スイミングキャップを被る女性

【スイミング】キャップおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!シリコンやメッシュなど目的別のキャップを教えます!

 

スイミングキャップには重要な役割がある!

水泳をしている女性 日本でジムや競技用のプールで泳ぐ時に必要なのが、水着・ゴーグル・スイミングキャップです。水着やゴーグルの着用は用途がよくわかりますが、スイミングキャップの用途がよくわからないという人もいます。

実はスイミングキャップには重要な役割があるのです。

塩素から髪や頭皮を守る

一つに、水を消毒している塩素から髪や頭皮を守るという働きがあります。ただし、どれだけ頭皮や髪を保護できるかというのはキャップの素材によって異なります。

髪が抜けるのを防ぐ

人間の毛髪は1日にかなりの分量が抜ける事が分かっており、その本数は50本から多い人で150本と言われています。

水の中で泳ぐことで、水の抵抗でより抜けやすくなるため、不特定多数の人が使うプールでは1日あたり何千本、何万本という髪の毛が抜けて水中に漂うことになります。非常に不衛生ですし、泳いでいていい気分はしません。

また排水口が詰まってしまうという危険もありますので、抜け毛を予防するためにキャップを被ります

スイミングキャップの種類や素材を知ろう

水泳を楽しむ男性スイミングキャップと一口に言っても、素材によって様々な種類があります。

シリコンキャップ

大会やレースに出る人達にとって最も一般的なのがシリコンで出来たキャップです。シリコンキャップは水を通さないため、防御力が一番高いと言えます。

また、水の抵抗が他のスイミングキャップよりも少ないため、スピードを重視する人には必須のアイテムです。ただし慣れるまでは着脱しにくいというデメリットがあります。

シリコンキャップの中には、人の頭の形に合わせた「ドーム型」のシリコンキャップもあります

メッシュキャップ

長時間泳ぐ人や、小中学生から人気があるのがメッシュキャップです。シリコンキャップに比べて着脱しやすいという特徴がありますので、初心者でメッシュキャップを選ぶ人は多いです。

ただし髪や頭皮を水や塩素から守るという働きはあまりありません。

テキスタイルキャップ(2wayトリコットキャップ)

水着と同じ素材で作られているのがテキスタイルキャップです。メッシュよりも締めつけ感がなく、シリコンよりも蒸れにくいというメリットがあります。ただし髪が水に濡れるというデメリットもあります。

2wayシリコンキャップ

外側はシリコン、内側は伸縮性の高い生地で作られているため、シリコンキャップとテキスタイルキャップのいいとこ取りをしているキャップです。髪や頭皮が濡れず、シリコンキャップよりもかぶりやすいというメリットがあります。

価格がやや高めというのがデメリットです。

スイミングキャップの選び方をチェック!

水泳をする男性スイミングキャップを選ぶときには、自分の用途に合わせた素材、デザイン、価格、メーカーをチェックするのがポイントです。

用途に合わせた素材

用途に合わせてキャップの素材を考えましょう。競泳のレース・大会などに参加する人はシリコンキャップやドーム型シリコンキャップをかぶって水の抵抗を減らした方が有利です。

また、髪を濡らしたくない人は塩素から髪や頭皮を守りたい人もシリコンキャップが良いですし、2wayシリコンキャップもおすすめです。

フィットネス目的であればメッシュやテキスタイルでも良いでしょう。特に長時間の練習の場合にはシリコンよりもメッシュ・テキスタイルの方が締めつけ感や蒸れが少ないのでおすすめです。

デザイン

スイミングキャップのデザイン性は主に色とロゴの大きさ、ラインの有無などです。自分の好みの色や、大きめのロゴが入っているものなど、好みに合わせて選びましょう。

水中ウォーキングなどに使えるものは柄が入っていたりギャザー入りでファッショナブルなものがあります。

価格

スイミングキャップは全体的に1,000円前後のものが多いです。中には3,000円程度するものもありますが、全体的にそこまで高額ではありません。自分の納得できる商品を選ぶのがベストです。

メーカー

メーカーもこだわっておきたいポイントです。小学生の水泳の授業用であればメーカーはそこまで気にしなくてもよさそうですが、快適さや機能性を求めるならば必須です。

水着と同じメーカーにする人もいますし、水泳の専門メーカーの商品を選ぶという人も多いです。

スイミングキャップおすすめランキング・20位〜11位

多くのスイミングキャップの中から、口コミ人気や機能性、価格など独自の観点で考慮して厳選した20点をランキングにしてご紹介します。悩んだときはこのランキングから買えば間違い無し!という商品ばかりです。

20位:Speedo フィットネス用 シリコーンキャップ SD93C03

Speedo フィットネス用 シリコーンキャップ SD93C03
Speedo(スピード)
販売価格 ¥780(2018年5月16日23時5分時点の価格)

シリコーン製のスイムキャップですが、素材が薄手なのでかぶりやすく頭の形にもよくなじみます。耳までしっかり覆えるので水が入らず快適に泳げるのも高ポイントです。

カラーバリエーションが非常に豊富なので、好きな色を選ぶ楽しみもあります。

19位:MIZUNO スイムキャップ ツバ付き2WAYキャップ N2JW6051

MIZUNO スイムキャップ ツバ付き2WAYキャップ N2JW6051
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥1,736(2018年5月16日23時5分時点の価格)

スイミングキャップとしては珍しいツバ付きのタイプで、水中ウォーキングの専用タイプです。泳ぐのには向いていませんので気をつけて下さい。ロングヘアーでもしっかり収まります。

18位:Speedo スイムキャップ メッシュ SD92C11

Speedo スイムキャップ メッシュ SD92C11
Speedo(スピード)
販売価格 ¥745(2018年5月16日23時5分時点の価格)

人気メーカー「Speedo」のメッシュタイプのスイミングキャップです。大きなロゴが特徴の商品で、締めつけ感はないのにしっかりフィットしてかぶり心地がよいと評判です。

なお公式大会では使用できませんのでご注意ください。

17位:Hero&Heroines 水泳帽子プールキャップ 子供用~大人用

Hero&Heroines 水泳帽子プールキャップ 子供用~大人用
プラスワン
販売価格 ¥480(2018年5月16日23時6分時点の価格)

子供から大人まで幅広いサイズ展開のメッシュキャップです。学校はもちろん、スイミングスクールやジムのプールなどで使用でき、10色展開なのでどんな水着とも合わせやすい商品です。

16位:FOOTMARK ゆったりアクアキャップギャザー柄 230422

FOOTMARK ゆったりアクアキャップギャザー柄 230422
FOOTMARK(フットマーク)
販売価格 ¥1,382(2018年5月16日23時6分時点の価格)

水中ウォーキング用のゆったりしたスイミングキャップです。ファッション性の高いギャザーを採用して余裕を持ってかぶることができ、大きな花柄が派手になりすぎずシックな印象を与えます。

15位:Speedo スイムキャップ トリコット SD92C01

Speedo スイムキャップ トリコット SD92C01
Speedo(スピード)
販売価格 ¥604(2018年5月16日23時6分時点の価格)

水着と同じ素材を使ったタイプのスイムキャップで、シリコン製のものよりも柔らかくかぶりやすい上に締め付けも弱めなので人気があります。フィット感もよく、長時間泳ぐ人にも向いている商品です。

14位:arena メッシュスイムキャップARN13

arena メッシュスイムキャップARN13
アリーナ(arena)
販売価格 ¥451(2018年5月16日23時6分時点の価格)

国際水泳連盟(FINA)の承認を受けたメッシュ性のスイムキャップです。頭の大きさに合わせてSサイズ(48〜52cm)・Mサイズ(50〜55cm)・Lサイズ(54〜59cm)の3種類のサイズがあります。

13位:agogoo スイムキャップ

agogoo スイムキャップ
agogoo
販売価格 ¥1,400(2018年5月16日23時7分時点の価格)

柔らかいシリカゲル素材を使用しており、伸縮性も防水性も抜群です。シリコンキャップの締めつけ感が苦手だという人には最適な商品で、長時間泳いでもストレス無く使用できます。

12位:2XU Silicone Swim Cap

2XU Silicone Swim Cap
2XU
販売価格 ¥1,728(2018年5月16日23時7分時点の価格)

シリコン製ではなくラテックス製のスイムキャップです。シリコンよりも軽く、さらに水の抵抗が少ないため、スピードを重視する人には最適な商品です。

大きめのロゴのデザイン性もよく、人間工学に基づいたデザインでかぶり心地も良いです。

11位:FOOT MARK 撥水ツーウェイキャップ 230177 19 ノーコン

FOOT MARK 撥水ツーウェイキャップ 230177 19 ノーコン
FOOT MARK(フットマーク)
販売価格 ¥864(2018年5月16日23時7分時点の価格)

生地が柔らかくかぶりやすい上にフィット感がよく、さらに撥水性が高いのが特徴のツーウェイキャップです。シリコンは苦手だけれど、メッシュよりも撥水性を求めたいという人にはおすすめです。

スイミングキャップおすすめランキング・10位〜4位

10位:TURATA スイムキャップ

TURATA スイムキャップ
TURATA
販売価格 ¥899(2018年5月16日23時7分時点の価格)

男女とも使えるユニセックスデザインのスイムキャップで、長い髪もしっかりと中にまとめることが出来ます。柔らかく伸縮性のあるシリカゲル素材を使用しており、人体工学デザインを採用しているのでフィットしつつ圧迫感は軽減できます。

9位:Peacoco スイミングキャップ

Peacoco スイミングキャップ
Peacoco
販売価格 ¥1,098(2018年5月16日23時7分時点の価格)

PUコーティングを施したストレッチ素材を使用しているスイミングキャップです。柔らかく伸縮性がある素材なので着脱がしやすく、撥水性がありながら通気性もあるという欲張りな商品です。

8位:arena スイムキャップ タフキャップ FAR-6910

arena スイムキャップ タフキャップ FAR-6910
arena(アリーナ)
販売価格 ¥988(2018年5月16日23時8分時点の価格)

公式大会では使用できませんが、毎日のハードなトレーニングに対応しているスイムキャップです。耐塩素性の強いタフスキンを使用したスイムキャップで、頭の形にしっかりとフィットしてくれます。

7位:MIZUNO スイムキャップ 2WAYトリコット ロングヘア用 85BE10209

MIZUNO スイムキャップ 2WAYトリコット ロングヘア用 85BE10209
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥1,117(2018年5月16日23時9分時点の価格)

トリコット素材を使った2wayスイムキャップです。後ろ側にゆとりのあるデザインを採用しているため、ロングヘアでもしっかりと包んでカバーしてくれます。

シルエットがすっきりとしており、しわができにくくきれいにかぶれます。

6位:FOOTMARK ゆったりアクアキャップギャザー 508001

FOOTMARK ゆったりアクアキャップギャザー 508001
FOOTMARK(フットマーク)
販売価格 ¥996(2018年5月16日23時9分時点の価格)

水中ウォーキングに適したスイムキャップで、かぶっても髪の毛がつぶれにくいゆったりサイズです。締めつけ感が弱く、スイムキャップをかぶったあとにゴムのあとが出来るのが気になる人にもおすすめできます。

5位:S4R ゆったりスイムキャップ

S4R ゆったりスイムキャップ
S4R(エスフォーアール)
販売価格 ¥680(2018年5月16日23時9分時点の価格)

締め付けの弱いタイプのスイムキャップで、頭のサイズが大きめの人や長時間かぶると頭が痛くなるという人に向いています。男女とも使えるサイズで、長い髪もしっかりとキャップ内に収まります。

4位:FOOTMARK スイムキャップ 水泳帽 ダッシュ 101121

FOOTMARK スイムキャップ 水泳帽 ダッシュ 101121
FOOTMARK(フットマーク)
販売価格 ¥385(2018年5月16日23時9分時点の価格)

メッシュ素材のスイムキャップで、昔から人気の高いロングセラー商品です。カラーバリエーションが20種類と豊富なので、好きな色を選んで使えるのがうれしいポイントです。

サイズもS~LLの4段階に分かれているので、老若男女使えます。

スイミングキャップおすすめランキング・ベスト3

3位:VIEW スイミングキャップ ゆったりサイズ V154

VIEW スイミングキャップ ゆったりサイズ V154
ビュー(VIEW)
販売価格 ¥738(2018年5月16日23時10分時点の価格)

通常のサイズのスイムキャップだと小さくて合わないという人でも使えるゆったりしたサイズのスイミングキャップです。ゆるすぎず程よい装着感があり、着脱もしやすいので使いやすい商品です。

2位:arena スイムキャップ テキスタイルキャップ ARN-8609

arena スイムキャップ テキスタイルキャップ ARN-8609
arena(アリーナ)
販売価格 ¥759(2018年5月16日23時10分時点の価格)

人気の高いメーカー「arena」のスイムキャップで、水着と同じ素材を使用しているので柔らかくかぶりやすい商品です。長時間の使用でも蒸れずに使え、お手入れも簡単なのも人気の理由です。

1位:Kodi スイムキャップ

Kodi スイムキャップ
Kodi
販売価格 ¥999(2018年5月16日23時10分時点の価格)

人間工学に基いて作られているため、圧迫感を軽減したフィット感が特徴のシリコン製スイミングキャップです。髪の短い人はもちろん、長い髪もしっかりとキャップの内側に収納できます。耳までしっかり覆うため耳に水が入るのを防いでくれます。

まとめ

アクアエクササイズをする男女スイミングキャップは機能としてもエチケットとしても水泳には必須のアイテムです。自分の用途やサイズに合わせたスイミングキャップを選びましょう。素材やデザイン、色なども選ぶポイントとして重要です。

どれを選べばよいか迷ってしまったときは、ぜひ上記のランキングを参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP