スノーボード、女性

【2019最新版】スノボグローブおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方、買うべきブランドはコレ!

 

スノボグローブの種類をチェック

スノーボード、スキー道具 スノーボードではボード、ウェア、ブーツなどに押されてしまいがちなグローブですが、安全性と保温性を考えるとしっかりとした品質のものを選びたいところです。

コーディネート的にも、しっかりとグローブまで含めたトータルコーディネートをして、ゲレンデで素敵にキメるのがベストです。まずはスノボ用グローブの種類をチェックしましょう。

5本指タイプ

最も一般的なのが5本指タイプです。種類も多くデザインやカラーバリエーションも豊富なので選びやすいのが特徴です。指が分かれているため、ビンディングを着脱したりストラップを締めたりという作業がしやすく、初心者は5本指タイプを購入しておけば間違いありません

ミトンタイプ・ロブスタータイプ

シルエット的におしゃれに見えるのがミトンタイプの特徴です。スキーのようにストックを使うわけでもないですし、ブーツのひももBoaシステムならダイヤルを回すだけで済むため、ビンディングの扱いに慣れてしまえばミトンタイプでも十分に作業が出来ます。

人差し指だけ分かれているロブスタータイプと呼ばれる3本指のグローブもあり、そちらの方がミトンタイプよりも細かい操作がしやすいです。ミトンタイプやロブスタータイプは5本指のものよりも温かいというのもメリットです。

パイプグローブ

パイプグローブとは薄手の生地で作られている5本指グローブで、暖かい季節に使うため「スプリンググローブ」とも呼ばれます。ハーフパイプなどで進化を発揮するグローブです。

パークや春先に使ったり、ハイクアップなどのような汗をかきやすいときにも使います。保温性は通常のグローブよりかなり劣りますが、中には防水性の高いものもあります。

袖に入れる?入れない?

グローブの裾をウェアの袖口に入れるタイプと入れないタイプがあります。ほとんどのグローブは裾を袖口に入れる「アンダータイプ」と呼ばれます。

裾が長くなっていてウェアの上にかぶせるタイプのものを「オーバータイプ」と呼び、裾の部分がコードで締められるようにできています。どちらを使うかは好みで選ぶと良いでしょう。

インナーグローブを使うのもおすすめ

保温性を高めるためにインナーグローブを使うのもおすすめです。温かいのはもちろん、インナーグローブを取り外して洗うことで、グローブ内部を清潔に保つことが出来ます。

グローブにもともと着脱可能なインナーグローブが付属している場合もありますので、確認してから購入しましょう。

初心者でも迷わないスノボグローブの選び方

スキー場にいる男性これからスノボを始める、あるいは初めてウェアやグローブを揃えるという人にも最適なグローブの選び方をチェックしてみましょう。

機能性と素材をチェック

まずは安全に滑れるように機能性と素材をチェックしましょう。防水性・保温性の高い素材を使用しているグローブを選ぶことが大切です。手を守ってくれる厚めのグローブを選ぶことも大切です。

特に防水性が高く放湿性もあるゴアテックス、使うほどに手になじむレザー、保温性の高いネオプレーンなどがあります。

デザイン性をチェック

機能性はもちろんですが、デザイン性もチェックしましょう。自分のウェアのカラーリングやデザインに合わせたものにするのがおすすめです。また、グローブだけ購入してウェアはレンタルという場合には、どんな色にも合わせやすい黒やダークグレーといった色がおすすめです。

サイズをチェック

グローブにもサイズがあり、メーカーによってサイズ感が異なります。特に指が長い人や手のひらの幅が広い人などは、ネットに口コミを確認して装着感やサイズを確かめると良いでしょう。

インナーグローブの有無をチェック

インナーグローブの有無もチェックしてみましょう。インナーグローブ付きのものは保温性も高く、手入れもしやすいのでおすすめです。もしインナーグローブのついていないものを買う場合は別に購入することも検討しましょう。

スノボグローブの正しいお手入れ方法をチェック

スキー場、ゲレンデ手のひらは体のなかでも汗腺が多い場所の一つです。雪山とはいえ保温性の高いグローブをつけての運動ですので、当然汗をかきます。グローブを長持ちさせるための正しいお手入れ方法をチェックしましょう。

洗濯機を使わず手洗いで!

基本的にはスノボ用グローブは洗濯機を使わない方が良いです。洗濯機を使うとひどく型くずれしてしまう場合があります。そのため、バケツや洗面器などに中性洗剤を入れたぬるま湯を用意して浸け置きか押し洗いをするのが一般的です。

しっかりすすいで乾かしたら防水スプレーを!

洗剤が残らないようにしっかりすすぎ、絞らずにタオルなどで水気を取ったら陰干しにします。洗濯物表示で平干しの表記があるものもあります。型くずれしやすいため絞ったりしないようにしましょう。

乾いたら防水スプレーをかけて仕上げます。

洗濯表示をしっかりチェック

グローブの中には水洗い不可のものやネットに入れて洗濯機OKのものなど、さまざまなものがあります。洗濯表示のタグをしっかり見ておくことが大切です。

スノボグローブおすすめランキング・15位〜11位

特に人気のあるブランドの中から保温性・防水性・コストパフォーマンスなどを考慮して厳選した20点をランキング形式でご紹介します。口コミやネットでの評価の高いものが多いので、信頼性の高いランキングです。

15位:ScoLar(スカラー) スノーボード ミトン SCG-695

ScoLar(スカラー) スノーボード ミトン SCG-695
ScoLar(スカラー)
販売価格 ¥3,990(2018年6月8日13時47分時点の価格)

かわいらしいデザインやカラーリングはもちろん、透湿防水素材を使用しウェア並の耐水圧を誇るなど機能性も高いミトンタイプのグローブです。インナーグローブ付きなので取り外して洗えるのもうれしいポイントです。

14位:Burton(バートン) GORE‑TEX CLUTCH MITT

Burton(バートン) GORE‑TEX CLUTCH MITT
Burton(バートン)
販売価格 ¥9,820(2018年6月8日13時47分時点の価格)

人差し指だけ分かれているロブスタータイプのミトンです。フィット感と保温性が高いアイテムで、Gnar Guardレザーを使用して耐久性も高く、GORE-TEXメンブレーンは防水透湿性・防風性に優れています。

13位:Burton(バートン) WB APPROACH UNDERGLOVE

Burton(バートン) WB APPROACH UNDERGLOVE
Burton(バートン)
販売価格 ¥17,760(2018年6月8日13時47分時点の価格)

人間工学設計で動きやすいグローブです。インナーは取外し可能なフリース製で、お手入れも簡単にできます。セーム革のゴーグルワイパーや、装着したままタッチスクリーンの操作が可能なScreen Grabも搭載しています。

12位:namelessage(ネームレスエイジ) GORE-TEX グローブ AGE-24S

namelessage(ネームレスエイジ) GORE-TEX グローブ AGE-24S
GLOOB
販売価格 ¥4,990(2018年6月8日13時47分時点の価格)

GORE-TEXを採用したグローブで、透湿・防水・防風性に加えて強度や耐久性も兼ね備えています。インナーにはマイクロフリース素材を使用しているため保温性も高いです。スノーボードはもちろん、スキーにも使用できます。

11位:QUIKSILVER CROSS GLOVE EQYHN03051

QUIKSILVER CROSS GLOVE EQYHN03051
QUIKSILVER
販売価格 ¥3,900(2018年6月8日13時48分時点の価格)

Warmflightを入れたインサレーションは保温性が抜群で、ゴーグルやノーズ用のサムパネルがついているので便利です。手首を通しておけるリーシュコードがついているため、グローブを外したときにも無くす心配がありません。

スノボグローブおすすめランキング・10位〜4位

10位:VOLCOM(ボルコム) Stay Dry Mitt

VOLCOM(ボルコム) Stay Dry Mitt
ボルコム
販売価格 ¥7,500(2018年6月8日13時48分時点の価格)

取外し可能なフリース製のインナーグローブがついて保温性抜群のミトンタイプグローブです。スウェードのノーズワイプパネル付きで、人体工学に基いて設計されているため、指のカーブによくフィットします。

9位:DC SHOE SEGER WMN MITT

DC SHOE SEGER WMN MITT
DC
販売価格 ¥3,510(2018年6月8日13時48分時点の価格)

DCブランドのレディース用ミトンです。防水性も保温性も高く、インナーには5本指ライナーがついているので、暖かさとフィット感を両立しています。親指にはゴーグル拭き用のスウェードパネルが付いています。

8位:VAXPOT(バックスポット) スノーボードグローブ VA-3961

VAXPOT(バックスポット) スノーボードグローブ VA-3961
VAXPOT(バックスポット)
販売価格 ¥2,499(2018年6月8日13時48分時点の価格)

非常に撥水・防水性が高く、水を弾いて湿気を外に放出してくれる高機能素材を採用しています。中綿には3M社製のThinsulateを採用しているため、保温性の高さを発揮してくれます。裏起毛で肌触りも良いのが特徴です。

7位:Burton(バートン) REVERB GORE‑TEX MITT

Burton(バートン) REVERB GORE‑TEX MITT
Burton(バートン)
販売価格 ¥9,720(2018年6月8日13時48分時点の価格)

バートンのメンズ用ミトンで、防水・透湿・防風性をすべて備えたGORE−TEXを使用しています。内側には起毛マイクロファイバーを使用したライナーがついているため暖かく快適です。

着けたままスマホの操作ができるScreen Grab Toughgripを採用しています。

6位:north peak(ノースピーク) スノーグローブ np-4434

north peak(ノースピーク) スノーグローブ np-4434
販売価格 ¥3,150(2018年6月8日13時49分時点の価格)

デザインにこだわる女性にピッタリのミトンタイプグローブです。耐水圧は5000mmと高く、同時に高い透湿性も備えているので汗をかいても快適です。インナーグローブ付きなので暖かく洗濯も簡単に出来ます。

5位:SEIRUS(セイラス) エキストリームオールウェザーグローブS15125

SEIRUS(セイラス) エキストリームオールウェザーグローブS15125
Seirus(セイラス)
販売価格 ¥4,320(2018年6月8日13時49分時点の価格)

驚きの完全防水仕様のグローブです。内側はフリースなので保温性も高く、内部に全く水を通さないのに湿気は放出できるという優れものです。フィット感も高いためおすすめのグローブです。

4位:Burton(バートン) WOMEN’S PROSPECT UNDER MITT

Burton(バートン) WOMEN'S PROSPECT UNDER MITT
Burton(バートン)
販売価格 ¥7,200(2018年6月8日13時49分時点の価格)

バートンのレディース用のミトングローブで、防水性と透湿性の高さが特徴です。DRYRIDE2レイヤー素材とThermacoreインサレーションを採用し、さらに内部には起毛マイクロファイバーがついているため暖かく肌触りが良いのが特徴です。

スノボグローブおすすめランキング・ベスト3

3位:THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) イーチップグローブ

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) イーチップグローブ
THE NORTH FACE
販売価格 ¥3,980(2018年6月8日13時49分時点の価格)

ハイクオリティな製品を輩出しているブランド・ノースフェイスのインナーグローブです。装着したままタッチスクリーンを操作することができ、このグローブの上からスノボ用グローブをつければ保温性もバッチリです。普段遣いの手袋としても活躍しそうです。

2位:Burton(バートン) GORE‑TEX UNDER MITT

Burton(バートン) GORE‑TEX UNDER MITT
Burton(バートン)
販売価格 ¥10,692(2018年6月8日13時50分時点の価格)

5本指インナーグローブ付きのミトンで、GORE-TEXを使用しているため高品質かつ快適に使用できる商品です。保温性の高さはもちろん透湿性も高く、加えて速乾性に優れたインナーグローブを採用しているので「温かいのにドライ」という2つの特徴を備えています。

1位:Burton(バートン) GORE‑TEX UNDER GLOVE

Burton(バートン) GORE‑TEX UNDER GLOVE
Burton(バートン)
販売価格 ¥34,357(2018年6月8日13時50分時点の価格)

2位はミトンでしたが、こちらは5本指タイプです。インナーのみ、シェルのみ、両方という3通りの使い方ができ、耐候性も高いため、どんな環境でも使用できるのが特徴です。便利なカイロポケット付きなので快適に過ごせます。

まとめ

スノーボードをする女性手がかじかむとそれだけで寒さが倍増した感じがしてしまいます。保温性が高く、かつ運動後の汗をしっかり放出してくれるグローブはスノボには必須のアイテムです。すべっているときや休憩時などの快適さに違いがでてしまうため、グローブは慎重に選びたいところです。

上記のランキングは人気モデルや評価の高いモデルを厳選していますので、ぜひグローブ選びの際の参考にしていただければ幸いです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP