スノーボード道具

【スノーボード】ビンディングおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方!種類と付け方も教えます!

 

スノーボードのビンディングの特徴と種類

スノーボードに乗る女性 ビンディングはボードとブーツをつなぐ大切なパーツです。まずはビンディングの特徴や種類をチェックしましょう。

ビンディングの特徴

ビンディングは「バインディング」とも呼ばれるパーツです。ボードを操作するときにからボードに力を伝達するための部品で、ビンディングがブーツやに合っていないというだけでボードが思うように動かず、楽しさも半減してしまいます。

もちろん安全性という点でもビンディング選びは大切です。

ビンディングの種類その1・ストラップ型

最もオーソドックスなビンディングがストラップ型と言われるタイプです。足首の部分のアンクルストラップと、つま先の部分のトゥストラップの2ヶ所を締めることでボードとブーツを固定します。

2つのベルトが独立しているため、自分の好みの締め具合にすることができるというのが最大のメリットです。ただし取り付けるのに手間がかかるのがデメリットです。

種類が多いためカラーリングやデザインなども豊富で、気に入ったものを選びやすいモデルです。

ビンディングの種類その2・クイックエントリー型

ストラップ型を装着する手間が嫌だ!という人におすすめなのがクイックエントリー型です。を突っ込んで後方のパーツを跳ね上げるだけでしっかりと固定出来ます。

慣れてしまえば数秒で装着できるというのが大きなメリットです。ストラップが無くビンディングの上に足を乗せて踏み込むだけで装着できるステップイン型というのもありますが、ブーツの種類が限られます。

初心者でも大丈夫!スノーボードのビンディングの選び方

スノーボードをする男性初心者はどんなビンディングを選べばよいのか悩んでしまうはず。ですが以下のポイントをしっかりと掴んでおけば、自分に合ったビンディングを選ぶことが出来ます。

必ず店頭で試してみる

ネットやカタログに書いてある情報だけで選ぶのではなく、必ず一度店頭で試してみましょう。最終的にネットで購入するということになったとしても、絶対に試着してから買うようにするのが大切です。

必ず靴下とスノボ用ブーツを持参するようにしましょう。

サイズをチェックする

ブーツがセンチ表記になっているのに対し、ビンディングはS〜XLまでのサイズ表記になっています。それぞれのサイズが対応しているブーツのサイズはメーカーによって異なるため、必ず事前にチェックしておきましょう。

かかとを合わせる

まずはかかとをしっかり合わせてみましょう。ブーツの形状とヒールカップがしっかり合っているかどうか、ゆるかったりきつすぎたりしていないかどうかをチェックしましょう。

つま先を合わせる

かかとを合わせたら、次はつま先もチェックしましょう。トゥストラップを装着した状態で足の幅や甲の高さにフィットしているかどうかを確認します。

また、ベースプレートからつま先が出てしまっていないかどうかもチェックしましょう。逆に足が小さくベースプレートの先端が余ってしまっていると、足からボードにうまく力が伝達出来ません。

ベースプレートの固さや衝撃吸収性をチェックする

ベースプレートの固さ、衝撃吸収性などをチェックしましょう。店頭では実際にすべって確かめることが出来ないため、店員さんに聞いてみたりカタログを確認したりします。また、ネットの口コミも参考になる場合が多いです。

ハイバックの柔らかさや高さをチェックする

ハイバックにも固さ・柔らかさがあります。固いハイバックの方が操作性が高いというメリットがあるのですが、初心者向きではありません。初心者のうちはやわらかめのハイバックを選ぶと良いでしょう。

ハイバックの高さも大切です。高いハイバックはホールド感があるというメリットがありますが、高すぎるとふくらはぎに当たっている感覚があってうまくすべれない場合があります。ハイバックは低めの方が動きやすいため、トリックなどは出しやすくなります。

ブーツとビンディングの相性をチェック!

ブーツとビンディングには相性があります。両者が同じメーカー製であれば非常に相性が良いですが、別メーカーのブーツとビンディングでは場合によって合わないことがあります。

共同開発を行っているブランド、提携しているブランドのものを選ぶのが良いでしょう。わからない場合には店頭で聞いてみることをおすすめします。

ビンディングを取り付けるには

スノーボードをする男性ビンディングを取り付けるときの注意事項もチェックしましょう。

スタンスの幅

スタンスは広い方が安定感が生まれます。ですが広いと取り回しはしにくくなるため、斜面の凹凸の影響を受けやすくなります。また、広い分ひざを曲げにくくなるため、ひざを痛めることがあります。

スタンスが狭いと取り回しがしやすいため、ターンがしやすくなります。ただし幅が広いと足からボード両端までの距離が長くなるため、重さを感じやすくなります。

角度

正面から進行方向側に向かって角度が付いていることをプラスのアングル、進行方向と逆に角度がついていることをマイナスのアングルと言います。左右ともにプラスのアングルがついているのが「ノーマルスタンス」です。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. スノーボードでジャンプする人

    【メンズ】スノーボードウェア おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!上下セットや型落ちだけど高性能モ…

  2. スノーボード、女性

    【2018最新版】スノボグローブおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方、…

  3. ラグビーの選手

    【スポーツ選手】筋肉最強ランキングベスト10!スポーツマン最強の筋肉を持つ奴は誰だ!?

  4. エアロビクスをする女性たち

    エアロビクスのステップを覚えよう!自分に合ったクラスとプログラムで気軽に運動を!

  5. トライアスロン自転車

    トライアスロン初心者の方必見!トレーニング方法・おすすめ大会情報を紹介!

  6. スノーボード板を持つ男性

    スノーボード板おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方と型落ち高性能モデル…

  7. ボルダリングをしている女性

    ボルダリング初心者のための東京都内の施設5選!女子や初心者でも楽しめるのは?服装などのマナーも解説!…

  8. ラン

    福岡トライアスロンが大盛況!福岡市で初開催の白熱した耐久レースをレポート!

  9. 野球ボールとバット

    【野球】バットおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!選び方のコツ、安くておすすめなバットはコレ!

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. close up picture of woman trained abs
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. 女性のヒップ
  6. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  7. 綺麗な筋肉の男性
  8. 卓球選手
  9. 火災熱い組合せの野球
  10. 赤い腹筋ローラー
  11. 筋肉質な足
  12. 床に斜め crunches スポーティな男
  13. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  14. バドミントンプレイヤー
  15. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  16. アンクルウエイト
  17. 腹筋の綺麗な男性
  18. 足首を気遣うランナーの写真
  19. 腹筋の鍛えられた女性
  20. むきむきな男性
  21. 筋肉の美しい女性
  22. 卓球選手
  23. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  24. バスケの試合
  25. 軽いダンベル

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ミニハードルおすすめ人気ランキング20選!正しい練習法でトレーニング効果を最大化…
  2. 【スイミング】ゴーグルおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!メーカーや値段、度…
  3. 【ランニング】サングラスおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!初心者でも失敗し…
  4. ゴルフクラブ 【ゴルフ】クラブセットおすすめ人気ランキング7選を徹底比較!有名ブランドから初心…
  5. シャトル、ラケット、シューズ 【バドミントン】シューズおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方…
  6. グリーンの上のゴルフボール 【ゴルフ】ボールおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!アドレス時の最適なボール…
  7. 公園でフィットネスする女性 【レディース】フィットネスパンツおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!失敗しな…
  8. スキーゴーグルをした女性 【スノボ】ゴーグルおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方と安く…
  9. スノーボード板を持つ男性 スノーボード板おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方…
  10. 野球ボールとバット 【野球】バットおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!選び方のコツ、安くておすす…

カテゴリー

PAGE TOP