野球選手たち

【野球】アンダーシャツおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!選び方から最新のハイテクアンダーシャツまで全部紹介!

 

アンダーシャツの役割とは

動きをサポートする

野球、バッター

アンダーシャツの役割として一番期待されているのは動きのサポートです。最近では筋肉の動きをサポートするアンダーシャツも登場しており、性能が格段に上がっています。パフォーマンスの向上にも貢献していると言えるでしょう。

汗を吸い取る

野球、ピッチャー、男性

とくに暑い夏場でのプレーは大量の汗をかきます。アンダーシャツを切らずにユニフォームを着用すると汗で張り付いて動きを妨げることに…。ちょっとした衣服圧の変化がプレーに支障をきたすこともあるため、アンダーシャツを着ることが望ましいのです。

熱を発散させる

野球ボール

ユニフォーム内にこもった熱を発散させるのも、アンダーシャツを着る役割のひとつだと言えるでしょう。衣服の蒸れは集中力を欠く原因になることもあります。適度に熱を発散できれば快適なプレーに繋がります。

冬場は保温効果も

グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手

寒い時期でも屋外で練習することが多いため、冬場のアンダーシャツは保温としても活躍します。体の熱を逃がさないようにすることで、パフォーマンスの低下を防ぐことができます。

アンダーシャツの選び方

素材で選ぶ

ピッチャー

アンダーシャツを選ぶときにぜひチェックしてもらいたいのが素材です。動きやすいようにストレッチ素材で作られたものや、逆に体をピッタリと適度に締め付けて適度な負荷をかける素材のものもあります。

機能性で選ぶ

野球、バッター

アンダーシャツを機能性で選ぶのもおすすめです。吸水性に優れたものや抗菌防臭機能がついたもの、紫外線をカットするものなど、さまざまな機能があります。自分が求めている機能性がハッキリしていると、アンダーシャツも選びやすくなりますよ。

耐久性で選ぶ

ハードな動きに対応できるような耐久性に優れたアンダーシャツを選ぶのもアリ。とくに野球のスライディングはアンダーシャツの劣化原因のひとつです。そうした動きでも破けない丈夫なアンダーシャツは必要不可欠だと言えるでしょう。

袖の長さで選ぶ

ミットを構える捕手 野球

季節に応じて袖の長さでアンダーシャツを選ぶのも一つの方法です。袖の長さには長袖・半袖・七分袖・ノースリーブの4種類があります。スライディングから腕などを保護する役割を求めているなら長袖がおすすめですよ。

ネックの形で選ぶ

組み合うラグビーチームの選手

ネック部分の形でアンダーシャツを選ぶのも良いでしょう。ネックの種類には、丸首タイプ・タートルネック・ハイネックの3種類に分けられます。丸首はその名の通り首のあたりを囲うような丸い形をしています。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP