野球の練習風景

野球用練習着おすすめ人気ランキング13選!練習着でトレーニングに差がつく!?

 

今年度から少年野球に子どもが入団する皆さま。
大人になってから社会人野球に挑戦する皆さま。

「こんなに準備するものがあったのか…」と驚かれたのでは?

キャッチボールをする程度であればグローブとボールがあれば大丈夫です。
ただ、本格的にチームで練習するのなら、練習着は準備する必要があります。

実際に準備するとなると、「何から揃えればいいのか…」と迷うものです。

そこで、今回は野球を始める上で欠かせない、練習着の選び方をご紹介します
人気13選をランキング形式にまとめましたので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

野球の練習着として揃えておくべきもの

クロスプレー

野球の練習着と一括りにしていますが、上下(ユニフォーム)だけではありません。
ソックスにアンダーシャツなど野球は練習着だけでも様々なものを揃える必要があります。

ユニフォーム

野球の練習着の基本は”ユニフォーム”です。

ユニフォームはシャツとパンツのセットのことを指しています。

本来、ユニフォームはチームとして識別するためのものです。
どこかに入団したのなら、チームに合わせたユニフォームを選びましょう。

ただ、社会人野球の練習着は自由に選べることもあります。
できれば入団する前に確認しておくと良いかもしれません。

ソックス

”ソックス”も野球の練習着としては欠かせません。

ソックスには伸縮性があり、激しい運動での筋肉をサポートする役割が。
ふくらはぎをすっぽりと覆うことで、クロスプレーでの怪我防止の役割もあります。

ちなみに、最近は”5本指”のソックスも登場しています。

足先の蒸れを軽減するだけでなく、はき心地も良いです。
野球は足元が重要なので、より使いやすい方を選ぶことをおすすめします。

アンダーシャツ

野球の練習着としては”アンダーシャツ”も必要でしょう。

アンダーシャツとは吸湿性と発汗性に優れた下着のことです。

野球の練習では尋常ではないほど汗をかきます。
汗をそのままにすると体が冷えてプレーに影響します。

市販のシャツでは吸湿性が低く、快適な練習は難しい訳です。
その為、アンダーシャツも忘れずに準備しておくのが良いと言えます。

ストッキング

野球の練習着としては”ストッキング”もあると良いです。

ストッキングとはソックスの上から着るものです。

ソックスと同様に、足回りをサポートする役割があります。
特に、クロスプレーでの怪我防止には効果的です。

ただ、練習中に必ず必要なものではありません。
チームの方針に従って、必要なら揃えるくらいで十分です。

スライディングパンツ

”スライディングパンツ”は野球の練習着としてぜひ揃えましょう。

その名の通り、スライディング時にお尻を守るためのパンツです。
お尻周りにクッション素材が使用されていて、お尻への衝撃を軽減してくれます。

野球では攻守ともに意外とスライディングする機会があります。

上手い選手であれば、綺麗にスライディングするので必要ありません。
ただ、初心者だとお尻周りを怪我してしまうことが良くあるのです。

快適に練習したいのであれば、スライディングパンツは重要です。

ベルト

ベルト

野球の練習着としてベルトは準備しておきたいものです。

野球用のベルトは合成革の”黒”が一般的です。

最近は赤や青など他の色も提供されています。
また、腰回りをサポートしてくれるタイプのベルトもあります。

ただ、最初はオーソドックスな黒のベルトからで十分です。

キャップ

野球帽子

”キャップ”は野球の練習着としては必須のものです。

キャップにはグラウンドでの直射日光を避ける役割。
ボールやバットなどが当たった時に頭を守る役割があります。

練習用であれば白か黒のもので十分です。
チームに所属しているのなら、チームロゴが入ったものもあるでしょう。

ちなみに、頭は蒸れやすいので通気性の良いものがおすすめです。

グラウンドコート・上着

冬場の野球の練習着としては”グラウンドコート・上着”です。

グラウンドコートは薄着でありながら、風を防ぐ効果があります。
また、保温にも優れているので、冬場の練習を暖かくしてくれます。

あくまで冬場のものなので、季節によっては後回しでも大丈夫です。

野球の練習着はサイズ感がもっとも大切

メジャー

野球の練習着を選ぶ上で、もっとも大切なのは”サイズ感”です。
サイズ感が合っていないと着心地が悪く、快適な練習はできません。

キャップ

キャップは”頭囲”を測りましょう。

キャップには主に”レール式”と”パッチン式”の2種類があります。
基本的に、どちらのタイプでも±2cmは調節が可能です。

ただ、ぶかぶかだと落ちやすいので少しきつめを選ぶのが良いです。

シャツ

シャツは”(普段着の)胸囲”を測るようにします。
ウェストの方が大きい場合は、ウェストを測りましょう。

メーカーによってサイズ感が異なるので要注意です。

メーカーごとの公式サイト上には対応するサイズ感が記載されています。
購入する前にチェックし、ぴったりか少し大きめを選ぶのがおすすめです。

パンツ

ショート

パンツは”ウェスト”と”股下”の2箇所を測る必要があります。

特に、股下は穿き心地の良さに直結しています。
きついのはもちろん、ぶかぶかでも気持ちよく練習はできません。

できれば、実際に穿いてみて決めるのが安心です。

野球の練習着はとくにパンツに注目!

野球の大会

先述した通り、野球の練習着としては”パンツ”に注目したいところです。
そこで、野球の練習着として”パンツ”の選び方について詳しくご紹介しましょう。

耐久性を重視するのなら”レギュラータイプ”

耐久性を重視して選ぶのなら”レギュラータイプ”がおすすめです。

レギュラータイプとは、少年野球から社会人野球まで幅広く選ばれているもの。

大きく3つの種類があります。

  • 衝撃吸収パッド付き…ひざなどの関節部分に衝撃吸収パッドが付いている
  • 両ひざキルト加工…ひざ部分の裏地がキルト加工され強度が増している
  • 両ひざ2重構造…ひざ部分の裏地が2重構造で強度がましている

一般的には”両ひざ2重構造”のものを選んでおけば問題ありません
スライディングを頻繁にするのなら、”衝撃吸収パッド付き”や”両ひざキルト加工”です。

動きやすさを重視するなら”ショートフィット”

DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツショートフィットパンツ DB1014P Sホワイト(SWHT) M

動きやすさを重視するのなら”ショートフィット”をおすすめします。

レギュラータイプと比較して、丈が少しだけ短いタイプです。
また、できるだけ体にフィットするよう伸縮性もあります。

他のパンツに比べて動きが阻害されません。

メジャーの”イチロー選手”も愛用しているのもポイントです。

個性的を重視したいのなら”バギー”

個性的を重視したいのなら”バギー”でしょう。

太ももから足首にかけてまでワイドになっているタイプです。

一般的な練習着は足回りにフィットするように作られています。
つまり、バギーは野球の練習着としては異色な作りなのです。

ただし、公式試合での着用は禁止されているので要注意です。

野球の練習着の人気ブランド紹介

Rawlings(ローリングス)3Dウルトラハイパーストレッチパンツ [ショートフィット] ※公式戦対応商品 APP7S01-NN M

野球の練習着を選ぶ上で重要なのは、”上下を同じメーカーで揃える”ことです。
では、野球の練習着を提供している人気メーカー(ブランド)を見ていきましょう。

デサント

ウィンタースポーツに強いメーカーですが、野球の練習着も手がけています。

ウィンタースポーツに強いだけに、吸湿性と発汗性には定評があります
世界で初めてメッシュ素材を野球の上着に使ったことでも有名です。

日本のプロ野球選手も使用しているので、安定の練習着と言えるでしょう。

アンダーアーマー

名前の通り、”アンダーウェア”であればまずチェックしたいメーカーです。

よりスポーツに特化した下着を追求していることもあり吸湿性と発汗性は抜群です。
その上、筋肉をサポートするタイプもあり、長時間の練習にも耐えられます。

アンダーウェア(シャツ)はアンダーアーマーを選べばまず間違いありません。

マジェスティック・アスレティック

野球の練習着として世界的にも有名なのが”マジェスティック・アスレティック”です。

というのも、メジャーの全30球団と独占契約を結んでいたこともあるのだとか。
通気性はもちろん、”体感温度”をほどよく調節してくれるのが特徴です。

日本ではまだ知名度が低めですが、今後は日本でも広まっていくことでしょう。

ミズノ

ミズノ(MIZUNO) ジュニア 練習用スペアパンツ(ヒップパッド・ニーパッド付き) 12JD6F8301 01 ホワイト 150

日本の誇る世界的メーカーで、野球の練習着も幅広く提供しています。

バットやグローブなども手がけているので、初心者が1式揃えるには最適です。
また、吸湿性と発熱性に優れた”プレサーモ技術”と呼ばれる独自技術もあります。

練習着としてはもちろん、普段着としても選びたくなる着心地です。

アシックス

野球というよりも、バスケットボールの練習着を中心に提供しているメーカーです。

もちろん野球用としても人気があり、特に伸縮性の高さに定評があります。
脇周りの可動域が高いウェアなので、投手や外野手には使いやすいでしょう。

日本人の足に合わせたシューズに力を入れているので、スパイクを選んでも良いかもしれません。

野球の練習着の人気ランキング13選

(エスエスケイ)SSK Club Model/ ジュニア・練習着パンツ(ヒザ補強) PUP003RJ ホワイト 140

野球の練習着としては上下に加え、ソックスやアンダーシャツなど様々なものがあります。
そこで、今回は練習着の中でも”パンツ”の人気ランキング13選をご紹介しましょう。

13位:asics(アシックス) 野球 ジュニア プラクティス

asics(アシックス) 野球 ジュニア プラクティス パンツ 練習用 レギュラーBAA20J.01 130 BAA20J ホワイト 130
アシックス(asics)
販売価格 ¥2,980(2018年4月2日19時16分時点の価格)

13位は”asics(アシックス) 野球 ジュニア プラクティス”です。

伸縮性の高さに定評のあるアシックスなだけに、関節部が伸びやすい仕様です。
飛んだり跳ねたりと、野球特有の激しい動きにも十分に耐えられます。

また、抗菌防臭に優れた生地を採用し、清潔が保ちやすいのもポイントです。

12位:ミズノ ユニフォームパンツ ズボン ブラックライン入り

12位は”ミズノ ユニフォームパンツ ズボン ブラックライン入り”です。

名前にある通り、パンツの横部分に黒のラインが入っているのがポイントです。
また、ストレートタイプなので初心者から選びやすいズボンと言えます。

繊維に”クリーン樹脂”が使用され、泥汚れに強いのもおすすめです。

11位:(エスエスケイ)SSK 野球 Club Model/ ・練習着パンツ

(エスエスケイ)SSK Club Model/練習着ショートフィットパンツ PUP003S ホワイト S
SSK
販売価格 ¥2,340(2018年4月2日19時18分時点の価格)

11位は”(エスエスケイ)SSK 野球 Club Model/ ・練習着パンツ”です。

”レギュラーパンツ”かつ”両ひざ2重構造”と、ごく一般的な野球の練習着です。
その上、真っ白なタイプのパンツなので、チームカラーに関係なく使用できます。

試合用としては物足りないですが、練習用としては最適のパンツでしょう。

10位:ZETT(ゼット) 野球 少年用 ユニフォーム レギュラー パンツ

ZETT(ゼット) 野球 少年用 ユニフォーム レギュラー パンツ ヒザ 二重 補強 メカパン ホワイト(1100) BU2182P 150
ゼット(Zett)
販売価格 ¥2,375(2018年4月2日19時18分時点の価格)

10位は”ZETT(ゼット) 野球 少年用 ユニフォーム レギュラー パンツ”です。

野球の練習着には珍しく、お尻にあるポケットにボタンがありません。
また、腰回りをサポートする”吸汗速乾マーベルト”が採用されていて前傾姿勢も楽です。

”両ひざ2重構造”なので、思い切りスライディングしても問題ないでしょう。

9位:ミズノ mizuno ジュニア 少年用 ユニフォームパンツ

ミズノ mizuno ジュニア 少年用 ユニフォームパンツ ズボン 練習用 野球用 練習着 スペアパンツ ズボン ヒザ二重タイプ 150
ミズノ
販売価格 ¥2,373(2018年4月2日19時18分時点の価格)

9位は”ミズノ mizuno ジュニア 少年用 ユニフォームパンツ”です。

少年野球用として”ミズノ”が提供しているパンツです。
ショートタイプ・ショート(ひざキルト)・ショート(ひざキルト2重)の3種類から選べます。

練習量が多いのであれば、ひざキルト2重を選んでおくと安心です。

8位:DESCENTE(デサント) ジュニアユニフィットパンツショートフィットパンツ

DESCENTE(デサント) ジュニアユニフィットパンツショートフィットパンツ JDB1014P Sホワイト(SWHT) 150
DESCENTE(デサント)
販売価格 ¥2,553(2018年4月2日19時19分時点の価格)

8位は”DESCENTE(デサント) ジュニアユニフィットパンツショートフィットパンツ”です。

”軽量性”と”耐久性”に注目した設計で、ストレッチ性能”にも定評があります。
俊敏さの求められる内野手におすすめのパンツと言えます。

洗濯液が染み込みやすい”マッドガード加工”が施されているのもポイントです。

7位:ミズノ 練習用スペアパンツ バギータイプ

ミズノ(MIZUNO) 練習用スペアパンツ(バギータイプ) 12JD6F6601 01 ホワイト L
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥2,685(2018年4月2日19時19分時点の価格)

7位は”ミズノ 練習用スペアパンツ バギータイプ”です。

日本メーカーの”ミズノ”が手がけるだけあり作りがしっかりしています。
また、汚れの落ちやすい加工がされているので洗うのも楽です。

練習着をたくさん汚す初心者、少年野球におすすめのパンツです。

6位:軽くて動きやすいらくらく洗濯キッズ 野球 ユニフォームパンツ

軽くて動きやすいらくらく洗濯 野球ユニフォームパンツ
ヤノスポーツ
販売価格 ¥2,399(2018年4月2日19時19分時点の価格)

6位は”軽くて動きやすいらくらく洗濯キッズ 野球 ユニフォームパンツ”です。

名前にある通り、少年野球用に開発された練習着(パンツ)です。
子どもの体型に合わせた設計なので、低学年でも無理なくプレーできます。

また、ウェストのゴムに”滑り止め加工”がされていて、パンツのずり下がりを防止してくれます。

5位:ミズノ 練習用スペアパンツ ショートタイプ

ミズノ(MIZUNO) 練習用スペアパンツ(ショートフィットタイプ) 12JD6F6701 01 ホワイト M
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥2,699(2018年4月2日19時20分時点の価格)

5位は”ミズノ 練習用スペアパンツ ショートタイプ”です。

ミズノの提供する人気シリーズ”GACHI PANTS(ガチパンツ)”の一本です。
特に汚れへの強さに定評があり、泥汚れでも予備洗いなしで落とせます。

従来のパンツより生地が少しだけ厚めなので、”耐久性”にも期待できます。

4位:DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツストレート

DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツストレート DB1013LP Sホワイト(SWHT) M
DESCENTE(デサント)
販売価格 ¥2,790(2018年4月2日19時20分時点の価格)

4位は”DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツストレート”です。

プロの要求に応えて、”軽さ・強さ・柔らかさ”の3つに注目して設計されたパンツです。
その為、プロ選手の中にも愛用者が多く、本格的な練習にも対応できます。

ただし、価格帯が6,000円ほどと、他のパンツより少しだけお高めです。

3位:ミズノ 練習用スペアパンツ JR ヒップパッド・ニーパッド付き

3位は”ミズノ 練習用スペアパンツ JR ヒップパッド・ニーパッド付き”です。

”汚れにくさ”と”破れにくさ”に定評のある、”GACHI PANTS(ガチパンツ)”の一本です。
ヒップパッドとニーパッド(ひざ当て)がついているので、激しいスライディングでも問題ありません。

走って・飛んで・滑ってと、全力でプレーしたい方におすすめと言えます。

2位:DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツショートフィットパンツ

DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツショートフィットパンツ DB1014P Sホワイト(SWHT) M
DESCENTE(デサント)
販売価格 ¥2,700(2018年4月2日19時21分時点の価格)

2位は”DESCENTE(デサント) ユニフィットパンツショートフィットパンツ”です。

耐久性・軽量化・ストレッチ性と様々なポイントでバランスの取れたパンツになります。
また、ショートからレギュラー、ロングと丈の長さが選べるのもポイントです。

初心者の初めての1本としては最適の練習着でしょう。

1位:Rawlings(ローリングス) 3Dウルトラハイパーストレッチパンツ

Rawlings(ローリングス)3Dウルトラハイパーストレッチパンツ [ショートフィット] ※公式戦対応商品 APP7S01-NN M
ローリングス(Rawlings)
販売価格 ¥3,875(2018年4月2日19時21分時点の価格)

堂々の1位は”Rawlings(ローリングス) 3Dウルトラハイパーストレッチパンツ”です。

子ども向けの野球用品を主に手がけている”ローリングス”のストレッチパンツです。
”ザ・シンプル”を体現したような設計で使いやすく、低学年から高学年まで人気があります。

特にウェスト周りがゴムタイプなので、成長の著しい時期でも安心して着させられます。

野球の練習着の正しいお手入れ方法

洗濯機

野球の練習着はドロドロに汚れるもので、意外とお手入れが大変です。
では、最後は野球の練習着を長持ちさせられるお手入れ方法をご説明しましょう。

汚れの種類で分ける

まず、野球の練習着は”汚れの種類”で分けましょう。

  • 汗汚れ…水にも溶ける
  • 油汚れ…洗剤で溶ける
  • 泥(ホコリ)…水・洗剤では溶けない

汗汚れや油汚れであれば、洗濯機にひとまとめして洗えばおよそ綺麗にできます

反対に、泥やホコリというのは物体なので、洗濯機以外の方法が必要です。

汚れの強いものは予備洗いをする

次に、汚れの強いものは”予備洗い”することも大切です。

予備洗いとは洗剤や漂白剤、重曹やノリ剤などを使ったもの。
一般的には汚れの強い箇所に洗剤をかけて”つけ置き”します。

また、汗が蓄積した黄ばみには漂白剤を付けるのも有効です。

これも汚れの種類に合わせて試してみるのが良いでしょう。

汚れが落ちないのなら手洗いもする

選択する女性

次に、どうしても汚れが落ちないのなら”手洗い”という手もあります。

シンクに水を張り、少量の洗剤を入れて”手もみ”でというが一般的です。
頑固な汚れを効率的に落としたいのなら、”洗濯板”を使うのもおすすめします。

ちなみに、手洗いするのなら”40度前後”のお湯を使うと油汚れが良く落ちます。

損傷がひどいのなら”買い替えどき”かも

最後に、損傷がひどいようなら”買い替える”ことも必要です。

野球の練習着は練習を頑張るほどに汚れ、あちこちが破けてきます。
激しいクロスプレー、スライディングを繰り返せば当然でしょう。

ちょっとした破けであれば、裏地からパッチを貼れば対処できます。

ただ、あまりにも損傷がひどいのなら買い替えないと練習に影響します。

野球は練習着を汚した分だけ上手くなれる!

練習する子供たち

今回は、野球用の練習着を選ぶポイントと、おすすめ13選についてまとめてみました。

野球用の練習着を選ぶポイントは大きく3つ。

  • サイズ感が合っていること
  • 生地が分厚めであること
  • 汗や泥など汚れに強いこと

特に、初心者は怪我をしやすいので、生地は厚めがおすすめです。

野球は練習着を汚した分だけ強くなれます。
ぜひ、真っ白な練習着を思いっきり汚し、より野球を楽しんでください。

ちなみに、紹介したズボンはどれも”Amazon”で購入できます。

【関連記事】野球ベルトのおすすめ人気ランキング13選!効果と選び方をご紹介!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP