ドライバーを持つ男性、ゴルフ

【ゴルフ】ドライバーおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!正しい選び方から飛距離アップ間違いなしの打ち方まで教えます!

 

ドライバーの特徴は

多くのホールでティショットで使用するドライバーですが、その特徴については意外と知られていないことも多いです。

最もヘッドが大きく最も軽いクラブ

ドライバーは最も飛距離を出せるように作られています。ヘッドも大きいため重いクラブであるイメージがあるかもしれませんが、実は最も軽いクラブです。わずか300g前後しかありません。

また、ヘッドの形やシャフトの長さ・重さ・バランスなどにもクラブによってさまざまな違いがあります。

ドライバーごとに特性がある

同じように見えるドライバーでも、それぞれ特性が異なります。弾道が高くなるもの・低くなるもの、曲がりやすいもの、曲がりにくいもの、コントロール重視のもの、飛距離重視のものなど、さまざまなものがあります。

その中で自分がどのような点を重視してドライバーを選ぶのかを考えるようにしましょう。

ドライバーを選ぶポイントをチェックする

ドライバーを選ぶときのポイントは非常に多岐にわたります。ここでは初心者の人がどのようなポイントに気をつけて選べばよいかをご紹介します。

ヘッドの形をチェック

ヘッドの形には、上下が薄く平たい形の「シャローヘッド」と上下が厚く前後の幅が狭い「ディープヘッド」の2種類があります。

シャローヘッドは曲がりづらく、高い弾道のボールが打ち出せます。ディープヘッドはドローボールやフェードボールなどのコントロールがしやすく、弾道は低めですがその分ランが出やすくなります。

一般的に、プロゴルファーはディープヘッドを使う場合が多く、アマチュアゴルファーの間で「打ちやすい」と言われるドライバーにはシャローヘッドのものが多いです。

ロフト角をチェック

ロフト角とは、フェースの角度のことを指し、ロフト角が大きいほど高い弾道のボールを打つことが出来ます。ロフトには「表示ロフト(オリジナルロフト)」と「リアルロフト」の2種類があり、表示されているロフト角と、実測のロフト角が異なっているということはよくあります。

ドライバーを選ぶ際には、リアルロフトで最低でも10度以上、できれば11度以上のものがおすすめです。リアルロフトはゴルフショップなどで計ることが出来ますので、店員さんに確認してみると良いでしょう。

シャフトの長さをチェック

ゴルフクラブのシャフトは長いほどよく飛びますが、曲がりやすくなってしまうというデメリットもあります。試打や素振りをしてみてふらつくことなくしっかり振り切れる程度の長さのものを選ぶようにすると良いでしょう。

重さもチェック

軽いクラブの方が振りやすいと考える人もいるかもしれませんが、軽いクラブは「振れてしまう」ためにコントロールが難しくなります。そのため、若干重めの物を選んだ方が良いでしょう。

いくつかの異なる重さのものを素振り(または試打)したときに、全力でフルスイングしてブレがないものの中で一番重いものを選ぶ、という人もいます。一般的には300gくらいを基準にして、それより軽いか重いかを選ぶ事が多いです。

飛距離アップの打ち方はここをチェック!

ゴルフ飛距離をアップさせるためには正しいフォームで打つことが大切です。飛ばそう飛ばそうと思うあまりにフォームが崩れてしまったり力みすぎてしまったりということがよくあります。一つ一つのフォームをチェックしてみましょう。

しっかりテイクバックする

テイクバックするときに腕とドライバーが横に流れてしまうことがよくあります。テイクバックはドライバーを縦気味にするように意識しましょう。特に右肘が体にくっついている状態では十分な力を貯めることが出来ませんので、右肘と体から離すようにテイクバックしましょう。

体全体を使ってスイングする

腕の力だけでなく、体全体を使ってスイングすることを意識しましょう。テイクバック時には体を捻るようにし、腰を軸にして回転させるようにスイングします。クラブのヘッドを重りに見立て、体ごと大きく振りかぶって大きく振るイメージです。

体が流れてしまわないように、スイングするときに左足をぐっと踏み込むようにすると軸がしっかりします。テイクバック、スイング、フォロースルーまで腰の位置を変えないように出来るとベストです。

呼吸も大切

息を吸い込むと体が固くなり、息を吐くと力が抜けます。アドレスに入ったら息を吐き、呼吸を止めた状態でスイングに入りましょう。無駄な力が抜けるため力み無くスイングでき、芯にも当たりやすくなります。

ゴルフ・ドライバーおすすめランキング・20位〜11位

人気の高いドライバーの中からさらに厳選した20点をランキングにしてご紹介します。多くの人から支持されているモデルは打ちやすさ・安定性・飛距離・打球感などの長所が多いものばかりです。

20位:リンクス PARALLAX VS

リンクス PARALLAX VS
リンクス
販売価格 ¥19,000(2018年5月18日23時48分時点の価格)

シャフトが短い「超短尺」なドライバーなのでミート率が高く、高反発を生むカップフェース構造のヘッドで飛距離が伸びやすくなっています。軽量なのでフルスイングしやすいというのも特徴です。

19位:FOURTEEN GelongD(ゲロンディー) CT-315

FOURTEEN GelongD(ゲロンディー) CT-315
FOURTEEN(フォーティーン)
販売価格 ¥43,262(2018年5月18日23時49分時点の価格)

クラブの長さ、ヘッドの体積、反発力をルールの上限ギリギリまでアップさせたモデルで、より広いスイートスポットを持つためミート率も高く、長いシャフトと独自開発の「激心ヘッド」がエネルギーを高い効率で伝達出来るようになっています。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP