万歩計

最新ハイテク万歩計おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!万歩計の全てを教えます!

 

目標は一日1万歩!万歩計で運動不足を解消しよう

ステップアップデスクワークや交通機関の発達によって、現代人の歩く歩数や距離は減っていると言われています。自分がどれくらい歩いているのかをチェックし改善するために、万歩計が役立ちます。

1日の目標歩数はどれくらい?

1日の目標歩数は「1万歩」というのが一般的です。そのため、歩数計のことを「万歩計」と呼ぶようになっています。1日1万歩歩くと1日で300kcal、1週間で2,100kcalになります。

外国では1週間に2,000kcal歩くと健康によいという研究が発表されているため、1日1万歩が最適な歩数だといえます。

一般的な大人の歩数は

1日あたり1万歩に到達している人の割合は20〜30%しかおらず、日本人の一般的な男性は一日あたり7,200歩弱を歩いているということが厚生労働省の調べでわかっています。

毎日7,200歩未満の人は平均に至っていないことになるため、より多く歩くようにすると良いでしょう。バスや電車に乗るところを歩きに変えたり、いつもよりちょっと遠目のお店で買い物をしたりすると歩数も距離も稼げます。

万歩計にも種類や機能がある

万歩計は昔ながらのに装着して使うタイプ以外にも種類や機能が備わっているものがたくさんあります。今販売されている万歩計について知っておきましょう。

懐かしい持ち運び用タイプ

に装着して使うタイプは今でも売られています。このタイプは歩くときの振動によって歩数がカウントされる「振り子型」と呼ばれるもので、カバンの中に入れると十分に振動が加わらないため正確に測ることが出来ません。

最近では3D加速度センサーが付いている持ち運びタイプもあるので、ポケットやバッグの中に入れておいても正確に歩数を計ることが出来ます。

ブレスレット型のウェアラブルタイプも増えている

最近では前述の3D加速度センサーの万歩計が一般的になっているため、腕時計のように装着するブレスレット型のウェアラブルタイプの万歩計が増えています。

時計として使えるのはもちろん、カレンダーやストップウォッチ、タイマーなどデジタル腕時計としての機能を備えているため、非常に便利です。

スマホ連動型やゲーム内蔵型もチェック

アンドロイドスマホやiPhoneにデータを送れるBluetooth対応の万歩計が増えています。スマホでログを取れるというのは非常に便利ですし、多くのスマホにはGPSがついていますので、自分がどこを歩いたかという記録も取ることが出来ます。

また、歩くほどにキャラクターが成長するようなゲームが内蔵されているものも人気があります。

計れるのは歩数だけじゃない!

「万歩計」と言っても、計れるのは歩数だけではありません。距離、運動時間数、消費カロリー量、脂肪燃焼量、特定の期間の歩数の達成度など、さまざまな機能が付いている機種があります。

自分にとって必要なデータがどれなのか、スマホに度のデータが送られるのかなどを確認してから購入すると役に立ちます。

万歩計の選び方のポイントはこれだ

ランニング中に時計を見る万歩計を選ぶ際には「価格」「形状」「機能」をチェックするのがおすすめです。

価格

万歩計は100均ショップでも購入することが出来ますし、高いものでは高級時計に歩数機能がついて数十万円するものまで価格の幅が広い商品です。通常は2,000〜3,000円程度のものが多く、高くても8,000円程度です。

振り子型は1,000円以内でも購入できますし、加速度センサータイプでも3,000円以内から5,000円前後という商品が多いです。

形状

につけて使うクリップ付きのタイプ、カバンやポケットに入れて使えるタイプ、腕時計のように使うブレスレットタイプと形状も様々です。カバンなどに入れられるタイプは細長いコンパクトなものと大きめの形状のものがあります。

ブレスレットタイプでも文字盤の見やすさや形状などに違いがありますので、さまざまなタイプを見比べて見ると良いでしょう。

機能

自分に必要な機能も考えてみましょう。歩数だけのもの、時計・カレンダー・タイマーなどの機能がついているもの、消費カロリーや距離、時間などが計測できるもの、スマホにデータを送れるものなど、どのようにデータを管理するかによって必要な機能が異なります。

万歩計おすすめランキング・20位〜11位

今人気の高い万歩計の中から特に評価の高いものをチョイスし、価格や機能などを参考にして厳選した20点をランキングでご紹介します。

20位:山佐(YAMASA)ゲームポケット万歩計 「新平成の伊能忠敬」GK-700P

山佐(YAMASA) ゲームポケット万歩 新平成の伊能忠敬 GK-700
山佐(YAMASA)
販売価格 ¥2,931(2018年4月18日1時27分時点の価格)

江戸時代に全国を歩いて正確な日本地図を作った伊能忠敬になぞらえたミニゲームがついている万歩計です。歩けば歩くほど日本地図が出来上がっていくので、やりがいもあって楽しく歩けます。日数や累計歩数も記録されます。

19位:山佐(YAMASA) ゲームポケット万歩計「歩く遍路」GK-600

山佐(YAMASA) ゲームポケット万歩計「歩く遍路」 GK-600
山佐(YAMASA)
販売価格 ¥3,010(2018年4月18日1時27分時点の価格)

20位の伊能忠敬バージョンではなく、こちらは四国88ヶ所の霊場巡りをしていく万歩計です。88のお寺を順々に巡っていき、お寺にたどり着いたときなど、行く先々で楽しいイベントがおこるので飽きずに使えます。

18位:オムロン(OMRON) ヘルスカウンタ Walking style HJ-113

オムロン(OMRON) ヘルスカウンタ Walking style HJ-113 ホワイト
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥5,000(2018年4月18日1時27分時点の価格)

単純な歩数だけでなく「毎分60歩以上のペース」「連続10分以上の歩行」の2つの条件をクリアした「しっかり歩数」もカウントしてくれる万歩計です。脂肪燃焼量や消費カロリー量なども表示してくれ、カバンやポケットなどに入れてもカウントしてくれるすぐれものです。

17位:MoreFit スマートブレスレット MoreFit Slim HR Plus

MoreFit Slim HR Plus スマートブレスレット
MoreFit
販売価格 ¥3,537(2018年4月18日1時28分時点の価格)

近未来的なデザインのブレスレット型万歩計です。時間・日付・歩数・歩行時間・消費カロリーに加えて心拍数もチェックしてくれます。アンドロイドスマホやiPhoneに対応しているため、メールなどの通知やGPSによる移動ルート管理も出来ます。USBで直接パソコンにデータを送ることも簡単です。

16位:オムロン(OMRON) ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT

オムロン(OMRON) ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥6,890(2018年4月18日1時28分時点の価格)

USB接続でパソコンにデータを送り、画面上でデータ管理をすることができる万歩計です。1日の歩数・しっかり歩数・消費カロリーに加え、週間・月間のデータも蓄積でき、CSVで出力することも可能です。

15位:GanRiver スマートブレスレット SW32

GanRiver スマートブレスレット
ganzhou
販売価格 ¥3,695(2018年4月18日1時29分時点の価格)

スマホ連動型のブレスレットタイプの万歩計です。歩数やカロリーはもちろんのこと、屋内・屋外での運動モード、サイクリングモード、睡眠管理も出来ます。

音楽再生、LINEやWhtasAppなどのメッセージアプリやFacebookやTwitterといったSNS、メール着信などが表示される機能もあります。

14位:オムロン(OMRON) 歩数計 ホワイト HJ-325-W

オムロン(OMRON) 歩数計 ホワイト HJ-325-W
オムロン(OMRON)
販売価格 ¥1,350(2018年4月18日1時29分時点の価格)

小型なのでポケットに入れてもかさばらず、わずか23gという軽量タイプの歩数計です。ボディは小さいですが画面の数字は大きめなので見やすく、ボタン操作もシンプルです。

過去の記録から1万歩以上のベスト歩数記録を保存できる「マイベスト3」機能もあります。

13位:シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 peb ホワイト TW550-WH

小さくてシンプルなデザインの歩数計ですが、機能は満載です。歩数・歩行距離・消費カロリー・脂肪燃焼量がしっかりと記録され、30秒間で自動的に表示が消える省電力モードも備えています。

12位:タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 防犯ブザー付き FB-736

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 [防犯ブザー付き] FB-736
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥1,980(2018年4月18日1時30分時点の価格)

体重計でおなじみの「タニタ」の歩数計で、ネックストラップと防犯ブザーがついていますのでお子様の活動記録や夜のウォーキングでも安心して使えます。1週間の記録を確認できるようになっているため健康管理に最適です。

11位:タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 赤 FB-731-RD

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 FB-731
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥1,607(2018年4月18日1時30分時点の価格)

12位と同じタニタの歩数計ですが、こちらは防犯ブザーの無いシンプルなタイプです。見やすい大画面とシンプルな1ボタンタイプなので、簡単に使えて便利です。

和風の模様が入っているので、おしゃれな人にもおすすめです。

万歩計おすすめランキング・10位〜4位

10位:ハタ(HATAS) ポケット万歩 EX-500P

山佐(YAMASA) 万歩計 ポケット万歩 EX-500P
山佐(YAMASA)
販売価格 ¥1,752(2018年4月18日1時31分時点の価格)

小さくコンパクトで持ち運びやすく邪魔にならない万歩計で、小さいながらも歩幅設定、歩数、歩行時間・距離・カロリー・脂肪燃焼量が確認できます。最初に歩数の設定をしてから使い始めるため、正確に計測することが出来ます。かわいい花柄も人気のポイントです。

9位:Sympa スマートウォッチ 活動量計

Sympa スマートウォッチ 活動量計
Sympa
販売価格 ¥2,899(2018年9月29日16時11分時点の価格)

腕時計型の万歩計で、歩数やカロリー、距離などの測定のほか、睡眠の質と量をチェック出来ます。スマートフォンに対応し、記録も簡単、正確で長期的な健康管理を支援します。電話やLINEにも連動できるため、いつでもどこでも大切な通知を見逃しません。

8位:タニタ 3Dセンサー搭載歩数計 FB-728

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 【防犯ブザー付】 FB-728
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥2,700(2018年4月18日1時32分時点の価格)

タニタのシンプルな歩数計です。3Dセンサーで歩数を計るため、ポケットやカバンに入れても使えますし、から下げても正確に計ってくれます。シンプルなデザインなので飽きずに長く使えますし、防犯ブザーもついているのでいざという時にも身を守ってくれます。

7位:タニタ 3Dセンサー搭載歩数計 「億歩計」FB-732

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 「億歩計」 FB-732
タニタ(TANITA)
販売価格 ¥1,410(2018年4月18日1時32分時点の価格)

万歩計ならぬ「億歩計」!累計で1億歩まで計ることができる万歩計です。1億歩というと地球を2周するくらいの距離ですが、毎日しっかりと目標を持って歩きたいという人にとってはやりがいが生まれる歩数計です。

6位:山佐(YAMASA) ポケット万歩 らくらく万歩

山佐(YAMASA) ポケット万歩 らくらくまんぽ EX-200
山佐(YAMASA)
販売価格 ¥841(2018年4月18日1時33分時点の価格)

20gという軽量・コンパクトなボディなので持ち運びやすく、画面も数字の1列表示とボタン2つのシンプル操作が特徴の万歩計です。歩数・時計・1週間分の歩数記録だけが記録されるタイプで、歩数の計測が高精度なのが好評価ポイントです。

5位:beitony スマートウォッチ

beitony スマートウォッチ
beitony
販売価格 ¥2,880(2018年4月18日1時33分時点の価格)

スマホ連動タイプのブレスレット型万歩計です。LINE・WhatsApp・SkypeなどのメッセージアプリとFacebook・Twitterの通知を受けたりスマホの音楽アプリ、カメラのシャッターなどをコントロール出来ます。睡眠モニターやカロリー・距離・心拍数などもチェック出来ます。

4位:GanRiverスマートブレスレット SW327

GanRiverスマートブレスレット
ganzhou
販売価格 ¥3,288(2018年4月18日1時34分時点の価格)

他のスマホ連動タイプのスマートブレスレットと同様にLINEなどのメッセージやFacebookなどのSNS通知に加え、電話着信通知を含め8つのアプリに対応しているのが特徴です。

IP67の防水性能を備えているので運動中でも使えますし、サイクリングモードも使用できます。

万歩計おすすめランキング・ベスト3

3位:シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 Peb TW600

シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 Peb TW600
シチズン(CITIZEN)
販売価格 ¥5,780(2018年4月18日1時34分時点の価格)

8つのデータ(歩数・消費カロリー・歩行距離・歩行時間・脂肪燃焼量・平均速度・エクササイズ・時刻・日付)を記録し、区間計測や累計データ、14日分メモリーなども備えた高機能な万歩計です。防滴仕様になっているので小雨でも安心して使えます。

2位:ELEGIANTスマートブレスレット

ELEGIANT スマートブレスレット
Taisike
販売価格 ¥3,999(2018年4月18日1時35分時点の価格)

水洗いできるIP67防水性能を備えた本体はデザイン性も高く、各種メッセージアプリやSNS、着信通知などの機能も備えています。

歩数計・心拍数・睡眠計・カロリー表示などの万歩計としての機能もしっかり備えたスマートブレスレットで、運動時から仕事中、プライベートまでどんな場面でも使えます。

1位:PowMax SW25 Bluetoothスマートウォッチ

PowMax SW25 Bluetoothスマートウォッチ
販売価格 ¥6,599(2018年4月18日1時35分時点の価格)

スマホのように3軸のジャイロスコープを備えているため正確に歩数を知ることが出来ます。

Bluetoothでスマホと連動しているため、メッセージ、Eメール、各種SNS、電話着信などの通知が来るほか、SIMカードを差し込むことで通話(発信・受信)をすることもできる超高性能なスマートウォッチです。

まとめ

ランニングする女性健康のためにたくさん歩きたいという人にとって、万歩計は非常に便利なツールです。単体で歩数やカロリーなどを表示するものを使うか、スマホ連動のブレスレットタイプを使うかは非常に悩ましいところです。

それぞれの機種によって機能もさまざまなので、自分がどんな場面で使いたいか、どんな機能が欲しいかということを考えて決めると良いでしょう。もちろん価格や見た目も重要ですから、悩んでしまうかもしれません。

そんなときにはぜひ上記のランキングを参考にしていただければ、あなたにピッタリの万歩計が見つかるはずですよ。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サーフィンする男性
  5. サプリメント
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. ボルダリング 女性
  10. 鍛えた身体
  11. スケートボード
  12. スケートボードを抱えてたつ人
  13. ヨガ
  14. サプリメント
  15. バレーボールのサーブ
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 落ち込むスケートボーダー
  19. トリックするスケートボーダー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP