青い波でサーフィンする男性

【メンズ】ウエットスーツおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!激安だけど高性能なコスパモデルはコレ!

 

マリンスポーツの盛んになる季節がやってきました。そして、マリンスポーツに欠かせないアイテムがウエットスーツ。サーフィン、スキューバダイビングなど、水とのコンタクトが非常に多いためウエットスーツには高性能のものが求められます。

数あるウエットスーツの中から、特にコストパフォーマンスに優れたおすすめウエットスーツ12選をランキングでご紹介します。

ウエットスーツの役割

そもそもウエットスーツとはどのような役割を持っているのでしょうか。その役割を知っておけば、ウエットスーツを選ぶ際に役に立つかもしれません。

トライアスロン スイム

体の温度を保つ

ウエットスーツの重要な役割は、水の冷たさから体を守ってくれる保温性があることです。ウエットスーツと肌の間に入った水の温度が体の熱で上昇し、適度な体温を保ちます。この機能により体温を下げることなく快適に動くことが可能になります。

体温をほどよく保ちながら体自体は水に濡れるため、ウエットスーツという名前で呼ばれています。

外部から体を守る

体全体を覆うウエットスーツを着用することで、水中でのクラゲなどの攻撃やマリンスポーツ中に起こりうるケガや衝撃から身を守ることができます。

ウエットスーツを選ぶポイント

ウエットスーツを購入する場合、自分に必要な条件などを考慮しいくつかの大切なポイントを抑えておけば選びやすくなります。

サーフィン

フィット感

一番大切とも言えるポイントが体にしっかり合ったサイズのウエットスーツを選ぶということです。適度なフィット感がありながら、不快なくスムーズに動けることが重要になります。

大きいサイズのものを着用すると余分な水の出入りが多くなり、保温性を保つことができなくなります。

ウエットスーツを着用する場所

どこでウエットスーツを使用するかによってウエットスーツの選び方も変わってきます。水温が低い場合は厚手のウエットスーツ。逆に水温が比較的高いところで着用する場合は、薄手のウエットスーツや半袖・半ズボンタイプのものでも大丈夫でしょう。

ポケットやパッドが必要か

こちらは必須ではありませんが、ウエットスーツを選ぶ時に頭に入れておきたい大切な要素です。必要な小物を入れるポケットや、耐久性や衝撃などから保護するひざパッドなども、ウエットスーツを選ぶ際のポイントのひとつになると言えるでしょう。

自分には何が必要なのかニーズを考えながら選ぶことが重要です。

ウエットスーツの種類

ウエットスーツにはいくつかのタイプがあります。それぞれの条件やニーズにきちんと合ったウエットスーツを選ぶことで、マリンスポーツを快適に楽しむことができるでしょう。ウエットスーツには以下のようなタイプがあります。

ランニング用サングラスをする男性

  • フルスーツ・・・体全体を覆うウエットスーツ。さまざまなマリンスポーツで活用できる一般的なウエットスーツです。
  • シーガル・・・半袖+ロングパンツタイプのウエットスーツ。暖かい場所でのマリンスポーツに適しています。ジャケットタイプのウエットスーツと合わせることで、季節を問わずに着用できます。
  • ロングスリーブスプリング・・・長袖+ショートパンツタイプのウエットスーツ。水温は温かく、外気温が低い場所に適しています。
  • スプリング・・・半袖+ショートパンツタイプのウエットスーツ。シーガル同様、暖かい場所での着用に適したウエットスーツです。ショーティーとも呼ばれています。
  • その他・・・上記のようなつなぎタイプの他に、タッパー(ジャケットタイプ)、ベスト、ウエットパンツ、フード付きのウエットスーツなどもあります。着用時の条件やコーディネイトなどを考えて買い揃えるのもいいでしょう。

ウエットスーツの手入れと保管

ウエットスーツはしっかりとしたメンテナンスを心がけることで、長い期間使用することができるアイテムです。ウエットスーツを購入したら正しい洗濯と保管を行い、その機能性を持続させましょう。

水素水

  1. ウエットスーツ着用後は毎回、石鹸や洗剤を使わず真水またはぬるま湯で洗い流します
  2. 特に中側に注意し、染み込んだ潮やニオイを落としながら水を数回変えて揉み洗いしいます。
  3. 洗ったウエットスーツは、肩幅の広いハンガーにかけて陰干しし、ひっくり返しながら表も裏もしっかり乾かします。太陽の光はウエットスーツの素材にダメージを与えるので直射日光で乾かすのは避けましょう。乾燥機やドライヤーで乾かすのもNGです。
  4. ファスナーが付いているものはファスナーを閉じ、折り畳まずに肩幅の広いハンガーにかけて保管します。通常のハンガーに吊るすとウエットスーツの肩部に負担がかかります。できれば専用のハンガーを使用することがウエットスーツを長持ちさせる秘訣です。

メンズウエットスーツ人気おすすめランキング:12位〜4位

数あるウエットスーツの中から、人気の高いおすすめウエットスーツ12選をご紹介しいます。高性能でありながらリーズナブル。コストパフォーマンスに優れたウエットスーツのランキングです。

12位:MORGEN SKY ウェットスーツ 男女兼用 3mm ウェットベスト

MORGEN SKY ウェットスーツ 男女兼用 3mm ウェットベスト
MORGEN SKY
販売価格 ¥2,760(2018年5月28日16時25分時点の価格)

ベストタイプのウエットスーツは、シュノーケリングやサーフィンから釣り、水泳まで幅広く使用することが可能です。暖かい場所でも、少し体温が下がってきたなと感じたら気軽に着用できるウエットベスト。

サーフパンツやウエットパンツなどと組み合わせやすく、耐久性や保温性にも優れた便利に使える一着です。

11位:MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm フルスーツ

MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm フルスーツ
MORGEN SKY
販売価格 ¥7,880(2018年5月28日16時49分時点の価格)

一般的によく使用されるフルスーツタイプのウエットスーツです。人間工学に基づいて考えられた構造なので、体へのフィット感がよく保温性に優れ快適に動くことができます

後ろにファスナーが付いているので、脱ぎ着が容易に行なえストレスになりません。フルスーツタイプでこの価格はコスパが非常に高いと言えるでしょう。

10位:MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm ロングパンツ

MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm ロングパンツ
MORGEN SKY
販売価格 ¥3,980(2018年5月28日17時49分時点の価格)

このロングパンツタイプのウエットスーツは耐久性に優れ、マリンスポーツを始めウォーターウォーキングや沢登り、磯釣りなどでも活躍してくれます。

ジャケットやベストのウエットスーツと組み合わせることも可能。機能性が良くコスパが高いので、一着購入しておけば非常に便利なウエットスーツです。

9位:MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 2mm ジャケット

MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 2mm ジャケット
MORGEN SKY
販売価格 ¥3,780(2018年5月28日18時29分時点の価格)

10位のロングパンツタイプとも合わせられる、着回し力の高いジャケットタイプのウエットスーツです。フロントにファスナーが付いていて脱ぎ着が簡単。いつでもどこでもすぐに着用しやすくなっています。

2mmの薄手なので、暖かい場所でのマリンスポーツにおすすめのウエットスーツです。

8位:ウェット素材 滑り止め厚底フィンソックス/ダイビングソックス

ウエットスーツを購入するのであれば、同じ素材のソックスも揃えてみてはどうでしょうか。滑り止めを施したソックスは、サーフィンやスキューバダイビング、ジェットスキーなどのマリンスポーツにおすすめのアイテムです。

また厚底になっているので、地面との接触で起きる怪我などから体を保護することができます。

7位:Layatone ウェットスーツ メンズ 3mm ショートパンツ

Layatone ウェットスーツ メンズ 3mm ショートパンツ
Layatone
販売価格 ¥3,077(2018年5月28日18時41分時点の価格)

水泳や素潜りなどサーフパンツだけでは心配な時に気軽に着用できる、ショートパンツタイプのウエットスーツです。特にウエットスーツ初心者は、いきなりフルスーツではなく、ショートパンツのようにコスパが高く気軽に着用できるものから購入してみてはどうでしょう。

ウエストバンドは自分で好きなように調節が可能。ベーシックなブラックと目を引く迷彩柄から選べます。

6位:メンズ 3mm スプリング HeleiWaho ヘレイワホ

メンズ 3mm スプリング HeleiWaho ヘレイワホ
Hele i Waho(ヘレイワホ)
販売価格 ¥5,389(2018年5月28日19時0分時点の価格)

スプリング(ショーティー)タイプは、水温や外気温の高い場所でのマリンスポーツに最適のウエットスーツです。フラットシーム仕様で肌当たりもよく、また、伸縮性と防水性を考えたパイピングなどディテールにこだわっています。

爽やかなブルーを使ったウエットスーツは見た目も好印象。高性能な上この価格はコストパフォーマンスも高いので、おすすめの一着と言えるでしょう。

5位:3mmダイビングスーツ ウェットスーツ

3mmダイビングスーツ ウェットスーツ
XINTOWN
販売価格 ¥5,480(2018年5月28日19時11分時点の価格)

背中にロングファスナーを取り付け、脱ぎ着しやすい構造になっているので、初心者におすすめのフルスーツと言えます。伸縮性が高いのでフィット感を得やすく、初心者でも快適にマリンスポーツを楽しむことができます。

数色のカラーバリエションから選択できるので、自分の好みに合ったベストなウエットスーツが見つかるでしょう。

4位:ショートジョン 保温インナー FELLOW サーフィン

ショートジョン 保温インナー FELLOW サーフィン
FELLOW
販売価格 ¥4,980(2018年5月28日19時22分時点の価格)

ウエットスーツの中に着るインナーがあるかないかでは大きな違いがあります。インナーを着ることで保温性をさらに高めるだけでなく、ウエットスーツの脱ぎ着が非常にスムーズになります。

ウエットスーツ購入の機会に、インナーを一緒に揃えてみるのも良いでしょう。

メンズウエットスーツ人気おすすめランキング:3位〜1位

3位:メンズ 3mm スプリング HeleiWaho ヘレイワホ 3mm スーパーストレッチ

メンズ 3mm スプリング HeleiWaho ヘレイワホ 3mm スーパーストレッチ
Hele i Waho(ヘレイワホ)
販売価格 ¥6,901(2018年5月28日20時57分時点の価格)

6位と同じメーカーのスプリングタイプ。こちらはスーパーストレッチ仕様のウエットスーツとなっています。 優れた伸縮性のウエットスーツは最高のフィット感を与えてくれるため、快適な動きでマリンスポーツを行うことができます。こだわりの素材を使い、耐久性や安全性を提供。

体のラインをスマートに見せてくれるデザインなど、細部まで考慮されウエットスーツです。

2位:MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm ロングパンツ タイト

MORGEN SKY ウェットスーツ メンズ 3mm ロングパンツ タイト
MORGEN SKY
販売価格 ¥3,280(2018年5月28日21時15分時点の価格)

ダイビングやサーフィンを始めとするマリンスポーツから、渓流釣りやサイクリングまで幅広く活用できる、ロングパンツタイプのウエットスーツです。体にしっかりフィットする素材が運動性と保温性を高め、また耐久性にも優れています。

シンプルでありながら、膝部分の耐摩擦を兼ねたユニークななデザインが特徴的です。

1位:MORGEN SKY ウェットスーツ 長袖ジャケット フロントジッパー

MORGEN SKY ウェットスーツ 長袖ジャケット フロントジッパー
MORGEN SKY
販売価格 ¥4,480(2018年5月28日22時54分時点の価格)

人気のおすすめウエットスーツランキング第1位は、ジャケットタイプのウエットスーツです。フロントジッパーが付いたジャケットタイプは脱ぎ着しやすく、気軽にいつでも着用することが可能。

サーフパンツやウエットパンツと組み合わせることができるので、コーディネイトを楽しむこともできます。このウエットスーツは3mmと5mmの厚さのものを提供。気候や水温を考えてベストなものを選びましょう。

まとめ

空気入れ

マリンスポーツに欠かすことのできないウエットスーツ。人気のおすすめウエットスーツ12選をご紹介しました。ウエットスーツは、一度購入したら正しく保管しておくことで長く使用することができます。

上記の人気おすすめウエットスーツ12選を参考に、保温性や伸縮性、耐久性や動きやすさなど、高性能かつコスパの優れたものを選び、安全で快適なマリンスポーツを楽しみましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP