ウェイクボードする男性

【ウェイクボード板】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!板の選び方を解説!初心者にオススメのセット商品あり

 

ウェイクボードを始めるときにまず必要なのはボードです。ボードにはいろいろな種類があり、長さ・横幅・ロッカーなど悩むポイントがたくさんあります

それぞれの特徴と、どんな特性を持っているのかを知り、板の選ぶときのポイントをチェックしていきましょう。また、おすすめのボード12点をランキングでご紹介していますので、ぜひ購入時の参考にしてください。

ウェイクボードのサイズをチェックしよう

ウェットスーツ 自分の身長に合ったサイズのウェイクボードを選ぶことが大切です。ただし、好みによって長いもの・短いものを選ぶ人もいます。

体格に合わせた長さ

長さは一般的に135cmから140cmの物が多いです。この範囲のものを購入すればまずは問題ないといえます。男性に比べて体重の軽い女性では130〜135cm程度体重のある男性は140cm以上のものを選ぶと良いでしょう。

長いボードは浮力が得やすいですが、体が小さく体重が軽かったり力が弱かったりすると扱いづらいという場合があります。短めのボードは浮力が得にくいため、体重が重い人には扱いづらいというデメリットもあります。

横幅

横幅の中でも特に最も広い中心に近い部分を「ウェスト」と呼びますが、ウェストの幅が広いものが現在の人気の主流です。ウェストの幅が広いほど安定性は増しますが、ボードを操るときにより強い力や技術が必要になります。

初心者はウェストの細めのものを選んだ方が操作性が良いです。

長さによる特性

長いボードは浮力が得られやすいので高いジャンプが可能で、加速性や直進性が高いのが特徴です。短いボードは浮力は得にくいですが取り回しやすく、トリックやスピン・インバートといった回転に向いています

ウェイクボードのロッカーの種類をチェックしよう

ウェイクボードは平らな地面に置くと反っている事がわかります。この反りのことを「ロッカー」と呼び、「コンティニュアスロッカー」と「スリーステージロッカー」があります。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

コンティニュアスロッカー

コンティニュアスロッカーは全体的に反り返っているものを指します。コントロールがしやすいため初心者におすすめのロッカーで、スピードが出やすく安定性が高いという特徴もあります。

ウェイキでは当たりがソフトになるため、ジャンプするときになだらかな放物線を描くという特徴があります。

スリーステージロッカー

スリーステージロッカーは中心部分が平らで、両端にかけて反り返っているものを指します。そのため水に接している面積が大きく、フィンの抵抗を受けにくくなっています。

ウェイキでは当たりを得やすくなるため、より高く飛ぶことができ、トリックのタイミングを図りやすいのが特徴です。

コンティニュアスロッカーよりも急激に飛び出すようにジャンプすることになるためバランスを崩しやすく、どちらかというと中級者から上級者向けのロッカーだといえます。

ウェイクボードの形状をチェックしよう

水素水ウェイクボードのノーズおよびテール部分の形状もさまざまです。主に「スクエアタイプ」「ラウンドタイプ」「スワローテイル」があります。

スクエアタイプ

ノーズとテールが四角い形をしているのがスクエアタイプです。きっちりと角があるためエッジの直線部分が長くなり、スピードが出やすいのが特徴です。

ラウンドタイプ

ラウンド(round)タイプは文字通り、丸みを帯びているタイプです。と言っても完全な円形ではなく、スクエアタイプよりも角が取れている形をしています。

角に丸みがあるため、エッジの直線が短くなるためスピードは遅くなりますが、当たりは強くなります

スワローテイル

ノーズとテールの中央部分が凹んでいて両端が飛び出しているような形状をしているタイプです。スワローテイルという名の通り、ツバメの尾羽根のような形になっています。

水の抵抗を受けにくいように出来ているため、ターンに有利な形状です。

初心者が購入するときにチェックすべきポイントはこれだ!

初心者がボードを選ぶときに最もチェックしておきたいポイントは「長さと横幅」「ロッカー」「デザイン」「価格」の4点です。

長さと横幅

初心者は扱いやすいボードを選ぶのが最優先です。そのため、浮力を得られやすい長めのボードで、ウェスト部分が細めのものを選ぶと良いでしょう。

最近では短め・太めが流行っていますが、初心者はまずウェイクボードに慣れることが大切なので、男性は138cm程度、女性なら135cm程度の長さを目安にすると良いでしょう。

ロッカー

初心者であれば安定感のあるコンティニュアスロッカーがおすすめです。おそらくビギナー用として売られているボードの多くはコンティニュアスロッカーでしょう。高いジャンプはしづらいですが、着水しやすく衝撃も和らげてくれます。

デザイン

自分の気に入ったグラフィックのものを選びましょう。気に入ったものは使いたくなるものですので、使っていてモチベーションが上がるようなデザインのものが一番です。

価格

価格も重要なポイントです。ボード単品だと2万円台からありますが、3〜4万円というのが一般的です。初心者用にボードとビンディングがセットになっているものは4〜5万円程度ですので、別々に買うよりもお得です。

ウェイクボード板おすすめランキング・12位〜4位

人気のウェイクボードの中でも特に厳選した12点をランキング形式でご紹介します。初心者向けのモデルや中級〜上級者モデル、オトクなセットまで取り揃えています。

12位:Ronix Krushビーチサンセット

Ronix Krushビーチサンセット
Ronix
販売価格 ¥39,690(2018年6月26日15時51分時点の価格)

女性に最適な128cmのボードで、スリーステージロッカーなので水上での安定感が高いのが特徴です。気持ちよくジャンプしてトリックを決めたい人におすすめなボードです。

南国のビーチでの夕暮れをイメージ出来るグラフィックもおしゃれです。

11位:Ronix District Park Caffeinated

Ronix District Park Caffeinated
Ronix
販売価格 ¥32,481(2018年6月26日15時52分時点の価格)

ロッカーはブレンドタイプで、コンティニュアスとスリーステージが合わさっているタイプです。ジャンプやトリック、回転などをスムーズに行えるように作られており、乗りやすさが最大のポイントです。

10位:Liquid Force Trip Wakeboard withインデックスバインディング

Liquid Force Trip Wakeboard withインデックスバインディング
Liquid Force
販売価格 ¥72,650(2018年6月26日15時24分時点の価格)

初級〜中級の人におすすめなモデルで、リキッドフォースの中で初期からある定番ラインです。コントロール性の高さや安定性が魅力のコンティニュアスロッカーですが、高くジャンプできて柔らかく着水できるのが特徴です。

バインディングとセットなのも嬉しいポイントです。

9位:SlingShot Wake(スリンショットウェイク) Nomad

SlingShot Wake(スリンショットウェイク) Nomad
SlingShot Wake(スリンショットウェイク)
販売価格 ¥79,382(2018年6月26日15時52分時点の価格)

何と150cmもの長さを持つロングタイプのウェイクボードで、表面積が広いため安定性が高いのが魅力です。上級者はもちろん、初心者でも使用できるボードです。

8位:Liquid Force Deluxe Ltd

Liquid Force Deluxe Ltd
Liquid Force
販売価格 ¥49,977(2018年6月26日15時52分時点の価格)

ケヴィン・ヘンショーモデルのボードで、スリーステージロッカーを搭載している商品です。スピード感と、ジャンプ・トリック後の着水の柔らかさが特徴です。メンズ用ですが、132cmと若干短めです。

7位:Liquid Force Me Wakeboard レディース

Liquid Force Me Wakeboard レディース
Liquid Force
販売価格 ¥40,405(2018年6月26日15時53分時点の価格)

リキッドフォースの女性向けのボードです。スリーステージロッカーなので中級者から上級者向けで、安定性やスムーズさが特徴でアグレッシブな乗り方をしたい人でも最適です。

6位:Hyperlite 2018 Hashtag

Hyperlite 2018 Hashtag
Hyperlite
販売価格 ¥167,326(2018年6月26日15時53分時点の価格)

146cmと若干長めのボードで、広い表面積とコンティニュアスロッカーが安定性と乗り心地の良さを生んでいます。トリックやジャンプも自由自在で、乗っていて楽しいボードです。

5位:Byerly Monarch + Hyperlite ビンディング

Byerly Monarch + Hyperlite ビンディング
Byerly
販売価格 ¥51,256(2018年6月26日15時53分時点の価格)

Byerlyの主要ラインであるMonarchにHyperliteのビンディングがついた嬉しいセットです。初心者から中級者に最適で、品質も申し分なしです。スリーステージロッカーのメンズ用52インチ(132cm)のボードです。

4位:Hyperlite Motive Wakeboard + Liquid Force Bindings

Hyperlite Motive Wakeboard + Liquid Force Bindings
Hyperlite
販売価格 ¥61,971(2018年6月26日15時53分時点の価格)

ハイパーライトのロングセラーモデル「Motive」とリキッドフォースのビンディングのセットです。Motiveは直進性と安定性がありクセがないため初心者でも乗りやすく、中級者でもしっかりと楽しめるボードです。

ウェイクボード板おすすめランキング・ベスト3

ベスト3には人気のシグニチャーモデルとオトクなセットがランクインしました。価格面ではまさに両極端なラインナップですが、人気の高さはどの商品もピカイチです。

3位:RONIX Space Blanket AIR CORE2

RONIX Space Blanket AIR CORE2
RONIX
販売価格 ¥140,400(2018年6月26日15時54分時点の価格)

手塚翔太選手のシグニチャーモデルで、力の弱い人でもビッグエアーが可能なコントロール性を持っています。着水から疾走へもスムーズに移ることが出来ます。なお節水面は133cm、ボード全長は139cmです。

2位:O’Brien FORMAT 137cm

 OBRIEN(オブライエン) FORMAT(フォーマット) 137cm
OBRIEN(オブライエン)
販売価格 ¥35,640(2018年9月30日12時33分時点の価格)

ウェイクボード老舗ブランドOBrien。オブライエンの高品質はそのまま、13年モデルのために手が出せる価格に。

世界が認めるオブライエンの、納得の高品質ウェイクボードです。

1位:O’Brien ウェイクボード

オブライエンフォーマット137 W /アクセス8 – 11バインディング2180314
O’Brien Watersports
販売価格 ¥70,092(2018年9月30日12時55分時点の価格)

ウェイクボード初心者から上級ライダーまで満足できる渾身の一品。遊び心がありつつ、安定した滑りを楽しめます。ボードとビンディングのセットです。

まとめ

ヨガのポーズウェイクボードのボードを購入するときには、形状によってさまざまな特徴があるため選ぶのに時間がかかりがちです。ポイントをしっかり絞って選ぶと選びやすくなるため、ロッカーや長さ、予算などのある程度の候補を考えておくとよいでしょう。

また人気の高い商品の中から選ぶというのも方法の一つです。上記のランキングは特に人気の高いものから厳選していますので、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手
  2. 男性の背中
  3. 陸上選手
  4. ボルダリング
  5. スタートライン

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP