女性のボディライン

ダイエットベルトおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!本当に痩せる!?効果アップの正しい使い方

 

ダイエットベルトとは

メジャー

ダイエットベルトとは、巻くだけ、または付けるだけで痩せられるというダイエット商品です。食事制限がツライ、忙しくて運動する時間がない、効率よくダイエットしたいという人に人気があります。最近ではダイエットベルトにもいろいろな種類が出てきました。ここでは4種類のダイエットベルトをご紹介しましょう。

EMSベルト

EMSベルトとは、微弱の電流を流して筋肉を強制的に動かすダイエットベルトのこと。ただ付けるだけで筋肉が刺激されて動くので、運動をせずに筋肉を鍛えることができ、しかもカロリーを消費してくれます。

昔はジェルを塗ったあとにEMSベルトを付けていたようですが、最近のものは粘着シートやジェルパッドなどで付けるので肌が汚れず、気がついたらすぐに始められる手軽さも受けています。

加圧ベルト

加圧ベルトとは、運動をするときに腰や腕、足に巻いて血流の流れを制限し、体に負荷をかけることで効率よく筋肉を鍛えるというもの。それと同時に効率よく脂肪を燃やせます。

装着も簡単で、強力なマジックテープやワンタッチで付けられるものなど、いろいろなタイプがあるので使い勝手を考えながら選ぶのもアリでしょう。

骨盤矯正ベルト

矯正ベルトとは、腰に巻いて骨盤の歪みを矯正するベルトのことです。歪みが改善することで内臓が本来あるべき位置に戻りポッコリとしたお腹が改善し、新陳代謝も良くなって痩せやすくなると言われています。

産後の女性が開いた骨盤を元通りにするために使用するという話は聞いたことがあるはず。骨盤が開いたままだとそこに脂肪がつき代謝が悪くなって下半身が太りやすくなります。

矯正ベルトはその逆手を取って「開いて太るなら、締めれば痩せられる」ということから編み出された商品です。

振動型ベルト

振動型ベルトも同じく体に巻いて使用するもので、ブルブルと筋肉に振動を与えてほぐしていき、血行を改善するベルトです。血流が良くなると代謝が上がるので、結果的に痩せやすい体になります。

体重よりも体に付いた脂肪を改善したいという人におすすめで、逆に筋肉質の人には効果が実感しにくいという声もあります。

今の主流はEMSベルト!

腹筋のすごい男性

ダイエットベルトにもいろいろな種類があることは先ほどご紹介した通り。その中でも今一番注目されているのがEMSベルトです。テレビショッピングやCMでも紹介されているので、なんとなく知っている人も多いハズ。

ここではEMSベルトについて詳しく解説していきます。

EMSの意味は?

EMSは『Electrical Muscle Stimulation(電気筋肉刺激)』の略で、その言葉通り筋肉に電気を送って刺激し強制的に運動させる器具です。元々はケガや病気などで弱った筋肉を回復させるリハビリ用に開発されました。

ただ筋肉回復させるだけでなく、高い鎮痛効果や電気の刺激とマッサージ効果で血行が良くなる効果も期待できます。

1972年のミュヘンオリンピックでロシアの選手達が筋力トレーニングでEMSを使っていたことで注目を集めるようになりました。

EMSベルトの仕組み

人間の体の細胞は常に弱い電気を発していて、運動神経に電流を流して刺激することで筋肉を収縮させています。心臓が絶えず動いているのも胃腸の働きも電気に作用によるものなのです。

普段筋肉は脳から指令を受けて動いていますが、EMSベルトは外部から直接筋肉に信号を送り動かす仕組みになっています。

ダイエットベルトの選び方

腹筋の発達した男性

実際にダイエットベルトを選ぼうとすると、どれにするか迷う人は多いでしょう。できればしっかりと効果を実感できる商品にしたいと思うのは当たり前ですよね。ここではダイエットベルトの選び方についてお話してきます。

ダイエットの目的に合わせて選ぶ

いろいろなダイエットベルトがありますが、まず考えたのはダイエットの目的です。脂肪を落としたいのか、筋肉を鍛えて代謝をアップしたいのか、お尻周りを小さくしたいのかなどなど、ダイエットの目的によって最適なベルトが絞り込めるはず。

産後で骨盤の開きが気になるなら骨盤ベルトがおすすめですし、部分的に引き締めたいならEMSベルトが合っているでしょう。日ごろから運動をしていてさらに効果を上げたいなら加圧ベルトもアリ。

自分がどんなプロポーションを目指しているのかを考えると分かりやすいかもしれませんね。

生活スタイルに合わせて選ぶ

どのダイエットベルトを付けるにしても、頭に置いておきたいのはどのタイミングで装着するかです。EMSベルトのように数十分の着用で効果が現れるものがあれば、骨盤ベルトのように1日中付けているのが望ましいタイプもあります。

もし昼間の装着が難しいなら、帰宅してからや寝る前などの短い時間で効果が得られるダイエットベルトのほうが続けやすいといえます。日常生活のどのタイミングで使うのかを想像してから絞り込むと選びやすくなりますよ。

効果がアップする正しい使い方

エアロビクスを楽しむ女性

どんなに高性能なダイエットベルトでも、使い方を誤っていれば十分な効果は得られません。せっかくするなら十分に効果を発揮したいですよね。ここではダイエットベルトの正しい使い方について解説していきます。

EMSベルト

ダイエットを目的としてEMSベルトを使用するなら、大きな筋肉を優先的に鍛えれば効率よく基礎代謝を上げることができ、痩せやすい体に近づきます。具体的には太ももやお尻と言った下半身の筋肉がおすすめです。

体の中で大きい筋肉は前太ももの大腿四頭筋やお尻の大殿筋だと言われているので、そこを重点的に鍛えると脂肪を燃やしやすい体作りになります。

筋肉を育てるには上質なタンパク質が必要不可欠です。肉や魚、大豆製品などを積極的に摂りましょう。脂質の摂取が気になる人はプロテインがおすすめです。

また、早く筋肉を鍛えようと疲労や筋肉痛を我慢して続けるのはNG。筋肉に負荷をかけると筋繊維が壊れるのですが、約24~48時間で回復しさらに強い筋肉に成長します。疲労や痛みは回復を促すタイミングなので休憩させましょう。

注意したいのは、心臓周辺を避けるということ。心臓に影響を与えるおそれがあるので十分に注意してください。

加圧ベルト

加圧ベルトは運動時に一時的にではあるものの血流を制限し、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。ただし、使い方は十分に気を付けなくてはいけません

なぜなら、人によっては貧血を起こしたり血流を制限していることから手足のしびれが発生することもあるからです。最悪の場合、血栓ができて命に関わることもあります。

加圧ベルトを使用して運動する場合には、加圧トレーニングの専門知識を有する正規資格者と一緒に行いましょう。どうしても自宅で行いたいときは、資格を持ったトレーナーに相談をしてから始めてください。

骨盤矯正ベルト

骨盤の歪みを矯正する効果が期待できる矯正ベルトですが、正しい位置に巻かなければ効果は半減してしまいます。効果をアップさせたいなら、面倒でも骨の位置を確認しましょう。

左右の恥骨が軟骨で結合されている恥骨結合部分と太ももの骨の一部分である大転子、その上にある上前腸骨棘の位置を確認し、恥骨結合部分と大転子を包むように巻きます。このとき、上前腸骨棘は締めません

ベルトを巻いたら仰向けに寝て膝を立て、腰を浮かせて5分ほどその姿勢を保ちます。辛いときは腰の下にクッションを置いても大丈夫。これで内臓や子宮などを正しい位置に戻すことができます。

振動型ベルト

EMSベルトでも触れていますが、筋肉の疲労や痛みを感じたら回復する時間を作りましょう。こうすることで筋肉が強くなり、代謝が上がって効果が出やすくなります。

また、早く痩せたいからといきなり長時間つけっぱなしにすると体に大きな負担が掛かります。徐々に慣らしていってから振動を強くしたり、時間を長くしましょう。基本は使用方法を守ることですよ。

ダイエットベルトおすすめ人気ランキング10~6位

それではダイエットベルトのおすすめ人気ランキング10~6位をご紹介します。

10位:さかなのらく EMS 腹筋ベルト

さかなのらく EMS 腹筋 腹筋ベルト 筋肉トレーニング ダイエット 筋トレ 腹筋マシン
さかなのらく
販売価格 ¥3,999(2018年5月14日23時10分時点の価格)

10位にランクインしたのは、さかなのらくの乾電池式EMS腹筋ベルトです。お腹周りだけでなく、腕や太ももなど気になる部分にジェルシートを張ってスイッチを入れるだけ。1日15分でいいのもポイントです。

腹筋ベルトが1つと腕用ベルトが2つ、そしてベルトに装着するリモコン3つが1セットになっています。収納ケース付きなので持ち運びにも便利です。

9位:Weekipo EMS腹筋 腹筋マシン

Weekipo EMS腹筋 腹筋マシン 腹筋パッド トレーニングベルト ダイエット 男女兼用 日本語説明書付き
Weekipo
販売価格 ¥2,900(2018年5月14日23時13分時点の価格)

WeekipoのEMS腹筋マシンが9位にランクイン。この商品は20分の使用で腹筋30分・ジョギング2.5km・自由水泳30分としたのと同じ効果を得ることができます。電池式で薄く、音も静かなのが特徴のひとつです。

腹部パッドが1つ・腕部パッドが2つ・リモコンが3つ、さらに単4電池6本もセットになっているので、届いたその日からすぐに始めることができますよ。

8位:DUSTARS EMS  腹筋トレーニング

DUSTARS 腹筋ベルト EMS  腹筋トレーニング お腹 腕セット ダイエット フィットネスマシン 10段階 6つモード バッテリー式
販売価格 ¥2,700(2018年5月14日23時13分時点の価格)

こちらの商品も実際に使った人たちから高評価を得ているEMSの乾電池式腹筋ベルトです。一番の特徴は、6種類のモードと10段階の強度調節機能が付いていること。毎日約2〜3回約12分ずつ行うだけでOKです。

7位:マッスルフィットネス EMS筋トレ

フィットネスマシン 充電式 EMS筋トレ IMATE 筋肉刺激 筋力トレーニング 腹筋器具 ダイエット 筋肉トレーニング スポーツ 健康機械 腹部用
IMATE
販売価格 ¥10,880(2018年5月14日23時17分時点の価格)

7位にランクインしたのはIMATEのEMSベルト。リチウム電池で動くのですがUSB充電も可能なので出先で電池が切れたとしてもパソコンなどから充電できるのがうれしいポイントです。

また、15段階調節ができ1mmと薄型なので持ち運びもラクですよ。

6位:FITPAD EMS腹筋トレダイエットベルト

FITPAD FITスマート健康器 筋トレダイエットベルト 高品質男女兼用&トレーニング用&減量用&ダイエット用&運動用ボディに貼るだけ筋肉に直接働きかける腰固定強さ20段階調節自動オフコイン電地式スポーツ腹筋ベルトセットエクササイズ器具腹筋マシン
FITPAD
販売価格 ¥18,399(2018年5月14日23時20分時点の価格)

6位になったのはFITPADのEMS腹筋トレダイエットベルトです。9種類のモードと20段階調節が可能で、導電性ジェリージェルシートがピッタリとフィットしてズレずに運動を継続してくれます。

ダイエットベルトおすすめ人気ランキング5~1位

いよいよ5~1位の発表です。機能性が高く効果があると好評の商品が上位にランクインしています。さっそくご紹介していきましょう。

5位:トリプルエス 加圧ベルト

トリプルエス 加圧ベルト フリーサイズ 男女兼用
トリプルエス®
販売価格 ¥1,980(2018年9月30日0時20分時点の価格)

EMSベルトがランキングを占める中、5位に入ってきたのはXIANDANの加圧ベルトです。装着するだけで温熱効果や発汗作用があり新陳代謝を促します。

生地は伸縮性に優れていて体にしっかりとフィットし、耐久性も良く軽いので付けていても違和感もナシ。薄いので上着を着れば目立たないので、あらゆる場面で着用できます。

4位:AiMis EMS腹筋ベルト

AiMis EMS腹筋ベルト 腹筋トレーニング 筋肉 お腹 腕筋 筋トレ器具 10段階強度 6種類モード 日本語説明書
AiMis
販売価格 ¥2,499(2018年5月14日23時21分時点の価格)

4位になったのはAiMisのEMS腹筋ベルト。20分の使用でジョギング1.5km・腹筋30分・自由水泳30分分の運動効果を得ることができます。6種類のモードと10段階調節が可能な人間工学に基づいたフィットネスマシンです。

3位:IKOMMI EMS腹筋ベルト

IKOMMI EMS 腹筋ベルト
IKOMMI
販売価格 ¥2,980(2018年9月30日0時13分時点の価格)

3位にランクインしたのはWeekipoのUSB充電式EMS腹筋ベルトです。電池を使わないので経済的で、薄型静音設計なので自宅以外にもジムやオフィスで使っても大丈夫。

6種類のモード強さを9段階で変えることができるので、その日の体調に合わせて筋肉を鍛えることができます。

腹筋だけでなく、腕や脚、ウエストに加えて広背筋や三頭筋など幅広く使えますよ。

2位:ウィードマップ 腹筋マシーン EMS筋トレ

(ウィードマップ) 腹筋マシーン EMS筋トレ 腹筋ベルト 腹筋トレーニング ボディフィット筋トレ 自動的に筋肉トレーニングマシーン お腹 腕部 太ももエクササイズ用 ダイエット器具 ダイエットマシーン 超薄、静音 腹筋器具 USB充電式 男女兼用 運動不足に向き 日本語取扱説明書付き
ウィードマップ
販売価格 ¥4,000(2018年5月14日23時26分時点の価格)

多くの使用者から支持されているウィードマップのEMS腹筋ベルトが2位にランクインです。6種類のモードと5段階の強度調節ができて、1日10分で効果を発揮します。

USB充電式なのでノートパソコンや携帯バッテリー、スマホ充電器、車載電源などから充電が可能で、一回充電で60回使用できます。

1位:dotswore 腹筋トレーニング 

腹筋マシン 腹筋ダイエット 腹筋器具 振動ベルト
販売価格 ¥10,300(2018年5月14日23時27分時点の価格)

見事1位に輝いたのはdotsworeのEMS腹筋トレーニングベルト。なんと12種類のモードがあり、強度調節が12段階もあるのが特徴です。さらに特殊素材には温熱効果があり、発汗を促して脂肪の燃焼が期待できます。

USB充電が可能なのでパソコンや車内電源などから充電できるのも便利。最初は弱く、慣れてきたら強くしていくと負担も少なく筋肉を鍛えることができます。

まとめ

筋肉モデル

ダイエットベルトについて紹介してきましたが、参考になりましたか?ダイエットベルトにはいくつか種類がありますが、今はEMSベルトの人気が高まり、多くの注目を集めています。腹筋ベルトと書かれていても腕や太もも、ウエストなど気になる部分に使えるはうれしいですよね。

引き締まった体を目指したい人はぜひ一度ダイエットベルトを試してみてください。いつでもどこでもながら運動ができるので効率的ですよ。

【関連記事】くびれを作る筋トレ!腹筋、腹斜筋を鍛えウエストダイエットに効果絶大!

【関連記事】くびれを作る筋トレ!腹筋、腹斜筋を鍛えウエストダイエットに効果絶大!

【関連記事】脱メタボ!下腹ダイエットについて

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP