨や風、気温といった天候や地面の凹凸の影響を受けずにランニングをすることができる、便利なトレーニングマシンです。

正しい使い方をすることでさらに効果が上がるため、しっかりと使い方をチェックしましょう。

ランニングマシンを使う時間

ランニングは有酸素運動です。

ダイエットしたいという場合には、脂肪の燃焼のために20分以上の有酸素運動が必要です。

そのため、20分以上は継続するようにしましょう。

あまり長時間走ると疲労が貯まって抜けにくくなるため、最大40分程度を目安にしましょう。

ランニングマシンを使う頻度

毎日継続すると疲労が蓄積し、怪我につながりますので、ランニングは2,3日おきに行うとよいでしょう。

使い始めはゆっくりとウォーミングアップ

走り初めからいきなりフルパワーで走ると、筋肉が温まっていないため怪我のもとです。

使い始めは必ずウォーミングアップをしましょう。

ストレッチで体をほぐしたあと、早歩きくらいの早さで5分程度歩いて体を温めます。

体が温まったところから少しずつスピードをアップさせましょう。

最適なスピードを知ろう

自分にとって最適なスピードやペースを知るときには、心拍数を目安にしましょう。

初心者であれば、最大心拍数(220−年齢)の60%程度が目標です。

30歳の人なら114、40歳の人なら108が最大心拍数のおよそ60%にあたります。

慣れてきたら最大心拍数の70〜75%程度まで上げてもよいでしょう。

80%を超えると過負荷になるため危険です。

もっと正確な目標心拍数をりたい人は、以下の式で求められます。
目標心拍数=運動強度×(最大心拍数-安静時心拍数)+安静時心拍数
※ランニングの運動強度は0.6、最大心拍数は前述の「220-年齢」です。

傾斜角度を調整しよう

ランニングマシンの中には、傾斜角度を調整できるものがあります。

1〜2%程度の傾斜をつけると、屋外で空気抵抗を受けながら走るのと同じくらいの負荷になります。

傾斜角は最大でも5%程度にしましょう。

それより大きな傾斜にすると負荷が高すぎて怪我につながる恐れがあるため、気をつけてください。

フォームをしっかりと

ランニングマシンであってもフォームをしっかりすることが大切です。

ランニングマシンは地面よりも柔らかく、より少ない力でも走れてしまいます。

そのため背筋を伸ばし、をしっかり振り、しっかり地面を蹴るように走るようにしましょう。

前傾姿勢になりすぎるとひざやに負担がかかったり、屋外で走るときにもフォームが崩れがちになったりします。

最後にクールダウン

ランニングで心拍数が上がった状態から急に運動をストップすると、心臓に負担がかかってしまいます。

そのため、クールダウンを必ず行いましょう

クールダウンは心臓への負担を減らすだけでなく、筋肉に疲労がたまりにくくなるという効果もあります。

ランニングマシンには「クールダウンモード」が設定されているものがあるので、ぜひ活用してください。

クールダウンモードが無い場合には早歩き程度のスピードから徐々にスピードを落とし、歩く程度の早さになるようにしましょう。

クールダウンの時間は10分程度です。

ランニングマシンでやってはいけない使い方

ウォーキングマシンをする女性たち

ランニングマシンを使うときにやってはいけない使い方もチェックしておきましょう。

傾斜をつけすぎる

通常、ランニングマシンの最大傾斜角度は7%程度のものが多いですが、中には15%〜30%の傾斜をつけられるものがあります。

特に初心者はあまり急角度の傾斜をつけないようにしましょう。

傾斜角は5%を超えるとかなりの負荷を感じます。

ドスンと着地する

ドスンドスンと着地するのは良くない走り方です。

ランニングマシンには衝撃吸収機能がついているものが多いため関節への負担は地上より少ないですが、その走り方が癖になってしまいます。

地上で走るのと同じように、滑らかに着地できるようにしましょう。

ランニングマシンの選び方

若い女とジムの運動で男。マシン上で実行します。

ランニングマシンにはさまざまな大きさや価格帯のものがあります。

自分に合ったランニングマシンを選ぶポイントをまとめておきましょう。

ベルトの長さと幅をチェック

ベルトの長さは「身長×0.65+10cm」を目安にし、40cm以上の幅のあるものを選びましょう。

体が大きい人はもう少し幅のあるものがおすすめです。

最高速度をチェック

自分の用途や目的に合わせて、最高速度と連続走行時間をチェックしましょう。

ジョギング程度であれば時速10〜12km、本格的にしっかり走り込みたい場合は時速15km以上が目安です。

それほど大きな価格差がない場合は時速15kmに対応しているモデルを買った方が良いでしょう。

連続走行時間をチェック

連続走行時間はダイエット目的の場合は20〜30分は必要です。

少なくとも30分以上のモデルが大切ですが、60分走れるものを選べば問題ありません。

それ以外のチェックポイント

傾斜角度を変えられるものを選び、角度調整が手動か自動かを確認しましょう。

また、折りたためるかどうかもチェックしたいポイントです。

おすすめランキング・20位〜11位

20位:Horizon トレッドミル Adventure1

Horizon トレッドミル Adventure1
Johnson Health Tech(ジョンソンヘルステック)
販売価格 ¥172,800(2018年3月26日23時44分時点の価格)

最大時速18km、最大傾斜10度の本格モデル。

ベルトの長さは140cm、幅は49.5cmもあるため、ストライドの大きい方でも余裕を持って走れます。

VRC(バリアブルレスポンスクッション)を採用しているので、への負担も軽減してくれ、走っているときの音も吸収してくれます。

19位:YouTen 自走式ランニングマシーン

YouTen 自走式ランニングマシーン
YouTen(ユーテン)
販売価格 ¥7,180(2018年3月26日23時45分時点の価格)

電動式ではなく、自分でベルトを蹴って走ることで動く自走式のランニングマシンです。

電動式ではないので軽量・コンパクトで、駆動音もなく静かに使うことが出来ます。

距離・時間・カロリー・速度の表示される液晶モニターつきです。

18位:ALINCO ランニングマシン AFW1011

ALINCO ランニングマシン AFW1011
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥56,990(2018年3月26日23時46分時点の価格)

時速16kmまで調節可能なランニングマシン。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. ダンベルで筋肉をポンピング残忍な運動人

    ダンベル30キロで鍛えることは出来る!?

  2. スクワットをする男性

    スクワットのカロリーって?ダイエット効果が無いは嘘だった!?

  3. フィットネス ボール運動姿勢

    脚やせの筋トレとは?筋肉太りの太ももの脂肪燃焼に効果的な有酸素ダイエット運動で美脚に!

  4. バーベル

    バーベルプレートおすすめランキングベスト!選び方と正しい使い方について

  5. 体脂肪率

    体脂肪率30%は肥満?年齢によっても違う標準の体脂肪とは?ダイエット方法詳細

  6. ヨガ マット

    筋トレマット人気ランキングベスト5!プロが選ぶ!ストレッチとヨガにおすすめの商品とは?!

  7. ジムでベンチプレス運動時男

    ベンチプレス70kg(70キロ)挙げられた人が100kgを挙げられるようになる筋トレ方法のコツ

  8. 体脂肪を測定する男性

    体脂肪率18%は肥満?標準?筋トレダイエットでやせる方法!

  9. 軽いダンベル

    ダンベル5kg(5キロ)で鍛えられるの?ダンベル5kgでの鍛え方

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. close up picture of woman trained abs
  3. スピードスケートをする男性
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. 火災熱い組合せの野球
  8. 赤い腹筋ローラー
  9. 床に斜め crunches スポーティな男
  10. 卓球選手
  11. 筋肉質な足
  12. 女性のヒップ
  13. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  14. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  15. アンクルウエイト
  16. 腹筋の綺麗な男性
  17. バドミントンプレイヤー
  18. むきむきな男性
  19. ジムでベンチプレス運動時男
  20. 腹筋の鍛えられた女性
  21. 卓球選手
  22. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  23. バスケの試合
  24. 足首を気遣うランナーの写真
  25. 軽いダンベル

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. 卓球ユニフォームおすすめ人気ランキング20選!【バタフライ、レディースなど】
  2. テーピングおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!巻き方と種類、効果についてご説…
  3. ハンドグリップおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!その効果と使い方をご紹介!…
  4. 最新ハイテク万歩計おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!万歩計の全てを教えます…
  5. ウォーターダンベルおすすめ人気ランキング15選!メリットと効果も合わせてご紹介!…
  6. 腹筋をする女性 シットアップベンチおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方もご紹介!
  7. ナイトブラおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!育乳や美胸効果アリの絶対に買う…
  8. レジスタンスバンドおすすめ人気ランキング15選!正しい使い方で効果を最大化!
  9. 【サイクリング】サングラスおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!正しい選び方で…
  10. ケトルベルおすすめ人気ランキング20選!トレーニング方法から選び方まで徹底紹介!…

カテゴリー

PAGE TOP