ボクシンググローブをした美しい女性

b-monster(ビーモンスター)の効果を徹底調査!痩せるの?痩せないの?その全てを教えます!

 

大音量のミュージック、そして暗闇の中でボクシング・エクササイズ…これまでのフィットネスの常識を覆した「b-monster(ビーモンスター)」。本当にそのような状況下のエクササイズで痩せられるのか?疑問を感じる人も少なくないはず。ここではb-monsterで本当に痩せるのかどうか?一緒に考えてみましょう!

b-monsterとは?

b-monsterはボクシングフィットネススタジオ

ボクシングをする女性

b-monsteはニューヨークでも最先端を誇るボクシング・フィットネスです。照明を落とした暗闇の中に大音量の音楽が流れ、曲に合わせて体を動かします。運動というより踊っている感覚が強く、ストレス発散もできて心身ともにリフレッシュしながら体を鍛えられます。

選曲やテンションによっても照明が変わるので動いている間も飽きることがありません。

b-monsterってどこにある?

壁に掛けられたボクシングのグローブ

b-monsterの店舗は東京都内なら銀座※・青山・恵比寿・新宿・池袋。愛知県では名古屋市の栄にスタジオがあります(※銀座スタジオではリミテッドメンバー トライアルプログラムのみ)。さらに2018年5月には中国・上海にもOPEN予定。今後は地方都市でのOPENにも期待したいところです。

そもそもボクシング・エクササイズで本当に痩せられるのか?

ダイエット効果

ボクシング・エクササイズと言えば、拳で思いっきりサンドバックを叩くことから上半身だけが鍛えられるイメージがあるかもしれません。しかし実際には下半身の力がうまく拳に伝わることで安定したパンチを繰り出せるのです。

ですからボクシング・エクササイズでは下半身も鍛えられ、最終的には全身も鍛えられる(痩せる)エクササイズなのです。

ボクシングで重視する肩甲骨が痩せるカギ

ヨガをしている女性

ボクシングでパンチをする際には肩甲骨の動きを意識しますが、肩甲骨付近にある褐色脂肪細胞は人間の体温を一定に保つために脂肪を燃焼する機能を持っています。この褐色脂肪細胞は肩甲骨以外だと首の周辺・脇の下などにしかありません。

ボクシングの動きによって肩甲骨付近の褐色脂肪細胞が刺激されると、脂肪を燃焼しやすくなるため痩せる効果が期待できます。

b-monsterなら絶対痩せる!5つの根拠

ジムに通えば痩せられると思っていませんか?でもb-monsterならもっと確実に痩せる保証があります。そもそもボクシング自体の消費エネルギーが高いので、痩せて当然なんじゃないかと思われるかもしれません。でもボクシングという点以外にも痩せる根拠があるのです。

痩せるその根拠①b-monsterのテクノロジー

b-monsterではPOLAR(ポラール)-H7という機器を装着して、心拍数をチェックしながらトレーニングを進めます(ちなみにPOLARは無料レンタル可能)。なぜ心拍数を重要視しているのか?エクササイズをこなせるようになってくると、これまでより心拍数が下がってきます。

同じ運動をしていても心拍数が下がっているということは、心肺機能が以前よりも強化されている証拠。また心拍数を基準にエクササイズの質をコントロールし、よりその時のコンディションに合わせた効果的なフィットネスができるというわけです。

痩せるその根拠②b-monsterのオリジナルプログラム

キックボクシングをする女性

また運動は有酸素運動・無酸素運動の2種類があり、ウォーキングや水泳などは有酸素運動・短時間で大きなパワーを必要とする筋トレなどの運動は無酸素運動に分別されます。一般のジムではどちらか1つの運動がメインとなっていますが、b-monsterでは有酸素運動・無酸素運動の両方を取り入れたオリジナルプログラムを採用。

これらの運動を交互に行うことによって運動能力や心肺機能を高め、最終的に「痩せる」ことを目指します。

痩せるその根拠③b-monsterなら1000kcal消費も可能

ヒップを測る女性

b-monsterでは心拍数を意識し、効果的にトレーニングを進めるためにPOLAR(ポラール)といったテクノロジーを導入していることはすでに上記でご紹介した通りです。心拍数を一つの基準にし、エクササイズの質をコントロールすることで、たった45分の運動で1000kcalも消費することができます。

痩せるその根拠④型破りなボクシング・フィットネスだから

腹筋の凄い女性

ボクシングはイメージ通り非常にハードなエクササイズです。しかしb-monsterでは、暗闇の中・大音量の音楽と、まるでクラブにいるような感覚でフィットネスが行えるジム。暗闇だから人目を気にすることもなくレッスンに集中でき、クラブで踊っているような感じでハードなプログラムもラクラクこなせるというわけです。

実際にb-monsterの名前の「b」の部分は、※モハメド・アリの「蝶のように舞い、蜂のように刺す(Float like a Butterfly, sting like a Bee)」※から来ているのだとか。「ツラい・キツい」なんて思いながらエクササイズをしても挫折する確率が高まるだけ。

楽しみながらも確実に痩せられるのは、この「クラブにいるような楽しい感じ」のお陰かもしれません。とにかくこれまでにない型破りなジムなのです。

痩せるその根拠⑤ジュースクレンズが実践できる

サプリメント

b-monsterの各ジムにはカフェがあり、そこでジュースクレンズを実践できます。ジュースクレンズとは食事をする代わりに、野菜や果物のジュースを飲むことで胃腸の負担を和らげ、ダイエットやデトックス効果を得る方法のこと。

ジュースクレンズはハリウッドのセレブから火が付き、日本でも若年層の女性を中心に爆発的に流行しました。ジムのレッスン以外で「痩せる」サポートが受けられるのもb-monsterの魅力の1つです。

b-monsterで社会貢献

TABLE FOR TWOとは

生まれたばかりの赤ちゃんは母親

TABLE FOR TWOとは、先進国と発展途上国の食糧普及率の格差を是正しようと活動している日本人グループ。

企業の社員食堂や小売店・自動販売機でTABLE FOR TWOというロゴ入りのメニューや食品などを購入されると、売り上げの一部が発展途上国の子供たちの学校給食として寄付される仕組みです。

b-monsterならカロリーを消費するほど社会貢献に

腹筋のすごい男性

エクササイズと社会貢献、イメージ的にも両者は結び付きにくいかもしれません。実はb-monsterではTABLE FOR TWOとともにエクササイズで消費したカロリー分の食事を、アフリカやフィリピンの子供たちに寄付するという活動を行っています。

エクササイズで消費したカロリー分を心拍数の測定で使用するPOLAR(ポラール)で計測し、1食分(消費カロリー300kcalで1食分)に換算して寄付を行っているのです。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. 青空のもとストレッチをする男女

    インナーマッスルトレーニングの基礎知識

  2. ダンベルで筋肉をポンピング残忍な運動人

    ダンベル30キロで鍛えることは出来る!?

  3. 若い女とジムの運動で男。マシン上で実行します。

    【入会必要なし】友達と一緒に筋トレするのに最適なジム7選!

  4. サイクリングマシンに乗る女性

    エクササイズバイクおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!ダイエット効果抜群の使い方を教えます!

  5. バタフライを泳ぐ男性

    水泳は筋トレで上達する?有酸素運動と無酸素運動の違い

  6. 筋トレする女性

    筋肉をつけてダイエットに!有酸素運動より効果的な筋トレで脂肪を減らそう!

  7. ショルダープレス

    上腕三頭筋を鍛えて丸太のような太い腕を手に入れよう!

  8. 体操クラブでひもで非常にセクシーな若い美しいお尻

    ヒップアップは筋トレで簡単に出来る!?重要な5つのポイント!

  9. ダンベルを見せつける男性

    ダンベルを使った筋トレ種目について

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. close up picture of woman trained abs
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. 女性のヒップ
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  8. 卓球選手
  9. 火災熱い組合せの野球
  10. 赤い腹筋ローラー
  11. 筋肉質な足
  12. バドミントンプレイヤー
  13. 床に斜め crunches スポーティな男
  14. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  15. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  16. 腹筋の綺麗な男性
  17. アンクルウエイト
  18. 足首を気遣うランナーの写真
  19. 筋肉の美しい女性
  20. 腹筋の鍛えられた女性
  21. むきむきな男性
  22. 卓球選手
  23. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  24. 軽いダンベル
  25. 柔道の試合

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ゲレンデ、スキー 【スキーブーツ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!サイズの測り方や選び方も…
  2. ランニングスカートおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!かわいいランスカでモチ…
  3. チンニングスタンド最強おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!
  4. マウスガードおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!スポーツ選手の必須アイテム、…
  5. 【左利き】野球グローブおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!ポジションごとの違…
  6. クライミングハーネスおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!種類やサイズ、選び方…
  7. HMBおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!効果や副作用を徹底解説!摂取方法や…
  8. 【メンズ】スイミングインナーおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!そもそもイン…
  9. スライドボード 【体験レポ】人気ナンバー1スライドボード、バランスワンのスライドボードがどれだけ…
  10. 靴紐をくくる女性 【マラソン】キャップおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!機能性の良いオシャレ…

カテゴリー

PAGE TOP