シャトル、ラケット、シューズ

【バドミントン】シューズおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!失敗しない選び方と安くても高性能なコスパモデルをご紹介

 

バドミントンのネットバドミントンを行う際に、機動力をアップしてくれるのがシューズの役割です。グリップ力が高いもの、軽量なもの、横ブレを防いでくれるものなどさまざまなシューズがありますし、ヨネックス・ミズノ・アシックスなどの人気メーカーごとに特徴も異なります。

今回はシューズ失敗しない選び方と、コスパの高いモデルをランキング形式で10点ご紹介します。

バドミントンシューズは価格よりも性能で選ぶ!

バドミントンシューズに限らず商品を購入するときにはできるだけ安いものを選びたいというのが消費者の本音です。ですが、バドミントンシューズを選ぶときには価格以上に性能を重視する方が良いでしょう。

ケガ予防につながる

バドミントンは最大で横6.1m×縦6.7mのコートを最大に使って前後・左右にハイスピードで移動する必要のあるスポーツです。

バドミントンのシャトルは初速で平均時速350km以上(世界記録は493km/h)というものすごいスピードが出ますから、反応速度も移動スピードも速くなり、スタート・ストップを繰り返すことで足腰の関節にかなりの負担がかかります。

バドミントンシューズはその衝撃にも耐えられるように作られていますので、関節を守ってくれます。体育館シューズなどではすぐに関節を痛めてしまうでしょう。

パフォーマンスに違いが出る

バドミントンは前後左右への動きやスタート・ストップが多いため、滑りにくさ・動きやすさ・動きに耐えられる構造などが必要です。これらを全て備えたバドミントンシューズを履くことでパフォーマンスに違いが出てきます。

満足な動きをするためにバドミントンシューズは慎重に選びたいところです。

バドミントンシューズはクッション性で選ぶ!

バドミントンラケット怪我を予防するため、バドミントンシューズはまずクッション性を重視しましょう。スタート&全力ダッシュからのストップやジャンプ・着地など、ひざを始めとして足首や腰などにかなりの負担がかかります。

バドミントンは関節に負担がかかりやすい

室内での競技の場合、床素材にクッション性をもたせていることは多いですが、それでもバドミントンのプレー時にひざや腰にかかる負担は相当なものがあります。

ひざ・腰はスポーツ選手にとっては最も重要なポイントですからクッション性を重視することは大切です。

インナーソールで調節することも可能

靴のサイズを合わせるためにインナーソール(中敷き)を使う人もいますが、クッション性の高いインナーソールを入れることで好みのクッション性にするということもできます。

購入した靴のクッション性に不満がある場合はインナーソールを入れてみるのも良いでしょう。

各メーカーごとに特徴のあるソールを使用している

ヨネックスの「パワークッション」アシックスの「GEL」のように、メーカーごとに使用しているクッション材には特徴があります。各メーカーのウェブサイトやAmazonなどのネット通販サイトの商品ページで特徴が紹介されているので確認しましょう。

バドミントンシューズはグリップ力で選ぶ!

ラケットとシャトルバドミントンで自分の持っている力を最大限フロアに伝えるために、グリップ力を重視して選びましょう。また、グリップ力が高いと捻挫など怪我を予防することも出来ます。

多くのバドミントンシューズは十分なグリップ力がある

グリップ力で選ぶのが大切ですが、現在販売されているバドミントンシューズの多くが十分なグリップ力を備えていますので、基本的には問題ありません。

ですがその中でも反発力の強いソールを使用しているものもあります。ヨネックスの「パワークッション」は同社製の他の商品よりも反発力を10%以上アップしています。

横ブレなどを防ぐ構造も大切

急激なスタート・ストップを繰り返す中で安定したフォームで打つためには、横ブレを防ぐ構造になっていることも大切です。特に横移動からのストップ時には進行方向に力が流れてしまうため、サイドへのねじれを防止する構造になっているものを選びましょう。

それ以外のポイントでバドミントンシューズを選ぶには

バトミントンラケットクッション性やグリップ力以外にバドミントンシューズを選ぶポイントも見ていきましょう。

強度と耐久性をチェック!

急激な動きに耐えられるような強度や、繰り返し使っても壊れにくい耐久性を持つシューズを選びましょう。特に補強材が使用されているものは強度が高いのでおすすめできます。

メーカーが発表しているスペックはもちろんですが、ネットでの口コミは使用者の体験をもとに書かれていることが多いですからぜひ参考にしてみましょう。

通気性と軽さをチェック!

長時間のプレーをするときには通気性も大切です。暑さによって体力は確実に奪われますし、靴の中が蒸れた不快感でパフォーマンスが低下することもあります。通気性が悪いものは衛生面でも不安ですし、手入れもしにくいことが多いです。

また、重量も大切なポイントです。重いものは動きにくく疲れやすいというデメリットがあります。軽量さと通気性を優先してメッシュ素材を多く取り入れたものを選ぶと強度に不安が出る場合もありますから、上手くバランスを取って選びましょう

ジャストサイズのものを選ぼう

バドミントンシューズは機動性が大切ですから、ジャストサイズのものを選びましょう。大きいと靴の中で前後左右にズレたりすべったりすることがあり、動きにくくなります。

人によって足幅や甲の高さは異なりますので、メーカーごとの特徴を確認しましょう。国産メーカーのものは甲高・幅広サイズに対応していることが多いです。

気に入ったデザインでモチベーションアップ

バドミントンシューズはさまざまなカラーリングやデザインのものがあります。気に入った色やデザインのシューズを使うことでモチベーションが上がり、いつもより良いパフォーマンスが出来るという人もいます。

バドミントンシューズおすすめランキング・10位〜4位

多くの人に支持されているシューズの中からさらに厳選した10点をランキング形式でご紹介します。軽量性・衝撃吸収性はもちろん、デザインやカラーリングまで独自の基準で厳選した商品です。

10位:[ヨネックス] POWER CUSHION 03

[ヨネックス] POWER CUSHION 03
YONEX
販売価格 ¥12,000(2018年6月12日15時59分時点の価格)

軽量性はもちろん、高い衝撃吸収力と反発性能を持った「パワークッション」を搭載しているモデルです。横ブレに対応するため、スタビライザーをつま先からかかとまで大きなパーツで備えているため、フットワーク時に無駄な力をロスするがありません。

9位:[ヨネックス] POWER CUSHION 769SF

[ヨネックス] POWER CUSHION 769SF
YONEX
販売価格 ¥6,793(2018年6月12日16時0分時点の価格)

足幅が細めな人に最適な2Eサイズのシューズです。足が細くてなかなか合うシューズがないという人はぜひ試して欲しい一足です。商品名の示すとおりヨネックス独自の衝撃吸収材「パワークッション」をソールに搭載しています。

8位:[ヨネックス] POWER CUSHION AERUS2

[ヨネックス] POWER CUSHION AERUS2
YONEX
販売価格 ¥10,573(2018年6月12日16時0分時点の価格)

ヨネックス史上最軽量モデルで、スピーディーなプレーに最適な一足です。軽量でフィット感のよい「デュラブルスキンライト」を搭載し、激しい動きでも耐えられる用につま先にはタフガード、内部には補強内装材を備えています。

7位:[アシックス] LADY GEL-BLADE 6

[アシックス] LADY GEL-BLADE 6
ASICS
販売価格 ¥9,581(2018年6月12日16時0分時点の価格)

あざやかなコーラルオレンジが目を引く一足で、見た目だけではなく性能も折り紙つきです。アッパーはシームレス構造になっているため、履いたときに足に当たることもなくソフトな感触で、補強パーツ入りなので耐久性も十分です。

また、前後左右への激しい動きに対応できるようにフレックスグルーブを採用し、機動力を高めてくれます。

6位:[ヨネックス] POWER CUSHION820ミッド

[ヨネックス] POWER CUSHION820ミッド
YONEX
販売価格 ¥7,130(2018年6月12日16時1分時点の価格)

高さ7mから落としても卵が割れず、逆に4mもバウンドするほどの衝撃吸収素材「パワークッション」を採用したモデルです。同社製品では最軽量な部類のシューズで、履き心地のソフトな一足です。

ビビッドなカラーリングも特徴で、他の人と違うシューズを求める人にもおすすめです。

5位:[アシックス]  コートラッシング

[アシックス]  コートラッシング
ASICS
販売価格 ¥4,550(2018年6月12日16時1分時点の価格)

ミッドソールには衝撃吸収材のGELを内蔵してあり、足首やひざ・腰への負担を軽減してくれます。また、日本人の足型を研究して作られているため、甲高・幅広の人でもフィット感が良く使い心地も抜群です。

始めたばかりの人でも安心なクッション性が魅力です。

4位:[ヨネックス] POWER CUSHION 66

[ヨネックス] POWER CUSHION 66
YONEX
販売価格 ¥6,637(2018年6月12日16時1分時点の価格)

足幅2Eのスリムなモデルで、足を包み込むようなフィット感や一体感が特徴の「フレクションアッパー」を搭載しています。コーラルオレンジの明るめのカラーリングは人気のポイントです。

バドミントンシューズおすすめランキング・ベスト3

日本全国のプレーヤー達から特に支持の高い3点をご紹介します。この3点はどれを購入しても間違いは無い商品です。

3位:[ミズノ] ウエーブファング SS2 ミッド

[ミズノ] ウエーブファング SS2 ミッド
MIZUNO
販売価格 ¥8,300(2018年6月12日16時2分時点の価格)

スピードを求める人のためのスピードスタイルモデルです。軽量で足に良くなじんでフィットするアッパーがフットワークを邪魔せずにプレーできます。

通気性もよくシューズ内の温度を下げる働きのある「ミズノインタークール」を搭載しています。

2位:[ヨネックス] Power Cushion 65Z

[ヨネックス] Power Cushion 65Z
YONEX
販売価格 ¥8,089(2018年6月12日16時2分時点の価格)

16年ものロングセラーを誇るモデルで、フットワークが特徴の選手から人気の一足です。特に従来の商品より高性能な「パワークッションプラス」を搭載し、衝撃吸収性が25%、反発性が12%それぞれ向上し、軽量で足になじみやすいシューズです。

1位:[ヨネックス] POWER CUSHION 640 SHB640

[ヨネックス] POWER CUSHION 640 SHB64
ヨネックス(YONEX)
販売価格 ¥4,300(2018年6月12日16時3分時点の価格)

手入れのしやすい人工皮革をメインにしており、フィット感が高くつま先のゆったりした形が特徴のシューズです。幅広の人でも問題なく使用できます。

ソールに搭載された3層構造のパワークッションは衝撃吸収性が1.3倍、筋肉疲労度が10%軽減できるなど体への負担を軽くしてくれます。

まとめ

バドミントンラケット機動力アップ・ケガ予防・プレー時の快適性アップのため、シューズ選びは非常に重要ですが、どのモデルが良いのか目移りしてしまいがちです。そういうときには選ぶ際のポイントを絞り、自分の中での優先事項をチェックしていくようにすると選びやすいです。

また、ネットの評価を見るというのも良い方法の一つです。上記のランキングは口コミや評価の高いものから厳選していますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. タックするラグビー選手
  4. キックする前のラグビー選手
  5. フィールドホッケー
  6. プランクする男女

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP