ボクシングする女性

b-monster(ビーモンスター)の恵比寿店を徹底調査!料金やクーポン、シャワーやインストラクターなど全て教えます!

 

b-monsterのおさらい

b-monsterとは、2016年6月に日本に上陸した、NYですでに人気の「暗闇格闘系フィットネス」です。上陸するなりすごい人気で、銀座1号店を始め、2018年5月現在ですでに全国に6店舗を展開しています。

今回は全6店舗の中でも、ほかとはちょっと違う特色のある恵比寿店を徹底調査しました。この記事を読めば、恵比寿店のすべてをまるっと知ることができますよ。

恵比寿店をご紹介する前に、まずはb-monster のおさらいをしましょう。「もう詳しく知ってるよ」という人は、飛ばして2章へどうぞ。

ボクシングの動きがいいワケ

内に秘めるパワー

b-monster のプログラムは45分が1セットで、ジョギングの1.5倍というハードな有酸素運動ができるエクササイズです。ボクササイズは、肩や肩甲骨の近くにある褐色脂肪細胞を刺激するので、脂肪を燃焼しやすい体にできるのが特徴です。

テレビなどでボクサーの素振りを見たことがあると思いますが、ボクシングは腕だけでなく、足の爪先から頭までの全身運動。しかもサンドバッグを打つときに、足で地面を踏みしめる瞬発的な力が、腰から腕と伝達するため、筋肉が連鎖しながら反応します。

そのため、通常のトレーニングでは実現できにくい、800〜1000キロカロリーものカロリー消費が、1回のエクササイズで効率よく行えるのです。球技や走りなどの運動が苦手という人も、ただ「打つ」という動作ならとっつきやすいですよね。

ほかのフィットネスとは違う暗闇の秘密

暗闇ヨガや暗闇エクササイズなど、暗闇◯◯の火付け役でもあるこの暗闇格闘系フィットネス。ただ、ほかの暗闇フィットネスとはひと味もふた味も違うのが、そのエンターテイメント性。

薄暗いフロアには、カラフルなプロジェクションマッピングが動き、最新設備の音響マシーンからノリノリの音楽が流れます。体を映像とリズムに心地よく支配されるので、まるでクラブにいるよう。一歩スタジオへ入っただけで、日常とはまったく違う異空間へ放り出される感覚です。

フロアには100台ものサンドバッグが設置されていますが、暗い中で鳴り響くハイエンドな音楽に、心も自然と高揚してきます。そんな、スタイリッシュなクラブの中で、踊るような感覚でサンドバッグを打ちまくる!

日頃何かを叩いたり殴ったりするという動作は、ほとんどの人が経験していないはず。しかし、会社で腹が立つことがあれば「殴ってやりたい」なんてこともあるのでは。ここではそんな夢もサクッと叶ってしまいます。

また、暗闇なので他人の目を気にすることもなく音楽に身を任せられ、その開放感にリラックスできます。通常ジムやフィットネススタジオでは、明るいのでひと目が気になって恥ずかしいなんてこともありますよね。

しかし、暗闇+音楽がひと目を遮断し、それぞれが自分の世界に没頭できるので、そんな心配も無用です。暗闇効果と叩くという動作にテンションが上がって集中でき、日頃のストレスも発散できて、終わった後は心地よい達成感が味わえます。

音楽を楽しみながら動いたら、体が鍛えられダイエットやストレス解消もできるという空間が、b-monsterの真髄なのです。そんなb-monsterですが、恵比寿店にしかない、独自の特色をお伝えします。

恵比寿店だけの3つの特色

ズンバをするスタジオ

b-monsterの東京の店舗は、恵比寿店の他に1号店である銀座店、青山店、新宿店、そして2018年4月にオープンした池袋店の5店舗です。しかし、恵比寿店は他の店舗にはない3つの特色があります。

  • どの店舗よりもとにかく広い
  • パフォーマーが見やすい
  • ロッカーとスタジオが直結している

それではひとつずつ解説しましょう。

どの店舗よりもとにかく広い

全国6店舗の中で、ひときわ目立つのが、その圧倒的広さです。サンドバッグ100基がワンフロアに設置されているといえば、その広さがご想像できるでしょう。100人もの人間が一度に動けるだけのスペースは、本当に壮観です。

暗闇でのエクササイズは、ひと目を気にしないのでリラックス効果が高いと実証されていますが、広いフロアでさらなる開放感が味わえるのは恵比寿店だけ。終わった後の爽快感も、また格別でしょう。

パフォーマーが見やすい

パフォーマー(b-monsterではインストラクターをパフォーマーと呼びます)が見やすいというのも大きな特徴です。なぜなら恵比寿店では、フロアの中心にランウェイのようなロードがあり、パフォーマーがその上に立つので、広いフロアのどこからでも見ることができるのです。

さらに、他店ではフロアに柱があり、パフォーマーの姿が柱の陰になって時々見えなくなることがあります。ですが、恵比寿店ではその心配もナシ。広々と隅々まで見渡せるので、パフォーマーが見えなくなって、ふと集中が途切れたりイラつくこともありません。

明るめのスポットライトに照らされたパフォーマーを見ながら、最後まで一体感をもって体を動かせます。

ロッカーとスタジオが直結している

通常着替えをするロッカーとスタジオは離れているので、着替えたらスタジオまで廊下を歩いて行きますが、これがけっこう時間ロスと感じている人もいるのでは。

恵比寿店はロッカーとスタジオが直結しているので、着替えたら扉の前でスタンバイ。すると、アナウンスが流れるので、そのまま入場すればすぐに始められます。時短できるシステムは、忙しい人に嬉しい心配りですね。

設備も充実しています

b-monster恵比寿店のスタジオ内には、次のような設備が整っています。

  • 約100台のサンドバッグ
  • ハイエンドサウンドシステム
  • スポットライト
  • ロッカー
  • シャワールーム

無料サービスアイテムもたくさん

タオル

ロッカールームに常備されているアメニティや無料アイテムも充実しています。できるだけ荷物を少なくしたい人にはありがたいサービスです。無料で常備されているのは次の通り。

  • シャンプー
  • ボディソープ
  • トリートメント
  • 洗顔料
  • フェイスタオル
  • バスタオル
  • ヘアドライヤー
  • 化粧水
  • 乳液
  • クレンジング(女子ロッカー)
  • ブラシ
  • 専用グローブ
  • 専用バンテージ(2つ目以降は540円)

初回トライアルプログラムの無料貸出アイテム

初回トライアルプログラムでは、以下の無料貸出しアイテムが用意されています。

  • 専用グローブ
  • 専用バンテージ
  • ウェア上下
  • フェイスタオル(1枚)
  • バスタオル(1枚)
  • ミネラルウォータープレゼント

ほぼ手ぶら状態でもオーケーですが、替えの下着は販売していないので忘れずに。トレーニングが終わった後は汗だくになるので、換えの下着は必須です。

また、髪が長い方も、フロントに申し出れば髪ゴムを貸してもらえるので、持って行き忘れても安心です。

料金もいろいろ選べます

料金は以下のようになっています。トライアルにはじまり、自分の都合に合わせて徐々にスライドしていけるのが嬉しいですね。なお、予約は一人1枠までですのでご注意ください。

はじめての方プラン

【無料体験】

45分間の無料体験プランです。まずは説明を聞いてみたいという人にオススメです。

  • 利用回数:1回
  • 利用時間:無料体験会を開催している時間のみ
  • 料金:無料

【トライアルチケット】

トライアルプログラム1回のみのチケットです。ただし、一人につき1回限り使用可能です。

  • 利用回数:1回
  • 利用時間:7:00〜22:45
  • 料金:3500円
  • ※購入日より30日間有効

【OneWeekチケット】

1週間(最大7プログラム)限定のトライアルプログラムチケット。1週間だけ体験してみたい人にオススメ。初心者に好評です。

  • 利用回数:最大7回/週
  • 利用時間:7:00〜22:45
  • 料金:7000円
  • ※初回予約日より1週間有効

月額プラン

月額プランの入会金はすべて15000円ですが、トライアル当日入会で0円になるのでお得です。

【リミテッドデイメンバー】

平日の昼間に通いたい人に最適です。所属以外のスタジオも8回まで利用可能(平日のみ)。

  • 利用回数:22回/月
  • 利用時間:土日祝祭日を除く平日9:20〜17:45
  • 料金:11000円

【フルタイムメンバー】

24時間営業中のすべてのプログラムに通えるので、時間を気にせず通いたい人に最適です。たとえば夜中に体を動かしたいという人も、このプランならOKです。

所属以外のスタジオも、平日9:20〜17:45までのプログラムは月8回まで、土日祝日は月に何度でも利用可能なので、b-monsterを使い倒したい人にオススメ。

  • 利用回数:60回/月(デイタイム30回、ミッドナイト30回)
  • 利用時間:営業中24時間すべて
  • 料金:20000円
  • ※ただし、ミッドナイト開催は銀座店と青山店のみです。

【デイタイムメンバー】

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. レッグランジ
  2. バランスボールで腕立て伏せ
  3. ウイスキー
  4. シューズ、女性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP