サイクリングする高齢者

【サイクリング】ウェアおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!初心者必見の失敗しないサイクリングウェアはコレだ!

 

サイクリングウェアはこんな機能がある

トライアスロンの自転車レース

サイクリングウェアは通常の衣類と違い、多くのメリットがあります。サイクリングをするときにはぜひ手に入れておきたいアイテムです。

肌をサラサラに保つ

サイクリングウェアには走行中の汗を吸収して放出する「吸湿速乾性」の高い素材が使われています。そのため、肌がべたつかずサラサラに保つことができ、快適に走行できます。

背中側にポケットがついている

走行中の体の動きを邪魔しないように、背中側にポケットがついています。特にロードバイクは非常にエネルギー消費が激しく、長距離の走行時には走りながら軽食を取ってエネルギー補給することが多いため、ポケットにバータイプのフードを入れておけるのは非常に便利です。

また、スマホや小銭を入れておく人もいます。

軽量

ロードレースなどでは1gの差がスピードの差になることがあります。趣味で走るサイクリングでも、少しでも軽くした方が走行が楽になります。サイクリング用のウェアは軽量な素材を使っているため、スピードや走りやすさに影響なくスムーズに走行できます。

空気抵抗を受けにくい

サイクリングウェアは体にぴったりとフィットするものが多く、フードや前面のポケットなどもないため空気抵抗を受けにくい作りになっています。オートバイや車と違って生身の人間が直接風の抵抗を受けてしまうため、余計な空気抵抗を受けないサイクリングウェアで抵抗を減らすことができます。

サイクリングウェアにも種類がある

サイクリングウェアと一口に言っても、実はさまざまな種類があります。季節や用途によって使い分けましょう。

季節による種類分け

季節によって異なる素材や袖の長さのウェアが販売されています。

春夏用は通気性・軽量性が重視された半袖のウェアで、吸湿速乾性が高くサラリとした肌触りのものやUVカット機能がついたものが多いです。

秋冬用は防風性や保温性が高い長袖のウェアが多いですが、気温によって使用している素材が異なります。一般的には10度前後とそれ以下で素材の厚みが異なったり、ナイロン素材になったりします。

レース仕様と街乗り仕様

本格的なレースに出場する人、趣味で走りつつ市民レースに出場する(あるいはそれくらいのレベルで走る)人、景色などを楽しみながらマイペースで走りたい人で、異なるウェアを選ぶことが出来ます。

レースに出るためにトレーニングしている人は、より体にぴったりとフィットして高性能な素材のウェアを使用します。かなり強い前傾姿勢を取るため、背中側の生地が長くなっていたり、ずり上がり防止にすべり止めがついていたりします。

趣味でマイペースに走りたいという人はレースやトレーニング用のウェアよりも1サイズ程度ゆったりとしたサイズ感のウェアを選ぶ人が多いです。もちろん趣味でも本格的なウェアを選ぶ人もいます。

サイクリングウェアを選ぶポイントは

トライアスロン自転車

特に初心者がサイクリングウェアを選ぶポイントは「フィット感」「サイズ」「素材・機能性」「デザイン」の4点です。

フィット感

着用したときにより体にフィットするものを選ぶのか、ややゆとりがあるものを選ぶのかという点に注目しましょう。レースに出るという人はよりフィットするものの方が適しています。

サイズ

自分の体のサイズに合ったものを選びましょう。小さすぎると窮屈になってしまい動きが制限されますし、大きすぎると空気抵抗を受けやすくなります。

素材・機能性

吸湿速乾性に優れ、肌触りがよい素材を選びましょう。UVカット加工や抗菌防臭加工がしてある素材のウェアも販売されています。秋冬用は保温性や防風性の高いものをおすすめしますが、蒸れないように放湿性の高い素材を選ぶのもポイントです。

デザイン

デザインによってモチベーションが大きく変わることがあります。シンプルなデザインが好きな人もいれば明るめな色が好きな人もいますし、デザイン性の高いウェアを好む人もいます。

中には「痛ジャージ」というアニメのキャラクターなどが大きくデザインされているウェアを着ている人もレースなどでよく見かけられます。

サイクリングウェアおすすめランキング・20位〜11位

ネットでの口コミ評価を中心に、デザイン・素材・機能性・価格などを総合的に判断して厳選したサイクリングウェア20点をランキング形式でご紹介します。

どのウェアもそれぞれ特徴があるので、自分の気に入った1着を選んでみてください。

20位:S-BBG 男性用自転車ウエア

S-BBG 男性用自転車ウエア
販売価格 ¥1,999(2018年4月13日23時37分時点の価格)

シンプルなデザインながら発色の良いサイクリングジャージで、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド、ディープグレーの5色をラインナップしています。

3D立体縫製を採用しているのでフィット感がよく、ポリエステル100%の吸汗速乾素材を使用した肌触りのよい製品で、高機能なのにお手頃価格でコストパフォーマンスの良いと評判です。

19位:PEARL IZUMI W7455BL 長袖サイクルジャージ プリント柄 [レディース]

PEARL IZUMI W7455BL 長袖サイクルジャージ プリント柄 [レディース]
PEARL IZUMI
販売価格 ¥10,195(2018年4月13日23時37分時点の価格)

寒い季節にちょうどよい長袖のサイクルジャージです。「サーモドレスネオ」という素材を使用しており、ストレッチ性や吸汗速乾性が高いため動きやすく肌触りが良いというだけでなく、外側の断熱層と内側の起毛加工の保温層が冬の寒さから身を守ります。

18位:Tinypony 夏用サイクリングジャージ 半袖 上下セット

Tinypony 夏用サイクリングジャージ 半袖 上下セット
TINYPONY
販売価格 ¥2,980(2018年4月12日15時34分時点の価格)

上下セットで3,000円を切るという破格の安さが魅力のサイクリングジャージです。吸汗速乾性はもちろん、抗菌防臭加工や伸縮性、通気性に優れており、高い耐久性を持っています。

パンツはしっかりと厚みのあるパッドが入っているため、長時間のサイクリングでもお尻が痛くなりません。

17位:PEARL IZUMI 3500BL サイクル ウィンドブレークジャケット 長袖 [メンズ]

PEARL IZUMI 3500BL サイクル ウィンドブレークジャケット 長袖 [メンズ]
PEARL IZUMI
販売価格 ¥13,129(2018年4月13日23時38分時点の価格)

風を切って走っても寒さを感じないため、冬場に重宝する長袖のウィンドブレークジャケットです。風を通さないのに蒸れにくい防風・透湿加工や、袖のずり上がり防止機構・厚めの袖口リブなど、寒い時期でもしっかりと快適にトレーニング出来ます。

暖かさをしっかりと逃さないので、気温5〜10度くらいのときに着るとベストです。

16位:DECOJA 半袖 ツキヨミ(24600) サイクルウェア

DECOJA 半袖 ツキヨミ サイクルウェア
販売価格 ¥7,980(2018年4月13日23時39分時点の価格)

梅の花の描かれた和風デザインのサイクルジャージです。ウェアは人と違うものを!と思っている人には最適なデザイン性の高さが魅力です。

デザイン性だけでなく機能性も高く、汗をかいても肌をサラリと保つ素材や背面のポケット(3ヶ所)、サイドのリフレクターやずり上がり防止のシリコンゴムなどが標準で装備されています。

15位:Tinypony 夏用 サイクリングジャージ 半袖 上下セット

TINYPONY® サイクルジャージ 上下セット
TINYPONY
販売価格 ¥3,430(2018年4月12日15時36分時点の価格)

半袖のサイクリングジャージとレーパンのお得な上下セットです。パッド入りのレーパンはクッション性が高いので長時間座って漕いでいても疲れにくいですし、ジャージ(上)は脇のメッシュ部分を始め通気性がよく吸湿性も高い素材を使用しています。

満足の行く性能をしっかり兼ね備えながら価格が抑えめというのはうれしいポイントです。

14位:Lixada 半袖 サイクルジャージ 上下セット 男性用

Lixada 半袖 サイクルジャージ 上下セット
Lixada
販売価格 ¥2,850(2018年4月12日15時37分時点の価格)

低価格な上下セットですが、安っぽい感じは一切無いサイクルジャージのセットです。有名ブランドのウェアはもちろん着心地もよくデザイン性も高いですが、このジャージは実用面ではピカイチ

ファスナーの精度も高いですし、吸汗性と速乾性を備えているので着心地も満足できます。

13位:A.D.ONE 発熱保温コンプレッション長袖ローネック ADC-171 [メンズ]

A.D.ONE 発熱保温コンプレッション長袖ローネック ADC-171
A.D.ONE
販売価格 ¥1,280(2018年4月13日23時40分時点の価格)

アディダス創始者の孫が立ち上げたブランド「A.D. ONE」のコンプレッションシャツ。着ているだけで暖かく保温性も高いので、冬場にウェアの下に着れば怖いものなしです。

長袖ですが伸縮性が非常に高いので動きを邪魔せず、筋肉のブレなども抑えるのでパフォーマンスも向上します。

12位:PEARL IZUMI B621B プリントジャージ

PEARL IZUMI B621B プリントジャージ
PEARL IZUMI(パールイズミ)
販売価格 ¥11,470(2018年4月13日23時41分時点の価格)

通常のポリエステル生地よりも吸湿・速乾性が高いため、常に肌をドライに保つ「ルミエース・UV」素材を採用したサイクリングジャージです。「ユニフレッシャー」という抗菌防臭加工もしてあり、UPF50+の紫外線カットも出来ます。

11位:PEARL IZUMI サイクリング ジャージ フリージー サイクルジャージ 336B[メンズ]

PEARL IZUMI サイクリング ジャージ フリージー サイクルジャージ 336B
PEARL IZUMI
販売価格 ¥7,440(2018年4月13日23時41分時点の価格)

シックなカラーリングの3色切り替えデザインのサイクリングジャージです。ピッタリしたサイクリングジャージよりも少し余裕をもたせた「シティライドフィット」なのでゆったりとサイクリングを楽しむことが出来ます。

サイクリングウェアおすすめランキング・10位〜4位

10位:PEARL IZUMI S621-B プリント サイクルジャージ 半袖

世界的人気を誇るThe Beatlesデザインのプリントジャージ。ビートルズ来日50周年記念モデルで、アップル・レーベルのマークや名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハート・クラブ・バンド」のロゴデザインなど、音楽通がうなるようなデザインです。

すれ違う人の目を引くこと間違いなしです。

9位:PEARL IZUMI 603B UVトライアドジャージ[メンズ]

PEARL IZUMI 603B UVトライアドジャージ[メンズ]
PEARL IZUMI(パールイズミ)
販売価格 ¥8,262(2018年4月13日23時48分時点の価格)

肌触りがよく汗をかいてもサラリとしたドライ感を保てる素材「ルミエール・UV」を使っているため、機能性抜群のサイクリングジャージです。素材はもちろん、滑り止め・リフレクター、UVカットなどの機能もバッチリです。

8位:PEARL IZUMI 3118BL 長袖アシストジャージ [メンズ]

PEARL IZUMI 3118BL 長袖アシストジャージ [メンズ]
PEARL IZUMI
販売価格 ¥9,680(2018年4月13日23時49分時点の価格)

秋口などの少し肌寒い時期にぴったりの長袖ジャージです。保温性が高く風や紫外線をシャットアウトする「サーモドレス・ネオ」素材を使っており、汗をかいても蒸れにくい吸湿速乾性の高さが特徴です。

7位:Athmile コンプレッションウェア

Athmile コンプレッションウェア
販売価格 ¥2,199(2018年4月13日23時49分時点の価格)

寒い季節は重ね着をしたいところですが、モコモコと着膨れしてしまうとスピードも落ちてしまいますし、空気抵抗も気になります。

ですが、このコンプレッションウェアは薄くストレッチ性や速乾性が高いうえに3D恒温効果で寒い時期でもすっきりと着ることが出来ます。

上半身全体を加圧してくれるため疲労も軽減でき、普段よりもよいパフォーマンスが期待できます。

6位:PEARL IZUMI プリントジャージ 621B 桜と橋

PEARL IZUMI プリントジャージ 621B 桜と橋
PEARL IZUMI
販売価格 ¥10,800(2018年4月12日15時31分時点の価格)

日本ならではの桜をモチーフにしたプリントジャージです。「桜と翡翠(かわせみ)」「桜と橋」のデザインがあります。和風デザインのサイクリングジャージは珍しいので、他の人と差をつけたいというおしゃれな人におすすめです。

5位:PEARL IZUMI 334B サイクルプリントジャージ[メンズ]

PEARL IZUMI 334B サイクルプリントジャージ[メンズ]
PEARL IZUMI
販売価格 ¥9,520(2018年4月13日23時50分時点の価格)

カジュアルかつポップなデザインのサイクリングジャージで、自転車に乗っているときもしっかりとおしゃれしたい人に最適です。UVカット加工や抗菌防臭加工を施してある吸汗速乾性の高い素材「ルミエール・UV」を採用。

ぴっちりしたサイクリングジャージに抵抗がある人でもゆったり着られるサイズです。

4位:PEARL IZUMI 311B UVフレスコプリントジャージ[メンズ]

PEARL IZUMI 311B UVフレスコプリントジャージ[メンズ]
PEARL IZUMI
販売価格 ¥10,424(2018年4月13日23時50分時点の価格)

空気抵抗を極力カットしたレース仕様のサイクルジャージです。デザインも多様ですし、細身でしっかりとフィットした「レースフィット」デザイン。通気性がよく涼しさをキープしてくれる「スカイフレスコ」素材を採用しているため、汗をかいても快適に走れます。

サイクリングウェアおすすめランキング・ベスト3

3位:TINYPONY サイクリングジャージ 半袖 上下セット

TINYPONY サイクリングジャージ 半袖 上下セット
販売価格 ¥3,666(2018年4月13日23時51分時点の価格)

3D立体縫製なので前傾姿勢をとってもしっかりフィットして動きやすいサイクリングジャージです。お手頃価格なのに上下セットといううれしいウェアです。レーパンには3D衝撃吸収スポンジパッドがついており、衝撃を吸収しつつ通気性も良いため快適なサイクリングが出来ます。

男女兼用デザインなので年齢性別問わず使えます。

2位:PEARL IZUMI 621B サイクリング プリントジャージ

PEARL IZUMI 621B サイクリング プリントジャージ
PEARL IZUMI(パールイズミ)
販売価格 ¥10,498(2018年4月13日23時52分時点の価格)

ぴっちり過ぎずゆるくない「ベーシックフィット」のサイクルジャージです。UVカット性能はUPF50+なので、真夏のサイクリングや長距離を走りたいときでも日射しから体をしっかり守ってくれます。

耐久性もよく繰り返し使ってもヘタらないと口コミでも好評です。

1位:PEARL IZUMI 335B フリージーポタージャージ

PEARL IZUMI 335B フリージーポタージャージ
PEARL IZUMI
販売価格 ¥5,370(2018年4月13日23時52分時点の価格)

派手すぎない単色デザインのサイクリングジャージで、通常のジャージより1サイズ程度ゆったりとしているため、のんびりとしたポタリングやロングライドのときに役立ちます。

UVカットや吸湿速乾性、リフレクターや背面の3ポケットなど、通常のサイクリングジャージとしての機能はしっかりと備えています。

まとめ

自転車でトレーニング

快適なサイクリングをするためには、サイクリングウェアは必要不可欠です。ドロップハンドルによる前傾姿勢は他のスポーツではあまり取る体勢ではないため、通常のスポーツウェアでは対応しきれません。

ストレッチ性が高く、汗をかいてもしっかり吸収しすぐにかわいてくれるサイクリングウェアは、デザインも豊富なためにどのウェアを買おうか迷ってしまう人も多いはず。そんなときにはぜひランキングを参考にしてもらえればと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP