フットサルする男性

【フットサル】ウェアおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!激安や高機能ブランド品まで全てをご紹介!

 

フットサルとサッカーの服装の違いは?

サッカー(空中戦)サッカーよりもせまいコート、少ない人数で手軽にできるため、プレイする人口も増えているフットサルですが、服装の違いに注目する人は多くないようです。「サッカーとは違うの?」「どんな服装にすればいいかわからない」という声もチラホラ聞かれます。

フットサルとサッカーではどのような服装の違いがあるのでしょうか。

フットサルの方が自由度が高い

基本的にはフットサルでもサッカーと同じ服装で構いません。ただしフットサルの方が自由度が高く、ファッション性の高いウェアが好まれる傾向があります。

フットサルは「試合用」「練習用」の区別が曖昧

サッカーでは試合用のユニフォームとして、世界中のクラブチームや代表チームのユニフォームを着用する場合が多く、練習用では「プラクティスシャツ」と呼ばれる練習用のものを着用します。中には好きなチームのユニフォームを練習着として使う人もいますが、試合のときにプラクティスシャツを使う事はありません。

フットサルでは基本的にユニフォームとプラクティスシャツの区別があまりないことが多く、チームで揃いのプラクティスシャツをユニフォーム代わりに使うということもあります。もちろん、サッカーと同じようにユニフォームを用意する場合もあります。

フットサルの方がファッション性が高い場合が多い

フットサルは本格的なサッカーよりも気軽にできるということから、ファッション的にもおしゃれなウェアが多いのが特徴です。

カラーコーディネートはもちろん、インナーとアウターの重ね着(レイヤード)ファッションなどさまざまなバリエーションがあるので、試合を見るときにファッションに注目するのも楽しいでしょう。

フットサルではどんな服装が良いのか?

フットサルではどんなウェアを選べばよいのでしょうか?それぞれのアイテムごとにポイントを見ていきましょう。

屋外か屋内かによっても異なる

フットサルは屋外で行われる場合もあれば、屋内で行われる場合もあります。屋外では人工芝のコートで行われ、気候や季節の影響を受けやすくなります。屋内の場合は体育館のようなコートで行われ、気候の影響を受けません。

シャツ

フットサル用のシャツはTシャツでも構いませんが、コットン製のTシャツは汗をかくと重くなってしまいます。サッカー用のプラクティスシャツやユニフォームなどを使うと機能性に優れています。

スポーツ向けの機能性に優れたTシャツなどでも大丈夫です。

ボトムズ

サッカーの試合ではボトムズは短パンですが、フットサルの場合はハーフパンツ丈や7分丈のものでも大丈夫です。

また、短パン+インナーという組み合わせも多く、特に冬場の屋外の寒さ対策や屋内でのころんだときの擦り傷・やけど対策としてひざ下のインナーと合わせる人が多いです。

インナー

長めのインナーシャツとTシャツ、または短パン+長めのインナーパンツというレイヤードスタイルを取り入れるのもおしゃれです。

インナーはスポーツ用であれば吸汗速乾性に優れているので便利ですが、ストレッチ性が高くコンプレッション機能のあるインナーシャツを着用すると疲れにくく快適にプレイすることが出来ます。

シューズにも注意!

屋外用のシューズと屋内用のシューズではソールの部分な全く異なります。屋外用は平らですが、屋外用は凹凸がついています。屋外用のシューズは屋内のコートでは使えませんし、屋内用のコートを使って外でプレイするとすべってしまいます。

デザインは様々なものがありますので、いろいろ比較してみましょう。

フットサルウェアの選び方

サッカーの試合フットサルウェアを買うときには、「どのアイテムを買うか」「デザイン」「機能性」「価格」をチェックしておくのがおすすめです。

どのアイテムを買うか

必要なのはシャツ・ボトムズ・ストッキング(靴下)・シューズです。最低1枚ずつあれば問題なくプレーできますが、インナーを購入するとさらに快適さがアップします。

デザイン

カラーリングやデザインも気に入ったものを選びましょう。上下でバラバラに選ぶのではなく、全体的なコーディネートを考えるようにするのがポイントです。

機能

吸汗速乾性に富んだ軽量な素材のものが人気です。インナーは筋肉のブレを防いで怪我や疲労を軽減してくる働きがある上、重ね着をするとワンランク上のおしゃれさを演出できるため、ぜひ取り入れたいところです。

靴下も普通のサッカーストッキングだけでなく、5本指のストッキングもあります。

価格

着回しでおしゃれを楽しみたい人は抑えめの価格のウェアで揃えるというのも手です。また、機能性重視の人は少し高めのアイテムが中心になりますが、ネットショッピングなどで格安のアイテムを探すのも楽しいものです。

サイズ感は一度スポーツ店などで試しておくのがおすすめです。

フットサル・ウェアおすすめランキング・20位〜11位

フットサルをしている人に人気の高いウェアをアウター、インナー、プラクティスシャツ、ボトムズなどの中から20点厳選してランキングでご紹介します。口コミ、価格&コストパフォーマンス、機能、デザインなどを考慮したランキングです。ぜひ参考にしていただければと思います。

20位:hummel HPFC-プラクティスシャツ

hummel HPFC-プラクティスシャツ
hummel
販売価格 ¥2,500(2018年4月30日23時25分時点の価格)

グレー地にオレンジのラインが映えるヒュンメルのプラクティスシャツです。メッシュ素材を取り入れているため通気性がよく、汗をかいても快適にプレー出来るシャツです。

デザインもコート内を縦横無尽に駆け回るようなイメージでスタイリッシュです。

19位:soccer junky インナー付き練習シャツSJ16510

soccer junky インナー付き練習シャツSJ16510
soccer junky
販売価格 ¥5,097(2018年4月30日23時26分時点の価格)

サッカー関連のデザインを取り入れたアパレルブランド「soccer junky」のプラクティスシャツ。長袖のインナーとセットになっています。プラクティスシャツは裏メッシュ素材で機能性も高く、肩に入ったフレンチ・ブルドッグの「パンディアーニくん」が素晴らしいアクセントになっています。

18位:adidas サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム

adidas サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム
adidas
販売価格 ¥6,727(2018年4月30日23時26分時点の価格)

16−17モデルの日本代表のアウェイユニフォーム。白地に青いパターンがうっすらと入ったデザイン性の高いモデルで、新しいモデルのユニフォームが販売されてもまだ人気の高いユニフォームです。チームで揃えるのも良さそうです。

17位:PUMA コンプレッションモックネック長袖シャツ 920480

PUMA コンプレッションモックネック長袖シャツ 920480
PUMA
販売価格 ¥3,040(2018年4月30日23時26分時点の価格)

PUMAのコンプレッション機能のある長袖インナーシャツです。ほどよい加圧で筋肉のブレを抑制し、パフォーマンスの向上や怪我の予防に役立ちます。カラーバリエーションも豊富なのでおしゃれなアイテムとしてもバッチリ使えます。

16位:PUMA TT SPIRIT 2 ピステ上下セット (654810set)

PUMA TT SPIRIT 2 ピステ上下セット (654810set)
販売価格 ¥3,999(2018年4月30日23時26分時点の価格)

PUMAのピステ上下セットです。軽く暖かいため冬場の屋外でのプレーのときに役立ちます。屋内でもウォーミングアップのときに使えばすぐに体が温まるので便利です。

シンプルながらしっかりとポイントを抑えたデザインも魅力です。

15位:adidas TIRO17 ウーブンショーツ BRR99

adidas TIRO17 ウーブンショーツ BRR99
adidas
販売価格 ¥2,638(2018年4月30日23時26分時点の価格)

生地が薄めで通気性も良いですが織り上げてあるため耐久性も十分なハーフパンツです。ジャージ素材のハーフパンツと違い、このまま試合が出来るスッキリとした見た目なので、ゲームパンツとしてチームでそろえてもいいかもしれません。

14位:Kappa プラクティスシャツ KF652TL21

Kappa プラクティスシャツ KF652TL21
Kappa
販売価格 ¥5,069(2018年4月30日23時27分時点の価格)

屋外でのプレーに向いている長袖のプラクティスシャツです。吸汗速乾性に優れたQuick-Dry Comfort機能を搭載しているので、汗をかいてもさらりとした感触で使えます。

全面に入った幾何学模様のパターンもファッション性が高いです。

13位:Champion プラクティス パンツ C3-HB502

Champion プラクティス パンツ C3-HB502
Hanes
販売価格 ¥2,490(2018年4月30日23時27分時点の価格)

スウェットで有名なChampionですが、スポーツウェアとしても一級品です。手書き風のプリントが入ったこのプラクティスパンツはハーフパンツ丈でビビッドなカラーリングが特徴です。

13色ものカラーバリエーションがあるので、好きなカラーを選んでコーディネート可能です。

12位:adidas ESTROトレーニングジャージ半袖

adidas ESTROトレーニングジャージ半袖
adidas
販売価格 ¥2,592(2018年4月30日23時27分時点の価格)

シンプルなプラクティスシャツです。少しレトロ感を感じるデザインなので、逆に目を引くこと間違いなしです。サッカー上級者感を見せるには最適なシャツですが、CLIMACOOLという独自素材を使用しているので機能性も高く、汗をかいてもドライに使えます。

11位:PUMA EVOTRG 3/4パンツ 655498

PUMA EVOTRG 3/4パンツ 655498
PUMA
販売価格 ¥2,775(2018年4月30日23時27分時点の価格)

ひざにかけて細くなっていくすっきりデザインのハーフパンツです。サイドの大きなストライプはPUMAのウェアの代名詞とも言えるデザインです。吸収速乾性の高いDRY CELLという高機能素材を使用しています。

フットサル・ウェアおすすめランキング・10位〜4位

10位:asics サッカー ゲームパンツ XS1621

asics サッカー ゲームパンツ XS1621
asics
販売価格 ¥2,566(2018年4月30日23時28分時点の価格)

アシックスのシンプルなゲームパンツですが、実はカラーバリエーションが豊富なのでどんなユニフォームでも合わせやすいという便利なアイテムです。動きやすさ、通気性・吸汗速乾性、肌触りなどはさすが!と言えるハイクオリティです。

9位:COOFANDY コンプレッションインナー

COOFANDY コンプレッションインナー
販売価格 ¥1,980(2018年4月30日23時28分時点の価格)

COOFANDYの迷彩柄コンプレッションインナーで、機能性が高いのにリーズナブルな価格が人気の一枚です。ノースリーブとロングスリーブから選べ、色展開も豊富なうえ、コンプレッション性、ドライ機能のほか抗菌・防臭機能も備えています。

8位:MIZUNOウインドブレーカーシャツ

MIZUNOウインドブレーカーシャツ
MIZUNO
販売価格 ¥1,402(2018年4月30日23時28分時点の価格)

シンプルなデザインながら発色の良さが特徴のMIZUNOのピステです。ウィンドブレーカー素材を使用しているため軽く暖かいのが魅力です。肌触りも良いため快適にプレーでき、肌寒い季節にピッタリの一着です。

7位:adidas TIRO17 トレーニングロングパンツ MLE51

adidas TIRO17 トレーニングロングパンツ MLE51
adidas
販売価格 ¥3,490(2018年4月30日23時28分時点の価格)

スリムフィットタイプのトレーニングパンツで、普段使いにも使えるスッキリとしたシルエットが特徴です。カラーリングもシンプルなので主張しすぎず、かつ様々なトップスと合わせることが出来るパンツです。フィット感があり動きやすい一着です。

6位:goleador(ゴレアドール) ミックス花柄プラTシャツ G-1905

goleador(ゴレアドール) ミックス花柄プラTシャツ G-1905
goleador(ゴレアドール)
販売価格 ¥3,800(2018年4月30日23時29分時点の価格)

フットサルプレーヤーの間では人気の高いブランド「goleador」のプラクティスシャツです。フロントに大きく配置されたブランドロゴと花柄パターンがインパクト大です。

花柄パターンのシャツですがすっきりとしていて男性が着ていてもおしゃれに見えます。

5位:DRY+D トレーニングウェア サッカージャージ上下

DRY+D トレーニングウェア サッカージャージ上下
販売価格 ¥3,360(2018年4月30日23時30分時点の価格)

これからフットサルを始めたいという人に最適なトレーニングウェアの上下セットです。サラリとした感触の生地は速乾性も吸水性も高く、消臭機能もある「ドライ+デオドラント」素材です。

シンプルなデザインも人気が高いのが特徴のセットです。

4位:PUMA サッカー IT evoTRG トレーニングショーツ 654834

PUMA サッカー IT evoTRG トレーニングショーツ 654834
PUMA
販売価格 ¥1,499(2018年4月30日23時29分時点の価格)

撥水性の高い二重織のハーフパンツで、防風機能を備えたWIND CELLという高機能素材を採用しており、薄手ですが履き心地もよく季節を選ばずに履ける一着です。

フットサル・ウェアおすすめランキング・ベスト3

3位:PUMA トレーニングジャケット 902395

PUMA トレーニングジャケット 902395
プーマ
販売価格 ¥4,950(2018年4月30日23時29分時点の価格)

シャドーで入っているストライプ、肩から袖口までの太いホワイトライン、背中に入った生地と同系色のPUMAのキャットロゴなど、モノトーンを基調にしたスッキリとスタイリッシュなデザインが特徴のジャケットです。

2位:UMBRO プラクティスS/Sシャツ UBS7330

UMBRO プラクティスS/Sシャツ UBS7330
UMBRO(アンブロ)
販売価格 ¥2,280(2018年4月30日23時30分時点の価格)

イギリスのブランド「UMBRO」のプラクティスシャツで、大胆に入ったホワイトとレッドのラインと胸に大きく入ったロゴが特徴です。デザインはもちろん、「UMBドライメッシュニット」という高機能素材を使用しているため、通気性も速乾性も高いです。

1位:adidas サッカー日本代表 ホームレプリカユニフォーム

adidas サッカー日本代表 ホームレプリカユニフォーム
adidas
販売価格 ¥8,150(2018年4月30日23時29分時点の価格)

日本代表がロシアワールドカップ・アジア予選を戦い抜いたボーダーパターンのユニフォームです。18位のアウェイユニフォームと同じく新しいモデルが出てもなお人気の衰えないハイセンスなデザインが人気のポイントです。

まとめ

サッカー選手フットサルのウェアは非常に自由度が高く、ファッション性と機能性を考えてコーディネートすると星の数ほどのウェアが候補になってしまいます。そのため非常に悩む人が多いですが、人気の高いウェアはやはり有名メーカーのものが多いようです。

有名スポーツブランドやサッカーブランドのものなら高機能ですし、スタイリッシュなデザインのものや発色の良いものが多い上カラーバリエーションも豊富です。何を買おうか悩んだときにはぜひ上記のランキングを参考にしてみてください。ウェア選びのお役に立てれば幸いです。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP