バドミントンのネット

バドミントンネットおすすめ人気ランキング20選!高さや幅など設置場所に合わせて徹底紹介!

 

子どもから大人まで気軽にプレーできる”バドミントン”。
誰しも1度はプレーしたことがあるものです。

ただ、本格的にプレーするにはネットを準備する必要があります

バドミントンネットでは高さや幅、設置場所など細かく規定されています。
遊びでプレーするなら良いですが、本格的にプレーするなら知っておくことが大切です。

そこで、今回はバドミントンネットを設置する上でのルールについてご紹介します。
バドミントンネットのおすすめランキングもまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

バドミントンのコートってどんなの?

バドミントン

バドミントンネットを知る上で、まず確認したいのが”バドミントンのコート”の概要についてです。

体育館にある長方形のコート

バドミントンは室内競技なので、基本的にコートは体育館などの室内にあります。

コートは縦13.400m、横6.100mの長方形です。
ダブルスは全面で、シングルスだと内側のラインまででプレーします。

外からだと狭く見えますが、中でプレーすると意外と広く感じるものです。

細かくエリア分けされている

バドミントンのコートは非常に細かくエリア分けされています

例えば、”サービスコート”や”バックパウダリーライン”など。
先述したダブルス(2人)やシングルス(1人)などもです。

初めはダブルスとシングスの大まかなエリアが分かれば十分でしょう。

バドミントンネットは少し弛ませる!

メジャー

バドミントンでは様々な規定があり、バドミントンネットについても高さや幅などが決められています。

バドミントンネットは1.550mを基準に

バドミントンネットは左右が1.550mに、中央は1.524mになるよう張ります。

また、バドミントンに使用するネットは丈が0.760m、幅は6.10m以上です。
ネットの色についても網部分は”濃い色”、かつ縁は”白色のテープ”と決められています。

本格的にプレーするのなら、正式なネットを準備して練習するのが良いです。

バドミントンネットはピンッと張りすぎない!

シルクサスペンションをする女性

よくバドミントンネットの両端にある紐を限界まで引っ張る方がいます。

確かに、バドミントンネットは緩すぎるとシャトルが入りやすくなり問題です。
ある程度はピンッと張り、できるだけ両端と中央を直線にする必要があります。

ただ、先述した通りネットは両端と中央で別に高さが決められています。
中央が1.524mと、両端よりも少しだけ低いので張りすぎには要注意です。

バドミントンネットはダブルスラインに

バドミントン

バドミントンネットは高さだけでなく、横幅や設置場所についても決まりがあります。

必ず”ダブルスライン”に合わせる

バドミントンネットは必ず”ダブルスライン”に合わせて設置します。
仮に、シングルスの試合であってもダブルスラインに設置する訳です。

しかし、体育館や野外によっては十分な幅が取れないこともあります。
チームのように複数人で同時に練習するとなると、何枚もネットを張る必要が。

練習であれば設置場所の広さに合わせて幅を調節するのも1つの手です。

バドミントンネットの両脇に隙間は厳禁!

バドミントンネットは”両脇に隙間を作らない”ように張ることが決められています。

両端に隙間があると、シャトルが間を抜けてしまう可能性があるためです。¥
ネットの両端にある紐を、ポール(ポスト)にしっかり結びつけましょう。

紐は傷みやすい部分なので、何本か替えを用意しておくと良いです。

バドミントンネットの人気ランキング20!

life_mart バドミントン用ネット 組み立て簡単 コンパクト収納

バドミントンネットは公式戦で使われるものから、簡単に使える組み立て式まで様々なものがあります。

20位: KANEYA(カネヤ) バドミントン用ネット N6 赤茶 K-1459

KANEYA(カネヤ) バドミントン用ネット N6 赤茶 K-1459
KANEYA(カネヤ)
販売価格 ¥2,692(2018年4月4日0時19分時点の価格)

ネットだけで提供されているバドミントンネットです。

幅6.02mと、なぜか公式戦のサイズより少しだけ小さく設計されています。
また、品質について悪いコメントもあるので、あくまで練習用としてが良いです。

19位:VICTOR(ビクター) C-7004 バドミントンネット

VICTOR(ビクター) C-7004 バドミントンネット
販売価格 ¥3,456(2018年4月4日0時19分時点の価格)

”VICTOR(ビクター)”というバドミントンメーカーの提供するバドミントンネットです。

公式戦にも使用されるネットなだけに、しっかりとした作りで長持ちします
ただし、ネットだけで価格帯が3,000円前後とお高めなのが気になるところです。

18位:BenefitUSAポータブルバドミントンNetバレーボールテニス

BenefitUSAポータブルバドミントンNetバレーボールテニスNet wスタンドfor Familyスポーツ
BenefitUSA
販売価格 ¥24,239(2018年4月4日0時20分時点の価格)

バドミントンからバレーボールまで楽しめるバドミントンネットです。

ポールの高さをバドミントンサイズからバレーボールサイズまで変更できます。
魅力的な機能性ではありますが、価格帯が20,000円以上と非常に高価です。

17位:簡易式携帯用ネット支柱セット(バトミントン、テニス

簡易式携帯用ネット支柱セット(バトミントン、テニス) 1台
DANNO
販売価格 ¥13,500(2018年4月4日0時20分時点の価格)

ネットの高さを自由に調節できる設計のバドミントンネットです。

ネットの高さを調節することで、ミニテニス・テニス・バドミントンと複数の競技ができます。
バドミントンチームだけでなく、テニスチームと共有して管理しても良いかもしれません。

16位:バドミントンネット,SODIAL(R)デラックスバドミントンネット-緑

ネットの安さを追求したバドミントンネットです。

価格帯が500円と、ネットだけですがワンコインで買えてしまいます。
当然、品質については低めですが、価格を考えれば十分にお買い得です。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. バドミントンラケット

    【バドミントン】ラケットおすすめ人気ランキング20選!初級者、中級者、上級者で選ぶポイントを要チェッ…

  2. バトミントンをする男性

    バドミントンのための筋トレ!手首の強化トレーニングとスマッシュの打ち方練習方法とは?

  3. シャトル、ラケット、シューズ

    【バドミントン】シューズおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方と安くても高性能なコ…

  4. バドミントンプレイヤー

    バトミントンで使う筋肉とは?筋トレに必要なトレーニング方法を解説

  5. 【バドミントン】シャトルおすすめ人気ランキング20選!シャトル別耐久性や練習などの目的別にご紹介!

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. close up picture of woman trained abs
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. 女性のヒップ
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  8. 卓球選手
  9. 火災熱い組合せの野球
  10. 赤い腹筋ローラー
  11. 筋肉質な足
  12. バドミントンプレイヤー
  13. 床に斜め crunches スポーティな男
  14. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  15. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  16. 腹筋の綺麗な男性
  17. アンクルウエイト
  18. 足首を気遣うランナーの写真
  19. 筋肉の美しい女性
  20. 腹筋の鍛えられた女性
  21. むきむきな男性
  22. 卓球選手
  23. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  24. 軽いダンベル
  25. 柔道の試合

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ゲレンデ、スキー 【スキーブーツ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!サイズの測り方や選び方も…
  2. ランニングスカートおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!かわいいランスカでモチ…
  3. チンニングスタンド最強おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!
  4. マウスガードおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!スポーツ選手の必須アイテム、…
  5. 【左利き】野球グローブおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!ポジションごとの違…
  6. クライミングハーネスおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!種類やサイズ、選び方…
  7. HMBおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!効果や副作用を徹底解説!摂取方法や…
  8. 【メンズ】スイミングインナーおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!そもそもイン…
  9. スライドボード 【体験レポ】人気ナンバー1スライドボード、バランスワンのスライドボードがどれだけ…
  10. 靴紐をくくる女性 【マラソン】キャップおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!機能性の良いオシャレ…

カテゴリー

PAGE TOP