ドライバーを持つ男性、ゴルフ

【ゴルフ】ドライバーおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!正しい選び方から飛距離アップ間違いなしの打ち方まで教えます!

 

ドライバーの特徴は

多くのホールでティショットで使用するドライバーですが、その特徴については意外と知られていないことも多いです。

最もヘッドが大きく最も軽いクラブ

ドライバーは最も飛距離を出せるように作られています。ヘッドも大きいため重いクラブであるイメージがあるかもしれませんが、実は最も軽いクラブです。わずか300g前後しかありません。

また、ヘッドの形やシャフトの長さ・重さ・バランスなどにもクラブによってさまざまな違いがあります。

ドライバーごとに特性がある

同じように見えるドライバーでも、それぞれ特性が異なります。弾道が高くなるもの・低くなるもの、曲がりやすいもの、曲がりにくいもの、コントロール重視のもの、飛距離重視のものなど、さまざまなものがあります。

その中で自分がどのような点を重視してドライバーを選ぶのかを考えるようにしましょう。

ドライバーを選ぶポイントをチェックする

ドライバーを選ぶときのポイントは非常に多岐にわたります。ここでは初心者の人がどのようなポイントに気をつけて選べばよいかをご紹介します。

ヘッドの形をチェック

ヘッドの形には、上下が薄く平たい形の「シャローヘッド」と上下が厚く前後の幅が狭い「ディープヘッド」の2種類があります。

シャローヘッドは曲がりづらく、高い弾道のボールが打ち出せます。ディープヘッドはドローボールやフェードボールなどのコントロールがしやすく、弾道は低めですがその分ランが出やすくなります。

一般的に、プロゴルファーはディープヘッドを使う場合が多く、アマチュアゴルファーの間で「打ちやすい」と言われるドライバーにはシャローヘッドのものが多いです。

ロフト角をチェック

ロフト角とは、フェースの角度のことを指し、ロフト角が大きいほど高い弾道のボールを打つことが出来ます。ロフトには「表示ロフト(オリジナルロフト)」と「リアルロフト」の2種類があり、表示されているロフト角と、実測のロフト角が異なっているということはよくあります。

ドライバーを選ぶ際には、リアルロフトで最低でも10度以上、できれば11度以上のものがおすすめです。リアルロフトはゴルフショップなどで計ることが出来ますので、店員さんに確認してみると良いでしょう。

シャフトの長さをチェック

ゴルフクラブのシャフトは長いほどよく飛びますが、曲がりやすくなってしまうというデメリットもあります。試打や素振りをしてみてふらつくことなくしっかり振り切れる程度の長さのものを選ぶようにすると良いでしょう。

重さもチェック

軽いクラブの方が振りやすいと考える人もいるかもしれませんが、軽いクラブは「振れてしまう」ためにコントロールが難しくなります。そのため、若干重めの物を選んだ方が良いでしょう。

いくつかの異なる重さのものを素振り(または試打)したときに、全力でフルスイングしてブレがないものの中で一番重いものを選ぶ、という人もいます。一般的には300gくらいを基準にして、それより軽いか重いかを選ぶ事が多いです。

飛距離アップの打ち方はここをチェック!

ゴルフ飛距離をアップさせるためには正しいフォームで打つことが大切です。飛ばそう飛ばそうと思うあまりにフォームが崩れてしまったり力みすぎてしまったりということがよくあります。一つ一つのフォームをチェックしてみましょう。

しっかりテイクバックする

テイクバックするときにとドライバーが横に流れてしまうことがよくあります。テイクバックはドライバーを縦気味にするように意識しましょう。特に右が体にくっついている状態では十分な力を貯めることが出来ませんので、と体から離すようにテイクバックしましょう。

体全体を使ってスイングする

の力だけでなく、体全体を使ってスイングすることを意識しましょう。テイクバック時には体を捻るようにし、を軸にして回転させるようにスイングします。クラブのヘッドを重りに見立て、体ごと大きく振りかぶって大きく振るイメージです。

体が流れてしまわないように、スイングするときに左足をぐっと踏み込むようにすると軸がしっかりします。テイクバック、スイング、フォロースルーまでの位置を変えないように出来るとベストです。

呼吸も大切

息を吸い込むと体が固くなり、息を吐くと力が抜けます。アドレスに入ったら息を吐き、呼吸を止めた状態でスイングに入りましょう。無駄な力が抜けるため力み無くスイングでき、芯にも当たりやすくなります。

ゴルフ・ドライバーおすすめランキング・20位〜11位

人気の高いドライバーの中からさらに厳選した20点をランキングにしてご紹介します。多くの人から支持されているモデルは打ちやすさ・安定性・飛距離・打球感などの長所が多いものばかりです。

20位:リンクス PARALLAX VS

リンクス PARALLAX VS
リンクス
販売価格 ¥19,000(2018年5月18日23時48分時点の価格)

シャフトが短い「超短尺」なドライバーなのでミート率が高く、高反発を生むカップフェース構造のヘッドで飛距離が伸びやすくなっています。軽量なのでフルスイングしやすいというのも特徴です。

19位:FOURTEEN GelongD(ゲロンディー) CT-315

FOURTEEN GelongD(ゲロンディー) CT-315
FOURTEEN(フォーティーン)
販売価格 ¥43,262(2018年5月18日23時49分時点の価格)

クラブの長さ、ヘッドの体積、反発力をルールの上限ギリギリまでアップさせたモデルで、より広いスイートスポットを持つためミート率も高く、長いシャフトと独自開発の「激心ヘッド」がエネルギーを高い効率で伝達出来るようになっています。

飛距離を出したい人にはおすすめです。

18位:DUNLOP XXIO X(ゼクシオ テン)MP1000

DUNLOP XXIO X(ゼクシオ テン)MP1000
DUNLOP(ダンロップ)
販売価格 ¥54,990(2018年5月18日23時49分時点の価格)

ダンロップの人気モデル「ゼクシオ」の最新モデルで、芯を上下・左右に広げているため従来モデルよりも反発エリアが34%もアップしています。重心をより後方に置いているため、軽量ながらしっかりとヘッドの重さを感じたスイングが出来ます。

17位:ORLIMAR チタンドライバー ORM-555 【ヘッドカバー付き】

ORLIMAR チタンドライバー ORM-555 【ヘッドカバー付き】
ORLIMAR(オリマー)
販売価格 ¥9,799(2018年5月18日23時49分時点の価格)

大型ヘッドでスイートスポットも広く、高反発なヘッドを使用しているので驚きの初速を体験できます。独自開発の軽量カーボンシャフトを採用しているので軽量でスイングしやすく、スピン量を抑えるフェース加工でランも出やすくなっています。

16位:MIZUNO(ミズノ) MP TYPE-1

MIZUNO(ミズノ) MP TYPE-1
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥49,450(2018年5月18日23時49分時点の価格)

高い反発力を生む「ウェーブテクノロジーソール」を採用しているため、フェースのセンター部分のたわみが10%アップしています。フェース部分にはしなやかかつ強靭な「ストロングフォージドエリートチタン」を採用しています。

15位:MIZUNO(ミズノ) ドライバー GX

MIZUNO(ミズノ) ドライバー GX
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥55,699(2018年5月18日23時49分時点の価格)

航空宇宙工学で使用されている素材「ストロングフォージドエリートチタン」を採用したヘッドは一般のチタンより10%程度高い強度を持つため、より薄くたわみやすく出来ており高い瞬発力を産んでいます。

さらに通常の商品よりも高初速エリアを17%広く作られているため、打ちやすく飛びやすいと評判です。

14位:ムツミホンマ (MUTSUMI HONMA) 高反発 チタンドライバー MH500X2

ムツミホンマ (MUTSUMI HONMA) 高反発 チタンドライバー MH500X2
ムツミホンマ (Mutsumi Honma)
販売価格 ¥34,800(2018年5月18日23時50分時点の価格)

本間睦氏が作成した芸術品とも言える名ドライバーで、低重心・深重心のヘッドと高い反発係数で安定して飛距離を出すことが出来ます。シャフトも軽量な4軸カーボンシャフトを採用しているため、ねじり・曲げに強く復元力が高く方向性も飛距離もアップしています。

13位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) FUBUKI TM5

TAYLOR MADE(テーラーメイド) FUBUKI TM5
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥43,000(2018年5月18日23時50分時点の価格)

初速をアップさせスイートスポットが広い「ハンマーヘッド」という新テクノロジーを採用したドライバーで、よりまっすぐに飛距離が出るような「ツイストフェース」も搭載しています。

曲がりが少なくなったので飛距離が伸びた!という喜びの声も多いです。

12位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) エアロバーナー 2016 USモデル

TAYLOR MADE(テーラーメイド) エアロバーナー 2016 USモデル
TAYLOR MADE(テーラーメイド)
販売価格 ¥15,980(2018年5月18日23時50分時点の価格)

ヘッドスピードをアップさせるヘッドの形状をしており、貫通型のスピードポケットを搭載しているため高弾道で飛距離が出やすいドライバーです。なおこのモデルはUS限定モデルなので人の目を引くこと間違いなしです。

11位:Callaway(キャロウェイ) BIG BERTHA 日本仕様

Callaway(キャロウェイ) BIG BERTHA 日本仕様
キャロウェイ(Callaway)
販売価格 ¥21,022(2018年5月18日23時50分時点の価格)

スライド可能なウェイトを搭載しているため、思い通りの弾道で飛ばせます。フェースの反発係数の高いハイパースピードフェースを採用しているため、初速をアップして飛距離を出すことが出来ます。

ゴルフ・ドライバーおすすめランキング・10位〜4位

10位:パワービルト【短尺】DH-510 ドライバーPBSDH1W

パワービルト【短尺】DH-510 ドライバーPBSDH1W
パワービルト
販売価格 ¥13,970(2018年5月18日23時50分時点の価格)

公式な大会では使用できない高反発ヘッドを採用しているため、驚きの飛距離アップが実現出来ます。体積の大きなヘッドで安定したスイングが出来、12.5°という高いロフト角で高い弾道のボールを打ち出せます。短尺で振りやすいドライバーです。

9位:BRIDGESTONE(ブリヂストン) JGR ドライバー Tour AD J16-11W

BRIDGESTONE(ブリヂストン) JGR ドライバー Tour AD J16-11W
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
販売価格 ¥32,000(2018年5月18日23時51分時点の価格)

たわみやすく初速がアップするように作られており、フェースに独自開発のパワーミーリングを採用しているためバックスピンを減らして飛距離が出るように作られているモデルです。

シャフトも軽量なものを採用し、スイングスピードと安定性が両立出来るように作られています。

8位:Callaway(キャロウェイ) GBB EPIC STAR

Callaway(キャロウェイ) GBB EPIC STAR
キャロウェイ(Callaway)
販売価格 ¥47,400(2018年5月18日23時51分時点の価格)

フェースがたわんだときにエネルギーのロスを減らせるような「JAILBREAK」テクノロジーを採用し、フェース裏の2本の柱がたわみを最大限に活かします。航空宇宙学を応用したヘッド形状で空力性がアップしています。

7位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) グローレ F GL3000/3300

TAYLOR MADE(テーラーメイド) グローレ F GL3000/3300
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥40,700(2018年5月18日23時51分時点の価格)

「HOT LIST JAPAN2015」に置いてゴールドメダルを獲得したドライバーで、ヘッドの完成度、低スピン、インパクト時の感触などが高い評価を得ています。高弾道で安定して飛ばせるドライバーです。

6位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) 2017 M2 ドライバー TM1-217

TAYLOR MADE(テーラーメイド) 2017 M2 ドライバー TM1-217
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥37,000(2018年5月18日23時51分時点の価格)

大きなヘッドを採用し、打点がズレても弾道がブレにくく安定して飛距離を稼げるドライバーです。曲がりが少ないため初心者にもおすすめの一本です。

5位:BRIDGESTONE(ブリヂストン) PHYZIII ファイズスリー ドライバー PZ-504W

BRIDGESTONE(ブリヂストン) PHYZIII ファイズスリー ドライバー PZ-504W
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
販売価格 ¥67,869(2018年5月18日23時51分時点の価格)

「パワースリット」を採用したヘッドでインパクト時のたわみを最大に活かし、高初速かつ高い弾道で飛距離のアップを実現します。新設計のシャフトがスイングしたときのタメをしっかりと飛距離に活かします。

4位:ムツミホンマ (Mutsumi Honma) プレミアムチタンドライバー MH488X

ムツミホンマ (Mutsumi Honma) プレミアムチタンドライバー MH488X
ムツミホンマ (Mutsumi Honma)
販売価格 ¥29,800(2018年5月18日23時52分時点の価格)

488ccの大型ヘッドは低重心・深重心なのでスイングしやすくしっかりと力をボールに伝えます。インナーウェイトを内蔵しているため軽量でも安定したスイングが可能です。

飛びと安定性は「魔法のようだ」という感想も出ているほどです。

ゴルフ・ドライバーおすすめランキング・ベスト3

3位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) グローレF2 GL6600

TAYLOR MADE(テーラーメイド) グローレF2 GL6600
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥44,688(2018年5月18日23時52分時点の価格)

「グローレF」がモデルチェンジをして生まれ変わりました。飛距離が出やすいのはもちろん、スイートスポットが広く、スピンも少なめなので初速も出やすくランも期待できます。

2位:DUNLOP(ダンロップ) XXIO9 ゼクシオ ナイン ドライバー MP900

DUNLOP(ダンロップ) XXIO9 ゼクシオ ナイン ドライバー MP900 カーボンシャフト
DUNLOP(ダンロップ)
販売価格 ¥37,240(2018年5月18日23時52分時点の価格)

ヘッドの重量をアップさせ、低く深い重心と高い反発性能でスイングの安定性も飛距離もアップさせています。打感も非常に良いと評判の一本です。

1位:DUNLOP(ダンロップ) XXIO ゼクシオ エイト ドライバー MP800

DUNLOP(ダンロップ) XXIO ゼクシオ エイト ドライバー MP800カーボン
DUNLOP(ダンロップ)
販売価格 ¥32,700(2018年5月18日23時52分時点の価格)

より新しいモデルが販売されているにも関わらず、今でも人気が高い「ゼクシオ エイト」です。広いスイートスポットでミスショットが少なくなるためしっかりと飛距離が出ます。

スイングスピードを効率よく距離に転換できる上、打ったときの打球音も心地よいと評価が高い一本です。

まとめ

ドライバー選びを「最初の1本」と位置づける人も多く、どんなドライバーを選べばよいのか悩んでしまう人は多いです。中級者や上級者であれば自分のスイングのクセや好みの重量・バランス・打球感などがありますが、初心者の中にはフィーリングで購入するという人も多いです。

打ちやすいと評判のモデルや人気の高いモデルを購入するというのは初心者にとってはクラブ選びの良い方法です。ぜひ上記のランキングでご紹介したモデルを参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. キックする前のラグビー選手
  3. タックするラグビー選手
  4. 柔道の試合
  5. プランクする男女
  6. フィールドホッケー
  7. ボクサー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP