パターを決めるゴルファー

【ゴルフ】パターおすすめ人気ランキング20選を徹底比較! 初心者でも間違いない選び方のコツや上達する練習方法など

 

ゴルフでは最終的にボールをカップに入れるスポーツです。そのためにグリーン上で必須のクラブがパターですが、さまざまな形や種類のものがあるため、どれを買えばよいか悩んでしまいます。

パターの種類を知り、初心者でも失敗しないパター選びのポイントを掴みましょう。また、パッティングの練習法おすすめパター20選もご紹介します。

パターのヘッドの種類を知ろう

パターのヘッドには様々な形があります。代表的なのは「ピンタイプ」「マレットタイプ」「ネオマレットタイプ」の3種類です。それぞれの違いや特徴を見ていきましょう。

ピンタイプ

ピンタイプは最もオーソドックスなタイプです。ヘッドが小型で棒状になっているのが特徴です。「これぞパター」というイメージにピッタリのパターで、操作性に優れ、スイートエリアが広いためミスに強いのが特徴です。

構えたときにボールと直角になるため構えやすく、自分のタッチ感を出しやすいというメリットがあります。悩んだときにはピンタイプを選べば問題ないでしょう。

マレットタイプ

かまぼこの断面のような形をしているのがマレットタイプです。後方に広がっている形が特徴です。ピンタイプを見慣れている人からすると不思議な形に見えるかもしれませんが、クセがなくて打ちやすいと評判の良い形です。

深重心・低重心なのでまっすぐ打ち出す場合には非常に有利です。ピンタイプよりもヘッドが重いため、ヘッドの重さを利用して距離を出せます。力加減で距離を測るのではなく、パターの重さと振り幅で距離をコントロールしたい人にはおすすめです。

まっすぐ引いてまっすぐ出す打ち方をする人に特に向いているパターです。

ネオマレットタイプ

ネオマレットタイプはマレット型の後方がくぼんでいるような形をしています。特徴はマレットタイプに近く、まっすぐ打ち出すのに向いているということと、ヘッドの重さを利用して距離をコントロール出来るという点です。

さらにネオマレットタイプは構えやすく方向も安定し、ミスにも強いのがメリットです。最近ではネオマレットタイプを使用している人が増えており、宮里藍選手が使っていることでも知られています。

パターのネックの種類を知ろう

ゴルフボールとゴルフクラブパターのネックにも種類があります。ネックの種類が変わるとボールをセットする場所も変わりますので、種類と特徴を知ることで最適なアドレスを取ることが出来ます。

ベントネック

ベントネックはぐにゃりと折れ曲がったシャフトが特徴のネックです。マレットタイプとの相性が良いと言われ、ボールを中央よりやや前よりにセットすると打ちやすくなります。

シャフトがヘッドよりもやや前に出ている「ハーフオフセット」のものが多いです。

クランクネック

クランクネックはシャフトとヘッドの接合部分が鉤型になっておりシャフトがヘッドのフェース面よりも前に来る「フルオフセット」のものがほとんどです。この場合、ボールは前足側にセットする方が良いでしょう。

センターシャフト

最近人気が高まっているのがセンターシャフトです。文字通りヘッドの真ん中あたりにシャフトが付いているものを指します。シャフトの延長上にスイートエリアがあるため、視覚的にしっかりミートしやすいという特徴があります。

また、センターシャフトは中級者から上級者向けだと言われています。

初心者はこれを選べばオッケー!

初心者のパター選びでチェックしたいポイントをまとめておきましょう。

  • ミートしやすいのはピンタイプ
  • まっすぐ打ち出せて距離が出しやすいのはマレットタイプ
  • オーソドックスな形でコントロール性が広いのはピンタイプ
  • ヘッドの重さを使ってオートマチックに打てるのはマレットタイプ
  • センターシャフトは上級者向けなので避けた方が無難

これからゴルフを始めるという人や始めたばかりで初めてパターを買うという人は、さまざまな打ち方に対応できるピンタイプの方がおすすめです。

精度を上げてスコアアップするためのパター練習法

ゴルフボールパッティングの精度を上げてスコアアップするためには、日々の練習が大切です。効果的な練習方法をチェックしていきましょう。

まずは正しいアドレスを身につける

まずは正しい構え方を身につけましょう。両足はほどよく開いて立ちます。足の幅が狭すぎても安定しませんし、広すぎると腕の動きが安定しません。ボールはクランクネックならば前側の足寄りに、ベントネックならクランクネックのときよりもやや中心寄りにします。

背中は丸めず、やや前傾姿勢を取ります。ボールが目の真下に来るようにしましょう。

力ではなく振りで距離を調整しよう

パッティングは腕の力ではなく、肩を支点にして振るのがポイントです。振り子のような動きを心がけましょう。距離によって力加減を変える人が多いですが、できるだけ毎回おなじ力で打ち、振り幅で距離を調整できるようにすると安定します

何度も繰り返して練習し、両足の内側の幅・外側の幅、両足の幅より外など、振り幅による距離の違いを確認してみましょう。

継続は力なり!

日々の練習は非常に大切です。コースに出なくてもパターマットを使えば自宅でも練習が出来ます。

まっすぐ打ち出すには「テイクバックせずにまっすぐ押し出す」という練習が効果的です。アドレスに入った状態からボールを押し出し、パターマットの線からズレずに打てるかどうかを何度も練習しましょう。真っ直ぐに打ち出すときのフェースの向きの感覚をつかめます。

距離感を掴むためには、カップの直前で止める練習をすると良いでしょう。パターマットは最後に傾斜が付いていることが多いですが、傾斜を登り切ったところ(カップの手前)で止まる力加減を練習すると距離感をつかみやすくなります。

ゴルフ・パターおすすめランキング・20位〜11位

使用者が多く、口コミ人気や評価の高いモデルの中から厳選した20点をランキングでご紹介します。評価・価格・使いやすさ・機能性などを考慮して厳選したおすすめ商品ばかりです。

20位:PING(ピン)2017 SIGMA G ANSER パター

PING(ピン)2017 SIGMA G ANSER パター
ピン
販売価格 ¥22,032(2018年6月24日23時40分時点の価格)

極薄のアルミニウムとペバックス(エストラマー樹脂)を複合したフェースを搭載しており、打感を柔らかくしながら反発力もあるためしっかりと転がります。スイートエリアが広く、当たったポイントによるばらつきが少ないのも特徴です。

19位:ODYSSEY(オデッセイ) EXO 2018

ODYSSEY(オデッセイ) EXO 2018
オデッセイ (odyssey)
販売価格 ¥37,800(2018年6月24日23時40分時点の価格)

2018年5月に発売したばかりのニューモデルです。「ホワイト・ホット・インサート」と「マイクロヒンジ・インサート」という2種類の技術を組み合わせ、ソフトな打感と高い慣性モーメントによる安定性の高さが特徴です。

18位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) Spider ARC

TAYLOR MADE(テーラーメイド) Spider ARC
TAYLOR MADE(テーラーメイド)
販売価格 ¥21,000(2018年6月24日23時40分時点の価格)

2018年3月発売のモデルです。独特のリング形状はカップをイメージしやすく、アライメントも取りやすいのが特徴です。グリーンに良く映える赤いカラーリングはパターの輪郭を際立たせる働きがあります。

17位:アサヒゴルフ TOUR-Z パター TZP-001

アサヒゴルフ TOUR-Z パター TZP-001
アサヒゴルフ
販売価格 ¥1,760(2018年6月24日22時23分時点の価格)

安価ですが使いやすいマレットタイプで、コストパフォーマンスの高いパターです。ビギナーの入門用パターとして気軽に購入できる価格がうれしい商品です。

16位:ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR BLACK #1 WS

ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR BLACK #1 WS
ODYSSEY(オデッセイ)
販売価格 ¥17,504(2018年6月24日23時40分時点の価格)

特殊な「マイクロヒンジ・インサート」を搭載しているODYSSEYの2018年モデルです。インサート表面のカギ爪状のヒンジがボールにプロが打つような順回転を与え、力強い安定した転がりと、止めたいところにピタリと止める正確性を実現しています。

15位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) TP COLLECTION RED CHASKA

TAYLOR MADE(テーラーメイド) TP COLLECTION RED CHASKA
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥14,650(2018年6月24日23時41分時点の価格)

アルミニウムボディを搭載したマレットタイプのハイパフォーマンスモデルです。ボールに順回転を与える「ピュアロール」機能を改善し、同社の伝統形状である「チャスカ」を踏襲しています。赤いカラーリングがグリーン上での視認性を高めています。

14位:BYRON DESIGN(バイロンデザイン) German S.S. (GSS)アンサー2 370G

BYRON DESIGN(バイロンデザイン) German S.S. (GSS)アンサー2 370G
BYRON DESIGN(バイロンデザイン)
販売価格 ¥218,000(2018年6月24日23時41分時点の価格)

全世界でわずか50本という限定生産品で、パターに使われるステンレスの中では最高級と言われる「ジャーマンステンレス」を搭載したモデルです。インパクト時にはボールが吸い付くような柔らかい感触があり、しっかりと打ちたい方向に伸びていく反発力が特徴です。

13位:ODYSSEY(オデッセイ) OD WHHOT RX V-FG CS

ODYSSEY(オデッセイ) WHITE HOT RX V-LINE FANG CS
ODYSSEY(オデッセイ)
販売価格 ¥11,790(2018年6月24日23時41分時点の価格)

「究極のソフトフィール」と称された柔らかい打感が特徴で、フェース表面にある楕円形が特徴のインサートがパットの安定性や転がりを実現しています。2層構造のウレタンが柔らかさと反発性をもたらします。

12位:ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR #7

ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR #7
ODYSSEY(オデッセイ)
販売価格 ¥17,622(2018年6月24日23時42分時点の価格)

16位のモデルはピンタイプでしたが、こちらはネオマレットタイプです。ストレートにストロークする人には特にお勧めのモデルで、マイクロヒンジ・インサートによる順回転を与えたボールは力強くイメージ通りの距離で止まります。

11位:ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR RED VERSION DOUBLE WIDE S

ODYSSEY(オデッセイ) O-WORKS TOUR RED VERSION DOUBLE WIDE S
ODYSSEY(オデッセイ)
販売価格 ¥21,060(2018年6月24日23時42分時点の価格)

O-WORKS TOURの2018年モデルで、16位・12位のものはブラックカラーでしたが、こちらはグリーン上での視認性の高いレッドカラーです。幅の広いダブルワイドのパターで、ブレード(ピン)タイプの打ちやすさとマレットタイプのストロークしやすさをどちらも備えています。

ゴルフ・パターおすすめランキング・10位〜4位

トップ10は幅広く人気のある商品が中心です。価格面ではそれほど大きな開きが無いですが、形状や使い心地はそれぞれ個性がある商品ばかりです。

10位:TITLEIST(タイトリスト) 2018 Scotty Cameron select NEWPORT2

TITLEIST(タイトリスト) 2018 Scotty Cameron select NEWPORT2
TITLEIST(タイトリスト)
販売価格 ¥45,100(2018年6月24日23時42分時点の価格)

マイスタークラフトマンであるスコッティ・キャメロン氏がデザインしたモデルです。ブランビングネックとシャープなフォルムが特徴で、柔らかい打感と美しい打音が特徴の「バイブレーションダンピングシステム」、バランスの良い重さ、美しい形状など、見るものを魅了するパターです。

9位:MIZUNO(ミズノ) T-ZOID RV101

MIZUNO(ミズノ) T-ZOID RV101
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥5,990(2018年6月24日23時42分時点の価格)

低価格で打ちやすさを実現したモデルで、初心者でも気軽に購入できる価格が魅力です。ヘッドの重さを利用して打つことが出来、「この価格でこの打ちやすさは満足」「アベレージゴルファーならこれで十分使える」と評価も上々です。

8位:PING(ピン) CADENCE TR Piper T 2015年モデル

PING(ピン) CADENCE TR Piper T 2015年モデル
PING(ピン)
販売価格 ¥14,799(2018年6月24日23時42分時点の価格)

PING独自技術で開発したTR溝は周辺から中央にかけて深くなっていくようにデザインされており、ボールの初速を1.5倍に高めています。距離も方向性も安定するため、パット数減少に効果ありの商品です。

7位:Cleveland GOLF(クリーブランドゴルフ) ハンティントンビーチコレクション #6

Cleveland GOLF(クリーブランドゴルフ) ハンティントンビーチコレクション #6
クリーブランドゴルフ(Cleveland GOLF)
販売価格 ¥8,400(2018年6月24日23時43分時点の価格)

クリーブランドゴルフの拠点であるハンティントンビーチの名前を冠したモデルで、使いやすいマレットタイプです。フェースにはダイヤモンド型のミーリングを施しており、通常のミーリングの4倍の深さが打感の柔らかさとボールの安定性をもたらします。

6位:TaylorMade(テーラーメイド) SPIDER TOUR RED CENTER SHAFT SL

TaylorMade(テーラーメイド) SPIDER TOUR RED CENTER SHAFT SL
TAYLOR MADE(テーラーメイド)
販売価格 ¥22,000(2018年6月24日23時43分時点の価格)

そのネーミングから「赤蜘蛛」と異名を取る人気シリーズで、センターシャフトを搭載したモデルです。です。プロの間でも人気が高いモデルで、ステンレスのフレームとアルミニウムのコア、ソフトさと反発性を併せ持つ「ピュアロール」インサートを採用しています。

5位:ODYSSEY(オデッセイ) WHITE HOT PRO 2.0 2-BALL

ODYSSEY(オデッセイ) WHITE HOT PRO 2.0 2-BALL
ODYSSEY(オデッセイ)
販売価格 ¥10,887(2018年6月24日23時43分時点の価格)

非常に人気の高い2-BALLアライメントを採用している代表的なモデルです。低重心とホワイトホットインサートが安定した転がりとソフトな打感を与えてくれます。リーズナブルな価格も人気のポイントです。

4位:TAYLOR MADE(テーラーメイド) TP COLLECTION MULLEN 2017年モデル

TAYLOR MADE(テーラーメイド) TP COLLECTION MULLEN 2017年モデル
テーラーメイド(TAYLOR MADE)
販売価格 ¥15,400(2018年6月24日23時43分時点の価格)

303ステンレススチールを採用したクラシカルなデザインのマレットタイプのパターです。テーラーメイド独自技術で順回転を生むピュアロールインサートと心地よい打感が特徴です。

ゴルフ・パターおすすめランキング・ベスト3

ベスト3はバランスの良いラインナップになりました。初心者向けの超低価格商品、マイスタークラフトマンによる渾身の一本、有名ブランドのメインモデルと、どれを選ぶか迷ってしまうものばかりです。

3位:Wilson(ウイルソン) PRO STAFF HDX MODEL III

Wilson(ウイルソン) PRO STAFF HDX MODEL III
ウイルソン
販売価格 ¥981(2018年6月24日23時43分時点の価格)

ニューマレットタイプなので打ち出しやすく、何と言っても驚きの低価格が最大の魅力です。高いコストパフォーマンスを誇る商品です。

2位:TITLEIST(タイトリスト) Scotty Cameron select NEWPORT M1

TITLEIST(タイトリスト) Scotty Cameron select NEWPORT M1
タイトリスト(TITLEIST)
販売価格 ¥143,092(2018年6月24日23時45分時点の価格)

2016年のスコッティ・キャメロンですが、未だに人気を誇っているモデルです。マレットタイプのモデルで、美しい形状はもちろん、バイブレーションダンピングシステムやマルチマテリアルソリューションといった最新のテクノロジーも搭載されています。

1位:Cleveland GOLF(クリーブランドゴルフ)ハンティントンビーチコレクション#1

Cleveland GOLF(クリーブランドゴルフ)ハンティントンビーチコレクション#1
クリーブランドゴルフ(Cleveland GOLF)
販売価格 ¥7,000(2018年6月24日23時45分時点の価格)

7位のマレットタイプのモデルに対し、こちらはシンプルなブレードタイプ(ピンタイプ)です。インサートに施された深いミーリング、打球音の心地よさと打感の柔らかさ、削り出しパターの美しさなど、見た目はもちろん、機能的にも最高級の一本です。

まとめ

グリーン状でのパット数を減らすことがスコアアップへの最大の近道です。せっかく少ない打数でグリーンに乗せたのに、3パットや4パットではスコアが伸びません。グリーン上でできるだけ1パット・2パットで終えるためには使いやすいパターを選ぶことが欠かせません。

上記のランキングはプロ・アマともに人気が高いモデルや、初心者でも使いやすいモデルを厳選していますので、ぜひ購入時の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP