ヘッドスライディングする高校球児

【野球】ユニフォームおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!着方や着こなしなども合わせてご紹介!

 

年齢を問わず親しまれている人気の高い野球。季節を問わずにトレーニングが続けられ、試合も少々の悪天候では実施されます。このようにオールシーズン、さまざまな環境でプレーされる野球にタフなアイテムは欠かせません。

今回は、野球のユニフォームについておすすめ人気製品をあげながら詳しくご紹介します。

野球ユニフォームの種類と選び方

野球のユニフォームは、ゲームのときに着用するユニフォームはチームごとに決められています。上下セットのユニフォームの他にソックスなども含まれている場合もありますが、アンダーシャツやベルトなどはカラーの規定はあっても個人で準備する必要があるケースがほとんど。

一方、練習用のユニフォームは個人で自由に選ぶことができる場合が多くあります。激しい動きや夏場の過酷な日ざしや暑さに耐え、冬場は寒さから身を守り、効果的なトレーニングや最高のパフォーマンスを支えられるアイテムをそろえることが大切です。

さまざまな機能を備えたユニフォームがありますので、自分の用途や守備ごとの動きなどにあったものを選ぶようにしましょう。

シャツユニフォーム

シャツユニフォームは、半袖でボタン前開きタイプのものとTシャツのようにかぶるタイプの2種類があります。素材も、メッシュ、最新技術を用いた線維、防汚加工が施されたものなどさまざまです。用途に応じて選ぶようにしましょう。

また、快適にトレーニングやパフォーマンスをするためにアンダーシャツと組み合わせて着用することがほとんどです。シャツユニフォームとあわせてアンダーシャツもそろえておきましょう。

パンツユニフォーム

パンツは裾のデザインによって4種類あり、デザインの好みや機能性などで選ぶことができます。

  • ロング(裾がスパイク付近まであるもの)
  • レギュラー(裾がふくらはぎの中央あたりまであるもの)
  • ルーズ(アメリカンロング、ボンズ型パンツとよばれることもあります)
  • ストレート

アンダーシャツ

快適なコンディションの維持やけが、日焼け予防のためにアンダーシャツを着用することをおすすめします。

アンダーシャツには、コンプレッション(加圧)機能のあるシャツや吸汗速乾、UVカット、保温などの機能のあるスポーツ用アンダーウェアなどを代用することも可能です。

カラーの選び方は、チームカラーを取り入れたものを選んでおくとゲームの時にも安心して使用できるのでおすすめ。

ソックス

耐久性の高い野球用ソックスには、消臭機能汚れが目立たないデザイン、高い吸汗を促す五本指タイプなどさまざまな種類があります。カラーバリエーションも豊富にあるため、チームカラーに合わせて選んだり、トレーニング時には好みのカラーを選んで楽しむのもよいでしょう。

ストッキング

くり(穴のカーブ)の低い方が前、高い方を後ろに向けて着用します。着用後にストッキングホルダー(ベルト)で固定してください。

おすすめの着こなし方

グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手

おすすめのユニフォームの着こなし方は、失敗しにくいシンプルなカラーコーディネートです。例えば、ユニフォームのカラーが淡い色目であれば、アンダーシャツやソックス、ベルトなどのアイテムを統一した濃い色目で揃えるとよいでしょう。

またサイズは、動きやすいものが一番ですが大きすぎるともたついた印象を与えてしまうため、ストレッチ性の高い素材や立体裁断などが施された製品を使用して自分の体に合ったユニフォームを選ぶことをおすすめします。

小さすぎるものもパフォーマンスに悪影響を与えるだけでなく、けがや事故の原因にもなりますので注意が必要です。

野球ユニフォームおすすめランキング・15位〜11位

野球

野球ユニフォームの人気モデルの中から評価の高いものをランキングでご紹介します。

15位:デサント STANDARD ショート FIT 野球 ユニフォームパンツ ズボン DB-1014P

デサント STANDARD ショート FIT 野球 ユニフォームパンツ DB-1014P SIVO XA
デサント
販売価格 ¥2,828(2018年6月21日20時48分時点の価格)

こちらは、プロ選手も使用している機能と品質ともに高く、着用時の快適性にも優れた製品です。特に新開発素材特の「ファインライトニット」を生地に採用しているため、ストレッチ性と耐久性の高い仕上がりになっています。

機能としては、吸汗、マッドガード加工が備えられています。動きを妨げずにパンツのフィット感を高めるベルトループとマーベルトを採用した製品。

14位:ZETT 野球 ユニフォーム シャツ (プルオーバー・ダブルメッシュ) BU1053

ZETT 野球 ユニフォーム シャツ (プルオーバー・ダブルメッシュ) BU1053
ゼット(Zett)
販売価格 ¥1,477(2018年6月21日20時31分時点の価格)

こちらの製品は、生地にダブルメッシュを使用したユニフォームシャツです。オールシーズンに対応した軽量ダブルメッシュで快適なトレーニングやプレーをサポートします。

デザインは、胸マークを自由に扱えるようにプルオーバースタイルとなっており、第2ボタンは穴の無い飾りとなっているの特徴です。

13位:ミズノ 練習用 ユニフォームシャツ 52MW78901

ミズノ 練習用 ユニフォームシャツ 52MW78901
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥970(2018年6月21日20時27分時点の価格)

こちらの製品は、厚めの生地で安心感のあるつくりが特徴。しっかりした生地にも関わらずストレッチ性が高いため、ほどよいフィット感があります。ドロ汚れも落ちやすく手入れも簡単な仕上がりです。

12位:SSK 野球 ClubModel/練習着メッシュシャツ PUS003M

(エスエスケイ) SSK 野球 ClubModel/練習着メッシュシャツ PUS003M
SSK
販売価格 ¥2,268(2018年6月21日20時15分時点の価格)

こちらの製品は、練習用ベースボールユニフォームシャツの定番。インナーなどとのコーディネートしやすく、生地はメッシュが採用されているため着心地が軽い仕上がりになっています。夏場のユニフォームの洗い替えをそろえたい人におすすめです。

11位:ZETT 野球 ユニフォーム シャツ (メッシュ) BU1440MSA

ZETT 野球 ユニフォーム シャツ (メッシュ) BU1440MSA
ゼット(Zett)
販売価格 ¥2,980(2018年6月21日18時47分時点の価格)

こちらの製品は、ポリエステル100%の素材で「マッドアタックピラミッドメッシュ」を採用。この防汚加工のためドロ汚れも落としやすく手入れが簡単であることに加え、着心地も軽く清涼感の高いものとなっています。

こちらのモデルは、快適な着心地や高い機能性からプロ選手にも人気です。

野球ユニフォームおすすめランキング・10位〜4位

野球、ピッチャー、男性

10位:SSK 1ボタンプレゲームシャツ BW0906

(SSK) SSK 1ボタンプレゲームシャツ BW0906
SSK(SSK)
販売価格 ¥3,888(2018年6月21日18時39分時点の価格)

こちらの製品は、通気性を重視した「フェアラインメッシュ2」 が採用されています。着心地が軽くソフトな肌触りが特徴。手入れも簡単で、汚れも手軽に落とすことができます。動きやすく軽い着心地の製品を探している人におすすめです。

9位:ZETT(ゼット) 野球 ユニフォーム シャツ プロステイタス (立襟) BU505ST

ZETT(ゼット) 野球 ユニフォーム シャツ プロステイタス (立襟) BU505ST
ゼット(Zett)
販売価格 ¥3,205(2018年6月21日18時30分時点の価格)

こちらの製品は、プロ野球チームのヤクルトスワローズでも採用されているユニフォーム。ポリエステル100%の素材ですが、軽量、吸汗速乾、防汚加工(マッドアタック)、消臭抗菌(デオドラントネーム付き)の多機能が備えられています。

イミテーションオープン仕様のため、スライディング時のユニフォーム内への砂の進入を防ぎ、パンツ内のごわつきも軽減されています。

8位:SSK ベースボールウェア 蓄熱プレジャン・Vネック長袖・裏メッシュ BWP1410

こちらの製品は、悪天候や肌寒い季節のトレーニングやウォームアップに大活躍のアイテム。機能としては「蓄熱保存」「撥水」「防風」「再帰反射」が施されています。

また、蓄熱保温素材「サーモトロン」というeco素材が採用されているため、保温性が高い仕上がりも大きな特徴です。

7位:asics [ゴールドステージ]スクールゲームシャツ BAS001

こちらの製品は、パフォーマンスを最大限に引き出す「プロフィットテクノロジー」を採用。このプロフィットテクノロジーは、さまざまな腕の動きに対応した袖パターンを用いることで生地の引きつれなどのストレスを軽減することが可能です。

日本にスポーツ工学研究所をもつ同社ゆえの高品質な製品に仕上がっています。

6位:wundou ベーシック ウェア ベースボール シャツ ネイビー

wundou(ウンドウ) P-2700ベーシックベースボールシャツ
wundou(ウンドウ)
販売価格 ¥2,757(2018年6月21日18時9分時点の価格)

こちらの製品は、ベーシックカラーが特徴のトレーニングシャツです。チームカラーに合わせやすい7色のカラーバリエーションも魅力。防汚加工が施されているため、手入れも簡単です。サイズもキッズサイズから大人まで幅広く展開しています。

5位:adidas ベースボールウェア 5T プルオーバージャケット IGNITION DUU54

こちらの製品は、悪天候時や肌寒い季節のトレーニングやウォームアップに備えておきたいアイテムの1つです。「CLIMA STORM」を採用した高撥水製品。袖口が邪魔にならないようにしっかり袖周囲が絞れるデザインが特徴になります。

「adidas baseball Wear」のプロデュースで野球に必要な動きを研究して設計されたデザインが採用されています。サイズも豊富でJ/S~J/XOから選ぶことが可能。

4位:ZETT(ゼット) 野球 ユニフォーム シャツ メカパンライト2 (ニット) BU1081S

こちらの製品の特徴は、従来品と比べて生地の摩耗強度は落をそのままに約10%の軽量化が実現されている点。胸周り、腹部、袖口幅、アームホールがスッキリとスリムなデザインであり、腕が動かしやすいシルエットとなっています

「軽くても強い」「強さにこだわり」をもってつくられた、丈夫なユニフォームを探している人におすすめの製品です。

野球ユニフォームおすすめランキング・1位〜3位

3位:SSK ベースボールウェア プレジャン・ハーフZIP半袖・裏メッシュ BWP1411H

こちらの製品は、スポーツ用品メーカー1946年創業のSSK(エスエスケー)の製品。20年以上も世界野球ソフトボール連盟(WBSC)とパートナーシップを組んで野球製品の発展に尽力してきた経験をもつため、野球製品はとくに信頼できるブランドです。

撥水、防風、再帰反射、制電の多機能を備え、快適で安全なトレーニングをサポートします。カラーデザインも選ぶことができ、サイズも豊富でSからXOまで選ぶことが可能です。

2位:ZETT 野球 ユニフォーム シャツ メカパンライト2 (メッシュ・フルオープン) BU1081MS

こちらの製品の特徴は、メカパンライトメッシュが使用されている点。このメッシュは、プレーやトレーニングを快適に行うための吸汗速乾、通気性を備えた軽量メッシュです。

こちらの製品の機能としては、アクティーズカットが採用されているため腕の動きにストレスがかからない構造となっています。防汚加工も施されているため、汚れが落ちやすいのも魅力です。

1位:ミズノ メッシュ練習シャツ オープン 52MW78811

ミズノ メッシュ練習シャツ オープン 52MW78811 L
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥2,268(2018年6月21日17時10分時点の価格)

こちらの製品は、メッシュ素材のため特に夏場に軽い着心地と通気性が魅力の製品。スポーツブランドのミズノが製作しているため、信頼できる品質です。

特許を取得している「EASY MOTION CUT」という独自のカッティングで肩甲骨周辺の生地を従来の製品よりも広くとり、パーツごとに生地を立体裁断して縫着してあるため、腕の動きを妨げる肩部分のつっぱりがないように仕上げられています。

また、メッシュ素材のために汚れも落ちやすく乾きやすいと手入れも簡単な点もおすすめです。

まとめ

ホームベース

今回は、いろいろな機能や特徴のある野球ユニフォームについて詳しくご紹介しました。

プロ選手が使用しているもの、最新の技術や人間工学の設計に基づいたデザインが採用されているもの、機能性の高い生地や構造のものなどブランドやメーカーによって魅力もさまざまです。

野球ユニフォームは、ゲームや毎日のトレーニング、悪天候への備えなど自分の用途や目的に応じた最適のものを選んで高いパフォーマンスやトレーニング効果を得ましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP