ソフトボールをする女性バッター

【ソフトボール】バットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!初心者でも失敗しない選び方を教えます

 

ソフトボールは、野球から派生したスポーツ。野球よりも狭い場所ででき、回数が7回までと短いといった特徴があります。

また、下投げをするためボールのスピードが速くなりすぎず、また、ボールの大きさも野球より大きいため、小さな子どもからお年寄りまで、安全に楽しめるスポーツとなっています。

今回は、そんなソフトボールをこれから始める人に向けて、バットの選び方を解説します。選ぶときのポイントからおすすめ商品までご紹介しますので、バット選びに悩んでいる、マイバットがほしいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

バットを選ぶ前に知っておきたい野球とソフトボールの違い

ソフトボールは野球とよく似ているため、野球用バットをそのまま使ってもいいのではと考える人もいるかもしれません。しかし、冒頭でも触れたように、これら二つのスポーツには、実は大きな違いがあるのです。

ここではその中でも、バットの違いに関係する「大きさ」の違いに注目して解説します。

グラウンドの広さ

ホームベースから外野フェンスまでの距離は、野球では、男子が76.20m以上、女子が67.06m以上と定められています。

それに対してソフトボールは、男子が68.53m以上、女子が60.96m以上と、野球と比べるとかなり狭くなっています。

塁間距離

塁と塁の間の距離は、野球が24.431m。ソフトボールは、男子が14.02m、女子が13.11mと、10m以上短いのです。

ピッチャーとの距離

ピッチャーの投球距離は、野球が18.44mです。一方ソフトボールは、男子が14.02m、女子が13.11mとなっています。これも、ソフトボールの方が5m近く短くなっています

また、野球はマウンドと呼ばれる盛り上がった場所から投球しますが、ソフトボールは平坦なところからの投球になります。

ボールの大きさ

公式野球で使用するボールは、周囲の長さが22.9~23.5cm、重さは141.7~148.8gと定められています。

それに対してソフトボールは、小学校低学年で使われる、一番小さな1号球でも、周囲の長さが26.7cmあります。一般的に使われる3号球だと、周囲が30.48cm、重さは190~195gもあります。

このように、一見よく似ているようでも、野球とソフトボールには多くの違いがあります。小さなフィールドで大きなボールを使うため、バットもそれに合わせて、あまり飛びすぎず、かつボールをとらえやすい作りになっています。

ソフトボールをする上では、必ずソフトボール用のバットを使うようにしましょう。

ソフトボール用バットと野球用バットの違いとは

ソフトボールは野球から派生したスポーツですが、それぞれで使う道具には違いがあります。では、バットはどう違うのでしょうか。

バットの形

一般的にバットというと、グリップ部分が細く、先端に向かって徐々に太くなっていく形を思い浮かべるのではないでしょうか。実は、これは野球のバットに特徴的な形。

ソフトボール用のバットはグリップの上からいきなり太くなり、先端まで太さが均一になっています。また、野球用のバットよりも細く、短いのも特徴です。

これによって、全体のバランスがとれ、スイングしやすく、バットの芯でボールをとらえる、ミートに適した形になっているのです。一方、ソフトボールは野球よりも狭い場所でやることもあり、あまり遠くに飛びすぎない仕様になっています。

バットの素材

高校野球では金属を使う人が多く、大学野球やプロ野球では木製の仕様が義務付けられています。ソフトボールではそのような規定はありません。人気を集めているのは、カーボン製やFRP製のバットです。木製や竹製のものもありますが、これらを使う人はあまりいません。素材については、次の章で詳しく説明します。

ソフトボール用バットの選び方

ソフトボール用のバットといってもその種類はたくさんあり、どれを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。そんな方のために、バットを選ぶときのポイントを紹介します。
野球の練習風景

ボールの大きさ

ソフトボール用のボールには、3種類の大きさがあります。

  • 1号…小学校低学年の試合で使う(周囲の長さ26.7cm)
  • 2号…小学生の試合で使う(周囲の長さ28.6cm)
  • 3号…中学生以上の試合で使う(周囲の長さ30.5cm)

これに合わせて、バットにも1・2号用、3号用などの種類があります。使うボールの大きさを確認して、それに合わせたバットを選びましょう。

ボールの素材

ソフトボール用のボールは、革製のものとゴム製のものがあります。バットによってはこのボールの素材に合せた作りになっているものがあるので、確認しておきましょう。

重さ

バットの重さも、選ぶときの大切な基準です。重い方がボールを遠くに飛ばすことができますが、その分コントロールが難しく、初心者の方だとバットに振られてしまうおそれがあります。慣れるまでは、実際に持ってみて、少し軽いと感じるくらいのものが最適です。

バランス

ソフトボール用のバットは、重心によって3種類に分けられます。

  • トップバランス…先端に重心があるもの。遠心力が大きくなるため、飛距離が出やすい。一方で、コントロールが難しい面も。
  • ミドルバランス…中心付近に重心があるもの。トップバランスとカウンターバランスの長所をほどよく合わせ持っている。
  • カウンターバランス…グリップ付近に重心があるもの。飛距離は出にくいがコントロールしやすい。アベレージヒッター向き。

初心者の方には、飛距離もある程度出てコントロールもしやすいミドルバランスがおすすめです。慣れてきて、自分のスタイルが見つかったら、トップバランスやカウンターバランスのものを使ってみるとよいでしょう。

素材

木製や竹製のものも売られていますが、主流なのは、アルミなどの金属製(超々ジュラルミンなど)、カーボン製、FRP(繊維強化プラスチック)製などです。それぞれに特徴がありますが、初心者の方には、軽くてしなりのあるカーボン製か、同じく軽くて、さらに飛距離の出やすいFRPがおすすめです。

ソフトボール用バットを選ぶ前には必ず試用を

ソフトボール用のバットを買う前に、ぜひしておきたいのが、実際にバットを使ってみることです。

まずは形から、と一気に道具をそろえてしまう人もいますが、バットに関してはそれはおすすめできません。重さやバランス、素材などはわかっても、微妙な長さの違いなどで使用感も変わってくるからです。

もし、これからソフトボールを始めたいという場合は、はじめは人から借りたり、チームの共用のものを使ったりしてみましょう。それと比較して、重さや長さ、グリップ感など、自分にとって扱いやすいものを探すのが、ソフトボールの上達につながる一番の近道にもなります。

ソフトボール用バットのおすすめランキング10

ここまでソフトボール用バットの選び方をご紹介してきました。では、実際にどんな製品があるのでしょうか。今回は、数あるバットの中からおすすめできるものを10厳選。ランキング形式で見ていきましょう。

ポイント

10位: ディマリニ・フェニックス(ゴム3号) WTDXJSRPE

DeMARINI(ディマリニ) バット フェニックス ソフトボール用 JSRPE 8469 WTDXJSRPE 8469-18 84cm/690g平均
DeMARINI(ディマリニ)
販売価格 ¥36,450(2018年6月14日0時39分時点の価格)

10位はディマリニ・フェニックスシリーズのゴム3号用のバットです。パラフレックスコンポジットという固めの複合素材でできたセミトップバランスで、硬めの打感と、振りぬきやすさが特徴。トップバランスだと振られてしまうという人でも、セミトップバランスなら比較的扱いやすいので、もっと飛距離を出したいという人は試してみる価値ありです。

9位:ルイスビルスラッガー(革・ゴム3号) 反発基準対応モデル WTLJKS17S

Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) ソフトボール用バット (革・ゴム3号) 反発基準対応モデル WTLJKS17S ブラック×ホワイト 84cm/740g平均
Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー)
販売価格 ¥34,020(2018年6月14日0時40分時点の価格)

9位は、ルイスビルスラッガーの反発基準対応モデル。薄型カーボンコンポジット素材(カーボンの複合素材)とチタンベルトで、軽さと強度、そしてほどよいしなりをすべて合わせ持ったバットになっています。セミトップバランスで振りぬきやすく、革ボールもゴムボールもしっかりとらえ、遠くに飛ばすことができます。

8位:ミズノエックス 反発規制対応モデル FRP製 革・ゴム3号  (1cjfs102)

ミズノ(MIZUNO) エックス(反発規制対応モデル)(85cm) ソフトボール3号革・ゴムボール用 FRP製 1CJFS10285 0962 ブラック/レッド 85cm/平均730g
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥29,268(2018年6月14日0時54分時点の価格)

8位はミズノのエックスシリーズからこちら。FRP製の、革・ゴム3号用です。Dual Weight Technologyという、バットの両端にウェイトを配分する技術を搭載しており、コントロールのしやすさと飛距離アップを実現しました。少し重量感を感じる設計のため、パワースラッガー向けといえます。

7位:ミズノエックス(83cm) 3号用 FRP製 1CJFS30383 2701

ミズノ(MIZUNO) エックス(83cm) ソフトボール用 3号用 FRP製 1CJFS30383 2701 ブルー/ホワイト 83cm/平均630g
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥37,908(2018年6月14日0時39分時点の価格)

7位もミズノのエックスシリーズ。同じくFRP製ですがこちらはゴムボール用で、8位のバットよりも軽い設計になっています。ミドルバランスで初心者にも扱いやすく、また、Dual Weight Technology搭載で、素早い振りぬきと、ボールの初速アップが可能な設計になっています。

6位:ウィルソン ディマリニ フェニックス 革・ゴム3号  反発基準対応モデル WTDXJSQPF

DeMARINI(ディマリニ) フェニックス ソフトボール用 革 ゴム3号 反発基準対応モデル バット WTDXJSQPF ホワイト 84cm
DeMARINI(ディマリニ)
販売価格 ¥32,599(2018年6月14日0時42分時点の価格)

6位は、ディマリニ・フェニックスシリーズからこちら。パラドックスコンポジットという複合素材で作られており、革・ゴム3号に対応したバットです。打球部がやや短く、ほどよいしなりを実現。トップバランスで振りぬきやすく、しっかりとボールを弾きます。色違いで、打球部がやや長く、しなり抑えたタイプも販売されています。

5位:ルイスビルスラッガー カタリストII TI 革・ゴム3号  WTLJKS18T

Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) ソフトボール バット グローブ CATALYST2 TI JKS18T 8674 WTLJKS18T8674 86cm/740g平均
Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー)
販売価格 ¥38,880(2018年6月14日0時54分時点の価格)

5位は、ルイスビルスラッガーのカタリストⅡ。9位のモデルの後継とされています。薄型のカーボンコンポジット素材を改良し、打球部がさらに薄くなり、チタンベルトとの相乗効果で大きな飛距離を実現しています。トップバランスなので、初心者の方にはコントロールが難しいかもしれません。

4位:ミズノ 1・2号ゴムボール用 エックス 1CJFS3606

ミズノ(MIZUNO) X(78cm) ソフトボール 1・2号用 1CJFS60678 0127 ホワイト/ブルー 78cm/平均580g
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥19,409(2018年6月14日0時58分時点の価格)

1・2号ボール用で唯一ランクインしたのがこちら。ミズノのエックスシリーズのバットです。カーボン製、ミドルバランスと初心者にも扱いやすく、打ったときのボールのスピードも出やすいと評判です。これからソフトボールを始めるお子さんや、1・2号球を使ったプレイを行う方に向けては、文句なしの1位といえます。

3位:ミズノ 3ゴウカワヨウエックス 83-690

ミズノ(MIZUNO) ミズノプロ エックス(反発規制対応モデル)(84cm) ソフトボール用 3号用 FRP製 1CJFS10384 0150 ホワイト/ゴールド 84cm/平均700g
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥30,888(2018年6月14日0時59分時点の価格)

3位もまたまたミズノのエックスシリーズから。こちらは革・ゴム用で、カーボン製となっています。Dual Weight Technology搭載で、バットの両端にウェイトがあります。芯でとらえたときの飛距離がアップするだけでなく、とらえそこねた打球の伸びもよくなったという評価もあります。83cmはミドルバランス、84cmはハーフトップバランスと微妙にバランスが違うので、初心者はミドルバランスから使ってみるのがよいでしょう。

2位:ゼット 金属 ファイヤービート (3号用)

ZETT(ゼット) ソフトボール 金属 バット ファイヤービート (3号用) BAT53753 ブラック 83cm
ゼット(Zett)
販売価格 ¥6,315(2018年6月14日0時59分時点の価格)

2位はゼットのファイヤービート。超々ジュラルミン製(アルミ合金製)で、ボールをしっかり弾いて飛ばせます。スイングに自信がない場合はカーボン製が向いていますが、スイングパワーが出せるという人にとっては、超々ジュラルミン製の弾力ある打球感は爽快でしょう。ミドルバランスでコントロールしやすいのも特徴です。

1位:ルイスビルスラッガー カタリスト2TI(ゴム3号)メンズ WTLJGS17T

Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) ソフトボール用バット (ゴム3号) WTLJGS17T ブラック 84cm/710g平均
Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー)
販売価格 ¥45,900(2018年6月14日0時59分時点の価格)

1位は、ルイスビルスラッガーのカタリストⅡTIのゴム3号用、男性向けモデル。ランキングにも多数ランクインするほど人気で、「とにかくよく飛ぶ」と評判のシリーズがさらに進化。高い「トランポリン効果」を発揮し、面白いほど球を弾き、飛距離が伸びていきます。

また、カタリストシリーズの特徴が、使えば使うほど飛距離が伸びるというもの。ボールが当たるたびにカーボン部分に反発力のある隙間ができていき、バット自身が進化していくのです。グリップ細めのトップバランスではじめはやや扱いにくいかもしれませんが、一緒に成長していくには最高のパートナーといえるでしょう。

まとめ

ソフトボール用のバットを選ぶときのポイントは、大きく5つ。

チェックしたいポイント イメージ図

  • ボールの大きさ
  • ボールの素材
  • バットの重さ
  • バットのバランス
  • バットの素材

これらを基準に、自分にとって使いやすいものを選んでみましょう。グリップ感や重さ、長さのバランスなどは実際に見ないとなかなか判断しづらい部分もありますので、近くにスポーツ用品店があれば、足を運んでみてもいいかもしれません。ここで紹介したのと全く同じ製品でなくても、グリップはこのくらい、長さや重さはこのくらいという基準を見つけておくと、ぐっと選びやすくなりますよ。

ここで紹介したバットは全てAmazonで購入できます。どれも評価の高い人気商品ばかりなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP