プライベートジム

懸垂バーおすすめ人気ランキング15選!ドアや壁に取り付けて自宅でトレーニング!

 

自分にあった懸垂バーを選ぶための3つのポイント


筋力トレを日常的に継続するためには、エクササイズを気軽に行える環境を手に入れることが重要です。また、筋トレが習慣化されるころには「他のトレーニングを取り入れたい」という好奇心が高まるものです。

自宅を気軽にトレーニングできる環境にしてくれながら、好奇心を満たしてくれるような懸垂バーこそが満足できる一品といえます。

ポイント1 多くのエクササイズに対応しているか?

懸垂バーと聞くと鉄棒のようなぶら下がるだけの機械をイメージする方も少なくなくないと思いますが、最近の懸垂バーは一味違います。シンプルにぶら下がることだけに特化したアイテムもありますが、プッシュアップディップスなど幅広い機能を備えている懸垂バーも販売されています。自分の筋トレに対する熱意にあったアイテムを選択しましょう。

ポイント2 どのくらいのスペースが必要か?

多少極端な表現ですが、「懸垂バーで部屋のほとんどをが占領されてしまった」という失敗談も存在しています。「筋トレをしたい!」とモチベーションも大切ですが、部屋のスペースに配慮したアイテムを選択するようにしましょう。

一般的に懸垂バーは幅1m×奥行約0.750m×高さ2mほどのサイズ感で販売されていますので、自分の部屋においた場合を冷静にイメージしてみましょう。

ポイント3 コストパフォーマンは高い?

残念ながら人間は無意識に継続できる生き物ではありません。もし、「筋トレをできない日が続いた場合にどうなるか?」もあらかじめシュミレーションしておきましょう。

そんな状態になっても笑って済ませるくらいの価格にすることもポイントです。さらに、全体重を預けるため安全性などのしっかりとチェックし、投資したお金が無駄にならないような注意も必要です。

懸垂バーを使ってできる3つのおすすめトレーニング

懸垂バーという名前で販売されていますが、個々の筋肉量に合わせた懸垂以外のトレーニングにも活用できるアイテムでもあります。ぜひ体にあったトレーニングを実践し、無理なく理想のボディを手に入れて下さい。

トレーニング1 広背筋から二の腕までを鍛えられるチンニング

体を鍛えている方々は懸垂のことをチンニングと言い、鍛えたい部分によってトレーニング方法を応用しています。懸垂と聞くと逆手で行うイメージがありますが、このチンニングは主に二の腕を鍛えられます。

さらにチンニングを順手にしただけで、大胸筋や広背筋を鍛えるトレーニングに早変わりします。たくましい二の腕を手に入れたい男性にも、背中を美しく引き締めたい女性にも使えるアイテムです。

トレーニング2 体幹を鍛えるディップス

アイテムにもよりますが、懸垂バーの多くはお腹の高さくらいの位置に体を預けられるバーがついています。このバーはディップスバーと呼ばれ、体幹を効果的に鍛えるために活用されます。

ディップスバーをつかみ、宙に浮いた状態となるため両腕を鍛えるためのトレーニングと考えられがちですが、ディップスは下腹部に力を入れなければうまく行なえません。

そのため、腕周りはもちろんウエストのシェイプアップやヒップアップにも効果のある筋トレとして知られています。

トレーニング3 体のバランスを整える

実は懸垂バーを購入している方の中には、筋トレではなく体の調子を整える健康器具として活用している方もいます。筋トレに自信がない方でも毎日ぶら下がっているだけで、体のさまざまな不調を克服できます。

特に肩こりや腰痛は座りっぱなしの生活で歪んでしまった、骨盤が原因となっていることが少なくありませんので、懸垂バーを使って改善を目指すこともできてしまいます。

懸垂バーおすすめ人気ランキング15選!

フィットネス センター

ここからは具体的な15個のアイテムをランキング形式で紹介していきます。冒頭で解説した懸垂バーの選び方のポイント網羅した懸垂バーばかりです。その中からコストを重視するか?多機能性を重視するか?手軽さを重視するか?など優先順位を確かめながら読み進めてみて下さい。

15位 MRG ぶら下がり健康器 ¥10,800

ランキング15位はこちら

シンプルなデザインながらベンチシートやチューブが付属されているため、幅広いエクササイズを楽しめるアイテムです。ベンチシートはフラットにもデクラインにも調整できるため、腹筋やストレッチにも活用できます。ただし、スペースが必要となるアイテムですので、購入の際にはレイアウトまで考えておきましょう。

14位トータルフィットネス(TotalFitness) 懸垂マシンIII ¥28,640

ランキング14位はこちら
28,64円で床をカバーしてくれるマットまでついている気の利いたアイテムが、トータルフィットネスの懸垂マシンIIIです。ディップス用のバーが備え付けられている上に、幅112cm×奥行138cm×高さ218cmというしっかりとした作りで腹筋も行えます。

一般的な懸垂バーでは高さが足りないという方にもおすすめのアイテムです。

13位 IROTEC (アイロテック) マルチ パワーラック ¥59,980

IROTEC (アイロテック) マルチ パワーラック / 懸垂 チンニング 筋トレ 器具 ベンチプレス バーベル
株式会社スーパースポーツカンパニー
販売価格 ¥59,980(2018年3月31日19時48分時点の価格)

ランキング13位はこちら
エクササイズファンにはおなじみのブランドIROTEC (アイロテック)が手がけるマルチパワーラックです。腹筋やディップスはもちろん、ウエイトトレーニングまで行える一品です。

価格は高めですが信頼感のある懸垂バーであり、精力的に筋トレをしたいという方におすすめの一品です。

12位 GronG(グロング) ぶら下がり健康器 ¥8,480

GronG(グロング) ぶら下がり健康器 懸垂マシン マルチジム 耐荷重100kg タイプB
GronG(グロング)
販売価格 ¥8,480(2018年3月31日19時49分時点の価格)

ランキング12位はこちら
ネーミングからも分かる通り、筋トレよりもストレッチ器具として販売されているアイテムです。100kgまで対応してくれる構造で、安心してぶら下がることができます。

懸垂やぶら下がり、ディップスまでのトレーニングを行える懸垂バーでありながら、手にしやすい価格が魅力のアイテムです。

11位 山善(YAMAZEN) ぶらさがり健康器 ¥ 4,648

山善(YAMAZEN) ぶらさがり健康器 BBK-220(DBR)
山善(YAMAZEN)
販売価格 ¥6,279(2018年3月31日19時49分時点の価格)

ランキング11位はこちら
インテリアメーカーとして有名な山善が手がける懸垂バーです。インテリアメーカーらしいシンプルで家具との調和もはかれるデザイン性の高さが魅力のアイテムです。

ディップスや腹筋などのトレーニングは行なえませんが、存在感が気にならない懸垂バーをお探しの方は必見です。

ここからトップ10の発表!

10位 マッスルジーニアス(Muscle Genius) チンニングバー ¥3,980

マッスルジーニアス(Muscle Genius) チンニングバー 懸垂マシン ドア枠に引っ掛けるだけ  俺のドアジムⅡ MG-DG02
マッスルジーニアス(Muscle Genius)
販売価格 ¥3,980(2018年3月31日19時53分時点の価格)

ランキング10位はこちら
従来の懸垂バーと違い、まったく場所を取らない懸垂バーがマッスルジーニアスのチンニングバーです。ドアに引っかけるだけで、トレーニングの場所を確保できる斬新なアイテムです。価格がかなり抑えられるというメリットがありますが、賃貸などの場合にはドアの耐久性に注意しましょう。

9位 マッスルプロジェクト マルチエクササイズミニ ¥2,480

【マッスルプロジェクト】 マルチエクササイズ ミニ2 Ⅱ MP-MEX-MINI02 ドア枠に引っかけるだけ 懸垂 トレーニング ドアジム 健康器 ( 懸垂 チンニング 背筋 筋トレ 腕立 ディップス ) (幅95.5×高さ30×奥行41cm 耐荷重136㎏)
B&Sパートナーズ
販売価格 ¥2,080(2018年3月31日19時54分時点の価格)

ランキング9位はこちら
コンパクトな造りでありながら、懸垂だけでなく腕立てやディップスなどのエクササイズも行えるアイテムです。プロレスラーの棚橋選手もおすすめする心強い懸垂バーがマッスルプロジェクトのマルチエクササイズミニです。

8位 トリプルエス マッスルモンスター ¥3,180

ランキング8位はこちら
一見すると何に使うか分からないただのバーに見えますが、れっきとした懸垂バーです。ドアに引っかけるタイプのデメリットであるドアの傷める心配もなく、スペースを使わずにエクササイズを行えます。

しっかりと取り付けさえすれば、130kg以上の重みに耐えてくれます。

7位 BODYROX ドアジム ¥2,580

BODYROX ドアジム 64-105cm
Bodyrox Japan
販売価格 ¥2,580(2018年3月31日19時56分時点の価格)

ランキング7位はこちら
マッスルモンスターよりも優しい設計が魅力のアイテムがBODYROXのドアジムです。価格も安い上に、日常のエクササイズで痛めてしまいやすい手首を考慮したグリップし易さが魅力のアイテムです

6位 Ultrasport(ウルトラスポーツ) チンニングバー ¥1,799

Ultrasport(ウルトラスポーツ) ドア用懸垂バー チンニングバー 最大80kgまで 多機能筋トレ器具 床に置いて腕立て伏せや腹筋も可能
Ultrasport(ウルトラスポーツ)
販売価格 ¥1,799(2018年3月31日19時57分時点の価格)

ランキング6位はこちら
ドアに引っかけるタイプの懸垂バーでもっともおすすめするアイテムが、Ultrasportのチンニングバーです。どの懸垂バーよりも低コストな上にドアを傷つけない設計になっています。場所は制限されていまうものの、4点で支える設計のため安心感が違います。

5位:WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 懸垂マシン ¥7,980

ランキング5位はこちら
1万円を切る価格ながらも、耐荷重量が100kgとコストパフォーマンスの高い懸垂バーがWASAIのぶら下がり健康器懸垂マシンです。この価格帯の商品で中では珍しく、ディップスや腹筋などのエクササイズも可能です。

耐荷重量100kgではありますが、日常的なエクササイズでは問題ありません。あまり費用をあまりかけたくないという方は必見の一品です。

4位 アルインコ マルチ懸垂マシン ¥12,888

ALINCO(アルインコ) マルチ懸垂マシン ぶら下がり健康器 FA917 シットアップベンチ エクササイズロープ 高さ調節機能付
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥12,248(2018年3月31日19時59分時点の価格)

ランキング4位はこちら
省スペースでありながらシットアップベンチとエクササイズロープが付属されているため、幅広い使い方を楽しめる懸垂バーです。本体価格も手頃で、シンプルな造りが嬉しい一品です。

スチールが軽い素材であることから、本体自体が軽いと不安という方も少なくなくありませんが、アルインコ マルチ懸垂マシンは4方を囲むようにスチールが施されてるため、土台の安定性にも申し分ありません。

気になるトップ3!

3位 stylishjapan(スタイリッシュジャパン)  ぶら下がり健康器 14000円(税込)

スタイリッシュジャパン(stylishjapan) 新型 ぶら下がり健康器 懸垂トレーニング HGMC-0322(白)
stylishjapan(スタイリッシュジャパン)
販売価格 ¥12,500(2018年3月31日20時0分時点の価格)

ght: 400;”>ランキング3位はこちら
人気のスタイリッシュジャパンが手がけた新型懸垂バーです。白を基調としたスマートなデザイン高品質、安定性、安全性のすべてを実現したアイテムといえるでしょう。

フレームもガチッとして安心感があり、ディップスバーもしっかりと備え付けられているため、腕のトレーニングに十分活用できます。白を基調としたインテリアにしている方もこの懸垂バーであれば、部屋の印象を変えずにエクササイズスペースを確保できます。

2位:YouTen ぶら下がり健康器 改良強化版 ¥8,780

ランキング2位はこちら
数ある懸垂バーの中でAmazonのベストセラーを獲得しているのが、YouTenのぶら下がり健康器改良強化版です。

このアイテムはチンニングバー、ディップスバー、ニーレイズバー、プッシュアップバーなどの数々のオプションが付属されており、お買い得感がちがいます。もちろん、耐荷重は120kgと頑丈で安心してエクササイズを行えます。

さらに、ディップスバーの下に斜め懸垂用ハンドルがついており、このハンドルを使えば、懸垂ができない人も地面に足をつけながら懸垂トレーニングが可能です。筋トレ初心者にとことん優しい一品です。

1位 リーディングエッジ マルチジム ¥12,800

リーディングエッジ ホームジム ST 保護マットセット 懸垂器具 腹筋 腕立て運動可能 マルチジム LE-VKR02
eSPORTSオリジナル
販売価格 ¥13,800(2018年3月31日20時2分時点の価格)

ランキング1位はこちら

耐荷重が120kgと、これからトレーニングを開始する初心者からガッシリとしたベテランまで幅広い方が使えるアイテムです。12,800円という価格でありながら、チンニングバー、ディップスバー、ニーレイズバーなどのオプション。

さらには床を傷つけないための保護マットが付属されている懸垂バーです。購入後90日間の保証までついているため、徹底的に消費者目線のアイテムともいえるでしょう。

もしもの不具合にも万全のアフターサービスがついている上にオプションが多くて、この値段。もっともおすすめする懸垂バーです。

懸垂バーで理想のボディを手に入れよう!

フィット女性アスリート

今回紹介した15個の懸垂バーは「毎日筋トレしたい!」という男性にも、「シェイプアップしたい!」という女性にもおすすめできるアイテムばかりです。

日々のチンニングやディップスなどのトレーニングで筋肉を大きくしたいという目的はもちろん、体の調子を整えてくれる健康器具としても重宝してくれるアイテムが懸垂バーです。

お気に入りの一品を手にすることができれば、エクササイズのモチベーションを一段とアップさせてくれますので、ぜひ納得のいく懸垂バーを吟味してみて下さい。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サプリメント
  5. サーフィンする男性
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. スケートボード
  10. ボルダリング 女性
  11. 鍛えた身体
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. バレーボールのサーブ
  15. サプリメント
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー
  21. アイスホッケー スティックとパック
  22. 雨の日のゴルフ
  23. ラクロスグローブとラケット

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP